タカラヅカでRRR

今年入って初めてのタカラヅカ。 演目は「RRR ☓ TKARAZUKA 〜 √Bheem 〜」と「VioleTopia ヴィオレトピア」
星組の公演。私はあまり詳しくないが、星組の公演に行くのはめずらしい。演目がRRRだったので興味があった。

この映画の内容は後で紹介するとして、「RRR」で有名になったダンス、「ナートゥ・ナートゥ」、これが見たかったというのが主な理由。見ているだけで楽しくなるダンス、しかし激しくて振りも見ているだけでは追いつかない、すごいスピード。これを舞台で本当にやるのだろうか。映画なら何回も撮影してフィルムにすることはできるだろが、本番一回のダンスで? それが楽しみだった。

タカラヅカの舞台を見る前に、VTRで映画「RRR」を見た。見て初めて知ったのは「この映画はインドのイギリスの植民地支配から独立をテーマ」にしていることだった。
インドの独立はガンジーの非武力闘争によって、とテスト用に暗記しているぐらいの知識だったのが恥ずかしくなった。
プログラムを引用すると、
「映画『RRR』は東南インドのテルグ語地域(現在のアーンドラ・プラデーシュ州とテランガーナ州)を舞台として、この地で20世紀前半に活躍した実在の民族運動家アッルーリ・シーターラーマ・ラージュとコムラム・ビームをモデルにしています。当時インドはイギリスの植民地統治を受けており、過酷な搾取や非人道的な差別に対する解放闘争が各地で起こっていました。・・・」

歴史上のラーマとビームは出会ったことはないそうだ。しかし「もし出会っていれば」という仮定でこの映画は作られているそうだ。
映画と舞台の二人は勝利する場面が描かれているが、実際にはふたりとも政府軍によって銃によって殺されているとプログラムには書かれている。
インドの植民地支配からの独立は教科書で習ったが、この映画を見るまではその中身を知らなかった。そういう意味では先にVTRを見ていて、舞台の進行がよくわかった。

 

上の写真はアルバムにある映画「RRR」の紹介しているとこる。
ダンス「ナートゥ・ナートゥ」の魅力がわかるところ。プログラムの説明には、
「ナートゥとはテルグ語でローカル、つまり『地元産の』『在地の』という意味です。ラーマとビームはインド人としての誇りをこのダンスに託し、高慢な差別主義者のイギリス人ダンスバトルを挑んで勝利します。ただ『在地の』とは言っても伝統的な古典舞踊ではなく、振付家ブレーム・ラクシトが庶民的なダンスから着想を得て創作した現代のダンスです。とある。

こんなすごいダンスを創作したのか、と感心するばかり。
ビーム役を礼真琴さん、ラーマ役を暁千星さん。
そしてイギリス人のジェニファー役を舞空瞳さん。

三人とも息をつかせぬ速いスピードのダンス、足の動きにおどろいた。
このスビードでよくもつなあ、と思いながら舞台を見ると、踊っているみんなが同じ様に踊っていることにびっくり。さすがだなあ、日々の修練の賜物とはこれをいうのだなあと思った。

映画と舞台とではラストが違う。
それは両方を見てのお楽しみなのでここではふれない。
映画でも舞台でも印象に残ったのは
「お礼に君の願いを叶えさせてほしい」
「読み書きを教えてほしい」

文字は力だ、ということを新ためて確認した。
「夕焼けを見てもあまり美しいとは思わなかったけれど、字を覚えて本当に美しいと思うようになりました」と書いた北代色さんを思い出した。
NHKの「英雄たちの選択」でジョン万次郎は英語を自分のものにすることによってアイデンティティを確立したということが紹介されていた。
言葉、文字の大切さ、どちらも力になり自分というアイデンティティに必要なこと。

蛇足だが、タカラヅカの舞台では「文字の読み書き」だけでなくもう一つ言っていた。それは「ダンス」。さもありなん。タカラヅカの舞台らしいと思った。

 

 

 

 

 

大国神社から今宮戎へ

2024年1月11日。さあ今年も大国神社と今宮戎をお参りにいこう。
今日は11日だったので「しまい恵比寿」。
大国神社も10日に来れば、長蛇の列になるのは昨年で経験済み。
今年は11日の夕方に参拝することにした。
昨年のように並ぶこともなく、氏神様、大国様の両方をお参りすることができた。
さあ、今宮戎に行こう。えべっさんの入り口、思ったより人が少ない。

コロナ前は鳥居の前にも店が並んでいた。コロナによってお店は一切なくなり、今年は「コロナ解禁」ということで、以前のような店が並ぶかと思っていたが、そうではなかった。
入り口左側の提灯に今年も「恵美小学校PTA」があった。
今は統合でなくなった小学校だが、地元の人達の思いが残っているのだろう。

今年は笹をもらい、福娘さんに吉兆の飾りをつけてもらうことにした。
笹は無料で配っているが(上の写真)、飾りは2000円〜3000円。売り切れの飾りもあった。欲しいものは誰も一緒だね。
今年気づいたのは、カメラを持って福娘さんを写しまわっている人があまりいないこと。夕方だからかな? 
歴代の福娘さんのところには「写真禁止」の紙がはってあった。
こんな表示はこれまでで初めてだった。
福娘さんたちが嫌な思いをする事故があったのかも。

恒例のおみくじ。 PTAの看板を出しているところがあったので、そこで買うことにした。
2枚とも末吉。
「少しつらい事もあるけれども辛棒すること」
「何事も反省の心を忘れてはならない」
ありがたい言葉。くくっておこう。
ここで気がついなのは、ドラがなかったこと。
コロナで触れないようにしていたのが、今年はドラそのものがなかった。
ドラがなかっても、お参りする人達が並んでいた。通称えべっさんの「うらまいり」は健在なのかもしれない。

神社の周りには食べるものなどの店は出ていないようだ。
高島屋に向かう道筋には例年のような出店が並んでいた。

最後に廣田神社でおまいり。 普段は静かな神社だが、えべっさんとなるとお店も並ぶ。 ここでもおみくじを買う。吉だった。だんだん良くなるのかもしれない。
私がおみくじをくくっていると若い男女が同じようにくくろうとしている。なんでも二人揃って凶だったようだ。
うーん、やっぱり凶のおみくじはでるのだ。たとええべっさんの日でも。

しまい恵比寿の日で時間も夕暮れ時だったせいか、思ったよりもスムーズにおまいりができた。 えべっさんの前の道路にはいろんな県の車がはしっていた。 各地からやってくるようだ。
来年は高島屋近くの八坂神社も巡ってみようかと思っている。

 

2024年1月2日の日の出

2024年1月2日の日の出。 1月1日は曇が金剛山付近を覆っていたので、日の出の写真はうまく撮れなかった。 2日も少し雲がかかっているが、山を超えて登る朝日を撮ることができた。 池の周りには、朝日を見ようとする人たちが集まっていた。

朝日を横に見て、東に向かって飛んでいく飛行機。
どこから来て、どこへ飛んでいくのだろう。

池の上に鳥が飛んできた。 この鳥もどこを目指して飛んでいるのだろうか。

西の空には月。 満月が終わり、少しずつ欠けていく。

そんな世界をじっと眺めているサギ。

ドラゴン出現。 これは年末から作ってきたペーパークラフトの龍。 (Canon Creative Park からダウンロードした)

1月1日の石川県能登半島付近の大地震。私の家も揺れ、阪神淡路大震災を思い出した。2024年の幕開けが震度7を越える大地震とは。被災地の皆さんの苦労が想像される。
今年は辰年、様々な不幸を乗り越える飛躍の年でありますように。