奥の細道を英語で6(白河の関)

日光の訪問を終えた芭蕉と曽良は、
那須、黒羽、雲巌寺(うんがんじ)、殺生石(せつしょうせき)、遊行柳(ゆうぎょうやなぎ)と訪ね、白河の関にやってくる。

I finally reached Shirakawa, the gateway to the Tohoku region.
My dream journey was really beginning.
Sora and I walked, visiting places where old poets wrote great poems.

心許(こころもと)なき日かず重なるままに、白川の関にかかりて旅心定りぬ。
「いかで都へ」と便り求しも断(ことわり)也。
中にも此(この)関は山関(さんかん)の一にして、風騒(ふうそう)の人心をとどむ。・・・・略

*風騒の人;文人墨客たど風雅の人(騒は原文では馬へんに噪のつくりで一文字)
*山関:勿来の関(なこそのせき)、鼠の関(ねずのせき)と並んで白河の関は奥羽三関の一つといったという。

橋本治さんの訳を引用する。
「旅のことをいろいろと思いめぐらせているうちにも、心はなかなか落ち着かないものだが、いざ旅に出てしまっても似たようなものである。あれこれと思い煩う事が多い。しかし、途中、日を重ね、白河の関が近くなって、やっと今、自分は道中にあるのだと気持ちもしっかり定まった。
 むかしこの関を越えた人の中にも、こうして白河を通過していると、なんとか都にいる人たちに知らせる方法はないかと、歌に残した人があるが、その気持がよく分かる。
 この白河の関は、東国山関と呼ばれるもののひとつで、いよいよここから「みちのく」にはいるせいか、この関を通過した多くの人がここを通過する思いを、いろいろなものに書き残している。・・・略・・」

*平兼盛の歌に「便(たより)あらば いかで都へ告げやらん けふ白川のせきはこゆると」がある。他にも白河の関を読んだ歌がこのあと芭蕉は紹介しているが、Enjoy Simple English では省略。

白河の関を通り、須賀川(すかがわ)、あさか山、しのぶの里、佐藤庄司が旧跡、飯塚、笠島、武隈(たてくま)、宮城野(みやぎの)、壺の碑(つぼのいしぶみ)、末の松山、塩釜、と名所旧跡・歌枕にゆかりのある地を訪れて、目的地の一つである松島にやってくる。
(写真は「白河の関跡」ビジュアル古典文学「おくのほそ道」より・出版 ピエ・ブックス)

 

 

宇宙から見える星々

先週末に見えた雲。
飛行機雲ではない。
西から東にかけて直線状に伸びた白い雲。
NHKの朝ドラの「おかえりモネ」に投稿したいくらいの写真。
巻雲というのだろうか。

秋が近づいているのかも知れない。

さて、地球上では、昼は青空と白い雲や夕方の夕焼けといろんな色の変化が大空で楽しめる。
夜は月や惑星や多くの星々が見える。
では地球から飛び出した宇宙船からはどんな空が見えるのだろうか?
満天の星が見えるのだろうか。

 

上の二枚の写真は宇宙飛行士の若田光一さんが写した写真。
「若田光一の絶景宇宙写真とソラからのたより」(株式会社エクスナレッジ発行)から引用したもの。
この写真には満点の星々が写っていない。
では宇宙船からは星は見えない?、写真に写らないくらい暗くて見えないのか?

日本科学未来館にあるプラネタリウムMEGASTARはその星の投影数が世界最高レベルで有名。私も数年前に見に行ったことがある。
未来館にどんなプラネタリウムを設置するかを検討した時、当時館長だった毛利衛さんは「MEGASTARの星空は、まるで宇宙空間で見た星空そのものだった」と語っている。(日本科学未来館のホームページより)
宇宙飛行士の毛利さんの見た宇宙船の外側に見える風景は、プラネタリウムでみえる星空のようなのだと考えられる。
そんな写真があるのだろうか?
それがあった。

 

すごい。まるで映画で見たような宇宙空間と地球。 まさに満天の星のようだ。

「宇宙飛行士が語る宇宙の絶景と夢
星宙(ほしぞら)の飛行士」
油井亀美也(ゆい・きみや)
林公代、JAXA。
実務教育出版の本。

油井さんは星空の写真撮影にたいしていろんな努力をしていたということが、この本を読んでみるとわかる。
星空や地球の写真を取るために、寝る時間を削ってまで撮影のタイミングを考えている。
興味のある人は手にとって欲しい本といえる。

私達が地球上で天の川や星座を写真撮影するときも、ただ単純にシャッターを押せばいいのではないことはわかる。
写真を取りたい星座のそばに満月があれば、どうしても満月の光に影響される。月は撮れても星は写らない。あるいは星を写せば月は真っ白になってしまう。露出について考え、絞りの調節が必要になってくる。
人間の目は、光の強弱があっても見やすいように調節してくれる。それは脳の働きだとおもう。
明るい満月も、そばにある星座もどちらも見えると感じてくれる。
しかしカメラはそうはいかない。
人間の目に見えるように、宇宙の星空をカメラに収めるには工夫が必要なのだ。
岩田宇宙飛行士の写した写真に星が写っていないから、人間の目にも星が見えない、というのではない。その時のカメラの写し方では星空が写せなかったのだ。
毛利衛さんの言うように、宇宙から見える星空は、メガスターのプラネタリウムで見る星空のように見えるのだろう。

ではそんなに星がたくさんあるのに、どうして宇宙は暗いのだろうか。
地球上の昼間のように明るくならないのだろう。
それに答えてくれるのは左の本。

「宇宙はなぜ『暗い』のか?」
津村耕司著 (ベレ出版)

この問いは、「夜はどうして暗いのか」ということにもつながってくる。
「太陽が出ていないから」
と単純に答えてしまうけれど、こんなパラドックスがある。
宇宙に何万、何億、何兆という星があって、その星一つ一つが太陽と同じくらいに、あるいはそれ以上に輝いているのなら、夜に見える星は太陽が何万、何億、何兆と輝いていることとおなじはずだ。そうしたら空全体は昼間以上に明るくなるのでは?・・・・・・
この問いは「オルバースのパラドックス」と名付けられている。

この本の回答を私流に理解をしたのが次のこと。
 宇宙が無限にあったとして(実際に膨張を続けている)、無限に星々があったとしても、星には寿命があるので、すべての星の光を私達が観測することはできない。宇宙はビックバンによって138億年前に誕生したと言われている。つまり138億光年までの光しか私達の目には入らない。宇宙全体の星の光の量は有限であり、夜空を明るくするまでの量はない、ということ。
 作家エドガー・アラン・ポーが1848年に自分の本に「(星までの)距離があまりに遠いので、光線がまだ我々のもとに届いていない」と書いている。ビックバンの理論が発表される前、何らかの計算をしたのでもないのに、この結論を導き出したエドガー・アラン・ポーはすばらしい洞察力を持っていたのだろう。
 これ以上の詳しいことは私の手にあまる。よくわからない説明と思われる方は、この本を読んでほしい。

9月もなかば、これからは空を見上げて星の光にロマンを感じる季節だ。

 

 

 

 

 

奥の細道英語で5(裏見の滝)

4月2日に二人は「裏見の滝(うらみのたき)」を見に行っている。
芭蕉の書いた「奥の細道」には、その日付が書かれていないが、同行した曽良の日記には
「4月2日快晴、午前8時ごろ宿を出て、裏見の滝、含満ヶ淵(がんまんがふち)などを見て回った」
と書かれている(橋本治著「おくのほそ道」より)のでそれがわかる。

We climbed further up the mountains to the famous waterfall.
Monks gathered in this sacred place to do their trainig.
I felt a little nervous to walk in this place.
The water fell from the rocks, 30 meters above.
So much water flew into tha air and into the river below.
From a small space in the rocks, I saw the waterfall from behind.
It was noisy and water was everywhere.
In fact, real monks spend three months here during the summer, cleaning their bodies and minds with this special waterfall.
We only did a very short version of the training.
I know it’s not enough, but it was a good experience.
          Under the water
                  Flowing from a place above
                         Summer has begun.

*waterfall; 滝
*sacred; 神聖な
*nervous; 少々怖がって、びくびくして
*short version; 縮約版
*from a place above; 高いところから

「奥の細道」のこのあたりの原文は次の通り。

廿余丁(にじゅうよちょう)山を登つて滝有(たきあり)。
岩洞(がんどう)の頂(いただき)より飛流(ひりゅう)して百尺、千岩(せんがん)の碧潭(へきたんー滝壺のこと)に落(おち)たり。
岩窟(がんくつ)に身をひそめて入(いり)て、滝の裏よりみれば、うらみの滝と申伝え侍る也(もうしつたえはべるなり)。

     暫時(しばらく)は
        滝に籠(こも)るや 夏(げ)の初(はじめ)

これだけである。
英文にある僧たちの修行のことは書かれていない。

「えんぴつで奥の細道」の解説には次のように書かれている。

「(この句の)夏は、『夏行(げぎょう)』のことで、陰暦4月16日から90日間(*英文のthree months はここから来ていると思う)水垢離(みずごり)などをする僧侶の行のこと。「裏見の滝」を見物しながら飛沫をかぶって、まるで修行をしているような気分になったが、そういえば今日は4月2日。そろそろ夏行の始まる季節だった」という意味」
*20丁余り:1丁は約109メ−トルだから、約2000メ−トルほど歩いた。
*「裏見の滝」は、日光から西へ6キロメートルほどの場所にあるそうだ。
*「百尺」;およそ30メートル、滝の高さが約30メートルあったという。

長谷川櫂著「『奥の細道』をよむ」(ちくま新書)には、
「夏を迎える手はじめに、しばしの間、滝にこもったというのだ。「暫時は滝に籠るや」と「夏の初」の取り合わせだが、どちらも現実のことで古池型の句ではない。日光参拝とこの滝ごもりは、旅の禊の頂点にあたる」とある。

短い言葉に、たくさんの歴史と背景が読み込まれているのが「奥の細道」、紀行文におわらず、文学として評価されるのがここにあるのかもしれない。