国際宇宙ステーション

IMG_3407

上の写真は10月26日午後6時50分ごろ、北西から天頂に向かって動く国際宇宙ステーションの軌跡。
写真は 絞り8.0で3秒間の露出。ISO感度1600の設定。
黄色っぽい軌跡が天空を横切っていく。
そばに白く光っている星は琴座のベガ。

国際宇宙ステーションは高度400㎞の上空を、秒速7.7㎞(時速27700㎞)の速度で約90分で地球を一周する。一日で約16周の計算。
国際宇宙ステーションの軌道は、地球の重力や大気の抵抗などで変化している。また太陽の光が国際宇宙ステーションに反射して地上から見えるわけなので、日の出前と日没後2時間ぐらいが見えやすいそうだ。

何日の何時頃に自分の住んでいる地域から見えかは、JAXAのホームページから調べることができる。

http://kibo.tksc.jaxa.jp/

ここに記されているのは、予想情報なので変わることもある。
国際宇宙ステーションは軌道が下がってくると、エンジンを使って軌道を修正するのでそういったこともあるわけだ。

「アメリカの民間企業オービタル・サイエンシズ(OSC)社の無人補給船、シグナス3号機(Orb-3)を載せたアンタレスロケットは、米国東部夏時間10月28日午後6時22分(日本時間10月29日午前7時22分)、打上げ直後に爆発し、打上げは失敗した」
という報道があり、国際宇宙ステーションへの補給は大丈夫か?と心配したが大丈夫。JAXAのホームページに、

プログレス補給船

「プログレス補給船(57P)は、バイコヌール時間2014年10月29日午後1時09分(日本時間10月29日午後4時09分)にロシアのソユーズロケットにより、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、約6時間後の日本時間10月29日午後10時08分に国際宇宙ステーション(ISS)の「ピアース」(ロシアのドッキング室)にドッキングしました。」という記事があった。まずは一安心。

IMG_3459

  秋は夜空が美しい。

西の空に絵に描いたような三日月が浮かんでいる。

宇宙ではいくつもの観測衛星が活躍している。
火星では、インドが打ち上げた火星探査機「マンガルヤーン」が9月24日に周回軌道に入った。

その2日前には、アメリカの「メイブン」が火星に到着し周回軌道に入っている。
また、2003年に打ち上げられた欧州宇宙機関の「ロゼッタ」は、10年間の飛行を続け、8月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着し周りをまわりながら観測、11月12日に「ロゼッタ」から着陸機「フィラエ」を投下することになっている。

そして日本の「はやぶさ2」。11月30日13時24分48秒に種子島宇宙センターから打ち上げの予定。C型小惑星「1999 JU3」を目指す。小惑星に到着するのは2018年半ば。1年半ほど小惑星に滞在して2019年末頃に小惑星から出発、そして2020年末頃に地球に帰還する予定。3年半かけて小惑星に行き、1年半の観測、そして帰還。地球帰還まで6年のミッション。小学校1年生の子どもが卒業するまでの時間。

これからも宇宙ー空から目が離せない。

 

 

古代エジプト展

IMG_20141027_0005

神戸市立博物館で開催されている「メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神」を見に行く。ハトシェプスト女王のストラップがついてくるという前売り券の紹介が新聞にあったので申し込んでいた。

IMG_20141027_0003

左の写真は博物館で買ったジュニア用のガイド。私はこれで十分。 ハトシェプスト女王という女王は、パンフレットによると、
「新王国時代、第18王朝のファラオ。夫であるトトメス二世の死後、王位継承権を持つ継子トトメス三世の摂政となり、共同統治を行うが、次第に実権を手にして王となった。約20年間の在位中、内政の強化と近隣諸国との交易に力を入れて国を繁栄させた。古代エジプト史においてもっとも重要な女性ファラオといわれている」と書かれている。
紀元前1550年頃のことだから、今から3500年前 以上のことだ。
よくそんな昔のことがわかるのだなあと感心してしまう。

IMG_20141027_0008 ハトシェプスト女王は、上の写真・ジュニアガイドに書かれている「ハトシェプスト女王葬祭殿」で有名。まるでギリシャ建築か、と見間違うぐらい。
また、1997年11月にルクソール事件(日本ではエジプト外国人観光客襲撃事件の方が記憶にある)の現場となり、外国人58人を含む62人が亡くなり、その中には日本人旅行者10人が含まれていたことを思い出す。
そういう意味でこの女王の名前は私たちになじみがある。

ハトシェプスト女王ついては、初めての女性ファラオとか、義理の息子のトトメス三世の時代に暗殺されたとか、トトメス三世がハトシェプスト女王の像やレリーフを破壊したとか気になることが多い。家にある本やインターネットで調べてみても諸説があり、定説がない。3500年以上も前のことだから仕方がないことだ。しかし最近ハトシェプスト女王のミイラが発見され、新しい事実が見つかってきている。真理は時の娘、という言葉を思い出す。

「古代エジプト展ー女王と女神ー」の展示内容は、正式なホームページを参照してほしい。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2014_4met.html

今から3500年以上も前に、金や銀を細工し、青銅製の道具をつくり、細かで精緻な美術品をつくり上げる一方で、ピラミッドやハトシェプスト葬祭殿のような巨大な巨石文化を繁栄させたエジプトの歴史に驚くばかりだ。

IMG_20141027_0006

 上の写真は記念品売り場で買ったA4のクリアファイル。

「アメン・ラー神の歌い手ヘネトタウィの人型内棺」、簡単にいえばミイラの容器。
現物を見るとその装飾や彩色に驚く。ミイラの上に置く人型(内ぶたのようなもの)と、ミイラ全体を収める棺である。
芸術品そのものである。
細かな工芸品もすばらしいが、死後の世界を信じていた古代エジプト人が作った、次の世に送るための容器を目にすると感慨深いものがある。

古代エジプト人は3500年後の世界をどんなふうに想像していたのだろうか。
ハトシェプスト葬祭殿発掘のフイルムが上映されていた。エジプトの今の人達は、違う民族の指揮のもとに自分たちの過去の遺跡を掘り出していることをどう思っているのだろう。

栄枯盛衰、勃興と衰退、人間の果てしない興亡の歴史・・・・
無限の時間の流れを感じ、時間の中を彷徨う人間について考えてしまう美術展だった。

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 42

IMG_20141017_0001

この本は、インターネットの本の紹介のメールマガジンで案内してあったもの。

英文多読という勉強方法が最近話題になってきている。
昔から各国の名作をリライトして、読みやすくした本というのは売られていた。
赤毛のアンの小説のリライトしたものも多い。
Graded Readers (GR)と言われるものには、Penguin Readers(ペンギンリーダーズ)やOxford Bookworms(オックスフォードブックワームズ)、Macmillan Guided Readers(マクミランガイデッドリーダーズ)、Cambridge English Readers(ケンブリッジイングリッシュリーダーズ)などがある。
この「マクミランランゲージハウス」もその流れの中の本のようだ。
この本の特徴は、英検のレベルに合わせて単語等が選択されているということ。

目次とこの本の趣旨がかかれているページを見てみよう。
(クリックすると拡大します。)

IMG_20141026_0001

「英検でレベル分けした、日本人のための英文リーダー」と書いてある。英文を書いている人がイギリス人で、NHKの「基礎英語」にも携わっている人だから、英文には心配はない。 また、この本には「赤毛のアン』の作者のモンゴメリさんと、日本語に訳した村岡花子さんの伝記がのっているのも特徴で、私としてはとてもありがたかった。 英検2球レベルの本と書いてあるが、読みやすかったし、「赤毛のアン』の翻訳本を読んだことがあればなおさらわかりやすい本だと思う。

ところで、モンゴメリさんの伝記の部分で気になったところがあった。

IMG_20141026_0002

本文の68ベージの部分である。このまま読むと、モンゴメリさんと祖母の二人がHalifaxに住んだことになる。Halifaxに行ったのはモンゴメリさんだけで、祖母はずっとプリンス・エドワード島にいたはず。 このマクミランランゲージの本には、日本語訳の全文がネットでダウンロードできるという、すばらしい特典がある。さっそく日本語訳を見た。それがこれ。 モンゴメリと祖母1

ここでも英文通りにモンゴメリさんと祖母がHalifaxで住んだという訳文になっている。
疑問に感じたので、そのことをホームページを通じて問い合わせてみた。

二日後に返事が来た。

IMG_20141026_0003

この素早い回答に感激してしまった。
お礼のメールを送ったら、そのことにも返事を頂いた。
インターネットによって、反応がはやく返ってくることの良さがここにある。
英文に関わっている出版社へ質問を送ったのは初めてのことだが、丁寧に対応してもらえるとうれしくなる。

自分も何事にもそうありたいと自分自身にも言い聞かせた。そんな機会を与えてもらった本だった。

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 41

アンとChestnut(栗)

IMG_2943

写真はChestnut cake 、クリのケーキ。

栗の実をもらったので、クリを使ったスイーツを、とおもって調べてみた。 ホットケーキミックスを使った簡単に作れそうなクリのケーキがあったのでそれをつくってみた。
クリは圧力鍋をつかって柔らかくし、皮をむいた。

参考にしたレシピは以下のとおり。マロンペーストの作り方ものっていて、とてもありがたかった。

http://cookpad.com/recipe/1977105

このケーキを作りながら、フット考えた。
アンは秋にクリを使ったお菓子や料理をしたのだろうか。

そこで「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の三冊について調べてみると、なんと植物のクリ Chestnut の単語があるのは、「赤毛のアン」の一冊だけだった。

アンとクリ2

「アンの青春」「アンの愛情」には、 chestnut curls という言葉が出てくる。
これは「栗毛色したカール(巻き毛)」のこと。

 松本侑子さんの訳を見てみよう。

「もうすぐ1年度が終わるなんて、信じられないわ」アンが言った。「去年の秋には、ずっと先のような気がして、冬の間中、勉強や授業に励むんだと楽しみにしていたのに、それが、来週は、いよいよ試験だなんて。でもね、みんな、今度の試験ですべてが決まるような気がするけど、あの栗の樹では若葉が大きくふくらんでいるし、通りのむこうには青い霞がかかっているでしょう。そんなのを眺めていると、試験なんか、半分も大したことじゃないって気もするの」
その場にいたジェーンとルビーとジョージーは、そんな暢気なことは言っていられなかった。彼女らにとって、目前に迫った試験は、いつ何時も頭から離れない最重要課題で、栗の新芽や五月の霞どころではなかった。アンにとっては、少なくとも及第は間違いなしだから甘く見てかかっても大丈夫だったが、この試験に全生涯がかかっているーと、この三人は本気で思っていたー者にとっては、そんな哲学的に達観してなどいられなかった。」

そうするとアンのいるプリンス・エドワード島には栗の樹があったのだろうか。栗の実はどのように利用していたのだろうという疑問が出てきた。
ネットで調べてみると、とても詳しく研究した記事があったので、詳しいことはそのブログを見ていただくことにして、

http://www.h3.dion.ne.jp/~a-garden/plants/chestnut.html

ここに書かれていることと、私の調べたことを、まとめて書いておくことにする。

結論から言って、

★「赤毛のアン」に書かれている Chestnut tree  は、日本で言う栗・クリではなく、Horse chestnut らしい。これは日本で言う「マロニエ」の樹であって、その実は食べられない。

★ 「マロニエ」は「パリのシャンゼリゼ」の街路樹で有名。フランス語で「マロン」と言っている。

マロニエの木2

マロニエの木1マロニエの実

マロン、マロニエは、日本名では「セイヨウトチノキ」と言い、トチノキ科トチノキ族の植物で、英語で Horse chestnut と言う。クリはイガの中に数個の実をつけているが、セイヨウトチノキ・マロン・マロニエの実は1個で、食用ではない。
日本の栗は「ブナ科クリ属」に分類される。

 

★マロングラッセのマロンは日本ではクリを使っているが、本来はマロンとよばれている実である。このマロンという呼び名が混乱の元凶のようだ。

マロングラッセなどのように、食用に使われているのは、シャテニエとよばれる樹の実で、ブナ科クリ属のもの。日本の栗と同じ仲間だ。
このシャテニエの実は食べることができて二つに分類される。一つはシャテーニュとよばれ、イガの中に小型の実が2、3個はいっている。
もう一つはマロンとよばれ、一つの大きな実が一つなる。

シャテニェ1

写真はシャテーニュ。日本の栗とよく似ている。
そしてイガの中に1個の実がなっているものをマロンとよんでいる。
つまり、マロンという言葉が二つの違った場面でつかわれている。 一つはマロニエの樹になる実のマロン。
二つ目は、日本の栗と同じ種類のシャテニエの樹になる実で大きな1つの実がなるもの、その実もマロンとよばれている。
つまり、マロンには食べられないものと、食べられるものがあるということがわかった。 そしてこの食べられるシャテニエの実を使ったお菓子がマロングラッセという。

表に書いてみると、

マロニエ(セイヨウトチノキ)(Horse chestnut )・・・トチノキ科トチノキ族
    実・・・マロン(大きな一つの実 食べられない)

シャテニエ(ヨーロッパグリ)・・・ブナ科クリ属(日本の栗と同じ)
    実・・・①シャテーニュ(イガの中に2〜3個 食べられる)
        ②マロン(一つの大きな実 マロングラッセに使われている)

★「赤毛のアン」で書かれている樹は、日本のクリの仲間のシャテニエか、それともセイヨウトチノキのマロニエのどちらだろう。

まず、クリの木はプリンス・エドワード島のような緯度の高いところ、寒い地方に育たない。 
現在のプリンス・エドワード島にはマロニエの木はよくみられるという。そしてこのマロニエは1900年代初頭に持ち込まれたという記録があるそうだ。

★これらのことから、最初に書いたように、「赤毛のアン」で Chestnut tree とアンが言っているものは、日本のクリの仲間ではなくて、パリのシャンゼリゼ通りで有名なマロニエだったと推測される。Chestnut という名前から、カナダの人は今もマロニエとクリを混同しているそうだ。なるほど、プリンス・エドワード島に行かれる人は是非ともマロニエの木を見てきてほしい。私はこのことを知らなかったので、全く見た記憶が無い。残念。

*植物の写真はインターネットより。 

 

 

 



カナダ・赤毛のアンツアー 40

ベーキングパウダービスケット

今回も引き続いてモンゴメリさんのレシピによるスイーツ。
それは「ベーキングパウダービスケット」。
ベーキングパウダーだけなので簡単そう。
モンゴメリさんのレシピは次の通り。

12個分
万能小麦粉(計る前にふるう)・・・2カップ
ベーキングパウダー・・・小さじ4
塩・・・小さじ1
ショートニング・・・大さじ2
バター・・・大さじ2
牛乳・・・3/4カップ 

IMG_3182 IMG_3184

レシピどおりに計る前に小麦粉をふるっておく。
ここにある万能小麦粉(all purpose flour)とは、
「カナダでは、タンパク質含有量の高いhard wheat(硬質小麦粉)100%から作られていますが、「カラー版世界食材事典(柴田書店)には、hard wheat とsoft wheat(タンパク質含有量の低い軟質小麦粉)の異なる種類の粉を混ぜて作る、とあります。中力粉と考えてよいようで、「英和料理用語小辞典」(トレヴィル)には日本の強力粉と薄力粉を半々に合わせた粉、とあります。パンからペストリーまで幅広く使えるので、“万能“とついていますが、前書には、しかしながらパンには硬質小麦粉、ペストリー(パイやタルト等)とケーキには軟質小麦粉を用いるほうが結果は良い、とありますし、カナダのall purpose flourは硬質小麦粉100%で作られているということもあり、パンには日本の強力粉(またはパン専用粉)をつくうほうがようでしょう。」と書いてある。
ということで、私はフランスパン用粉があったのでそれを使うことにした。

IMG_3186 IMG_3188

IMG_3190

 

ベーキングパウダー、塩を混ぜてからふるう。

バターがなかったのでマーガリンで代用し、ショートニングを加えて混ぜる。

 

IMG_3191 IMG_3194 IMG_3200

 レシピ本には、フォークを使って混ぜる、と書いてある。やってみてもなんとなく上手く行かない感じ。 以前やったように、ここはフードプロセッサーの出番だと思った。
ポイントは、混ぜすぎないこと。二三回スイッチを押して、撹拌する。

 

IMG_3204

IMG_3205

冷たい牛乳をここにくわえる。
ここも混ぜすぎないように。 混ぜすぎるとサクサク感がなくなるらしい。

IMG_3208 IMG_3210 IMG_3213

粉を振った台の上で、厚さ2.5cmぐらいに伸ばす。

レシピには直径3cmの大きさに抜く、とあったので、それくらいのコップを探しだしてそれで写真のようにくり抜いていった。
クッキングシートの上に並べる。

 

IMG_3216

IMG_3218 

230度に予熱したオーブンで12分〜15分焼きあげる。 この時、温度は230度位の高い温度のほうが、仕上がりは良いそうだ。

IMG_3223 さあできあがり。思ったより短時間で出来た。
モンゴメリさんの本には、「オーブンからあつあつのまま出すのが一番です。朝食から夕食まで、どの食事にも合うビスケットです。」とある。 まさしくそのとおり、ひとくち食べると、なんとなく懐かしい味が口の中にひろがる。昔風のビスケットの味だった。

この「赤毛のアンレシピノート」には、モンゴメリさんの日記からの文章がのせられている。
そこには、祖父母のチーズ作りの様子や祖母との調理の楽しさがつたわってくる筆致で書かれていた。モンゴメリさんと祖母の関係は「厳しすぎる祖母」という印象をこれまでもっていたが、食事作りやお菓子作りを教えてもらうことが楽しかったように私には思えた。

この本に、モンゴメリさんのこんな文章がのっていた。
「もし私が作家という憐れな職業でなかったら、
       すばらしい料理人になっていただろう。」