最近読んだ本

ぼくらの七日間戦争

この本は2018年開催された(今年のこと)、『小学生がえらぶ! ”こどのの本”総選挙』において8位にランクインされている。
そして小学校6年生の得票だけを見るとなんと、堂々の1位を獲得している本だ。
図書館で借りたきた右の文庫本の奥付を見ると、
昭和60年4月10日初版発行
平成25年9月10日旧版101版発行
平成26年6月25日改版初版発行
となっている。
101版!! 驚きの数字だ。
初版が発行されてから33年が経過しても小学生が圧倒的に支持している本がこれ。
小学6年生が読んでいる本で1位というのだからすごい。
30年以上前に書かれた本なのにだ。

今年の夏に、同じ職場だった30代の女性と会ったとき、この本のことが話題になった。
「宗田理さんの本でしょ(彼女は『そうだ おさむ』と正しく言った)。私小学校のときに全部読みました。まだ買ってなかった本は友達に借りて」とうれしそうに話してくれた。
本のあらすじや内容紹介はしないでおこう。
まだ読んだことない人は読んだほうがいいと思う。特に子どもがいる人、子どもの前に立つ機会が多い人、子どもに関係する仕事をしている人。必読の本だと思う。
昔子どもだったはずの私のような大人が、忘れていたことに気づかされる、そんなことが多い内容だ。

Masato

この本は2017年10月25日第一刷の新しい本。 妻の友達で、1日に2、3冊の本を読んでいる読書家がいる。その人からもらった本。 このときまでこの作者(岩城けい)の本のことは全く知らなかった。読んでみて、それがとてもおもしろかった。

裏表紙の紹介を引用すると、

「スシ! スシ! スシ!」 いじめっ子エイダンがまた絡んでくるー。親の仕事の都合でオーストラリアに移った少年・真人。言葉や文化の壁に衝突しては、悔しい思いをする毎日だ。それでも少しずつ自分の居場所を見出し、ある日、感じる。 「ぼくは、ここにいてもいいんだ」と。ところがそれは、母親との断絶のはじまりだった・・・。異国での少年と家族の成長を描いた第32回坪田譲治文学賞受賞作。

私は以前に日本にやってきた外国人の子どもが学ぶ日本語教室の参観に行ったことがある。中国、韓国、ブラジル、アジアだけではないヨーロッパから来た子どもたちもいる。仕事の関係で日本にやってきた家族の子どもたちが増えているそうだ。
日本にやってきた外国人の子どもたちの努力について考える機会だったが、その逆の外国に行って生活する子どもの葛藤や頑張りについては考えたことはなかった。
子どもの自立を願うのは親として当たり前だろうが、外国で生きる小学生の自立への戦い、考えされられることが多い。

さよならオレンジ と ジャパン・トリップ

上の2冊、「さようなら、オレンジ」と「ジャパン・トリップ」はどちらも岩城けいさんの本。「Masato」を読んだあと続けて図書館で借りて読んだ。
「Masato」がおもしろかったからだが、あとがきに金原瑞人さんが書いていたことに惹かれたこともある。

「著者の前作『さようなら、オレンジ』は、アフリカから難民としてオーストラリアにやってきた女性サリマと、日本から言語学者の夫についてオーストラリアにやってきた女性『私』の成長と精神的な自立をスリリングに描いた作品で、故郷を喪失したサリマと、異郷に住んでいることを強烈に意識している「私』との出会いと触れ合い、そして理解と共感へという展開が素晴らしい。・・・・(略)・・・・。」

私はサリマが自分の生い立ちを英語で綴り、子ども通う学校に行き「語る」という場面が強く心に残った。文章にする、文字で自分の思いを書く、その力は人の心を動かすと改めて思った。

「ジャパン・トリップ」についても金原瑞人さんは書いている。
「第三作『ジャパン・トリップ』はオーストラリアの小学生のグループが一週間ほど日本にやってくるという話だが、ここでも小学生の視点からの印象的な文章がちりばめられている。ぜひ読んでみてほしい。」

この言葉につられて私は読んでみた。確かに読んでよかった。
新しいスタイルの文章だと思う。
文字の力、文学の力にあらためて信頼をおくことができた本だった。

 

 

 

山陰歴史館と米子城の三角点

ここは米子市内の中心部にある「米子市立山陰歴史館」。米子市役所のそばにある。

米子の歴史に関わる貴重な品が展示されていたが、私の関心を引いたのは昔の教室風景だった。二人机がならんでいる。

昔使われた現物が並べられている。足らないものは新しく、昔の形を再現しているのも熱意が伝わる。

二人机は使ったことがある。しかし机の上がふたになっているのは、話には聞いたことがあるが、実物を見たのは初めてだ。

これは謄写版だ。私は大学でガリ版をきったことがあるが、今の大学生は知らないだろう。

これは石版と石筆。これも話には聞いていたが、見たのは初めて。 「ノートや鉛筆が普及していなかった明治から昭和初期にかけて使用された、小学生用の学用品である。石版はレート(珪酸室粘土板岩)製で、これに石筆(滑石やろう石を棒状にしたもの)で字や絵をかいた。」 という説明があった。
小説「赤毛のアン」で、アンがギルバートの頭で割ったのはこんな石版だったのだろうか?

これは「昭和初期の給食当番風景・戦後」と書かれている。

現在の小学校には給食服があると思うが、この写真、戦後のときはエプロンと頭にぼうし。
後ろには割烹着を着た給食調理人らしいおばさんがニッコリ笑って子どもたちを見送っている。
戦前に小学校に通っていた人の話によると、給食の用意は保護者がしていたということを聞いたことがある。
写真に写っている子どもたちのなんとにこやかなことか。
戦争が終わり、給食があるといことがうれしかったのかもしれない。

大阪にはこのような博物館、資料館があるのだろうか。あれば素晴らしい財産になるのになあと思う。

私がこの「山陰博物館」を見学しようとおもったのは、左のポスターのように「米子城ー城の歴史とその調査」の特別展があったからだ。

米子城は以前にブログで紹介したように、天守閣跡に「三等三角点」がある。
そのことが少しでも紹介されていないかなあ、と思ったのだ。

大阪城や姫路城、和歌山城には三角点が設置されている。すべてのお城に三角点があるわけでもない。名古屋城は大きなお城だが、城内には三角点はない。
米子城はお城は残っていないが、残っていない跡地に三角点がある。
私のブログには私の写した写真をのせているが、ここでは国土地理院の写真を紹介する。

上の写真が国土地理院のホームページにある米子城の三角点。

ポスターの米子城をよく見ると、「三角点」がはっきりと写っている。
「米子城の特別展」には、市民の撮った「米子城」の写真がたくさん展示されていた。しかしこのポスターのように「三角点」がはっきりと写っている写真はなかった。また、「三角点」という言葉はどこにも見当たらなかった。
館の人にも聞いてみたが、三角点が米子城にあることはご存知ではなかった。
国土地理院の写真を見れば、三角点があるのはすぐに分かるはずなのに、関心がないものは見えても見えていないのだろう。
残念なことだ。
私の三角点を探る旅はまだまだ続く(現在進行形)。

 

 

すなば珈琲

スタバじゃなくて、すなば

鳥取駅前までもどってきた。
お目当てはいっとき世間を騒がしたあの「すなばコーヒー」店だ。

珈琲店のドアを開けるとマツコのお出迎え。こんなことが書かれている。

「マツコ・デラックス様へ
 いつも鳥取県に並々ならぬ関心を持っていただき、また誰よりも応援(心配)してくださいまして誠にありがとうございます。
 貴女様がMCを務める番組「月曜か夜更かし」で鳥取問題を数多く取り上げて頂き、それをきっかけに「すなば珈琲」をオープンするに至りました。
 おかげさまで連日満員の大盛況になりまして、心より感謝申し上げる次第でございます。
 当店では、マツコ様がいつの日かご来店されるのを心よりお待ちしております。
いつお越しいただいても決して失礼のないようにと、専用の指定席とマグカップもご準備させて頂きました。
 とびっきり美味しいコーヒーを淹れされて頂きますので、ぜひともお立ち寄りくださいませ。
                         すなば珈琲一同    」

横にはミニチュアの砂場の遊び場がある。さて、マツコはここに来たのだろうか。
そもそもこの「すなば珈琲」は、鳥取県知事の平井知事が「鳥取にはスタバはないけれど、日本一のスナバがある」という発言が発端になっている。
スタバがないなら地元の企業がつくろうと考えたのが「すなば珈琲」。現在では8店舗もある。
スターバックスコーヒーは、2014年4月に全国都道府県の最後の県である鳥取県に開業している。

店内はパッと見たところは普通の喫茶店。テーブルとカウンター席がある。お昼時なのでかなり混み合っている。
ところが奥の狭い通路を通ったところに「すなば珈琲」所以の砂場の席がある。

このルームの床は砂場になっているのだ。

お昼のランチをいただく。

これが「すなば珈琲」。
「砂焼きコーヒー」というのがあった。「248度に熱した鳥取砂丘の砂でじっくり焙煎した豆を使用しています。酸味が少なく、独特な風味と苦味をお楽しみ頂けます」と書かれていた。

コーヒーを飲んでいると、何か底に文字が書かれているようだ。
「あたり」とか『もう一杯飲めます」とか「おかわり無料です」なんて書かれているのかなあ、と思いながら飲み干すと、
ラクダとコーヒーカップの絵と、PREMIUM QUALITY の文字が現れた。
なるほど「月の砂漠」だな。

レジのある壁に日本地図が貼ってあった。
「目指せ!! シアトル!!」と書かれている。
お店の人に許可を得て写真を取る。
日本全国からこの「すなば珈琲」に来ていることが、刺してあるピンによってわかる。 「東京から来ました」とか「北陸から来た」などのメモがはられている。なかなかおもしろい。

シアトルというのは、スターバックスコーヒーの発祥の地。1971年にアメリカ・シアトルに第1号店が作られたそうだ。

私は1980年代にアメリカに行ったとき、シアトルで飛行機の乗り換え待ちをした。そのとき、空港のスターバックスに入ったことがある。
その時、「スターバックス?、変わった名前だなあ」と思った。
ネットで調べてみると、「メルビル作『白鯨』に登場するコーヒー好きな航海士の名前がStarBuck だったことと、シアトルにあるレーニア山の鉱石採掘場Starbo から名付けられた」そうだ。

https://www.yuraimemo.com/947/

日本に帰ってから、スターバックという登場人物がでてくる映画を見たことがあるので、スターバックという名前の人がいることは知った。しかしメルビルの白鯨にもスターバックという人物がいたことは知らなかった。

鳥取駅前の「すなば珈琲」は「スターバックスコーヒー」と全く違いことがわかって、これも面白かった。鳥取県民のユーモアセンスを感じた店だった。