2021年の日の出

雲の間から顔を出した太陽

 

2021年の初日の出は雲の間から太陽がのぞくという日の出となった。 葛城・金剛山の上には厚い雲がおおいかぶさり、山の端から顔を出す太陽とはならなかった。
さて、2021年はどんな年だろう。厚い雲があっても太陽は必ず顔を出す。
雲外蒼天の言葉どおりの年になってほしいものだ。

西の空には月が沈んでいこうとしている。 月齢は17.4。
満月は2020年12月30日だった。
元日が満月という年はいつあるのだろうか?
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」で調べてみると、
2029年1月1日は満月らしい。しかもこの月は30日も満月になるからブルームーンだ。
しかしこのハンドブックにはこんな説明がある。
「よくひと月に満月が2回ある時の2回目の満月の意味で使われていますが、これは誤用とされています。もともとは『季節の中で4回満月がある場合の3回目』をブルームーンとよんでいたようです。実際の色とは関係ありません」
なるほど、新年に新しいことを知った。

月齢を求める

昨年から「月齢を計算する式」というのを調べてきた。
参考になるのが次のホームページだった。

http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0250.htm

http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0200.htm

この中で紹介されている、

2000年以降の式 C=((Y-2009)%19)×11+M+D  

について、私がわかったことをもと説明してみよう。
ちなみに上の式は、西暦Y年、M月、D日の月齢Cを求める、という意味である。
%19は、前の計算で求めた値を19で割って、その余りを使うということ。

この計算式の基準は2004年7月1日(日本時12時の月齢)。
この日の月齢は13.3

月齢は、朔(新月)からの経過日数だから1日後の月齢は、ほとんどの場合は
現在の月齢+1となる。たとえば2004年7月2日なら、13.3+1=14.3
経過日数によっては、途中で朔(新月)がはいる。月齢はあらためてそこからかぞえることになるので、その場合は30の整数倍を引けばよい。
たとえば計算結果が69.4なら、69.4−30=39.4  39.4-30=9.4 というように。

計算は日数さえわかればいいのだが、月を超えると大の月や小の月があって計算が面倒になる。30日、31日、29日、28日とあるので、ここはおよそ 30.5日として考える。
月の朔望周期(朔・新月から朔・新月までの周期)も変化しているので、ここも平均朔望周期の29.53059日を使うことにする。

1ヶ月後を考えてみよう

たとえば100日後の月齢を考える時、100 / 29.53059=3 余り 11.4
となり、余りの11.4が月齢に相当する。(ただし平均朔望周期を使った簡易計算なので、約11と考えたほうが良い。)

そうすると歴月の平均日数30.5日と、平均朔望周期の29.54059日から

  30.5 / 29.53059 = 1 余り0.97となる。

余り0.97が重要で、カレンダーで一月が経過すると、月齢はこの余りの分だけ増えることを意味している。
たとえば、2004年7月1日の月齢が13.3 で、8月1日を考える時、一ヶ月後だから、 13.3 + 0.97 = 14.3  となる。実際の値は14.7だからいい精度だ。

次は1年後を考えてみよう。

1年の日数は、平年が365日、うるう年は366日だから、平均すると365.25日と考えることができる。そうすると1年後の月齢の進み具合は、

 365.25 / 29.53059 = 12 余り 10.88

余り10.88 だから、1年で平均して月齢は10.88だけすすむ
2004年7月1日の月齢が13.3だから、1年後の2005年7月1日の月齢は
   13.3 + 10.88 = 24.18
実際の月齢は24.2 だから概略計算としては正解と言っていいだろう。

Y年M月D日の月齢を考える

2004年7月1日の月齢が13.3だったとき、Y年M月D日の月齢は、

(Y−2004)✕ 10.88 + (M − 7)✕ 0.97 + ( D − 1 )+ 13.3         となる。

・Y – 2004 は、Y年と2004年差を求めている。1年に10.88 月齢は進むので差の年数との掛け算をしている。
・M – 7 は、基準の7月からの月数の変化。一月に 0.97 増加するので月数との積を求めている。
・D – 1 は、7月1日の1日からどれだけ日数が増えたかを計算している。
・13.3 は基準日の2004年7月1日の月齢。この月齢に日数、月数、年数の月齢の変化を加えている。

試しに2007年4月15日の月齢を計算してみよう。

(2007 – 2004)✕ 10.88 + ( 4 – 7 ) ✕ 0.97 + ( 15 – 1 ) + 13.3 = 57.03
 結果が30より大きいので、
  57.03 – 30 = 27.03  

 実際の月齢は、27.0 だから。正解と言っていいだろう。

しかしこれでは電卓がいる。もう少し簡単なやり方はないのか?
と参考にしたホームページに書いてある。私もそう思う。
ありがたいことにより簡単な方法を追求されている。
それは次回に。

 

 

 

 

ニューグレンジの冬至

約5000年前の遺跡と冬至、なんとも魅力的な講座。
山下直子さんのカルチャー講座を楽しんだ。

ニューグレンジは紀元前3200年に建設されたと言われている。今から約5000年前! エジプトのギザの大ピラミッドよりも500年古く、ストーンヘンジよりも約1000年古いそうだ!!
日本でいうと縄文時代。青森県にある三内丸山遺跡が約5500年〜4000年前と言われている。稲作(水稲)が中国から伝わったのが約3200年前。
ニューグレンジの遺跡は円周は約270m、総重量20万トン、
こんな古代に巨大な建築物を作ったのだから(三内丸山遺跡に行ったことがあるが、巨大だった)、古代の人々の知恵と力にはおどろく。
大きな石をどのようにして運んだのだろう。車輪は紀元前3000年ごろのメソポタミアの遺跡で発見されているが、アイルランドではいつから使われたのかはわからない。丸太を使ったコロとか、ソリで運んだのかもしれないといわれている。
この遺跡はなんのために作られたのか、古代人の墓なのか、儀式のための施設なのか、さまざまな議論があったそうだが、私が大変興味を引いたのは、天文施設だったかもしれない、という説だ。

上の写真にあるように、渦巻き型に彫刻された石が置かれている。渦巻き型というのは珍しいそうだが、縄文時代の石器や土器にあったような気がして、なんだか馴染み深い。渦巻き模様の彫られた石の奥に入り口が見える。入口の上にルーフボックスというものが作られている。このルーフボックスを通過した太陽光線が、遺跡の奥まで照らし出すというのだ。

上の写真は山下直子さんの講座から。ズームのテレビの画面を写真に撮ったもの。赤い矢印は私があとから付け加えている。
ルーフボックスを通過した太陽光線だけが玄室を照らし出す構造になっている。(大きな入口からの太陽光線は奥の玄室までは届かない。)
しかも太陽光線が玄室を照らす時期は、冬至を挟んだわずかな日だけだそうだ。

普段はこの現象を、抽選だが、直接見ることができるそうだ。しかし今年は新型コロナウイルスの影響でそれはできず、ネット中継されると講座で説明があった。
ネットで調べていると、日本のアイルランド大使館のホームページにもその紹介があった。
私は12月22日の午後5時30分からのネット中継を見た。

上の写真はネット中継のテレビの画面を写真に撮ったもの。 ルーフボックスから太陽光線が差し込んでいるのがわかる。

この太陽光線が奥の玄室に届くのだろう。 テレビ中継では玄室の様子は放送されなかった。こんな場面を実際に行って、この目で見たい、とおもったが、抽選なので無理だろうなあ。

現在は日の出から数分して、ルーフボックスに光が差し込んでいるが、建設当時は日の出とともに太陽光線がルーフボックスに入り込んだと言われている。
5000年間の地球の歳差運動によって変化しているそうだ。
歳差といえば、昔の北極星は琴座ベガだったそうで、12000年後に再びベガが北極星になるらしい。5000年前の北極星は「りゅう座」のツバンという星だったそうだ。26000年をかけて北極星は、現在のこぐま座アルファ星、琴座ベガ、りゅう座ツバンと変化していくそうだ。
(国立科学博物館のホームページより)
そうした歳差運動によって、5000年前はシリウスがこのルーフボックスに白い光を差し込んだようだ、と山下直子さんの説明にあった。5000年の時間はロマンに満ちている。
山下直子さんのお話によると、この遺跡で犬の骨が見つかったそうだ。分析の結果4800年前の犬の骨だそうだ。犬と人間の歴史は古く、1万2000年前の人類の遺跡に犬の骨が発見されている。アイルランドの人にとって古くから犬や馬との共生の世界がこの地にあったのだろう。

12月22日の朝日。日本もよい天気だった。冬至の日(12月21日)は雲が山にかかり日の出の瞬間を写真に撮ることはできなかった。

12月21日の冬至には木星と土星が最接近するという現象が見られた。 上はネット中継を写真に撮ったもの。 私は双眼鏡で見たが、少し赤っぽい木星とその上にのっかっているように土星が見えた。
テレビ中継では土星の輪が見えたが、双眼鏡では光の点でしかない。
これも397年ぶり、次は約400年後だというからすごいことだ。
今年の冬至は、山下直子さんのアイルランドの遺跡と天文の素敵な講座、アイルランドの実況生中継の天文現象、397年ぶりの木星と土星の大接近の観察、私も負けず日の出の写真と撮る、と大変忙しくて楽しいものになった。
地球は新型コロナウイルスに翻弄されているけれど、大宇宙は何百年、何千年というスパンで動いている。肩の力を抜いて、2021年にそなえよう。

 

 

 

 

100均のペーパークラフト

テレビの前にならんばペーパークラフトの宇宙船や人工衛星。

これはスペースシャトル。月面車と宇宙飛行士もある。

これは月に行ったアポロ宇宙船を打ち上げたサターン5型ロケット。発射タワーや背景のパネルまでついている。

ドラムセットをつくるためにあちこちの100均をまわっているときに見つけたもの。
100均にはいろんな道具や文房具、世界地図や100人一首の書き方練習帳などの勉強に使えそうなものがいっぱいあった。
その中でペーパークラフトを発見した。どんなものか?と興味半分で買ってみた。

これはボイジャーだ。
ボイジャー1号は1977年に打ち上げられ、太陽系を飛び出し、今も飛び続けている人工衛星。以前に精密なボイジャーのペーパークラフトを作ってこのプログでも紹介したが、100均でこんなかっこのいいボイジャーが出てくるとは思わなかった。


スペースシャトルは82ピースでできている。
左の写真のように、裏表に印刷された部品の用紙が2枚入っている。
そのパーツがとても小さいものもある。
組み立ての説明図は入っていない。
組み立て方はこの箱の裏にある図を見て組み立てるのだが、対象年齢は6歳以上とある。うーん、小学校1年生でできるのかな?と思ってしまう。

スペースシャトル、サターン5型ロケット、ボイジャー以外に、国際宇宙ステーション、トーイングトラクターがあったので購入した。43ビースのボイジャーも、これだけのピースでできているのか、と思うほど見栄えばいい。
できればこれらの宇宙船や人工衛星の活躍した様子がわかるパンフレットが入っているといいのになあ、と思った。親子で作るときに、「このロケットはね、初めて人間を月に運んだんだよ」とか、「ボイジャーは今も太陽系からどんどん離れて行っているんだよ」などと話ができる材料があると楽しいと思う。
しかし100円でスペースシャトルができる、サターンロケットが作れる、ボイジャーを作って飾れるなんて、こんな素敵な買い物はなかった。