秋のグリーン・ゲイブルズ

以前に、松本侑子さんの主催する赤毛のアンツアーに一緒に行った人から、上のようなオンラインツアーの取り組みの紹介があった。

講師は上記写真の左から二人目の人、増田かつ江さん。この人は私達の赤毛のアンツアーでもガイドをしてもらった人。松本侑子さんの知り合いで、赤毛のアンの大ファンそうだ。
秋の風景の中にあるグリーン・ゲイブルズが見たくって、このオンラインアカデミーに申し込んだ。
以下の写真はオンライン上のものをカメラでうつしたもの。増田さんに問い合わすと、現地の了解ももらっているのでブログで使っても良い、ということなのでここで使わせていただく。

グリーン・ゲイブルズの部屋の中から外を望んだところ。
窓枠の赤いお花、ガラス越しに見える庭、差し込んでくる朝の太陽の光は、私達が行ったときのことを思い出させる。

2020年10月9日、朝9時過ぎのグリーン・ゲイブルズ。 パソコンの画面なのですこし歪んで見えるが、青空と白い雲は秋の空だ。
私達がグリーン・ゲイブルズに行ったときは6月だった。アンの部屋は2階にあり、東向きに窓がある。
朝日が窓に反射してキラリと光るところを私はカメラで撮そうと苦労したことを思い出す。
この日の大阪は台風の影響で雨が降り続き、鬱陶しい感じだったが、プリンスエドワード島の青空を見て心も晴れてきたように感じた。
日本とプリンスエドワード島の時差は12時間。このオンラインアカデミーは午後9時からはじまったが、プリンスエドワード島は朝の9時だったのだ。

アンの部屋。
袖がふくらんだ赤い服など小説「赤毛のアン」の世界を再現している。

増田かつ江さんの話によると、プリンスエドワード島も新型コロナウイルスの影響で例年の観光客の9割減だそうだ。コロナの感染者は61人。入院者や死者はゼロ。感染拡大防止に全力をそそいでいるのが想像できる。

これは台所にある薪ストーブ。暖房のためだけではない。お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、アイロンを温めたり、一台で何役もするすぐれものの薪ストーブ。
現在NHKで「アンという名の少女」が放送されているが、そこでもこの手の薪ストーブが登場する。私はどのようにして小麦粉からパンに仕上げていくのか、このストーブをどのように使ってパンに焼き上げるのかを知りたいと思っていたが、ズームの機能がうまく使えないので、質問できなかったのが残念だった。

プリンスエドワード島は木々に花が咲き、色とりどりの花が咲き誇っている。
私達が行ったのは6月というのに、季節外れの寒さで、花はほとんど咲いていなくて
モンゴメリーさんのお墓の前は黒い土だけだった。上の左の写真はモンゴメリーさんのお墓。今は秋の草花で飾られている。やっぱりこうじゃなくっちゃあ。

世界中が新型コロナウイルスの影響で下を向きがちだが、グリーン・ゲイブルズの青空を生中継でみると、少し元気が出てくる。

モンゴメリー公園にある、赤毛のアンの作者モンゴメリーさんの像。最近できたそうで、私達がカナダに行ったときにはなかった。
赤毛のアンの時代には、私達が当たり前のように使っている電気はなかった。水もそうだ。しかしアンの生活はなんと豊かだったのだろう。アンという人間の心の豊かさがその世界をつくったのだろう。そのことを感じさせるのが小説「赤毛のアン」なのだと思う。
日本を遠く離れて仕事をされている増田かつ江さん、アイルランドの山下直子さん(山下直子さんもこのオンラインアカデミーに参加かされていた)、そのたくましさに私はとても励まされる。ありがとうございました。
さあ台風も過ぎ去ったし、がんばらなくっちゃあ。

 

 

 

月に接近する火星

10月2日、十六夜の月だが満月。
満月の近くにある星は火星。
今年は火星が地球に接近しているが、満月に火星が近づいているのは大変興味深かかった。
満月と惑星を同時に撮影するのは大変難しい。私の技術では左の写真が精一杯。
この写真は三脚無しで手持ちで撮っているので少しぶれてしまっている。しかし月に火星が接近している様子はわかると思う。21時頃に撮った写真。

この写真は22時頃、家の上空に登ってきた月と火星。
10月2日、この日の月の出の時刻は夕方6時12分、月の入りは翌日3日の朝6時46分。
ところで「月の出、月の入り」とは月がどういう状態のときのことを言うのだろう。

以前このブログで太陽の「日の出、日の入り」について考えたことがある。

日の出とは上の図の、どの時のことを言うのだろう。
A 少しでも地平線(水平線)から太陽が出たとき。
B 太陽の中心が地平編(水平線)を通過したとき。
C 太陽がすっかり地平編(水平線)の上にでたとき。

これはAが正解。地平線(水平線)から太陽が顔を出した瞬間をいう。
「日の入り」はこの逆。すっかり沈みきった瞬間を「日の入り」の時刻とする。

では「月の出、月の入り」は上の図を月に置き換えたらどの時を言うのだろう。

これは国立天文台の「こよみ用語解説」からの引用。
図を見てわかるように、月の中心が地平線(水平線)に一致する時刻をいう。
月は満ち欠けがあるので、太陽のように「出た瞬間」というのは決めにくにからだと言われている。
太陽の「日の出、日の入り」の定義と違うことを覚えておこう。

10月2日19時7分の月。

10月2日23時15分の月。
月の模様が変化していることがわかる。(ウサギの耳が動いている)

10月3日朝の5時50分ごろの月。ウサギの耳の部分が下を向いている。

10月3日朝、6時21分頃の写真。 信号機の上に月がある。
月の光は薄くなっている。この日の朝は少し雲が出て、空気の透明度はよくない。
この道路はほぼ東西に走っている道路。西に沈んでいくことがよく分かる。
与謝蕪村の句に、
「菜の花や 月は東に 日は西に」
という句があるが、この写真はその反対。「月は西に 日は東」

満月というのは、太陽の位置と月の位置が対称的にあるからこういう現象がおきる。

身近な月、しかし太陽と月によっておこされる天文現象の奥は深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隆祥館書店(セブンルール)

私のよく見るテレビ番組に「セブンルール」というのがある。
様々な分野で活躍している女性をとりあげた番組た。
つい最近書店を取り上げた放送がなされた。
その書店が「隆祥館書店」という本屋さんだ。
番組を見ていると、場所が谷町六丁目ということにびっくりした。
大阪城や大阪府警のちかくだ。また松屋町筋もそばにある。
こんなところに本屋さんがあったかなあ、と思いながら番組を見て、これは行ってみる価値はあると思った。

ビルの1階にある小さな本屋さん。 私の学生時代には家の近所や駅前にはいくつも本屋さんがあった。人との待ち合わせのときにでも「〇〇書店の中で」とか「△△堂の本屋さんの前で」とよく言ったものだ。
しかしこの数年の間に街の本屋さんの姿がどんどん消えていった。
駅前の本屋さんがなくなって、コンビニや弁当屋さんにかわって、びっくりしたことが何度もある。
ここ「隆祥館書店」はそんな昔の本屋さんの雰囲気があふれる書店だった。

この書店の歴史や背景は左の本によくまとめられている。
図書館にあったので、番組を見たあとすぐに借りて読んでみた。
1952年に開業して70年になる老舗の本屋さん。親子二代に渡る経営で地元に定着して、ファンも多いそうだ。
今の店主の二村知子さんは元シンクロナイズドスイミングの日本代表でもあり、オリンピックでメダルも獲得した経歴がある。
父親のあとをついで店主となり、独自の活動で読者層をふやす努力をされている。左の本には、その経過と努力が詳しく紹介さている。

独自の取り組みとして二つあるようだ。
その一つが「ママと赤ちゃんのための集い場〜絵本と遊びでこころを育む〜」という毎月第3水曜日のとりくみ。
そしてもう一つが、本の作者・著者とのトークイベント。このトークイベントは250回をこえている。最近は本の著者からのオファーあるそうだ。読者と作者のあいだの壁をこわし、溝を埋める作業はどちらの方からも望んでいるからだろう。

私が買おうと思っていたのが左の本。
新聞の朝刊にこの本の広告が載せられていたからだ。
関東大震災のあと憲兵に逮捕され虐殺されたといわれている伊藤野枝をモデルにした小説である。
隆祥館書店に来たときは、書籍名や著者のメモを持って行ってなかったので、「伊藤野枝の伝記が出版されたと新聞で見たので」と店主の二村知子さんにたずねた。
パソコンや関係する本で調べてくれるが、何分私が著者も言えないので申し訳ない。
私もスマホで検索して見つけることができた。
その画面を二村さんに見せると「ああーっ、この本、今朝二冊仕入れました!」と笑顔で本を取り出してくれた。
さっそく買ったのが上の写真の本。
「風よ あらしよ」村山由佳著(集英社)
これだな、本に対する愛情がなみなみならない。本を買いに来たお客さんに親身になって相談に乗ってくれる。これが70年におよぶ小さな本屋の真骨頂なのだと思った。

育休明けで仕事に復帰している知り合いの女性に、この隆祥館書店のことや「ママと赤ちゃんのための集いの場」のことを紹介すると、
「母が孫のプレゼントに本を買うとき、相談に行った本屋さんがこの本屋さんです。」と返事がかえってきた。
赤ちゃん用の本から関東大震災の本まで、読者のニーズに答えてきたのがこの隆祥館書店なのだ。
私の家からは遠い本屋さんだけど、谷町六丁目に行く用事があれば寄りたいお店ができた。しかもそれが本屋さん。ありがたいことだ。