国際宇宙ステーション

IMG_3407

上の写真は10月26日午後6時50分ごろ、北西から天頂に向かって動く国際宇宙ステーションの軌跡。
写真は 絞り8.0で3秒間の露出。ISO感度1600の設定。
黄色っぽい軌跡が天空を横切っていく。
そばに白く光っている星は琴座のベガ。

国際宇宙ステーションは高度400㎞の上空を、秒速7.7㎞(時速27700㎞)の速度で約90分で地球を一周する。一日で約16周の計算。
国際宇宙ステーションの軌道は、地球の重力や大気の抵抗などで変化している。また太陽の光が国際宇宙ステーションに反射して地上から見えるわけなので、日の出前と日没後2時間ぐらいが見えやすいそうだ。

何日の何時頃に自分の住んでいる地域から見えかは、JAXAのホームページから調べることができる。

http://kibo.tksc.jaxa.jp/

ここに記されているのは、予想情報なので変わることもある。
国際宇宙ステーションは軌道が下がってくると、エンジンを使って軌道を修正するのでそういったこともあるわけだ。

「アメリカの民間企業オービタル・サイエンシズ(OSC)社の無人補給船、シグナス3号機(Orb-3)を載せたアンタレスロケットは、米国東部夏時間10月28日午後6時22分(日本時間10月29日午前7時22分)、打上げ直後に爆発し、打上げは失敗した」
という報道があり、国際宇宙ステーションへの補給は大丈夫か?と心配したが大丈夫。JAXAのホームページに、

プログレス補給船

「プログレス補給船(57P)は、バイコヌール時間2014年10月29日午後1時09分(日本時間10月29日午後4時09分)にロシアのソユーズロケットにより、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、約6時間後の日本時間10月29日午後10時08分に国際宇宙ステーション(ISS)の「ピアース」(ロシアのドッキング室)にドッキングしました。」という記事があった。まずは一安心。

IMG_3459

  秋は夜空が美しい。

西の空に絵に描いたような三日月が浮かんでいる。

宇宙ではいくつもの観測衛星が活躍している。
火星では、インドが打ち上げた火星探査機「マンガルヤーン」が9月24日に周回軌道に入った。

その2日前には、アメリカの「メイブン」が火星に到着し周回軌道に入っている。
また、2003年に打ち上げられた欧州宇宙機関の「ロゼッタ」は、10年間の飛行を続け、8月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着し周りをまわりながら観測、11月12日に「ロゼッタ」から着陸機「フィラエ」を投下することになっている。

そして日本の「はやぶさ2」。11月30日13時24分48秒に種子島宇宙センターから打ち上げの予定。C型小惑星「1999 JU3」を目指す。小惑星に到着するのは2018年半ば。1年半ほど小惑星に滞在して2019年末頃に小惑星から出発、そして2020年末頃に地球に帰還する予定。3年半かけて小惑星に行き、1年半の観測、そして帰還。地球帰還まで6年のミッション。小学校1年生の子どもが卒業するまでの時間。

これからも宇宙ー空から目が離せない。

 

 

古代エジプト展

IMG_20141027_0005

神戸市立博物館で開催されている「メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神」を見に行く。ハトシェプスト女王のストラップがついてくるという前売り券の紹介が新聞にあったので申し込んでいた。

IMG_20141027_0003

左の写真は博物館で買ったジュニア用のガイド。私はこれで十分。 ハトシェプスト女王という女王は、パンフレットによると、
「新王国時代、第18王朝のファラオ。夫であるトトメス二世の死後、王位継承権を持つ継子トトメス三世の摂政となり、共同統治を行うが、次第に実権を手にして王となった。約20年間の在位中、内政の強化と近隣諸国との交易に力を入れて国を繁栄させた。古代エジプト史においてもっとも重要な女性ファラオといわれている」と書かれている。
紀元前1550年頃のことだから、今から3500年前 以上のことだ。
よくそんな昔のことがわかるのだなあと感心してしまう。

IMG_20141027_0008 ハトシェプスト女王は、上の写真・ジュニアガイドに書かれている「ハトシェプスト女王葬祭殿」で有名。まるでギリシャ建築か、と見間違うぐらい。
また、1997年11月にルクソール事件(日本ではエジプト外国人観光客襲撃事件の方が記憶にある)の現場となり、外国人58人を含む62人が亡くなり、その中には日本人旅行者10人が含まれていたことを思い出す。
そういう意味でこの女王の名前は私たちになじみがある。

ハトシェプスト女王ついては、初めての女性ファラオとか、義理の息子のトトメス三世の時代に暗殺されたとか、トトメス三世がハトシェプスト女王の像やレリーフを破壊したとか気になることが多い。家にある本やインターネットで調べてみても諸説があり、定説がない。3500年以上も前のことだから仕方がないことだ。しかし最近ハトシェプスト女王のミイラが発見され、新しい事実が見つかってきている。真理は時の娘、という言葉を思い出す。

「古代エジプト展ー女王と女神ー」の展示内容は、正式なホームページを参照してほしい。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2014_4met.html

今から3500年以上も前に、金や銀を細工し、青銅製の道具をつくり、細かで精緻な美術品をつくり上げる一方で、ピラミッドやハトシェプスト葬祭殿のような巨大な巨石文化を繁栄させたエジプトの歴史に驚くばかりだ。

IMG_20141027_0006

 上の写真は記念品売り場で買ったA4のクリアファイル。

「アメン・ラー神の歌い手ヘネトタウィの人型内棺」、簡単にいえばミイラの容器。
現物を見るとその装飾や彩色に驚く。ミイラの上に置く人型(内ぶたのようなもの)と、ミイラ全体を収める棺である。
芸術品そのものである。
細かな工芸品もすばらしいが、死後の世界を信じていた古代エジプト人が作った、次の世に送るための容器を目にすると感慨深いものがある。

古代エジプト人は3500年後の世界をどんなふうに想像していたのだろうか。
ハトシェプスト葬祭殿発掘のフイルムが上映されていた。エジプトの今の人達は、違う民族の指揮のもとに自分たちの過去の遺跡を掘り出していることをどう思っているのだろう。

栄枯盛衰、勃興と衰退、人間の果てしない興亡の歴史・・・・
無限の時間の流れを感じ、時間の中を彷徨う人間について考えてしまう美術展だった。

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 42

IMG_20141017_0001

この本は、インターネットの本の紹介のメールマガジンで案内してあったもの。

英文多読という勉強方法が最近話題になってきている。
昔から各国の名作をリライトして、読みやすくした本というのは売られていた。
赤毛のアンの小説のリライトしたものも多い。
Graded Readers (GR)と言われるものには、Penguin Readers(ペンギンリーダーズ)やOxford Bookworms(オックスフォードブックワームズ)、Macmillan Guided Readers(マクミランガイデッドリーダーズ)、Cambridge English Readers(ケンブリッジイングリッシュリーダーズ)などがある。
この「マクミランランゲージハウス」もその流れの中の本のようだ。
この本の特徴は、英検のレベルに合わせて単語等が選択されているということ。

目次とこの本の趣旨がかかれているページを見てみよう。
(クリックすると拡大します。)

IMG_20141026_0001

「英検でレベル分けした、日本人のための英文リーダー」と書いてある。英文を書いている人がイギリス人で、NHKの「基礎英語」にも携わっている人だから、英文には心配はない。 また、この本には「赤毛のアン』の作者のモンゴメリさんと、日本語に訳した村岡花子さんの伝記がのっているのも特徴で、私としてはとてもありがたかった。 英検2球レベルの本と書いてあるが、読みやすかったし、「赤毛のアン』の翻訳本を読んだことがあればなおさらわかりやすい本だと思う。

ところで、モンゴメリさんの伝記の部分で気になったところがあった。

IMG_20141026_0002

本文の68ベージの部分である。このまま読むと、モンゴメリさんと祖母の二人がHalifaxに住んだことになる。Halifaxに行ったのはモンゴメリさんだけで、祖母はずっとプリンス・エドワード島にいたはず。 このマクミランランゲージの本には、日本語訳の全文がネットでダウンロードできるという、すばらしい特典がある。さっそく日本語訳を見た。それがこれ。 モンゴメリと祖母1

ここでも英文通りにモンゴメリさんと祖母がHalifaxで住んだという訳文になっている。
疑問に感じたので、そのことをホームページを通じて問い合わせてみた。

二日後に返事が来た。

IMG_20141026_0003

この素早い回答に感激してしまった。
お礼のメールを送ったら、そのことにも返事を頂いた。
インターネットによって、反応がはやく返ってくることの良さがここにある。
英文に関わっている出版社へ質問を送ったのは初めてのことだが、丁寧に対応してもらえるとうれしくなる。

自分も何事にもそうありたいと自分自身にも言い聞かせた。そんな機会を与えてもらった本だった。