米粉で食パン

左の本を手に入れた。
「発酵いらずですぐおいしい かんたん米粉パン」(多森サクミ 立東舎)

ミズホチカラを使った米粉パンがたくさん紹介されている。
今回は「基本のミニ食パン」をつくることにした。

材料は、
A ミズホチカラ・・・170g
  砂糖・・・14g
  塩・・・2.6 g(小さじ1/2)
  イースト・・・1.7 g

B ミズホチカラ・・・17g
  ベーキングパウダー・・・9g

無調整豆乳・・・60g
 水・・・90〜120g
 植物油・・・14g
 レモン汁・・・9g

ケースはパウンド型の容器。 この容器にオーブンシートを切り取って型を作ってパウンド型の容器に敷き込む。

小さめのボールにBの材料を入れて、スプーンなどでよくかき混ぜておく。
大きめのブールにAの材料を入れて泡立て器で混ぜる。
豆乳(今回は豆乳がなかったので牛乳で代用間)と水を加えてよく混ぜる。
ダマがなくなったら、植物油(今回はオリーブ油を使用)も加える。

3分ほどしっかり混ぜる。
本によると、
「混ぜていて生地の重さをかすかに感じ、泡立て器から糸状に生地が落ちてくるくらいのとろみが見やす」とある。
レモン汁(レモンがなかったので、ポッカレモンを代用した)を加えて、約30秒混ぜる。レモンを入れるのは、このあと加えるベーキングパウダーの発酵力を高めるため)と書かれている。

小さいボールの材料をここに入れる。
ゴムベラに持ち替えて、10秒前後ぐるぐるとまぜる。
だまができなくなるのを目指してヘラを使ってまぜるが、10秒ではうまく混ざらない。
「ダマが完全になくなり、発泡して全体がふわっとしたら混ぜ上がり」と本に書いてあるので、完全に混ざるでしっかりと混ぜた。

生地の気泡がつぶれないように、注意しながら準備していた容器に手早く流し入れる。
オーブンは180度で予熱しておく。
この容器をアルミホイルで包み込む。生地が膨らんできた時にくっつかないようにするためらしい。アルミホイルは消耗品のような使い方になってしまった。

180度のオープンで約20分焼く、アルミフォイルを取り去った状態が左の写真。
アルミフォイルを取り除いた状態で再度オーブンにいるれて180度で15分ほど焼く。最後の段階は焼入れをつけるためなので、様子を見ながら温度と時間は調整する。

なかなかいい色になったと思う。ただこのあたりは、好みの問題もある。
わたしはまだ焼き色が足りないと思い、180度でさらに5分オーブンで焼き上げた。
網の上で蒸気をとばし、上面にラッフをする。上面にしわが寄らないようにするため、と本に書いてある。

パンをスライスして軽くトーストし、エスプレッソのコーヒーとリンゴをつけていただく。 以前に作った米粉パンよりも、よりパンらしくなったという感じだった。
このレシピ本には他にも食パンづくりがのっているので、またやってみようと思う。

 

 

 

月食

上は月食時の写真。下は普通の月の満ち欠け時の写真。 どちらも月は欠けているが、その欠け方が違う。
下の月は境目部分のクレーターがはっきりと見える。全体的にも月面のクレーターが確認できる。
上の月はそういったクリアなクレーターが見えない。
下の月は太陽光線が斜めからあたっているので、クレーターの影がよく見えるのだ。
上の月は満月なので、月面全体に真正面から太陽光線があたっている。そのためクレーターの影は見えにくい。欠けたように見えているが、それは地球の影なのだ。

月の満ち欠けを説明する本はたくさんある。
私が最近見つけたのは、左にある
「もっとたのしく夜空の話 月の満ち欠けのひみつ ミヅキさんのムーンクッキー」(絵と文 関口旬 監修 木村直人 子供の未来社)

たくさんの絵で月の満ち欠けの様子やその理由がよくわかるように説明されている。
とりわけ地球と月と太陽の位置が丁寧に書かれている。
月齢に合わせて太陽と月の位置が絵で説明されている、しかも新月から次の新月まですべて絵が書かれている。これほど丁寧に書かれている本は私は見たことがない。

絵本の主人公たちは月の満ち欠けの変化を観測し始める。

左は1日目、月齢0、新月の日。

解説には「新月は、太陽と同じ方向にあって太陽と同じように動くので、まぶしくて見ることができない」
「夜も月は太陽といっしょに地球の裏側をまわっているので、観察することはできない」
と書いてある。
太陽ー月ー地球という順に並んでいるため、地球からは月の光っている面が見えないし、まぶしくて見ることもできない。
絵とあわせて解説を読むとよくわかる。

 

主人公たちの観測は毎日続く。それが絵本にかかれているが、ここでは8日目、いわゆる「上弦」の状態を引用する。

解説の「太陽と月が90度近くに(直角)になるので、太陽が真上にのぼったときに、月はのぼりはじめる。そして太陽が沈む頃には月は真上に来ている」という解説は絵と合わせると本当によく分かる。

上弦になっている月をみた時「あっ太陽光線が月の真横を照らしているのだ」と思えばいい。

 

観測は続き、いよいよ満月になってくる。

左は満月の時。
解説には、「西に太陽がしずむと、すぐに月が東から上ってくる。」

「菜の花や 月は東に 日は西に」(与謝蕪村)の世界がここにある。

月ー地球ー太陽が一直線に並んだ時に満月となることが左の絵からよく分かる。
このときに「月食」がおこる。
地球の影が月の上にかかるのだ。
地球の影は丸い。そのためにまるで月がいつもみているように「欠けてきた」と感じてしまう。

月が地球を回る軌道は少し傾いている(前回のブログ参照)。
月ー地球ー太陽が一直線の軌道にいつもあるなら、満月の度に月食となる。しかし月の軌道が傾いているため、月食になるときとそうでない時がある。さらに地球と月の距離は約38万キロメートル。影の長さも長いし地球が大きいと言ってもいつもいつも地球の影が月をおおうことにならない。だから月食がめずらしい。これも大自然のおもしろさだ。
「満月は夜が始まるとのぼってきて、一晩中夜空に出ている。」
「日の出のころには、月は西にしずむ。」この解説も絵とあわせるとよくわかる。

上の2つの図は22日目、23日目ぐらいの月の様子。
いわゆる「下弦」になっている月の状態。夜明け前に観察することができる。

「今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな」
素性法師の句の世界がここにある。

右の絵で欠けて読めなくなっている解説は、
「下弦の状態の月が沈むのは昼前だからわかりづらいのよね」
太陽が月の左半分を照らしていることがよくわかる。

月の満ち欠けを見る時、今太陽はどのへんにあるのかな?と考えながら見ると、月と地球と太陽の位置関係が判っておもしろい。「今、理科の勉強をしているなあ。理科を勉強しておいてよかったなあ」と思える瞬間だ。

 

 

 

ほぼ皆既月食


2021年11月19日。
満月の日。
西の雲の層から顔を出した月はもう欠けていた。
この日はほぼ皆既月食になると言われていた。
池の周りには月食を見ようとする人たちが集まっていた。カメラを持っている人もいた。

月が登るにつれてその月の欠けている割合が大きくなってくる。
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」によると、
2021年11月19日
満月(18時)
皆既に近い部分月食(最大値0.98 、欠けて月の出。最大18時3分。終了19時47分)
とある。

場所を家の近くに移動する。
本来なら満月なのに光っている部分が細くなっていくのは天体ショーのようだ。
少し拡大して撮影すると、地球光によって丸い月がわかる。
今年の5月26日は、皆既月食だったが残念ながら見ることはできなかった。

望遠レンズで撮影をする。
赤い満月、ぼんやりと見えるウサギの耳、リングの端が光って見えるような月。
国立天文台のホームページの記事を紹介すると、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月19日の夕方から宵にかけて、全国で部分月食が見られます。

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。地球の影(本影)によって全て隠される「皆既月食」と、一部が隠される「部分月食」があります。今回は部分月食ですが、月の大部分が影の中に入り込みます。

部分月食の始まりは、16時18.4分です。ただし、北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)となります。今回の月食は、とくに前半で月の高度が低いので、東の空が開けた場所で観察しましょう。

月が最も欠けて見える、食の最大は18時02.9分です。皆既月食の場合には、完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色とも呼ばれる)になって見えることが多いのですが、一方で、多くの部分月食では影の部分の色は暗いだけではっきりしません。ただ今回の部分月食では月の大部分が影に入りますので、食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。

月はその後、空を昇りながら地球の影から出ていきます。19時47.4分には月が影から離れ、部分月食が終わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月食はどうして起きるのだろう。
図書館で借りてきた「げっしょく」(中西昭雄写真、えびなみつる絵、旬報社)には上の図のような説明があった。
太陽、地球、月が一直線上に並び、その時に地球の影によって月の姿が見えなくなるといった説明だ。
ではどうしていつもの満月のときには月食にならないのだろう。2021年には年に2回しか月食にならなかった。

なるほど、月の軌道は傾いているのだ。
同じ満月でも、月の軌道が傾いているため、地球の影に入るときと入らないときがあることが図でよく分かる。地球の影に入ることが珍しいのだ。
月食が赤く見える理由も書いてある。夕焼けが赤く見えるのと同じ理由のようだ。

時刻は19時32分。
月食が終わりかけている。 赤い色もすっかり消えてしまった。

19時59分。 ほぼ満月の状態に戻っている。夕方の17時ごろから20時ごろまでの天体ショー。
月食がおきる理由を知らなかった時代の人たちには、驚くような異変に思えたのに違いない。
しかしネットで調べてみると:前漢時代(紀元前200年ごろ)には月食がおきるのに規則性があることがわかっていたらしい。天文観測が長期的に行われていたのだろうと考えられる。

さて次回の大阪で見える皆既月食は2022年11月8日。ほぼ1年後だ。
次は皆既月食だから完全に満月が地球の影に入ってしまう。ぜひ観測してみたいし、写真にも取りたいものだ。