圧力鍋で無水カレー

以前に無水鍋で無水カレーを作った。(2020年1月)
今回は圧力鍋で無水カレーを作ってみようと思った。
無水カレーだから一切水を加えずにカレーを作る。そのためには水分を多く含んだ野菜をたくさん使うことが必要だ。前回の「無水鍋を使っての無水カレー」を参考に、次のような材料を用意した。
・たまねぎ 1
・トマト  2
・にんじん 1
・りんご  1
・バナナ  1
・セロリ  1
・しめじ  1パック

たまねぎ1個を薄切りに切り、圧力鍋の一番下に敷き詰める。
トマトは芯を取り除き、ザクザクと切る。(熱湯に浸して皮をとってもよい。今回は小さなトマトを使ったのでそのまま切っていれた)
にんじんを半分に切り、形の残るように大きめに切る(上の写真のように)

セロリも適当な大きさに切っていれる。(大きく切ると、圧力鍋でも形は残る)
じゃがいもを入れてもよいのだが、ポテトサラダを作るのでじゃがいもはカレーの具には使わなかった。
しめじもうえにのせる。
しめじは直射日光に当てておくと味が良くなるといわれたので、ベランダで干しておいた。

残しておいたにんじん半分をフードプロセッサーに入るように適当な大きさに切る。
バナナ、りんごは皮をむいて、これもフードプロセッサーにいれて回転するぐらいの大きさに切っていれる。
フードプロセッサーでジュースにする。
たまたま家にフードプロセッサーがあるのでそれを使ったが、ミキサーでもおろし金でもよい。とにかくジュース状にする。
無水カレーの「無水」は水を使わないことがが、野菜や果物の水分を使うことによってそれをおぎなっているのだ。

ローリエ、にんじん、バナナ、りんごのジュースを乗せる。 前回同様にすじ肉があったので、下処理をして食べやすい大きさに切ったものを一番上にのせる。

ふたをして中火でシューという音が出るまで加熱する。(ここは使っている圧力鍋によってその時間や使用方法は違うこともあるので、持っている圧力鍋に合わす)
シューという音が聞こえてきたら弱火にして15分。
15分たったら加熱をやめ、ピストンが下がるまでまつ。

加熱と自然冷却のあとの圧力鍋の様子。本当に水分が出るか心配だったが、
野菜や果物のジュースによって、写真のように水分がたっぷり出ている。

ルーを入れる。 前回はかなり甘く感じたので、今回は辛口カレーのルーを使ってみた。 はじめての辛口なので味見をしながらカレールーを入れていった。 私は辛口は苦手なので、ルーの半分でオーケーにした。 ここは自分や家族の好みに合わす必要がある。 最後にチャツネとヨーグルトを入れて味に深みが出るようにした。

ご飯はサフラン米にしようとサフランを入れてみたが、おもったほど黄色が出なかった。次回はもう少し研究してみよう。
味見のときの辛さは、ヨーグルトやチャツネによってほどよい辛さになっていた。
すじ肉も圧力鍋での下準備と加熱で、とろけるようなおいしさだった。
無水鍋の無水カレーもおいしかったが、圧力鍋の無水カレーも負けないくらいにおいしい。
今回は圧力鍋で無水カレーができるか?に
「できる!」という回答が出せでよかった。

 

Snow Moon 雪月

2021年2月27日、満月。
東の空に登ってきた満月が見えた。この日の月の出は17時45分。
撮影は18時を少し過ぎていた。

拡大してみると、月のうさぎがよく分かる。少し雲がかかってきたので、下の方にぼんやりと雲が写ってしまった。

ネットでネイティブ・アメリカンの月の呼称が紹介されていた。
1月は Wolf Moon 狼月
2月は Snow Moon 雪月
3月は Worm Moon 芋虫月
4月は Pink Moon 桃色月
5月は Flower Moon 花月
6月は Strawberry Moon 苺月
7月は Buck Moon 男鹿月
8月は Sturgeon Moon チョウザメ月
9月は Harvest Moon 収穫月
10月は Hunter’s Moon 狩猟月
11月は Beaver Moon ビーバー月
12月は Cold Moon 寒月

なんとなく楽しいネーミングだ。ネイティブ・アメリカンもアジア系だからかな。

満月を見る度に、南半球ではどのように見えるのだろう、ということが話題になる。
満月に変わりはないけれど、月の模様、そう、ウサギの耳はどう見えるのだろうと。

以前に私のブログで、ニュージーランドに行ったときの月の写真を紹介したことがある。(2018年1月4日 南半球の夜空)
南半球、たとえばニュージーランドやオーストラリアではこのように見える。
ウサギの耳は下にあるのだ。

日本と比べると、左右・上下が反対になっている。
同じ月なのにどうしてそう見えるのか? そう、どうしてそう見えるのか、というところが大事なのだ。それは、地球が丸いから。
以前に書いた絵をもう一度載せておこう。

同じものをみているのだが、
地球上に立っている人間の見方がそれぞれ違っているからなのだ。
それを体験する簡単な方法が、反りくり返って見るという方法だ。

冬の星座の「オリオン座」。
ベテルギウスが左上で赤く光っている。
対象の位置にあるリゲルは右下にある。

ニュージーランドで撮したオリオン座。
ペテルギウスは右下、リゲルは左上に見える。
月と同じように、左右・上下が逆さまになっている。

南半球の人はどんなふうに星座を見ているのだろう?と思ったときは、上の絵のように反りくり返って見てみればいいわけだ。
そういうが、反りくり返ってみるのが辛くなってきたこの頃だ。

 

 

 

宇宙食?を食べよう

大阪市の科学館へ行った。 そのとき、お土産として写真の「宇宙食」を買った。
「宇宙食」といっても、本当に宇宙ステーションで食べているものではない。JAXAなどに協力してもらって、それらしいものが作られているわけだが、おもしろい。

お湯を注いで封をし、15分おいておくだけで出来上がる。

シャケのあじもほどよくついており、なかなかおいしかった。
宇宙ステーションではお湯をどうしているのだろうか、ということが食卓で話題になった。
お湯にするのは電気を使っているのだろ。
容器に入ったお湯はうまくお米と撹拌してくれるのだろうか?やはり振り続けないとお湯とお米は混ざらないかな?とか色々と考えて面白かった。

チョコレートケーキはちょっと期待はずれだった。
乾燥して、圧縮しているだけのように感じた。
固くてナイフで切ろうとすると、スパッと切れるのではなく、ボロボロ・・・と欠けてしまった。ウエハースの固いお菓子みたいだった。味は確かにチョコレート味はした。

アメリカの火星探査機が火星に到着した。
2月19日午前6時ごろだったそうだ。心配されていたパーサビアランスの着陸も無事に成功した。
このパーサビアランスは重さ約1トンというからすごい。これを吊り下げて落下しながらケーブルを放して火星表面に着陸させたというのだから、誘導はするがほとんどは自律航法システムの素晴らしさだろう。地球と火星は電波でも11分かかる距離。司令を出して返事が返ってくるのに22分以上はかかる。NASAの職員にとってはその時間は無限のように感じたと思う。

中国の打ち上げた火星探査機「天問1号」も火星の周回軌道にはいった。2月10日のことだ。
上の写真はインターネットのニュースからの引用。
中国の「天問1号」は火星表面への着陸機を内蔵している。5月には着陸を試みる予定だそうだ。
いま火星には、アラブ首長国連邦、中国、アメリカからの3機の探査機が火星の調査を開始している。

超小型衛星「ひろがり」

日本の大学生の作った人工衛星をのせたロケットの打ち上げ成功のニュースが入ってきた。2月21日のことだ。

左がその超小型衛星「ひろがり」。
写真はインターネットのSnkeiBiz から引用した。

大きさは縦横10センチ、高さ20センチというもの。
ロケットには国際宇宙ステーションへの補給船「シグナス」が積み込まれており、そこにこの超小型衛星「ひろがり」が載せられている。国際宇宙ステーションに到着したら、野口飛行士がこの人工衛星を回収することになっているそうだ。春頃に、日本の実験棟「きぼう」からこの「ひろがり」を宇宙空間に放出し、「ミウラ折り」でたたまれた暑さ2ミリの板を広げる実証実験や、地球との高効率の無線通信などのミッションを計画しているそうだ。
この衛星を作ったのが、大阪府立大学と室蘭工業大学の学生というからすごい。
こういった地道な実験が、火星探査などの大きなミッションにつながっていくものだと思う。
地球は新型コロナウイルスで暗い雰囲気だが、目は宇宙に向けて、明るい未来を見つめたいものだ。