懐かしの給食レシピ43

ビーフチャップ

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。

今回のレシピは「ビーフチャップ」。
そのレシピは下記の通り。

IMG_20150507_0001

IMG_5871

材料をそろえる。
ニンニクは、びんづめのものがあったのでそれを利用することにした。

きのこはしめじが使われているが、冷蔵庫にしいたけがあったので、これも利用することにした。

美味しいものはなんでも入れよう、という感じ。

①牛肉は白ワインで下味をつけておく。
②フライパンにサラダ油を入れて熱する。今回は牛肉についていた牛脂を利用した。

IMG_5886 IMG_5887

③ニンニクを香りよく炒め、牛肉を炒める。

IMG_5890 IMG_5892

④さらにしめじとしいたけを加えて炒める。
火が通れば、30ミリリットルのお湯を加えて煮る。

IMG_5893 IMG_5896

⑤よく煮込み、塩、コショウ、ケチャップ、ウスターソースで味付けをする。 IMG_5902 IMG_5904

IMG_5905

IMG_5907IMG_5928大皿に入れても良いが、一人分のお皿にビーフチャップと前回作った「ツナとチンゲンサイの炒めもの」を付け合せに添えると、どうでしょう。

無水鍋で作った青豆ご飯を横に置くと、食欲が増しますね。

 

 

懐かしの給食レシピ42

ツナとチンゲンサイの炒めもの

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。

今回のレシピは「ツナとチンゲンサイの炒めもの」。
そのレシピは下記の通り。

IMG_20150507_0002

IMG_5873

まずはレシピ通りに材料をそろえる。

ツナもコーンも缶詰。
チンゲンサイは短冊に切る、とレシピにある。どれぐらいの大きさがいいのかわからなかったので、少し大きめに切って、チンゲンサイの歯ごたえが感じられるようにしようと思った。

 

①ツナは十分に油を切っておく。

IMG_5910 IMG_5911 IMG_5916

②サラダ油を熱し、ツナ、コーン、チンゲンサイの順に炒める。

ツナもコーンも缶詰を使用した。買った缶詰の量は、レシピよりも少し多めに入っていた。でも一缶を使い切るほうがいいだろうと思って、全部投入した。

 

③塩、コショウ、濃口醤油で味を付ける。

IMG_5918 IMG_5920

塩・コショウはワンパックに入った「塩コショウ」を利用。

IMG_5922

色どりもよく、チンゲンサイのシャキシャキ感もあり、なかなか食べやすい。
給食というのは、噛みごたえまで計算して作ってあるのかなあ。
歯でしっかりとかむ、という教育的で健康面を配慮してあるのかもしれない。

ご飯が進みそうなレシピだ。

 

 

トワイライトin中之島(写真展)

IMG_6440

ここは阿倍野中学校の直ぐ側にある喫茶店「華」。
この奥にあるギャラリーで、昨年に続いて風見鶏さんの写真展が開かれている。

IMG_6438 IMG_6439

風見鶏さんのブログは、私のこのブログにリンクされているので是非とも見てほしいブログ。 素晴らしい写真が毎回紹介されている。今回の写真展は、 この写真から中之島を題材にしたものを選んで、展示されている。

展示されている写真を一覧にしたファイルにしたものをいただいた。

IMG_20150525_0001

昨年は「花火」がテーマだった。 今回は「中之島」と、大阪市の中心にあるビルを題材にしたもので、小雨の時や夕暮れ時などなんとなくノスタルジーを感じる写真が飾られている。大きく引き伸ばされた写真はさすが見応えがある。

A3サイズの写真で、風見鶏さんのお話を聞いてみると、お子様たちがプレゼントしてくれたプリンターでプリントアウトしたものとか。いい家族だなあ、と感心してしまう。
丁度、風見鶏さんのご家族や友人が来られていた。どなたも素敵な人達だった。
近くに桃ヶ池公園もあり、ギャラリーの名の通り、オアシスのような空間だ。

写真や絵画などは作品を発表して人に見てもらうこと、そして見た人の反応が技量を磨く励みになるそうだ。
そういう意味では、発表してみようと思うモチベーションとそれをささえるギャラリー、そして周りの人たちが芸術や文化を発展させていくものだと思う。
これからも写真展を開くのか聞くのを忘れてしまったが、風見鶏さんのブログを見る限りますます創作欲は盛んなようだ。
来年も楽しみにして、私も自分のできることをがんばってみようと、珍しく考えてしまった。