愛蘭土紀行 その17

タラへ帰ろう

みんなが写真を撮っているのは、聖パトリックの像。

聖パトリックが右手に持っているのが「シャムロック」。

司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」に次のような叙述がある。

「さて、聖パトリック(385?〜461?)について語らなければならない。
そういう名の人が、愛蘭土にやってきて、はじめてキリスト教を伝えた。実在した人物ながら、彼がやったとされている伝承は、後世の私ども異教徒にとってひどく童話的な印象をうける。
「これをごらん」
といって、聖パトリックはこの島のひとびとに三つ葉のクローバーをかざしてみせた、という。
『葉が三つにわかれているように見えるだろう。だけど、よく見ると一枚なんだよ』つまり三位一体なんだよ、といって、このむずかしい教義を説明した。
三位一体とは父(神)と子(キリスト)と精霊はひとつのものだ、というもので・・・(略)・・・キリスト教の根本的な玄義の一つとされる」(P35〜P36)

明日訪れるトリニティ・カレッジはここに由来している。
さて写真の聖パトリック像は左手に杖を持っているが、その上部は折れてしまってなくなっている。もともとの姿に興味のある人はウィキペディアで「パトリキウス」を調べられるとよい。

広い草原のような場所。丘のように見えるのは古墳だそうだ。

アイルランド特有の十字架を見る。

写真の丸い石柱がLia Fail リア・ファイル。ここで即位の儀式を行ったとされてる場所。ケルト族の聖地の一つだと言われている。下の写真の右側の碑は、アイルランド独立戦争で亡くなった人々の墓石だそうだ。

司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」に次のような説明がある。

「じつをいうと、アイルランド人は古代に統一国家をもたなかった。しかし”タラにはアイルランドを統べる大きな王がいた”という神話が、実証以上の実在感をもって信じられており、
『タラ』
といえば、聖地だった。日本神話でいえば、高千穂の峰とか、高天ヶ原にあたる。
タラは、ダブリン北西36キロの地にある小農村で、そこにはラース(rath )とよばれる4,5世紀頃の土の砦がのこっているのである。」(P202)

タラの丘からの眺めは良く、よく晴れた日には、アイルランドの25%が見えると言われている。

私は「タラ」と聞くと、「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラを思い出す。
司馬遼太郎さんもそのことを書いている。

「スカーレットは、百敗する。南軍が破れ、家も町も焼かれ、最初の夫も二度目の夫も戦いでうばわれ、三度目の夫のレット・バトラーも失踪した。すべてをうしないながら、最後に、昂然と顔をあげる。
『タラへ帰ろう。ー 』
それは、彼女が父からゆずりうけた農場の名というだけではなかったろう。アイルランド人としての不撓(ふとう)の血が流れていることをわすれるな、ということをその地名をとなえることによって暗喩したのにちがいない。再生への祈りでもあったはずである。」

そうか、ここがスカーレット・オハラが「タラに帰ろう」と言った時に脳裏に浮かんだ場所なのか。確かに自分の足元を思わず見たくなる場所だと思った。

左はこの地の売店で買った「アイリッシュ、ホイッスル」。

日本ではペニー・ホイッスルとかティン・ホイッスルとも呼ばれている縦笛。
私がこの縦笛のことを知ったのは、長谷川集平さんのコンサートに行った時だ。

長谷川集平さんは絵本作家で自分の体験をもとにした「はせがわくんきらいや」で有名になった人。森永ヒ素ミルク中毒事件を扱った絵本で、絵も文字も魅力的だった。その長谷川集平さんが奥さんである、くんちゃんとの二人のコンサートが大阪であった。その時にこのティン・ホイッスルでの演奏があった。

映画「タイタニック」の挿入歌でこのティン・ホイッスルが奏でるメロディーに心を惹かれる人は多いと思う。私もその一人で、どこかでこの楽器を手に入れたいと思っていた。アイルランドに来たら、楽器屋さんを探して・・・と考えていたら、なんとお土産物として売られていたのだった。
値段も約10ユーロだったので買うことにした。自分へのおみやげとした。

 

 

 

愛蘭土紀行 その16

古城ホテル

非常ベル騒ぎの次の日の朝食。

メニューが渡されて、そこから自分の好きな朝食を選ぶ。

Full Irish Breakfast

Small Irish Breakfast

Vegetarian Breakfast

Gluten Free Breakfast

などなどそれぞれに詳しい内容が書かれている。

Small Irish Breakfast は、
ベーコンが1枚、ソーセージが1つ、卵とトマト、プディング、ハッシュブラウンかベークドポテトとなっている。
私達が食べたのがそれ。

食事の後、庭園を散歩。芝生の真ん中にいるのはシカ、本物ではなく彫像。

外灯もナルニア国物語に出てくる外灯のような雰囲気。

昨日の夕食の時に、庭で食べている人たちが見えたが、ここで食べていたのだろう。

アイルランドにはオオカミと戦う犬として、アイリッシュウルフハウンドという犬がいるが、この犬はその系統なのかもしれない。大きいがおとなしい犬だった。
ホテルの壁にもこの犬の写真がたくさん掲示されていた。

そろそろ出発の時間。バスの運転手さんを真ん中に記念写真を撮る。

バスに乗ってカブラキャッスル・ホテルをあとにする。バスの窓からホテルの入口付近を写す。
私達がめざすのは「タラの丘」。

 

 

 

 

 

 

愛蘭土紀行 その15

Cabra Castle Hotel カブラキャッスルホテル

ここはCabra Castle Hotel カブラキャッスルホテル。 門を入るとずっと続く両側が芝生の庭園。その先にホテルの建物があった。
このホテルは300年の歴史ある古城ホテルだそうだ。約100エーカー(東京ドームの8.5倍)の広大な敷地の中に立っている。総部屋数は105の歴史あるアイリッシュキャッスルホテルとガイドブックに書かれていた。

お部屋の見学ツアーがひとりでに始まる。それぞれの部屋のデザインや調度がちがっているので、見て回って楽しかった。

夕食は素敵なお部屋でいただく。

窓からは中庭で食事をしている人たちが見える

まるで額縁の中の食事風景の絵を眺めているような感じだった。

ボリュームたっぷり。お肉の量も食べ切れない。しかし柔らかくておいしい。ギネスビールで12時間煮ているという手間をかけてものだった。

デザートもたっぷり。貴族たちはこんなふうにして、食事を楽しんでいたのかなあという雰囲気を味わう。

お腹もいっぱいになって、後は眠るだけ。 夜の12時近くに急に非常ベルが鳴る。止まったかと思うとまたなりだす。 外を見ると、あちこちの部屋の電気がついている。何事なのかと思って添乗員さんの部屋に電話する。

翌日、どこかの部屋でタバコを吸ったのか、お風呂の湯けむりか、アラームが探知して鳴ったということがわかった。こんなこともあるのかなあ、これも旅の経験と考える。