千利休屋敷跡

「さかい利晶の杜」1周年

IMG_9545

左の写真は千利休屋敷跡。

「さかい利晶の杜」のすぐそばにある。

「さかい利晶の杜」ができる前の様子が、読売新聞に書かれていた。(2014年10月5日)

***************

幹線道路から外れた一角に、その屋敷跡はある。
堺市の阪堺電軌・宿院停留場近くに広がる敷地。豊臣秀吉に茶頭として仕え、わび茶を大成した千利休が、かつて暮らしていたとされる。

 「茶道の流派を超えた、聖地のようなところですね」と京都市上京区の茶道資料館の橘倫子学芸員は話す。屋敷での詳しい暮らしぶりは伝わっていないが、柵で囲まれたスペースには、茶の湯に使ったという「椿の井」と呼ばれる井戸があり、今も水が湧き出る。

 ただ、住宅街に溶け込むひっそりとしたたたずまいに、通り過ぎる人も多い。

  •   NPO法人・堺観光ボランティア協会の川上浩理事長(68)は「案内をして『利休がいたのと同じ空間に今、立たれているんですよ』と話すと、驚いて感動されることもあります」と言うが、「ガイドが一緒じゃないと中には入れませんし、一人でぶらりと来ても楽しめないですよね」と笑う。

           ◇ 

そんな場所が今、変わろうとしている。屋敷跡の西側に来春、市の文化観光施設がオープンするからだ。
 利休の茶の湯と、与謝野晶子をテーマにした「さかい利晶のもり」。3階建てで、京都にある国宝の茶室「待庵」も再現する。待庵は昨年公開された映画「利休にたずねよ」にも登場。亭主と客が対峙たいじする様子が描かれた。そんな、「緊張感の中で生まれるコミュニケーション」を感じてもらおうという仕掛けだ。

  • 建設が進む「さかい利晶の杜」。堺観光への期待もかかる

 屋敷跡も、所有する茶道裏千家淡交会総本部が一般公開する計画があるという。堺の歴史に詳しい太成学院大非常勤講師の中井正弘さん(73)は「和・敬・清・寂を重んじた利休の生き方や、心の持ちようは今の人たちにも響くはず」と期待する。

・・・・(略)・・・・
 
  ◆千利休屋敷跡

 井戸の屋根は、京都・大徳寺山門の古い部材を用いて建てられたとされる。江戸後期には、酒造業を営んでいた加賀田太郎兵衛が利休をしのんで建てた「懐旧庵」があったという。

 利休は1522年に、堺の豪商の長男として誕生。17歳から茶の湯を学び、のちに武野紹鴎に師事して佗茶を大成した。(以下略)

********************************

IMG_9531

「幹線道路から外れた一角」「ひっそりしたたたずまい」と書かれていた場所は、今はすっかり様相が変わっている。
屋敷の塀も復元され、前の道路も立派な敷石がひかれた道路になっている。
「さかい利晶の杜」のすぐ隣りにあるので、「さかい利晶の杜」を訪れた後は、「千利休屋敷跡」を見学しようという流れになっていると思った。 

IMG_9535

私が訪れた時は、ボランティアさんの方が、丁寧に説明してくれた。

堺観光ガイドには次のような説明がある。

「千利休は大永2年(1522年)、堺今市町(現在の宿院西1丁)の豪商魚屋(ととや)の長男・与四郎として生まれました。17歳の時北向道陳に茶湯を学び、のちに武野紹鷗に師事しわび茶を大成させました。茶の湯をもって信長に接近し、その死後は秀吉の茶頭として仕えながら、北野の大茶会を取り仕切るなど天下一の茶匠として権勢を振るいましたが、小田原の役後秀吉の怒りにふれ自刃しました。現在の茶道千家の始祖であり「茶聖」と称せられています。
屋敷跡には椿の井戸が残っていますが、椿の炭を底に沈めていたといいます。井戸屋形は利休ゆかりの大徳寺山門の古い部材を用いて建てたものです。平成27年のリニューアル後は、敷地内も見学できるようになりました。」

http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=92

ボランティアの方に聞いてみると、以前は金網のフェンスで中は見ることができるが、今のようには入れなかったという。それが「さかい利晶の杜」の建設と共に整備されたそうだ。

IMG_9540 IMG_9538

IMG_9544

千利休屋敷跡で、井戸や井戸からの水を引いた手洗い場をみると、まわりの空間が千利休がいた時代に戻されていくような感じになる。
静けさの中に歴史を感じるところ。こういった歴史を感じさせる空間と場所は現代には必要だと思った。

利晶の杜1周年

 

「さかい利晶の杜」のホームページを久々に見てみると、開館1周年の文字が。
早いものだ。でも、「さかい利晶の杜」はしっかりと堺市民の心に根付いたと思う。
さて、次は機会を見て茶の湯体験をしてみたいものだ。

 

 

 

ポルトガル紀行 23

クアトロ・ラガッツィ

IMG_20160320_0001

私がポルトガルに興味を持ち続けていたのは、この本を買っていたから。
奥付には2003年10月30日
第一刷発行
とある。
若桑みどり著 集英社、550ページにも及ぶ力作である。
13年前に買っているが、全部を読み終えたわけではない。ポルトガルに行く前にもう一度読み始めたが、未だ読み終えることのできない、私にとっては未読の大作。
このブログを書くために、必要なところを読み返している。ブログはポルトガルから帰ってきてしまったが、この本とのつきあいはまだしばらく続きそう。

IMG_20160320_0003_2

カバーがすばらしい。表の船の絵は
狩野内膳「南蛮屏風」左隻 船出(部分) 神戸市立博物館
とある。狩野内膳(かのうないぜん1570年〜1616年)は安土桃山時代から江戸時代初期の人。長崎にいたことがあるということから、実際に見た南蛮船がこの絵に生かされているのだろうと言われている。天正少年使節団が乗った船はポルトガルの船と言われているので、このような船だったのかもしれない。

IMG_20160320_0004

IMG_20160320_0005この本の見返しには、写真のような地図が付いている。
上の世界地図は「オルテリウス編 世界の舞台 世界図 1570年(神戸市立博物館)。 日本は文字通りに極東の国である。
日本地図は、「テイシェイラ「日本図」1595年」(神戸市立博物館) 。

天正少年使節地図

今と比べては、大変不完全な地図だが、このようにして人間の世界は広がってきたのだろう。
左の地図は「クアトロ・ラガッツィ」にある地図。天正少年使節団が通った道筋がわかる。
長崎−リスボンを船で航海し、ポルトガルからスペイン・イタリアを訪問している。右の地図を見れば、私たちが訪れたコインブラ、バターリャ、シントラ、リスボンの位置がよくわかる。

1582年に出発し、1590年に帰国。足掛け8年にもおよぶ旅は、日本の歴史的な出来事として語り継がれるだろう。
伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルティーノの4少年。出発した当時の年齢は13〜14歳といわれている。
海の上で、そして異国で、ずっと一緒だった4人は、日本に帰ってからの道は同じではなかった。
「クアトロ・ラガッツィ」にはこんなふうに書かれている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(天草のコレジオで学んだ出身者のその後の動静についてのリストが書かれ、その後に次のような文章が続く)

 彼らはみなコレジオで教育を受け、マカオでさらに勉学し、日本のキリスト教会を支えるべく教育されみずからも勉学に励んだ者たちである。そして彼らの運命は、迫害の前に病死したふたりをのぞけば、ふたつしかなかった。
日本を亡命するか、または殉教である。このリストにない者は消息不明の者たちである。その多くは棄教者であった。
 マンショは42歳で病死した。マルティーノは国外追放となりマカオで死んだ。そしてジュリアンは潜伏し、長崎で殉教した。ミゲルはいつ死んだかわからない。彼は棄教者となった。4人の生涯は4枚の葉のように別れていった。(P489〜490)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千々石ミゲルについては、最近墓石が見つかったとかで研究が進んでいるようだ。本も出版されているが、私にはそれを読み解く力量はない。

実際にポルトガルで、彼らが見たり聞いたりしとことと思われることに私もふれて、その感慨は深い。500年の長い歴史が不思議に身近に感じられる。彼らの運命は歴史に振り回されたのかもしれない。しかしその足跡はだれにも消すことはできない。

*「クアトロ・ラガッツィ」とはポルトガル語で「四人の少年たち」という意味。

金平糖、煙草、天麩羅

①天正少年使節団と縁の深いところをまとめてみる。

天正遣欧少年使節が祈りを捧げたシントラの王宮の礼拝堂、彼らの宿になったサン・ロッケ教会。

IMG_8754

IMG_8850

彼らが訪れたり、船から見たであろうテージョ川の河口にあるジェロニモス修道院とベレンの塔。

IMG_8878

IMG_8895

使節団が訪れたバターリャ修道院の未完の礼拝堂、そしてクリスマスを過ごしたというコインブラ大学。

IMG_1280

IMG_8335

②ポルトガルに由来する日本の文化

煙草と漢字で書くが、その由来は「TABACO」。そして天麩羅の原型はこれ。

IMG_8845

IMG_9115

IMG_8374

忘れてはならない、これが金平糖のルーツ。煙草、天麩羅、金平糖と漢字で書いているがもとはポルトガルにあることが実感できた旅だった。

また、日本と縁の深いフランシスコ・ザビエルの肖像画やポルトガル総領事だったモラエスが住んでいた家を見ることもできた。
FADOでは日本に帰ってきてから、ちあきなおみさんの歌声にあらためて日本とポルトガルのつながりを考えることができた。

IMG_9786

ポルトガルでの自分達へのおみやげは靴とコルク製のパッグ。

コルク製のものがたくさんあるのに驚いた。扇子や傘もあった。
帽子もハット形だけでなくキャップ型もあり、バッグにいたっては多種多様なデザインがあった。
靴は雨の中を歩いた時に買った。もう靴の中まで水が入りたまらずに靴屋さんに入る。運動靴でも買おうかとおもったが、ちょっとおしゃれなデザインの靴があったので試してみた。靴のサイズが通じない。英語で〇〇cm、というがだめ。履いて感じの良いのを買うことにした。ホテルに帰ってみると、なんとスペイン製だった。スペインも革の文化の国だからラッキーと思う。

残った課題は「ジプシー」のこと。現地ガイドさんに聞こうかと思ったが聞く機会がなかった。日本に帰ってきて関西国際空港で添乗員さんに聞く。
「ロマのことですか。スペインに比べると人数は少ないです。そしてスペインのように目立っていません・・・・」もう少し詳しくと思ったら、なんと飛行機でパスポートを紛失したというツアーの人が出てきて、そちらの対応に・・・。

さて、パスポートをなくしたと言いに来た人は、どうなったのだろう。飛行機の中だから心配なとおもうのだが、、、、。旅にはいろんなことがおこる。

23回になった「ポルトガル紀行」もこのへんで中締め。機会があれば、また書くことにしょう。

 

 

 

ポルトガル紀行 22

ポルトガル7日目
        日本に向けて帰国

IMG_9131

時刻は午前4時48分。ここは人っ子一人みえないリスボンの空港。

IMG_9134

IMG_9136IMG_9138

荷物の預けいれもすみ、空港内のスターバックスで離陸までの時間まち。
ポルトガルのスターバックスのコーヒーカップは、日本のものと比べて大きいんじゃないの? いや日本のスターバックスは紙コップが主流で、こんな陶器のカップはなかったのじゃなかったかなあ、などと思いながら時間が過ぎていく。

IMG_9149

IMG_9152

予定では7時10分にリスボンの空港をテイクオフするはずだったが、霧と雲のために40分おくれて出発。フランクフルトまで3時間ほどのフライト。 機内食(朝食かな? ホテルからはサンドイッチやジュース・フルーツのBOXが出ていた)をいただく。この飛行機にはビデオを見る機器はついてなかった。

IMG_9159 IMG_9160

フランクフルトから日本に向けての飛行機は13時25分発の予定。ラウンジで時間まち。リスボンを出るのが遅れた分だけ待ち時間が少ないと喜ぶが、なんと飛行機の中で約1時間待つことになった。14時28分にテイクオフ。滑走路の凍結のためだという。やはりフランクフルトは北にある分だけ寒いのだとあらためて思う。

IMG_9162 IMG_9164

IMG_9204

日本に帰るという安心感で、飛行機ではじめてビールを頼む。高度が高いところでのアルコールは体によくないと自重していたが、まあいいか。ビールを飲みながらビデオ楽しもう。

帰りの飛行機で見た映画は、
1.ブリッジ オブ スパイ  Bridge of Spies
 トム・ハンクス主演。ソ連に落ちたU2のパイロットを”交換交渉”で救いだすという実話をもとにした映画。そういえばアメリカのスパイ偵察機U2のパイロットのパワーズは新聞で見た記憶がある。事件が起きたのは1965年。トム・ハンクスらしいなあと思う演技で、本当にこんなことがあったのか?と思いながら画面を見た。トム・ハンクスが演じたドノヴァン弁護士は実在で、「キューバ危機でも捕虜交渉で活躍したという」テロップが最後に流れてぐっと興味がわいた。

2.マイ・インターン THE INTERN
 アン・ハサウェイが可愛くて綺麗。美しさは「プラダを着た悪魔」の時と全く変わっていないなあ、「バットマン」や「レ・ミゼラブル」などで演技の幅を広げているが、このマイ・インターンでのような役は安心して見ていられる。「プラダを着た悪魔」の続編みたいな面も感じられた映画。ロバート・デ・ニーロ扮する年配のおじさんがインターネット社会でがんばる姿もほほえましい。ネット社会でも人と人とのつながりやぬくもりが大事ということが感じられて、ゆっくりと見ることができた。

3.マッドマックス 怒りのデス・ロード MAD MAX
 話題の多い映画。見る機会がなかったので飛行機の中で見る。アクションとストーリーが上手にからみあっていて、作品世界にうまく入り込める映画だった。画面が思いの外きれいで、汚れた世界なのにカラッとした画面作りが良かったのかもしれないと思う。第3作が1985年だから30年ぶりの新作。私の予想を裏切る快作だった。第4作、第5作も予定されているらしいが、、、このテンションがどこまでつづくか不安。

4.モンスターハント 捉妖記
 中国のファンタジー作品。アニメと実写が合成されている。期待して見はじめたが、モンスターの姿形が私には向いていない映像だったので、10分ぐらいで見るのをやめてしまった。日本に帰って調べると中国では大評判だったらしい。

IMG_20160207_0001

5.ミスターホームズ Mr.Holmes
 大阪に着陸するまでに見ようと思ったが、日本上空になると何度もアナウンスが入って映像が途切れ、結局最後まで見ることができなかった。主演がロード・オブ・ザ・リングでガンダルフを演じたイアン・マッケラン。真田広之も登場する興味深い映画だった。ストーリーがよくわからなくなっていたので、日本に帰ってから原作本を読む。
映画と原作は幾つか違う展開があるようだ。
だが飛行機で見た映像で、敗戦直後の日本の様子や原爆ドームがリアルに表されていたのには感心した。
ホームズと少年の関係が映画では途中までしか見れなかったし、原作ではえっ?!と思う展開があるので、映画で是非見たいと思った。

3月19日から映画館で放映されたので見に行った。
映画は原作と大きく違うところもあったが、それぞれのよさがあり、映画としてはよくできていた。イアン・マッケランの93歳のシャーロック・ホームズはカッコが良かった。老いに悩まされながらもホームズらしい推理力の冴えも表現されており、後味のいい作品になっていた。特筆すべきは真田広之の演技、英語力。日本の映像がそれほど不自然でなかったのは、真田広之のアドバイスのたまものらしい。パンフレットを買おうと思うと、売り切れになっていた。ファンがいるのだ。
ただ、シャーロック・ホームズのこれまでの映画やテレビとは全く違ったものであることを、ここに書いておかなくてはならないと思った。

IMG_9191

IMG_9195

椅子についているスクリーを切り替えると、どこを飛んでいるか表示してくれる。

写真の映像は、到着まで後10時間18分でドイツのポツダム周辺を飛んでいる。飛んでいる状態の画像もなかなかリアル。

ポツダムといえば、ポツダム宣言のポツダム。
窓から見えるこの町並みがポツダム市のようだ。1945年にアメリカ・ソ連・イギリスの3首脳が集まりポツダム会談が行われ、ポツダム宣言が発せられたところ。
飛行機の上からこの町を見ることがあるなんて、想像もしなかった。

IMG_9237

機内食を食べ、ビデオを楽しみ、眠りもとって10時間をすごすことになる。
・・・・・・・・・・・・・・・機内から見える空に太陽の光が見えてきた。窓から見える世界は雪に覆われた世界。IMG_9245

IMG_9248

昼夜境界線を超えて、太陽の光のある世界に入ってくる。

さあ関西国際空港がもうすぐ目の前だ。
大阪の気温4度というアナウンスが流れ、えっーという声があちこちから。
この時の大阪は寒かったのだ。

出発が1時間遅れた分だけ、日本到着も1時間遅れた。
無事に帰国。すべてに感謝。