妻籠宿(つまごじゅく)

ここは中仙道の宿場町、妻籠宿(つまごじゅく)。
中山道(中仙道)は、ウィキペディアによると、

中山道(なかせんどう)は、江戸時代に整備された五街道の1つで、江戸の日本橋と京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道である。・・・・。

 江戸の日本橋から板橋宿、高崎宿、軽井沢宿、下諏訪宿、木曽路、関ヶ原を近江・草津まで67の宿場(六十七次)がある。距離は東海道よりも40 kmほど長く、宿場も16宿多い。宿場数が密であったのは、比較的険しい山道が多いことに加え、冬場は寒さも厳しい内陸の地域を通り、降雪時に通行が困難であったために、1日の歩行距離は短くなり限界があったからだと考えられている]
 東海道に比べ大回りをする経路で、かつ、中山道には碓氷峠越えや和田峠越え、「木曽のかけはし」通過などの難所]があったにもかかわらず、往来は盛んであった。東海道には、船の使用が許されず川越人足が置かれ、時に長期の川止めもある大井川、安倍川や、険しい箱根峠など交通難所が多い上に、江戸幕府による「入鉄砲出女」の取り締まりが厳しかったため、これらを避けて、中山道を選ぶ者も多くいたと言われている。また、中山道筋の旅籠の宿代は、東海道よりも2割ほど安かったとされる。」

妻籠宿は中山道42番目の宿場である。そして妻籠宿の次が馬篭宿である。

後で入った「南木曽町博物館」のパンフレットによると、
「町並み保存のさきがけ『妻籠宿』  中仙道妻籠宿は、昭和40年代はじめ、日本全国が高度経済成長に沸く中にあって、歴史的な景観を守るべく、率先して町並みを守る運動に取り組みました。そして今日、国の重要伝統的建造物群保存地区の主柱として、また全国町並み保存連盟の中核として、町並み保存の先頭にたっているのです。」とある。町の心意気が伝わってくる。

ここは「妻籠口留番所跡」(くちどめばんしょあと)。
口留番所跡とはウィキペディアによると、

「口留番所(くちどめばんしょ)とは、江戸時代に各藩が自藩の境界や交通の要所などに設置した番所のこと。江戸幕府の関所に相当する。・・・・
 江戸幕府は寛永年間の武家諸法度の改正において諸大名が勝手に関所を設けることを禁じていた。

だが、藩側も治安上の理由から関所に相当する施設を必要としており、「関所」の名称を避けて「番所」の体裁で設置したのが口留番所であった。主に藩に出入りする旅行者や商品の監視を任務としていた。・・・」

最近のNHKのタイムスクープハンターでこの口留番所のこと、入鉄砲出女の厳しさが番組で放送されていたので、その当時の様子が想像できた。

これは「高札」(こうさつ・たかふだ)。博物館のパンフには「幕府が庶民に対し、禁制や法度等を示したものです。」とある。
高札の名のとおり、高いところに掲示してある。
これは復元されたものだが、当時の庶民は高いところに書かれた文字を読むことができたのだろうか。江戸時代の識字率は高かったと言われているが、このような高札の文章が読めて、理解できるのはすごいことだと私は思う。

ホームページよると、
「妻籠宿脇本陣は屋号を「奥谷(おくや)」といい、代々林氏が務めてきました。木曽五木の禁制が解かれて、明治10年(1877年)に総檜造りで立て替えられたのが現在の建物です。 昭和42年には妻籠宿保存の中核として公開され、平成13年には国の重要文化財に指定されました。裏の土蔵には、脇本陣にまつわる民俗資料や島崎藤村文学関係資料などが豊富に展示されています。」とある。
脇本陣は参勤交代のときに大名たちが泊まる本陣だけでは止まりきれないときに使用した施設、という説明を聞いた。そうか中山道を通って参勤交代をしていた藩があったのだなあと思い、中山道が江戸時代の大動脈だったことをあらためて確認した。

上はかつての妻籠宿のジオラマ。
ほとんど現在と変わらない、というよりは現在の妻籠宿は過去のすがたを大切に保存しているのだ。
「脇本陣 奥村」と大きな表札が出ているが、その最初に小さな字で
「南木曽町博物館」と書かれている。
博物館として「歴史資料館」も後方に作られている。
歴史資料館には私が知らなかったことがたくさんあった。

 

 

 

 

日本一の星空・阿智村

 

ここは長野県下伊那郡(しもいなぐん)阿智村(あちむら)。
不動温泉・華菱(はなびし)に泊まったときに駐車場で移した写真。I
ISO 4000   F 3.5  18秒の露出 ブルブで撮影 マニュアルホーカス、
だいたいこのような設定で写真を撮った。

阿智村は星がよく見えるところで有名らしい。
星を見るツアーがあったので参加した。
ウィキペディアで阿智村を調べてみると、
+++++++++++++++++++++++++

2006年、なみあい地区もみじ平天文村、現在の銀河もみじキャンプ場で撮影された星空写真が、星の見え具合を報告する環境省主催の「全国星空継続観察」の2006年度夏期「一般参加団体による写真撮影結果において夜空の明るさが星の観測に適していた場所」において、夜空の明るさの等級23.7を記録し(数値が高いほど夜空が暗いことを示し、星の観測に適しているとされる)、観測した参加団体416団体のうちの最高点となった。・・・略・・・・阿智村では「星がもっとも輝いて見える場所」を謳い文句に「日本一の星空ナイトツアー」の実施や地域通貨「スターコイン」の発行、天体などの知識を問う「阿智村スターマイスター認定試験」の創設など、観光事業に役立てている。2015年には「日本一の星空」を商標登録・・・

ということで有名になったようだ。
全国のあちこちに「日本一の星空」という案内文句でツアーが組まれているようだが、商標登録してあるのは阿智村だけのようだ。

ホテルには天然温泉があり、リラックスできる泉質だった。
ウィキペディアによると、
「自家源泉2本から湧き出すお湯」だそうで、アルカリ単純温泉。
露天風呂もあり、ゆっくりと温泉を楽しむことができた。(写真はホームページより)

南西の空にある木星と土星。 左に明るく見えているのが、木星。
右端に見える星が土星。
木星の下に点々と光跡が写っているのは飛行機の航跡。

東の空を撮ったところ。 カシオペアがある。(星がありすぎてどれがどれだか、という感じになってしまう)
ブログにしてみると、星や星座がはっきりを見えない感じがする。
ブログ上にある写真をクリックすると、元の画像がみえるように設定してある(つもり)なので、試してみてほしい。

このツアーでは、星空案内人という方が、ギリシヤ神話に基づいて詳しい解説があった。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にでてくる星座や石炭袋の説明があり、実際の星や天の川を見ながらの解説は大変充実していた。
びさしぶりに星を見て首が痛くなる体験をした。

これからは星を見るのに良い季節。
阿智村以外に星がよく見える場所がツアーで紹介されている。
また違ったところから星を見たり、写真を撮ってみたいものだ。

 

 

 

 

 

巨大古墳 黒姫山古墳

巨大古墳の時代を黒姫山古墳から知る

9月16日金曜日、堺市立みはら歴史博物館で、「シリーズ講座みはら学のすすめⅡ 第1回 巨大古墳の時代を黒姫山古墳から知る」という学習会があった。
講師は鹿児島大学総合研究博物館の橋本達也さん。
橋本さんは堺市美原区の生まれの人。この黒姫山古墳についての本も書いている人。
上の写真はGoogleマップからの引用。下に黒暇山古墳。上に堺市立みはら歴史博物館がある。
黒姫山古墳は、堺市のホームページによると、「全長114メートル、前方部幅65メートル、前方部高さ11,6メートル、後円部径64メートル、後円部高さ11メートルの二段築成の前方後円墳」とある。百舌鳥古墳群と比べても大きな古墳であることがわかる。

上の写真は当日配られた資料からの引用。 1948年1月18日の朝日新聞大阪地方版に載せられた記事。
橋本達也さんの書かれた「巨大古墳の時代を解く鍵」(新泉社)という本によると、

「・・・この古墳はもともとクロマツでおおわれており、そのため戦時中に松根油(しょうこんゆ)を採ろうとして墳丘が掘り返された。結果、前方部墳丘で石室が露出するに至った。そして、1954年5月5日、古墳の南東にある集落でこの石室から持ち出された鉄製甲冑があることに、周辺を踏査で訪れていた森浩一氏が気づいた。・・・」

そして1947年12月22日から大阪府の調査がおこなわれ、前方部石室から調査を開始し、埴輪列、墳丘調査が行われた。1948年12月23日から翌49年1月7日までの第2次調査で墳頂の上段埴輪列、後円部墳頂の方形埴輪区画などの調査がされている。

戦後の黒姫山の写真が上。当日の資料よりの引用。畑の真ん中に古墳があることがよく分かる。 戦時中は古墳の松が切り倒せれたことからわかるように、出入り自由だったのだろう。 江戸時代後期には石室が暴かれ、装飾品などのものはすべて取り去られていたようだ。

現在は付近に高速道路が走り、その建設のための調査も進められた。1990年には周辺が整備され史跡公園になっている。

左は黒姫山古墳周辺を歩いている時に見える埴輪列。
古墳が作られた当時は、現在のような木々もなく、古墳の周辺に置かれた埴輪列がよく見えたのだろう。
昭和28年の古墳の写真からわかるように、周辺には何も大きなものはなく、田畑がただ取り囲んでいるだけである。
遠くからこの古墳がよく見えたことが想像される。また千早赤阪村に近いことから、城塞などに使われたことも想像されている。

みはら歴史博物館には、黒姫山古墳から発掘された埴輪や甲冑が展示されている。 甲冑24セットは日本最大のもので、5世紀中葉から後葉のものといわれている。

橋本達也さんの話によると、
 黒姫山古墳自体は5世紀、古墳時代中期のものといわれている。 古市古墳群、百舌鳥古墳群、大仙陵古墳と同時代のもの。
甲冑が埋められた時期は5世紀後葉とみられ、古墳が作られてから数十年後に甲冑は埋められたと考えられている。
この甲冑は軍事に直結する装備ではなく、儀礼的なものではないかということだ。

古墳の多くは宮内庁の管轄にあり、古墳の調査発掘はなかなかできない。そんななかで、黒姫山古墳のもつ情報は大変大きい。
橋本達也さんは「黒姫山古墳の情報は、断片的な巨大古墳の情報をつなぐ鍵、巨大前方後円墳の実像を理解する上での基準資料」と言っている。

美原の地にはたくさんの歴史資料があるようだ。このような「みはら学」通して知ることはたいへん面白そうだ。