大恐竜展 in スカイオ③

進化の歴史

この図はインターネットよりの引用。

https://www.kaseki7.com/z_column/dinosaur_evolution.html

鳥類の進化の歴史についての図もあった。

上の図から鳥類の進化がわかる。 鳥盤類も竜脚形類も滅んだ。 竜盤類の獣脚類の一部が生き残り、原鳥類そして鳥類に進化したと説明されている。私たち哺乳類は、古生代石炭紀(約3億年前)に、両生類から別れたと図にある。

左の写真は恐竜展にあった鳥類の化石。
アーケオプテリクス(鳥類:古鳥類)、ジュラ紀後期のもので、ドイツで発見されたと説明があった。アーケオプリテクスは「始祖鳥」と呼ばれていたものだ。始祖鳥が現在の鳥類の直接の祖先、という説には異論もあるそうだ。

 

日本のアンモナイト

恐竜展の出口に近い所に日本産のアンモナイトが展示されていた。
「ゴードリセラス イズミエンゼ」約20センチぐらいの大きさだ。
淡路から四国にかけて中生代の地層「和泉層群」がある。その地層から発見されたアンモナイト。そこから「ゴードリセラス イズミエンぜ」と名付けられたそうだ。
上のアンモナイトは貝塚市で発見されたと説明がある。(ネットで調べると「ゴードリセラスとはアンモナイトの種類で、ゆる巻きで楕円形の断面を持つ」とあった)

「シャスティクリオセラス・ニッポニカム」(白亜紀前期、和歌山県湯浅町産出)。「一見渦巻き状に巻いているように見えるが、実は中心部は空になっていて、少しゆるんだ巻き方をしている」のが特徴だそうだ。

貝塚、和歌山と近い所に古い化石があることを知ったのは収穫だった。
いつか、化石とり、アンモナイトの採集などがやってみたいものだ。

化石の発掘体験のコーナーがあった。
男の子が楽しそうに砂に埋まっている化石をほりだしている。
その背中にあるリュックはなんと、恐竜型。こんなリュックがあるんだ!と、それにびっくり。ショップコーナーを見たがそのようなリュックは売っていなかった。そうすると家から恐竜リュックで来たんだな。恐竜大好きなんだ。ネットで「恐竜 リュックサック」と検索してみると、左のような紹介があった。

https://item.rakuten.co.jp/quintetto/23-un-0139/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

小さな子ども連れの若いお母さんやお父さんの姿が多かった。
5月2日に3万人突破、と新聞記事があった。
やっぱり恐竜ファンが多いのだ。

 

 

 

大恐竜展 in スカイオ②

写真は「大恐竜展」に展示されているティラノサウルスの骨格模型。
ティラノサウルスは竜盤類の獣脚類に分類されるのは前回で紹介した。

今回は「鳥盤類」の分類について見てみよう。

☆「鳥盤類」は「装盾類(そうじゅうるい)」と「周飾頭類(しゅうしょくとうるい)」と「鳥脚類(ちょうきゃくるい)」の3つにわかれる。

なんとも字数の多い漢字が並んでいる。

装盾類 Thyreophora:  thyreo  盾、phora 装備する.

これは文字通りの日本語訳した名前ということがわかる。鎧をまとった恐竜たちだ。
さらに装盾類は鎧竜(よろいりゅう)類」と「剣竜(けんりゅう)類」にわかれる。

「剣竜」は「Stegosauria → Steto 屋根 」で「サウルス」は「トカゲ」という意味らしい。「屋根のあるトカゲ」というのが本来の意味のようだ。しっぽに剣のようなものが付いているから日本語訳の時に「剣」を使ったのかも知れない。これはあくまでも私の理解。代表的なのが、ステゴザウルス。

「鎧竜」は「Ankylosauria → ankyl 癒合した」から来ているらしいが、何が癒合したの?とおもってしまう。ネットで調べてみると、「頭や体の骨が融合することによって強固さを確保している。医学用語のankylosis 関節硬直 と同じ意味の anklyo-の語を使って命名した。つまり強固トカゲを意味する」という説明があった。詳しくは以下のホームページを参照されたし。日本語訳はよろいを着ているような恐竜からきているのかもしれない。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1490324964

代表的な恐竜を揚げておくと、ステゴザウルスとアンキロサウルス。

周飾頭類 Marginocephalia: margin 縁.cephal  頭

この恐竜の特徴は、頭に飾りのような骨が形成されていることだ。
周飾頭類は「角竜(つのりゅう)類」と「堅頭竜(けんとうりゅう)類」に分類される。

「角竜」は、「Ceratopsioa → kera  角.tops  顔 」が語源だそうだ。
「堅頭竜」は、「Pachycephalosauria → pachy 厚い、cephal 頭. sauria トカゲ」から来ているようだ。文字通りに日本語訳されていると思う。

「角竜類」は写真のトリケラトプスのように大きな角を持つほか、おおきなフリルも発達して、四足歩行だった。

「堅頭竜類」は、左のバキファロサウルスのように、数多の周りに骨があり、ヘルメットのように膨らんでいる。二足歩行の恐竜だといわれている。

このブログで利用している恐竜のカットは、「大人のための『恐竜学』」(小林快次監修・土屋健著 祥伝社)からの引用。
恐竜の学名は、「恐竜学入門 かたち・生態・絶滅」(真鍋真監訳 藤原慎一・松本凉子訳 東京化学同人)によってしらべた。スペルのミスがあったらそれは私の引用の仕方が間違ったからと思う。

鳥脚類 Ornithopoda:  ornith  鳥. pod  脚 

これは文字通りの日本語訳と思える。
しかし代表格のイグアノドンの足を見ても、鳥の足に似ているようには思えないが、、、。
鳥脚類は、植物食恐竜で、最も標本数が多く、最も長い期間存在したグループで、100種近くの鳥脚類が進化したそうだ。地球上の広範囲に分布しているという。
二足歩行をしたり、四足歩行をしたものもいたようだ。

ジュラ紀から白亜紀末まで生息していたので、裸子植物から被子植物まで広く植物を摂取していたようだ。口で植物をすり潰すことのできる鳥脚類も出てきて、「白亜紀のウシ」と呼ばれる種類もあったそうだ。

名前に「鳥」がついているが、現在の「鳥類」の祖先ではない。

現在の科学では、鳥類の祖先は「竜盤目」の「獣脚類」から進化したというのが受け入れられている。

これで恐竜の8つの分類について説明ができたと思う。
「大恐竜展」では恐竜以外にもおもしろいものがあった。それは次回に。

 

 

 

難波神社寄席 第二問

さて難波神社寄席での桂文喬さんの落語、「宿題」の第二問。

兄は小学6年生、弟は小学2年生。学校に向かうために(同時に)家を出ました。  兄が家を出てから 21 分後、弟は 105 m遅れたので、1分間に 20 m速くあるいたところ、兄が学校に着いたとき、弟は 60 mに迫っていました。  兄が時速 5.1 kmで歩いたとして、家から学校まで何メートルでしょうか? 

内容が1回で理解できななあ。 落語のお父さんも怒っている。

父「ややこしいなあ」
父「20分歩いても学校に着かへんのか」
まあ,現在では学校の統廃合や校区の自由化などで電車やバスで学校に通う子どももいますからねえ。私学の子どもはずっと以前から電車通学でした。ところでこの落語は公立の小学校が舞台でした。

父「なんでお兄ちゃんが弟を待ったらへんのや」
それはそうですね。

お父さんは休んでいる部下に電話で助けを求めます。
部下のアドバイスは「105mを21分でわると、兄弟の速さの差が分速ででます。」部下はどんな考え方をしたのか整理してみましょう。

105➗21=5

次に兄の分速を計算します。→ 5100/60=85(m/分)
弟の分速は → 85−5=80

問題文の「1分間に20m速く歩いた」というのは、兄の分速よりも20m速く歩いたと考えると、この地点から弟の分速は → 80+20=100

この地点から弟の分速のほうが速くなり、その差は → 100−85=15
1分間に15mずつ追いついてくる事がわかる。

105mの差が60mになったのだから追いついたのは → 105−60=45
45m追いついたことがわかる。

1分間に15m追いついたのだから、45m追いつくのにかかった時間は
 45➗15=3(分)

21分後から3分経ったのだから、兄が歩いたのは 21+3=24(分)

兄は24分歩いているので、歩いた距離は → 85*24=2040

答え 家から学校までの距離は 2040m

落語を聞いているだけでは話についていくのが精一杯。

紙に書いてみてやっと「なるほど」とわかった。これは何算?
鶴亀算、旅人算、植木算なんていうやり方があったなあと思い出すが、すっかり忘れていた。

これを方程式を使ってみて解いてみよう。

絵に書いてみるとこんな感じ。

同じように兄の分速を出しておく。→ 5100➗60=85

分速の差を求めておく → 105➗21=5

弟の分速は 85➖5=80

20mスピードアップしたから 80+20=100

弟がスピードアップしたときからX分後に兄は学校に到着したとする。

上の図からわかるように 弟はX分に100Xmすすんだ。しかしまだ60mたりなかった。
弟から見ると兄はその間に105(m)と85*X(m)すすんでいる。
両者は等しいので、

100X+60=105+85*X となる。

これを計算すると、X=3 で 3分ごと言うことがわかる。

そうすると 距離は 85*(21+3)=2040

答え 2040m

どちらの解き方が簡単か、それは一概にいえないが、とにかく絵を書いて問題を整理することが大事だとおもった。
しかし途中で弟がスピードアップしたり、兄が到着しても弟が途中だったり、ちょっと複雑なのでその分しっかりと考えないとつまづいてしまう。難問の部類だと思う。

さてここまで二問考えてきた。
落語ではもう一問あった。それは次回にすることにしよう。