漢検漢字博物館・図書館

ここは八坂神社の直ぐ側にある、「漢検漢字博物館・図書館」

ホームページには次のように紹介されている。

『漢検 漢字博物館・図書館』(漢字ミュージアム)は、ただ漢字を見るだけでなく、触れる・学ぶ・楽しむ展示を通して、いくつもの驚きや発見を生み出す体験型ミュージアムです。日本の漢字文化を国内はもとより世界へと広く発信し、「漢字って面白い!」と感じる子どもや大人がたくさん増えるよう、これからの未来につながる知的“かんじ”好奇心をお届けします。

『漢検 漢字博物館・図書館』(漢字ミュージアム)は、平成23年に閉校した京都市元弥栄中学校跡地に建築しています。
京都には、地域教育の礎として全国に先駆けて小学校を創立した教育への熱い思いがあります。その小学校の卒業生たちがさらに学び続けた中学校が、新しく生まれかわり、京都市内のみならず全国すべての小中学生にとって漢字を学び集う場所になります。そして日本の漢字文化の拠点となり100年後の日本をささえる教育の拠点になりたいとの思いを込めています。

レブリカだけど、甲骨文字に直接触れるなんてことは今までなかったこと。

金属に掘られた古代の文字。どんなふうにして刻んだろうと考えてしまう。

右側の木簡の説明には、「湖北省荊門市(こほくしょうけいもんし)の郭店1号墓から出土した、紀元前3〜4世紀頃のもの。『老子』が書かれている。」とあった。紀元前300年ごろといえば、2000年以上前のもの。そんな昔から文字があり、しかも残されているなんて、すごいことだと思う。

壁面には日本語の歴史がパネルとして紹介されていた。そのパネルに書かれていることを紹介してみよう。

漢字を日本語風に使いこなしはじめた

1.漢字に日本語訳を与えて「訓」が生まれました。

日本人ははじめ、文章そのものは漢字で書き、地名や人名などの固有名詞は、感じの意味を捨てて音だけを借りて綴るという方法で文章を書いていました。こうして、頭の中で漢文を日本語として長年理解していくうちに、次第に漢字の意味と「やまとことば」とが結びついて、この漢字は日本語では皆がこう読むべきだ、という決まりができました。その決まった読み方を「訓」といいます。

2,漢字を表音文字として使う万葉仮名が生まれました。

漢字の意味を無視し、漢字の音読みや、訓読みだけを表音的に用いた文字が、万葉仮名です。例えば「夜麻登(ヤマト)」の「夜」「麻」「登」は音読みを使った万葉仮名、「夏樫(ナツカシ)」の「夏」「樫」は訓読みを使った万葉仮名です。奈良時代の「万葉集」で使われた仮名なので「万葉仮名」と呼ばれますが、「万葉集」が初めてつかったわけでも、「万葉集」がすべてこの仮名で書かれているわけでもありません。この呼び名は、奈良時代の仮名を象徴的に指す呼び方です。

3,漢字を使った日本独特の文章が生まれました。和歌漢文

漢文の文章様式でありながら、その中に日本語の要素が混ざっている文章のことを「和歌漢文」と呼びます。和歌漢文の見た目は純粋な漢文に似ていますが、語順や語彙などに日本語の影響があるため、漢文としては読めません。奈良時代から、日常的な文章や戸籍などを書くときに広く使われました。
10世紀ごろからは、貴族が和歌漢文で自分の日記を書くことが盛んになり、その後も手紙文などの文体として長く使われました。

左は古事記の最古の写本。1371年〜1372年頃のものと言われている。主に和歌漢文で推古天皇までの歴史がきされている。

 

4,漢文を日本語として読むためのしるし。訓読記号

漢文を日本語に置き換えて読むときにはさまざまな記号(符号)が使われました。中国語は日本語と語順が違うので、漢文を日本語として読む場合には、読む順番と書く必要があります。この時に使われる記号が「返り点」です。他に、助詞(て・に・を・は)などを補う必要もありますが、これは漢字の四隅や四辺の決まった場所に「、」を打つことで表しました。この点を「ヲコト点」と呼びます。このような記号は、墨だけではなく、角筆(かくひつ)という硬い棒の先によって、紙を凹ませることで記されることもありました。

5,漢字を使った日本独自の国字がうまれました。

日本で独自に作られた漢字を「国字」といいます。
中国大陸と日本とは生活環境や文化が異なるので、感性も異なりますし、日本にあるもの全てを漢字で表すことはできません。
そこで、奈良時代より少し前から、日本人は独自の漢字を作って使ってきました。
例えば「イワシ」は、「すぐに死んでしまう弱い魚」なので「鰯」。
サカキは「神に捧げる木」なので「榊」などです。
このように、国字は多くが会意(かいい 漢字の意味を組み合わせて一つの漢字を作る方法)によって作られました。

左の木簡は、
右は藤原宮跡出土のもの。今の山口県からの荷物につけた木の札(木簡もっかん)。万葉仮名で「伊委之(いわし)」と書かれている。
左は平城京跡出土のもの。「鰯(いわし)」四十隻(よんじっせき)を申請した時の木の札(木簡)。国字の「鰯(いわし)」が使われている。

この後、パネルは「カタカナ」「ひらがな」の発展が記されている。
以前、私は日本語のひらがな・カタカナの歴史を調べて、ブログにのせたことがあるが、この時にここの「漢字ミュージアム」を知っていたら、もっと短時間でできたのに、と思う。しかしなかなか楽しい博物館だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

錫で作ったカカオとコーヒー豆

「咲くやこの花館」で、今年も「カカオとコーヒー展」があった。
2月1日から3月1日まで開かれている。
たくさんのイベントが用意されていて、ワークショップも数多くあった。
「世界一おいしいコーヒーを淹れよう」や「アマゾン・カカオのおいしい話」なども興味があったが、日にちが限定されているので参加することはできななかった。
そんななかでも私が興味を持ったのは「錫で作るカカオとコーヒー豆」というワークショップ。これも一日だけの体験だったが、たまたま行ける日だったので体験することにした。

錫のお皿と、カカオ・コーヒー豆をつくることにした。
まず渡された錫の円盤をハンマーでたたく。下の写真の右上のあるのが完成モデル。

休みの日なので小学生の親子連れも多い。錫の体験には小さな子も、中学生くらいの子も、高齢者も参加している。やはりこういった体験は珍しいから、興味を持つ人は多いようだ。

カカオとコーヒー豆は溶かした錫を型に入れて作る。

錫を溶かす装置の温度計は250度を示している。右側のような型を合わせてすきまに錫を流し込んでいる。

ベンチやヤスリで周りの余分な錫を取り除く。

スプーンの裏側をつかって磨くと、光沢が出てくる。
こんな方法があるとは知らなかった。

これができあがり。 流し込んだときは、カカオが三個、コーヒー豆が四個ぐらいできあがる。しかしもらえるのはカカオは一個、コーヒー豆は二個。上の写真は子どもが作ったものも並べているので三個になっている。
錫の値段は高い。以前にハルカスで錫でカップを作ったときも、マレーシアで錫の容器を見たときもそうだった。
今回の体験は、錫の重さで体験の料金を決めているため、持って帰れる量が決まっていると職人さんが話してくれた。
しかし、こんな体験ができるのは大歓迎だ。大阪の伝統産業である錫の容器が、小さなお皿や、アクセサリーになるカカオやコーヒー豆を作って楽しめることは、錫が身近に感じることができてとても良い取り組みだと思った。

ガーナ共和国の子どもたちの図工展もあり、ガーナの子どもたちがどのようにカカオを栽培しているのかもそこからわかるようになっている。
毎年いろんな工夫をしていることがわかる。
おみやげにいつものようにコーヒーの苗を買うことにした。

 

 

 

 

The Breadwinner ブレッドウイナー

ブレッドウィナー、「一家の稼ぎ手」となったパヴァーナの物語。

この映画のポスターには次のような説明がある。
「2001年アメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン、カブール。11歳のパヴァーナは、お話を作って聞かせるのがとても上手な女の子。しかしある日、父がタリバンに捕まり、パヴァーナたちの暮らしは一変、女性一人での外出が禁じられているため、パヴァーナは髪を切り「少年」になって、一家の稼ぎ手(プレッドウイナー)として町に出ます。パヴァーナが目にした新しい世界とは? 家族たちの運命は・・・・?

この映画のカタログに原作の紹介が載っている。 「原作者 デボラ・エリス  ・・・平和活動家として世界中を旅行し、戦争・貧困・病気・差別などによって困難を強いられている子どもたちを取材している。1997年と1999年の二度に渡ってパキスタンのアフガニスタン難民キャンプをおとずれ、たくさんの女性や子どもたちから聞き取り調査をして書いたのが、本作の原作となる「生きのびるために」、続編「さすらいの旅」「希望の学校」と合わせ、世界17カ国で翻訳、出版されている。・・・本の印税をCanadian Women for Womeh in Afganistan (アフガニスタン女性のためのカナダ女性)、ストリート・キッズ・インターナショナル、IBBY(国際児童図書評議会)のChildre in Crisis Fund (困難にある子どもたち基金)、ユニセフに寄付している。」

私はこの映画を見るまでに、アフガニスタンの現実を考えたことはなかった。
そこで生活している人たち、とりわけ子どもたち、そのなかの女の子たちのことは全くと行っていいほど考えたことはなかったし、映画の中にある事実は知らなかった。
「ボーッと生きてきた」自分に痛烈なパンチだった。

この映画のことは昨年新聞で知った。そこにアニメーションはアイルランドの「ブレンダンとケルズの秘密」を作った会社が担当した、と書いてあった。この「ブレンダンとケルズの秘密」の映画を子ども向けの本にしたのが右の本。私がアイルランドで買ってきた本だ。
これは見に行かなくては、とその時に思った。大阪での公開は1月からということで楽しみにしていたが、なかなか日がとれず、映画館もテアトル梅田だけだったのでずるずると2月になってしまった。上映時間も最初はお昼の12時ぐらいからだったのに、2月の2週になると夜の9時からになっていた。これは無理かなとあきらめかけていた。ネットで調べてみると、京都で昼に上映していることがわかった。

京都の出町柳駅のそばにある「出町座」だった。
すずさんが迎えてくれた。
はじめての映画館だったが、喫茶や本の紹介もあり、マニアにはたまらないだろうなあ、という雰囲気満点の映画館だった。土曜日の3時頃だったが、20人くらいの入りだった。この日の京都はコロナウィルスの影響か、外国人観光客の人や観光バスも少なく、鴨川も昔の京都らしい風情があるように感じられた。

怒りではなく言葉で伝えて、花は雷でなく雨でそだつからー

この映画では「物語」が重要な役割を果たしている。パヴァーナが弟や家族に話す物語は、映画のストーリーと並行しながら、困難の中に希望を見出す力があることを示している。映画の中にも紹介される「怒りではなく言葉で伝えて」「花は雷ではなく雨で育つから」、怒りに満ちたヘイトスピーチや爆弾やミサイルでは何も育たない、人の口から語られるれる民族の歴史から生まれる物語は、人の心を癒やし、力づけるのだと思う。詳しい映画のストーリーは書かないでおこう。
映画を自分の目で見て感じてほしい映画だから。

この映画で私の心をうったのは、パヴァーナの声だった。力強くて、優しくて、前を向いている声だった。カタログを見ると、声優はサーラ・チャウディリーというトロントに住むインド系カナダ人で、「レ・ミゼラブル」のトロント公演で、コゼットの子供時代を演じたという。この映画の声優を務めたのは12歳の時だという。
いずれDVDになったとき、ぜひもう一度見てみたい映画だ。
そしてこの映画の原作となった「生きのびるために」を是非読んでみたいと思った。