はやぶさ2の発射近づく

12月1日(月)13:22:43(日本時間)

はやぶさ2その1

天候不順のために延期になっていた「はやぶさ2」の発射が12月1日と決まった。
お天気が心配だ。再度の延期があるかも知れない。焦らずに、最高のコンディションで打ち上げが行なわれてほしい。

29日に、大阪市科学館に行った。
「はやぶさ2」の企画展があったためだ。

IMG_3608

科学館のエントランスホールには、実物大の「はやぶさ2」の模型が置いてあり、雰囲気を盛り上げている。 科学館4階には「はやぶさ2」の探査計画をイラストや模型、実物資料で説明されているコーナーもあった。 IMG_3649
これは日本の誇るイオンエンジンの実物モデル。 「はやぶさ2」を覆っているサーマルブランケット(金色をしたラップのようなもの、太陽光線から探査機を守っている)、はやぶさ帰還カプセル方位探知アンテナなど、普段目にすることのできない資料が展示されていた。

 

IMG_20141129_0001

ミュージアムショップで買った「はやぶさ2」のパンフ。
定価100円・税込みだからお買い得。
中には「はやぶさ2」のミッションがわかりやすく書かれている。
詳しい内容は、実際に「はやぶさ2」が打ち上げられた時に説明したい。

プラネタリウムでも「はやぶさ2」の航海の動画が上映された。これが楽しみでプラネタリウムに行ったようなもの。
以前に「はやぶさ」が打ち上げられた時にも同様の動画が上映されたが、今回も誰にもわかるようにつくられていた。
小学生のこどもをつれた親子連れが目立つ。若いカップルの姿も多かった。
「はやぶさ2」のミッションは、
2014年12月・・・打ち上げ、太陽の周回軌道に。
2015年12月・・・地球に近づき地球スイングバイを実施し、小惑星1999JU3をめざして飛行
2018年夏・・・小惑星1999JU3に到着。1年半をかけて小惑星の周りをまわり観測。探査、岩石の採取。
2019年末・・・地球に向けて出発
2020年12月・・・地球に帰還。岩石の入ったカプセルを投下。はやぶさ2の本体は地球を通り過ぎ、次のミッションを待つ。

IMG_20141129_0002

上の写真は、「はやぶさ」が地球に帰還し、カプセルを届けた年に行なわれたJAXAでの公開展示の時のもの。
2021年には、これと同じょうな公開展示が行なわれるに違いない。
とにかく、12月1日の打ち上げ成功を祈るのみだ。

*夏に見た日時計は、周りの雑草がきれいに刈り取られていた。
IMG_3668

科学館の職員に、日時計の展示についてたずねたら、「結晶の特別展のため今は移動して展示されていないようです」と回答があった。

 

 

いまヘスティアのかまどは・・・

IMG_3567

最近読んだ本。
料理人と言われる人が書いた本に興味があった。

この「いまヘスティアのかまどは・・・料理人と仕事」は名著だと思う。なぜ料理人が書いた本に興味をもったかというと、新聞で「調理場という戦場』(斉須政雄著)という本が紹介されていたことが出発になる。考えてみると、新聞の本の紹介蘭は私にとって新しい世界を開いてくれる窓のようなものだと思う。

本のタイトルも刺激的なので図書館で借りてくると、本の表紙に書いてある糸井重里さんの文章がまたタイトル以上に刺激的な文章。

IMG_20141111_0001

ー「コート・ドール」斉須政雄の仕事論
料理人とグルメだけが読むのは、もったいない本です。
熱くて深くて、火が出るような言葉が盛りつけられます。
どんな年齢の人が、どんな職業の人が読んでも、
身体の奥底から、勇気が湧きおこってくるでしょうー

まさしくそのとおり。
フランス語も十分に喋れない若者がたった一人でフランスに行き、フランス料理の修行、しかもミシュランの三つ星、四つ星のレストランでの調理人を目指す、まさしく戦場のような調理場で闘い取った技量を持って日本で自分のフランス料理店を持つという力強くて骨太の生き方が私に勇気を与えてくれる本だった。
その斉須政雄さんが手放しで褒めている本がこの「いまヘスティアのかまどは・・・料理人と仕事」(木村武男著 発行モーリス・カンパニー 発売星雲社)。

残念ながらこの本は新板はない。私が読んだのは図書館の本で1985年の初版本。30年前の本で定価3000円。30年前の3000円はかなり高価な本だ。
しかし値段だけの価値のある本である。

この本の出だしは次のようにはじまる。

ー料理人の職業というのは、結局のところ、
「ものを食べやすくして、人によろこびをあたえ、健康管理をして、病人をつくらない」これが基礎的な、ものの考え方で、これ以上のなにものもないです。ー

「人に歓びを与える、健康管理をして病人と作らない」言われれば全くあたりまえのことだが、それが料理人の仕事の基礎だといわれると、ものすごく新鮮に感じられる。

私の心に一番響いたのは「上に立つものの役割」
・・・「人」のマネージメント、これは「人間だれしも、幸福でなければならない」のと、「人間も組織も、生き続けなければならない」との、二つのテーマを、一人ひとりに対して考えることです。・・・その中で、どうしても料理長がするべきなのは、まず、各人の素質や能力や素質を見分けること、さらにそれにもとづいて、仕事分担の決定や、個人の将来への判断をすることです。・・・

個人の幸福を考え、その個人の将来までをも考えて育てる、なんとすごい。すごいとしか言いようがない。

中頃に「料理人の幸福と未来」という部分がある。ここは「料理人」としてあるが、どの仕事についても基本はおなじだなあ、と思いながら読んだ。

この二冊の本を読んで、料理人の仕事をとおして、人間のベースとなる生き方について教えられることが多かった。
職種は違っても、いや違っているからこそ学ぶべきことが多い。

はっとした言葉をいくつか書いておこう。料理のことを書いているが、自分の仕事に置き換えても全てに通じるものだ。

◎われわれが素材としている食物は、空気と水に次いで、人の命をつなぐものでしょう。それが牛肉であれば、それは、牛の命の代償でしょう。こういう意識感覚が薄れ、または欠如するところに、料理人の盲点があると思う。(103ページ)

◎若い人は友人ということをもう少し広く考え、ワクを狭めない努力を今のうちから心がけるほうがいいと思う。
世の中の人が何を考え、何を感じているのか。
料理についてでもいいし、他のことでもいい。料理人でない友だちは、感覚的に内にこもりやすい料理人の頭をリフレッシュして、視点を置き直してくれる。(107ページ)

◎食べる人が感じるのが味。食べる人の身になってつくるのが料理人。(317ページ)

◎料理人にとって味というのは、
1.環境や条件との合致 ー食事の時間・食事の目的・だれと食べるか。

2.素材と人工との調和 ー素材相互の調和、加工技術内の調和、それらのトータルの調和。これらのととのいによって「うまい」と感じられる。さらに料理人には、

3.それらをみきわめる味覚 ー到達レベルとの差を発見して、埋めること。

4.それらを盛る美的な観念。

が加えられる。つまり、これらの総合が「料理人にとっての味』であり、それを満たしていくのが「味を決める」ことだと考えてはどうだろうか。(325ページ)

*ヘスティア ー  ギリシャ神話に登場する女神。 かまどを司る慈母神であり、子どもを守り育て、家内安全の神といわれ、ギリシャ神話の中でも特殊な存在と言われている女神。

 

 

 

ケプラーの第3法則

ケプラー1

「はやぶさ2」の打ち上げが迫ってきた。太陽系探査にとって必要なのはニュートンの発見した万有引力の法則。
そしてその前段階を作ったのがヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler、1571年12月27日 – 1630年11月15日)。
ドイツの天文学者。(写真はウィキペディアより)
ケプラーは義務教育で習うケプラーの法則でよく知られている。
ケプラーの法則というのは、

1.惑星は太陽を一つの焦点とする楕円軌道を描く。

2.太陽から一つの惑星へ引いた動径は、等しい時間に等しい面積を描く。すなわち「面積速度」が一定である。

3.公転周期の2乗は、軌道の長半径の3乗に比例する。

法則の1と2はなんとなく受け入れやすい。でも三つ目の法則は2乗のものが3乗のものに比例するというのはなんとなくすっきりしなかったのが私の学生時代の印象。

 ケブラーはティコ・ブラーエの詳細な観測結果を受け継ぎ、そのデーターを元に法則を発見したと言われている。

どんなデーターを元にしたのだろう。
イメージをつかむために理科年表を見た。

IMG_20141009_0002IMG_20141118_0008

桁数の大きな数字が並んでいる。少しわかりにくいので見やすく作りなおしてみた。

IMG_20141118_0001

 この数字を見て、
軌道長半径の3乗と軌道半径の2乗が比例しているなんて、私には思いもつかないし、本当に比例しているのかな、とおもってしまう。 

ケプラーがどのような経過と思考過程を経てこの三つの法則にたどりついたのかは、今の私には知識がない。
現在の天文学では、ニュートンの万有引力の法則にもとづいて計算式が導かれて、証明できることなのだろう。
私はもう少し、わかりやすい説明の仕方がないものかと思った。
本を見ている中で「対数グラフ」を使って説明しているのがあった。これはいい方法だと思う。

対数グラフには一つの軸を対数表示した「片対数グラフ」と両方の軸が対数になっている「両対数グラフ」がある。
下の図の左が「両対数グラフ』で右が「片対数グラフ」。

両対数グラフ 片対数グラフ

 

まず片対数グラフを使う例の説明でよく出てくるのが曽呂利新左衛門。
あるとき、曽呂利新左衛門が太閤秀吉から褒美をもらえることになった。

「なんでも好きなものを言っていいぞ」
「たいそうなものは入りません。米粒一粒で結構です」
「何? たった一粒でよいのか」
「いえ、二日目は二倍の二粒。さらに翌日はその倍の4粒、その次の日はその二倍の8粒、と1ヶ月続けていただければいいです」
「よし、あい分かった。簡単な願いじゃのう」

ところがこの願いは最後までいきつかず、途中で秀吉が音を上げたというお話。
はて、30日目が何粒になったのか計算したのが次の表。

IMG_20141118_0006

この表を片対数グラフにかくと見事な直線になる。 IMG_20141118_0005

このように、指数関数は片対数グラフでは直線になる。 逆に言えば、片対数グラフ上で直線になるグラフは指数関数であるとも言える。

次に両対数グラフに前に上げた「軌道長半径」と「公転周期」の値を記入してみよう。
IMG_20141118_0003

 これも見事に直線上にそれぞれの値がのってくる。 べき関数になることが予想される。 実際に公転周期の2乗、軌道長半径の3乗を計算してグラフに描いてみると、

IMG_20141118_0004

原点を通る直線となり、公転周期の2乗が長半径の3乗に比例していることがわかる。

対数グラフに描くことにより、ケプラーの第3法則がイメージとしてやっと腑に落ちた。

グラフに描くことにより、理解しやすくなる、イメージしやすくなるという例の一つである。

 

 

 

 

鳥獣人物戯画展

IMG_3526IMG_3517

京都国立博物館にて開かれている「国宝 鳥獣人物戯画と高山寺(こうさんじ)」に行ってきた。
高山寺とは、そのホームページによると 「高山寺は京都市右京区栂尾(とがのお)にある古刹である。創建は奈良時代に遡るともいわれ、その後、神護寺の別院であったのが、建永元年(1206)明恵上人が後鳥羽上皇よりその寺域を賜り、名を高山寺として再興した。 鳥獣人物戯画、日本最古の茶園として知られるが、デュークエイセスの唄「女ひとり」にも歌詞の中に登場しています。 また、川端康成、白洲正子や河合隼雄の著書にも紹介されています。」とある。
後鳥羽上皇というと平安末期から鎌倉時代初期に名を残している人だ。
高山寺にはたくさんの国宝と重要文化財があるが、やはり一番有名なのは「鳥獣人物戯画」。4巻全てが展示されているのだから、いま見に行かなくてどうする。

IMG_3513

IMG_3520

予想していたけれど、これほどの列とは。2時半頃から並んで、入館できたのは4時。なんと90分待ち。
また、中に入っても、鳥獣人物戯画を見るまでに50分。
なんともすごい列。
でも並んでいる人は静かに黙々と列の動きに従っていた。
私は後から来る人はみんな入れるのだろうかと心配になった。係の人に声をかけて聞いてみると、「5時半まで切符を販売しています。並んだ人が作品を見終わるまでは閉館しません」ということだった。

IMG_20141117_0001

「鳥獣人物戯画」の展示会場までに、高山寺の文化財が展示されている会場がある。たくさんの目や心を惹かれる展示物があったが、一番うれしかったのはこの経典。カタログによると「宋版華厳経疏(そうはんけごんきょうしょ)」というもので、華厳経の注訳書で、南宋時代の版本ということらしい。このほかにも宋版のお経の木版が展示されていた。宋版ということは、日本の明朝体の基礎となった文字である。
明朝体の活字の原点がここにある。それにしても一字一字版木にほり込んでいった人がいるわけだ。職人がいたのだろうか、お寺の担当の人だろうか、誰か知らない多くの人の力がこの木版のお経にはある。

でもお目当てはこの「鳥獣人物戯画」甲乙丙丁の4巻の展示。
IMG_20141117_0002

 これは甲巻のトップの絵。どうだろう。この流れるような線。生き生きとした描写。そして一瞬の動きを切り取った躍動感。900年前の人達の観察力と描写力に驚く。今回は2009年から2013年までの期間をかけて全面修理したもの。
その修理は甲乙丙丁の4巻を同時にするというもので、これまでになかった大修理だったと想像される。

甲巻 縦30.4cm 全長1148.4cm

乙巻 縦30.6cm 全長1189.0cm

丙巻 縦30.9cm 全長933.3cm

丁巻 縦31.2cm 全長1130.3cm

という大きなもの。私はそれぞれの全長が10m級のものとは知らなかった。
今回の修理の前は明治時代に行なわれたということで、この修理があったから「鳥獣戯画」の海外流失を免れたという側面史があるらしい。
私は絵巻のことは全く知らない。展示の説明やカタログを読むと、原図の裏には補強の裏紙がはられているそうだ。この「鳥獣人物戯画」の裏紙は1枚しかはられておらず、今回の修理で、肌裏紙、増裏紙、中裏紙、総裏紙の四層の裏打ちがなされたそうだ。次回の修理はいつかわからないが、今回の修理でこの絵巻はさらに後世に伝わっていくことができるのだろう。
この他にも、丙巻の前半の「人物戯画」と後半の「動物戯画」が裏表に描かれていたこと、丁巻の絵巻の裏面から薄く剥いで、剥いだものを修理に使っていることなどがわかったそうだ。

「鳥獣人物戯画」には、作者がわからない、絵巻の順序が作成当時のものと入れ替わっているらしいこと、絵巻から抜き取られた絵が散逸していることなど、謎とミステリーがあってまだまだ解き明かされていないことが多い。

私はそんな謎がおもしろかったことと、本物の「鳥獣人物戯画」を目の前にして、その美しさに感心した。
大修理のおかげだろう、最近に描かれたかのような存在感があった。
本物にふれる感動、リアルな感銘があった。

IMG_3533

四巻の絵図を見て外に出たのが6時すぎ。

外にはまだまだ列になって入館を待っている人達がいる。
11月6日には10万人の参加者を超えたそうだ。
最終日にはいったい何万人の参加者になるのだろう。

IMG_3568

左の写真は、売店で求めた総合カタログ。 このカタログにはおまけとして、「鳥獣戯画」甲乙丙丁の4巻の全てがのっている豆本がついている。

これはお得なカタログだと思う。
甲乙丙丁4巻のすべてを見る機会は私にはもうないと思う。

10万人をこえる人たちがこの「鳥獣人物戯画」を見に来たということはとても素晴らしいことだと思う。
できれば、小中学生にこの絵巻をみてもらう機会がないものか。歴史の本物にふれる機会だから。
社会科の教科書や資料集を手に持ちながら、「教科書にのっている写真の実物がこれか」「学校の資料集で見た絵の本物がこれなんだなあ」と感嘆の声をあげながら見学できる、そんな時代になればなあ、と夢を見ながら京都国立博物館を後にした。

*なお記事内の鳥獣戯画の絵、経本はカタログよりコピーしたもの。

 

 

 

長谷川集平講演会

IMG_3474

11月3日に上六にある「たかつガーデン」で、長谷川集平さんの講演会があった。 三連休の最後、しかも文化の日。会場は満員だった。 当日に知人のFacebookを見て駆けつけてきた人や、神戸から来た親子連れなど多くの人が集まった。 私は昨年に集平さんとクン・チャンのロックLIVEを見に行っていたので、お話を聞くいい機会だと思って申し込んでいた。

代表作の「長谷川くんきらいや」は、私が勤めをはじめた職場の若い仲間の間では有名な絵本だった。衝撃的な絵本、という評判だった。

IMG_3483

集平さんの講演は、ご自分の本を読みながら、解説を付け加えていくという方法で進められた。
これまでの講演は「長谷川くんきらいや」に時間的な配分が行ってしまっていたので、今回は長崎に引っ越してからの第二ラウドに中心において話したいと前置きがあった。

「長谷川くんきらいや」は、集平さん二十歳の作品だから、やはり衝撃的なデビューであったことにまちがいない。
紹介された本は、
「トリゴラス」「トリゴラスの復讐」
「日曜日の歌」「パイルドライバー」
「ホームランを打ったことのない君に」
「大きな大きな船」「小さなよっつの雪だるま」
「れおくんのへんなかお」「およぐひと」
そして最新作の「アイタイ」だった(と思う)

トリゴラス1

講演会で集平さんが紹介された火野正平さんの朗読が、インターネットにアップされているのを発見した。絵もすごかったけれど朗読も迫力がある。

https://www.youtube.com/watch?v=ZhnzPE5Tpbg

写真のホワイトボードにゴジラの絵がかいてあるのは、集平さんがこのトリゴラスの説明の時に使ったもの。トリゴラスの模型が展示されていたのもおもしろかった。

 

ホームランを打ったことのない君に

パイルドライバー

れおくんのへんなかお

パソコンを使って絵を描いたという「ホームランを打ったことのない君に」。

「パイルドライバー」– 絵本でプロレスが登場する作品はこれまでなかったそうだ。この絵本の最後の方では多くの女性の参加者が笑っていた。
「れおくんのへんなかお」の背景には、集平さんの知人で、もんじゅ」を設計した人がいるとのことだ。友人だけには見せたい自分の姿がある、それができなくなったら・・・。

また「大きな大きな船」では、三原色だけで絵を描いてみるなど、手法も様々な変化があることを知った。

日曜日の朝 本になるまでの過程でおもしろかったのは、「日曜日の歌」だ。
集平さんに惚れ込んだ編集者が、もと暴走族だったこと。
出来上がった原稿を見て、感動して涙を流して喜んでくれたこと。
社長が出版に二の足を踏んだ時、谷川俊太郎さんや灰谷健次郎さんに応援を頼み、それでもなかなかゴーサインが出なかった時に、その編集者が社長に直談判して本になったのがこの「日曜日の歌」。

絵本の朗読が始まると、会場のあちこちからクスクス笑う声が。みんなどこかで自分たちの生活や生い立ちや家族につながるところがあるからだろう。

最新作の「アイタイ」まで絵本の紹介があった。私などは「アイタイ」を読んでしまったら、本を買わなくなってしまうのに・・・と思ったが、講演の後に買う人も多い。私もそのうちの一人だった。 

IMG_3479

約2時間の講演の後にサイン会。 これが普通のサイン会と違う。集平さんだからこそのサイン会。 一冊一冊に手書きのイラストを描かれる。 主催者の人の話によると、どこかの講演会の話だが講演後のサイン会が終わるまでに1時間半以上かかったとか。

私は「あいたい」「小さなよっつの雪だるま」と集平さんが挿絵を描かれた岩瀬成子さんの「きみは知らないほうがいい」の三冊にサインをしてもらった。
この「きみは知らないほうがいい」をサインされるときに集平さんは「ぼくはこの本にサインするは初めてです」といわれた。
どうして?と本を売っている出版社の人に聞くと「今日、本になったばかりで、私も見るのが初めてなんです」と言ったのにはびっくり。

後の長谷川集平さんを囲む会も楽しかった。
私は10年ぶりに出会えた先輩がいて感激した。
最新作「アイタイ」の話で盛り上がる。
この絵本はヒロシマの黒い雨を連想させる表紙裏の絵からはじまる。
「ブキミナクモ」から原爆の雲を連想させる。「ワタシノナカノチイサナムシ」は人間の心にある小さな悪と読み取れる。でも集平さんはこういう。「黒い雲は彼女で、小さな虫は彼なんです。どちらも出会っているのです。出会っているのに気づかないってことがあるでしょ。どちらにも会いたいという気持ちはあるのに」
「えーっ、そうだったんですか。自分の読みが間違っていたんですか」と参加者から声が出ると、集平さんはこう言った。
「それでいいんです。作品は描いた人の意図通りに読み取る必要はありません。本を手にとった人の感じ方でいいんですよ」

なるほど。ちよっと一安心。
私はとてもそんなふうに読み取れなかった。
「日曜日の歌』の編集者のように、絵本や小説を読んで涙を流して感動したという経験もない。すごい人たちがいるんだなあ、と感心するばかりだった。

長谷川集平さんの講演会だからこそ、生き方をかけて仕事をしてきた人、人生をかけて仕事をしている人と出会えるのだと思った。

帰りの電車で読み始めた岩瀬成子さんの「きみは知らない方がいい」。挿絵を見ながらこの絵には何か覚えがある、なんだろうと思いはじめた。家に帰ってあちこちさがしてみる。これだ。

IMG_20141106_0003

私が職場の機関紙として毎週出していたもの。
表紙には読んだ本や、心に残った言葉などを使ってレイアウトしていた。
この号には、堀直子さんの「おれたちのはばたきを聞け」の一節を紹介し、本の挿絵から選んでコピーして構成していた。
この時の挿絵が長谷川集平さんだったのだ。

長谷川集平さんには30年以上前から出会っていたのだ。
出会っていたのに気づいていなかった。

集平さんの挿絵を勝手にコピーしていました。
長谷川集平さん、ごめんなさい。

*シューヘー・ライブのご案内。
 12月14日(日) 玉造さんくすホール
           (大阪市東成区中道3−14−17 環状線「玉造」徒歩10分弱)