メアリー・アニング

恐竜学をひらいた女性

図書館で新作や注目の本が紹介してあるコーナーで発見したのが左の本。

「メアリー・アニング」、私の記憶には全くない、と言っていいほど知らない。だからとても新鮮な名前だった。そして漫画の本だ。
パラパラとページをめくってみると、アンモナイトなどの化石がでてくる。恐竜の化石の発見の本かな?と興味がわいたので、借りることにした。
漫画だからとても読みやすい。本当に一気に読んでしまった。
約200年前のイギリスが舞台。貧しい労働者階級の娘、学校にも十分に行けていない。女性差別も現在よりも厳しい時代に、あたらしい学問分野を切り開いた女性の物語だった。私はとても興味がわき、図書館の本で「メアリー・アニング」に関する本を探してみた。

左の本は絵がたっぷりの本。メアリー・アニングが少女のとき、化石の採集を父と兄とで行うところが表現されている。

メアリー・アニングとはどんな人物なのだろうか。

「世界を変えた50人の女性科学者たち」というほんがあった。
その本によると「数々の貴重な化石を発見。化石コレクター、古生物学者。
メアリー・アニングは1799年、イングランドの小さな海辺の村ライム・レジスで生まれました。

家族はとても貧しく、彼女は父親が生活のために化石を集めてお金持ちの観光客に売るのを手伝いました。それは危険な仕事でした。崖は急だし、ときには海の激流で崖崩れを起こします。11歳で父親を亡くしたメアリーは、この化石ビジネスを引き継ぎました。▼当時はまだ恐竜の存在が人々に広く知られていませんでした。メアリーは12歳のときに、それまで誰も見つけたことのなかった魚竜の全身骨格を発掘しました。続けて、種として知られていなかった首長竜の骨格を2つ発掘しました。これらの化石は人々が慣れ親しんでいたどんな動物にも似ておらず、古生物が絶滅した可能性をはっきり示したのです!・・・・(略)・・・・学者たちはメアリーの発見やアイデアに敬意を払いましたが、彼女は女性だという理由で本や論文を出版することが許されませんでした。・・・(後略)・・・。」

この「世界を変えた50人の女性科学者」という本には、私の知らない女性花芽者たちがこんなにもいたのかとびっくりする本だった。
この「メアリー・アニング」以外に私の知っていた女性科学者は、
・マリー・キュリー
・レイチェル・カーソン
・キャサリン・ジョンソン
・ワレンチナ・テレシコワ
だけだった。あとの45人は全く知らなかった。どんなことをしたのかを読んで、なるほど、そんな素晴らしいことをしたのに、どうして知らなかったのだろうと逆に思ってしまった。
上のキャサリン・ジョンソンは、映画「ドリーム」で出てきたNASAの初期の時代に活躍した数学者で、かろうじて覚えていた。

「海辺のたから」と「海辺の宝もの」は同じ本。
翻訳の時代が違うのと訳者が違うが、原作は同じもので内容は全く同じ。
小学生ー中学生向きの本で、メアリー・アニングの子ども時代が中心になっている。

19世紀に活躍したメアリー・アニングは、身分差別と女性差別の中で新しい学問分野を切り開いたのだが、詳しい記録が残っていないので、正確な伝記本はないそうだ。

そんななかで今残されている記録を丹念に集めて、メアリー・アニング像を描こうと努力した力作がある。
それが日本から出版された「メアリー・アニングの冒険」である。

この本の表紙にある化石がメアリー・アニングが発掘した首長竜プレシオサウルスだ。そしてその下にある写真がメアリー・アニングの肖像画。
ロンドンのサウスケンジントンの自然史博物館にあるそうだ。

この博物館では、メアリー・アニングの服装をした女性が見学に来た人に説明しているそうだ。見学に来た子どもたちの大人気になっているそうだ。イギリスではメアリー・アニングは有名な人物のようだ。しかし日本では全く無名だと言ってもよい。
「メアリー・アニングの冒険」の作者の一人、吉川さんはスタジオジブリで働いていた人というからおもしろい。
逆境の中で輝くヒロイン像ではなく、時代をしたたかに生きる努力をしてきたメアリー・アニングを描こうとしているように思える。新しい地平を切り開いたメアリー・アニングは、どんな人物で、どんな生き方をしてきたのだろうか、興味は尽きないかもしれないが、確かに恐竜学の基礎を築いたということは素晴らしい人物だったと言い切れるだろう。

女性が輝く時代にーそれはメアリー・アニングから200年たっても大きな課題になっている。メアリー・アニングのことは忘れてはいけないと、自分に言い聞かせる。

 

 

無水鍋でパンを焼く ガスコンロ編

今回はカセットコンロを使う方法でやってみた。
私の家は電磁調理器陽の台所なので、ガスコンロはない。しかし昨年の台風による停電の経験があったので、カセットコンロを買っておいた。
そのカセットコンロを使うことにした。

ホームベーカリーの練り機能を使って小麦粉を練って一次発酵させる。
パン生地を100均で買った、ケーキ用の容器に入れて二次発酵させた。
このケースは2個100円でとても扱いやすかった。

今回は、フランスパン用の小麦粉と、ホシノ天然酵母を使った。
フランスパン用の小麦粉はなんば高島屋の富澤商店で買った。

フランスパン用の小麦粉・・・・300g
砂糖・・・15g
塩・・・5g
バター・・・10g
ホシノ天然酵母・・・25g
水・・・160g

天然酵母なので一次発酵に4時間ほどかかる。それをオーブンの発酵機能を使って二次発酵させる。大きさを見て判断するので、90分〜120分ほどかかる。

その時の室温、気温、小麦粉の状態などで発酵させる時間は変化する。
90分ぐらいから発酵の様子をみながらいつやめるかを判断する。

こんな感じに発酵すれば十分。あまり長い時間発酵させると、ケースからはみ出してしまい、味も大味になる。

カッターナイフなどでクープする。
十分に温度を上げた(水滴を落として転がる状態)無水鍋に入れる。
このとき付属の蒸し器の上に置く。パンの入った容器が直接無水鍋の底に当たらないようにする。

最初は中火(カセットコンロの火力をきめるスイッチは半分ぐらいの位置)で10分熱する。

上の写真が10分後の様子。期待通りに膨らんでいる。 焼き色をつけるのが難しい。 写真のようにまだ焼き色がついていなかったら、同じ火力でさらに10分焼く。 色がついていたら、火力を小さくして5分後の様子を見て判断する。

これがさらに10分同じ火力で焼いた状態。
私はもう少し焼き色を付けたかったので、火力を弱くして5分ほど焼いてみた。

なかなかいい感じになったのでここでストップ。

裏も焦げることがなく、うまく焼き上がった。

左の写真は火力が強かったこと、時間の見通しが甘かったので、底が真っ黒に焦げてしまった例。
今回は工夫したことは、パン種を100均で買ったケーキ用の紙ケースに入れて発酵させたこと。さらにこの紙ケースの直接パン種を入れるのでななく、クッキングシートを敷いてパン種を入れて焼いた子男。
これは火力の加減でパンが焦げることを少しでもさける工夫だったが、それがうまくいったようだ。

私の結論は、無水鍋でパンを焼くことはできる、しかしその温度管理はむずかしい。
何回か失敗して、自分の持っている無水鍋とカセットコンロの特性を見極める努力がいるということ。失敗を繰り返すと、美味しいパンが無水鍋でやくことができる。

 

 

 

はやぶさ2 リュウグウに着陸

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が午前7時29分、地球から3.4億キロ離れた小惑星「リュウグウ」への着陸に成功したと発表した。・・・(略)・・・・
JAXAによると、はやぶさ2は21日午後1時15分、高度20キロから降下を始めた。高度約500メートルに達した22日午前6時14分、着陸を最終判断した後、自動で降下。午前7時29分、リュウグウに着陸したという。・・・」
(朝日新聞夕刊より)
上の写真も朝日新聞夕刊より引用。
リュウグウの表面に「はやぶさ2」自身の影が写っているところを写真に取るなんて、とてもニクイ演出。初代「はやぶさ」もそうだったが、自分自身の写真を取ることができないから、自分の影で存在を知らせるというのが、とても感動的だった。

上の写真は、JAXAとNHKによる「ハヤブサ2タッチダウン運用中」と題して、ネットに同時公開されていたもの。

画面に出ている時間は、「はやぶさ2」自身の時間で、私が見ている時間はこの時間より約30分後の時間(信号が届くまでの時間と画像処理の時間という説明があった)、私は7時台の時間でパソコンの画面を見ている。
これより約1時間後に「はやぶさ2」はリュウグウに着陸した。
ハヤブサ2の時計では7時29分だが、地球に電波が届くまでの時間がかかる。
日本時間午前8時少し前に、テレビのテロップで「着陸した模様」とながれた。

新聞によると「はやぶさ2」と地球の距離は3.4億km
地球と太陽の距離が1.5億kmだからその倍以上はなれている。
つまり、「はやぶさ2」とリュウグウは、地球から見ると太陽をはさんで正反対方向にあるのだろう。

3.4億km / 30万km(1秒間に電波の進む距離)= 1167秒
1167 / 60  =  19.5分
約20分かかることがわかった。

なんと遠いところにいるんだ。20分のタイムラグが有る中での遠隔操縦の素晴らしさは「はやぶさ」とおなじ。
さらに「はやぶさ2」は高度500mからは自動操縦に任されている。
上の写真は自動制御されて落下しているところを画面にしている。

ターゲットマーカーを目標にしているが、その上に着地するのではない、

上の写真のTMと記されいるのがターゲットマーカーの位置。紫の円が着陸の場所。
そして左下にあるのが縮尺をあわした「はやぶさ2」の大きさ。紫の円の中に着陸させたのだからすごい。「はやぶさ2」はターゲットマーカーを横目で見ながら自分の位置を修正した、とJAXAのホームページに書いてあった。

スタッフの皆さんの喜びの笑顔。(JAXAのツイッターよりの引用)
本当にご苦労さまでした。でも「はやぶさ2」のミッションはまだまだ続く。
今日のようなタッチダウンをあと2〜3回の予定。
そしてクレーターを作って岩石を採取するミッションがある。
残されているローバーの投下も予定されている。
そして地球への帰還が始まるのが今年の11月から12月にかけて。
それから約1年の時間をかけて宇宙空間を飛び続け、
地球に戻ってくるのが2020年末。

まだまだ続く困難の道。
でも私も、多くの人も、「はやぶさ2」が元気な姿で戻ってくることを信じている。