昔も今も、こんぴらさん

あべのハルカス美術館

IMG_6953

写真はあべのハルカス美術館の入口に展示されている「こんぴら狗(いぬ)」。
なんでも江戸時代には、犬が人間の代わりにこんぴらさんをお参り行くー  代参(だいさん)することもあったらしい。平和で人情のある社会だったことが想像される。 展示されている絵の中にも、犬がお参りしているところを描いたものがあった。

テレビで、「あべのハルカス美術館で、伊藤若冲の絵が展示されている」というのを見て、この「昔も今も、こんぴらさん。〜金毘羅宮のたからもの〜」展に行ってみようと思い、ハルカス美術館を訪れた。

IMG_20150625_0001

若冲の絵が目あてで来たけれど、こんぴらさんについて知ることも多かった。 金毘羅さんには一度お参りに行ったことがあるけれど、ただ階段が長かったという印象しか残っていなかったのが申し訳ないぐらい。
まず「こんびらさん」の語源は、サンスクリット語の「クンピーラ」と言われている。クンピーラとはワニの姿をした神さまで、ガンジス川を司る女神カンガーの乗り物だったそうだ。「クンピーラ」→「コンピーラ」→「こんぴら」なのかな?

また祀ってある神さまが二人いることも知らなかった。
一人は「大物主命」。もう一人が「崇徳天皇」。
「大物主命(おおものぬしのみこと)」は大国主命(おおくにぬしのみこと)と一緒に國造りとしたとも分霊ともいわれている神さまと説明があった。
「崇徳天皇」は保元の乱で歴史で習った人物。

さらに知らなかったことは沢山の芸術品が保管されていること。
今回は若冲目あてだったが、円山応挙の鶴(稚松丹頂図、芦丹頂図)と虎(遊虎図の東面・北面右と左・西面)を見ることができたたことは幸運だった。

IMG_20150625_0002虎の実物を見たことがなかった応挙は、虎の毛皮の敷物を見て絵を書いたとか。それにしてもその想像力には驚く。この美術館に初めて入ったが、空間が広く取ってあり、襖絵のような大きな絵も,適度な距離から見ることができる。
さて、これがお目当ての若冲の絵。

IMG_20150625_0002 - バージョン 2

若冲の絵らしく、細かなところまで丁寧に書かれている。 神は細部に宿る、という言葉を、若冲の絵を見るたびに思い出す。 美化することなく、しおれた葉はそのままにしおれたように描かれているところがおもしろい。
私の下手な説明よりも、詳しい説明が書かれているホームページを紹介しておく。

http://www.konpira.or.jp/news/2014/16/news.html

思わぬ収穫は、長澤蘆雪の「鯉魚図」があったことと、田中訥言の「水鳥写生図」を知ったこと。精密なスケッチの力量の上に、これらの絵が成り立っていることが実感できる作品だった。

IMG_6952

美術館の入口には、代参犬がこんぴらさんの階段を登り、お参りしている大きな写真がある。

私がこんぴらさんをお参りした時に、狗(犬)のことについて聞いたかもしれないが、これも残念ながら記憶には残っていない。

ところで、こんぴらさんの代参といえば森の石松。清水の次郎長の代わりに金毘羅さんを訪れたことはよく知られている。

白い「こんぴら狗」はまるでソフトバンクのお父さん犬のようだ。
四国のソフトバンクのCMには、こんぴらさんをお参りしているお父さん犬が登場しているのかもしれないなあ。

 

 

 

赤毛のアンの英語3

IMG_6793

三回講座の最終日。
今日もホワイトボードは松本侑子さんの例文や説明でいっぱい。
今日は、赤毛のアンの中でも大抵の人が記憶に残っていると思う、パフスリーブの場面。今日の講義も内容たっぷりだった。テキストは前回通りの、「英語で親しむ 赤毛のアン」(松本侑子 対訳・解説・写真 ジャパンタイムズ社)

IMG_20150621_0001

IMG_20150621_0001 - バージョン 2

今回学んだことの一つは、

動詞の形容詞用法

①名詞+to do (これから)〜する名詞 ⇒ things to do これからすること
②doing+名詞 ⇒ sleeping baby 眠っている赤ちゃん  
 名詞+doing ⇒   a baby sleeping on the bed ベッドの上で眠っている赤ちゃん
③名詞+過去分詞 by……… ,(すでに)……..によって〜された名詞
               two puffs divided by rpws  横線でわけられたふくらみ
 過去分詞+名詞 (すでに)〜された名詞     
      puffed sleeves,  ふくらまされた袖⇒ ふくらませた袖
                      his scattered senses ちりぢりにされた正気 ⇒ ちりぢりになった正気
 *②と③は、現在分詞と過去分詞の形容詞的用法として習った記憶がある。

このことがわかると、本文の
Long elbow cuffs and above them two beautiful puffs divided by rows of shirring and bows of brown silk ribbon.
がよくわかる。
「長いカフスがひじまで続き、その上には二段の見事なふくらみが、シャーリングの横筋と茶色の絹のリボンの蝶々結びで、分かれていた」

◎二つ目は、数えられる名詞に着目すること

章の題となっている、
Matthew insists on Puffed Sleeves
マシュー、パフスリーヴにこだわる。

袖は右と左に二つあるから、  
と複数になっている。

さきほどの例文もそう、
Long elbow cuffs and above them two beautiful puffs divided by row s of shirring and bows of brown silk ribbon.

また、
Anne’s eyes had suddenly filled with tears.

Anne laid the dress over a chair and clasped her hands.

複数あるものはすべて複数形で表されていて、受ける代名詞はthemのように複数の代名詞になっている。英語は日本語よりも数えられる名詞へのこだわりが強い。

◎三つ目は「これ」「この」と訳すthat, thoseの存在

マシューがパフスリーブのドレスをアンに渡して言う。

That’s Christmas present for you, Anne.

アンの返事に、

Oh, I can never thank you enough.  Look at those sleeves!

(これは)クリスマスプレゼントだよ、アン」
「ああ,どんなにお礼を言ってもたりないわ。 この袖を見て!」

と訳す。断じて「あれはクリスマスプレゼントだよ、アン」でないし、
「ああ、どんなにお礼を言ってもたりないわ。あの袖を見て!」ではない。

このthatは、今話題になっているものをさしている。「あれ」でも「あれら」でもない。このthatの使い方は、学校では習っていない。しかし口語表現ではよく使われる、と松本侑子さんの説明があった。

このthatの使い方は、全く知らなかった。
家に帰って辞書を見たが、明確な説明はのっていなかった。
インターネットでも、このような使い方の説明は、ごくわずかしかヒットしなかった。これはこの講義に参加したから獲得できたもの。ラッキー!

さて、内容たっぷりの松本侑子さんの「英語で楽しむ赤毛のアン in 名古屋」も,来年も引き続いて開催されることがわかった。
第1回は1月24日、第2回は2月21日、第3回は3月20日。
内容は、「アンとギルバートの初恋物語」。
これはおもしろそうだ。

頭を使った後はコーヒーブレイク。

IMG_6898松本侑子さんから、カナダのおみやげとして、紅茶(TEA MERCHANTS),ジャム(Wild Blueberry & Lemon)をいただいた。
この紅茶を使って、以前作ったロイヤルティーブレッドをつくった。

簡単に作り方を紹介。詳しくは前回のブログを参照。

IMG_6820

ホームベーカリーを利用して捏ねる。

材料はレシピによると、 強力粉300グラム、塩3グラム、砂糖45グラム、生種21グラム、水30グラム、牛乳60グラム、卵30グラム、無塩バター60グラム、紅茶の葉13グラム。
紅茶はいただいたTEA MARCHANS.

IMG_6826

 

水と牛乳と卵で120グラムになるように水の量を調整した。
また無塩バターがなかったのでケーキ用マーガリンで代用。 マーガリンはこねている途中で追加。
捏ねの時間は約20分。

 

IMG_6830 IMG_6834

上の右の写真が約7時間の発酵後の様子。フキンを掛けて40分のベンチタイム。
パウンド型の大きさに合うように伸ばす。三つに折って重ねる。

中央から落とすように入れ、30分の二次発酵。右下の写真が発酵後の様子。

IMG_6843

IMG_6844

200度に予熱したオーブンで35分焼きあげる。レシピには35分と書いてあるが、私のオーブンでは20分ぐらいでいい焼き加減になった。ここは各自のオーブンの性能による。

IMG_6851 IMG_6847

IMG_6894

トースターで少し焼いて食べるととても美味しい。

紅茶の香りもほんのりとして、カナダのワイルド・ブルーベリー&レモンのジャムをつけて食べると、もうカナダ気分。

 

 

アンもこんなパンを食べていたのだろうか。

身も心も豊かになれる一瞬であった。
松本侑子さん、美味しい紅茶とジャム、ありがとうございました。

 

 

水準点めぐり15

堺東駅周辺にある公共基準点

IMG_20150617_0002 国土地理院のホームページを見ると、「基準点・測地観測データ」というところがある。その一番上に「基準点成果閲覧」がある。ここに全国の三角点、水準点のデータが保存されていて、閲覧することができる。
堺市役所付近の基準点を見ていると、国土地理院の基準点ではなく、市などが設置した「公共基準点」というのが多数あることがわかった。
堺市役所に出かける用事があったので、この「公共基準点」の実物を見ることにした。

①市役所側から踏切を渡ったところ。踏切の手前(市役所側)には堺東駅前交番所がある。踏切を渡ったところにある喫茶店の前からとった写真。道路が交差する真ん中付近にマンホールよりも小さい丸い蓋がある。

IMG_6798

IMG_6800

「公共基準点」と書いた金属の蓋だ。この中に、「基準点」があるのだろう。どんなものが入っているのだろうか。開けてみたいが車がひんぱんに通るところなのであきらめて、③をさがすことにした。

③市役所の南西の角ということが地図からわかる。しかし道路のどの付近にあるのかは地図からはわからない。この地図はかなり正確で、誤差は1mもない。道路の角を探してみた。

IMG_6802

ありました。歩道と道路を区切る縁石の真ん中に埋め込まれている。 堺市、国土交通省、街角多角点の文字が読み取れる。
では道路のどの付近にあるのかというと、

街区多角点

う~ん、これはわかりにくい。知っている人でないと完全に無視されるだろうなあ。
①の丸い円盤のフタの中にはこれが入っているのだろうか。それとも又違った種類の標識が入っているのだろうか。興味がつのるが確かめようがない。

②最後に市役所の入口側にあると思われる「公共基準点」をさがす。
①と③の経験を活かして探すが、簡単には見つからなかった。
歩道の上にも、③のような縁石にも埋め込まれていない。

IMG_6806

どうもこれらしい。地図の位置とも違っていない。車や風雨iのためか、かなり薄くなっているが、 ①と同じように「都市再生街区」の文字と「国土交通省」の文字が読める。これが「公共基準点」にまちがいない。どこにあったかというと、道路にある雨水桝の横にあった。

公共基準点2

公共基準点3

この公共基準点の管理責任は堺市にあるようだ。水準点のように国が設置したものではない。

国土地理院の地図によると、この基準点は「公共基準点」のなかでも「街区多角点」と呼ばれるもののうち3級街区多角点というらしい。 水準点との共用もなく、堺市の公共事業のために設置されたものだろう。
しかし道路の上には様々な標識が埋め込まれているものだと感心する。歩道の上、車道の上、歩道の縁石の上、置かれている場所も多様である。この調査?の時に、よくわからないものを堺市役所の施設の中に見つけた。

 

IMG_6670堺市役所基準点

IMG_6667

周辺には何の表示もない。
見たところは、水準点のような形をしている。
予想されるのは、堺市役所を建て替えるときに、以前にあった水準点をここに移転したのかもしれない。
ホームページで堺市役所のことをしらべてみたが、私が調べた限りは堺市役所と水準点について記録されているものはなかった。
市民の目につくところにあるのだから、何か歴史的なものなら、表示などがあればいいのだが、と思った。
私たちの知らないところに、過去の記念碑があるのだろうと思う。