大阪環状線撮り歩き・桃谷駅

クラブツーリズムの案内に、上のような「お散歩フォト〜大阪環状線〜」という撮影会があった。
環状線一駅一駅の周辺を歩きながらのスナップ撮影会の案内のようだ。
大阪市内のことがよくわかりそうな取り組みだし、スナップ写真が面白そうなので参加した。

ここは環状線桃谷駅。
桃谷駅からJR東部市場駅までを歩き、面白そうなところをスナップ写真に収めるということだ。
上級者の人はテーマを決めて撮りましょう、と講師の先生が言う。
うーん、テーマって言っても初めてだからなあ。この講座は毎月1回のようで、常連さんも多そう。初めてという人は、私を含めて二人だけだった。
講師の先生が、「看板、というテーマもおもしろいですよ」というので、おもしろそうな看板を探すことにした。

震動法要って何? ここはお寺なんですが・・・知識不足でわからない。

地球人の付属品? これもわからない・・・・。

「東洋史原典研究所」、これもすごいタイトルの看板。
災害避難所への案内看板には、英語・ハングル・中国語の表記もある。

自動車のガラスに写り込んだマンションや住宅。ちょっとマニアック?
古くて何か懐かしい風景もたくさんあった。

なんとなんと生野区に大阪管区気象台があった。昭和8年から昭和43年までの35年間観測をした。その間に室戸台風、ジェーン台風、第2室戸台風の3大台風を経験しているという。現在は御勝山南公園になっている。
左の写真はこの石碑の裏側にあった説明図の写真からとったもの。
12時を過ぎたので東部市場に足を速める。海鮮丼がまっている、、ハズ。

おやおや、、、、水曜日は定休日だった、、、、。

JRの東部市場駅て解散。

足は疲れたー。
こんなに歩くとは思っていなかったあ。東部市場で新鮮な海鮮丼を食べるのが楽しみでがんばったのに・・・。
と笑いながら参加者はぼやいていた。

スマホの地図を時々見ながら、へえーこんな感じなんだ、桃谷からハルカスを右手に見ながら歩くと、ここにくるのか・・・ と普段電車から見ている風景と、地図で見ている駅の配置が、実際に歩くことで頭のなかに自分用の地図が出来上がった感じ。
毎月1駅づつ環状線周辺を歩くスナップ写真の旅。なんとなくおもしろそう。

 

 

本物を聴く、見る

上方演芸特選会

1月の歌舞伎の後、観劇に行く機会が多かった。
まずは文楽劇場の小ホールであった「上方演芸特選会」。
たまたま知り合いで、チケットを購入したが用事ができて行けなくなったというチケットが、まわってきた。
文楽劇場へは、文楽を見に行くことはあったが、小ホールへ行くことはなかった。
小ホールは、繁昌亭ぐらいの大きさで寄せとしては手頃な大きさだと思った。
プログラムは右のポスターのとおり。
会場の雰囲気は、繁昌亭とはすこし雰囲気が違うような気がした。

落語の桂坊枝(かつらぼうし)さん、ああなつかしい。桂きん枝さんや、桂文珍さんたちが若いときに一緒に活躍していた人ではなかったか。ご本人には失礼だと思うが、久しぶりに聞く名前だった。しっかりとした古典落語で、妻が「ずーっと落語をやってはったんや」と感心した口ぶりで話していた。

奇術のキタノ大地さん、初めて見る手さばきに感心した。会場から万雷の拍手がわく。
マジックと言わずに奇術というのがいい。またバックの音楽がそれらしくシャレードなどが流れてきて雰囲気が盛り上がった。
私は目の前で鳩が出てきたときには、「あーっ、本物の鳩や!」と思わず声が出た。テレビや映画でマジックを見ることは多いが、自分の目の前で鳩が出たり消えたりするのを見たのは初めて。

ラストの海原はるか、かなた師匠の漫才は、テレビでネタだけのものをみたことはあるが、20分におよぶ本格的な芸を見たのは初めて。
さすが師匠の芸だ。話のはこびやボケとツッコミの見事さなど、「ああ、これが本物の漫才だ」と感心することしきり。
会場の大きな拍手がそれを証明していた。

リバティー・アートフェスティバル

リバティおおさかで、大阪市内の小中学校を中心とした子どもたちの演奏・演劇の発表会があった。私が見た演奏プログラムは以下の通り。

・平野北中学校軽部       「Believe」・「HEIWAの鐘」
・住吉川小学校芸能クラブ
   和太鼓演奏
・天王寺中学校夜間学級
   ウリマダン
・中浜小学校民族クラブ
   プンムル
・カッチコルム
   サムルノリ
・長橋小学校和太鼓クラブ
   和太鼓演奏
・中野中学校軽音楽部
   ハピネス・愛をこめて花束を

予定があったので途中で退席したが、このあとに演劇や教職員の演奏がプログラムにはあった。
久しぶりに子どもたちの(夜間中学校の生徒さんもいたが)元気な姿を見た。
小学校の低学年から和太鼓や民族楽器を使って演奏しているのは、見ていても清々しかった。学校でのいろんな課題や困難を聞く事があるが、そのなかで真面目に熱心に取り組みを進めている子どもや教職員がここにいる。
そしてその取り組みを交流し、演奏会をもつ機会がある。
そこで汗を流す人達がいるのを見て、まだまだすてたものじゃないとホッとした気持ちになった。

第45回淀工グリーンコンサート

1年ぶりのグリーンコンサート。
フェスティバルホールは大入り満員だった。
淀工吹奏楽部の演奏会には1年に1回ぐらいは来るようになってもう数年になる。来るたびにその人気の凄さに驚くが、今回もそう。でも見に来る人達の年齢層が高齢化しているような気もする。子どもがブラスバンド部だから、という時代から、孫がブラスバンドをやっているから来た、という人達が増えているからだろう。

指揮者の丸谷先生も、いつもお元気な姿を舞台で拝見するが、先生も歳を重ねてこられたなあと思うが、曲当てクイズで3階からの声を聞き分けるのはさすがだと思った。

曲目は恒例のものだったが、今回は第45回という記念の演奏会なので、淀工吹奏楽部のために作曲されたという、真島俊夫さん作曲の「コンサートマーチNumber1」からはじまった。
私がとりわけ印象深かった曲は、「大序曲1812年」。賛助出演として、岡山学芸館高等学校、三重県の皇學館高等学校のブラスバンド部が協力演奏をした。
総勢200人を超えると思う演奏は、フェスティバルホールを音楽の響きで満たした。この曲目は淀工の演奏会で何回か聴いたことがあるが、今年の演奏は圧巻だった。体温が上がってくるような感動を覚えた。

最後の「ザ・ヒットパレード」は、アルゴリズム体操やラジオ体操、そして稀勢の里の優勝を祝った三三七拍子など、笑いや手拍子のある、高校生ブラスバンドの若々しさのある演出だった。
最近感じるグリーンコンサートは、歌がうまくなったこととダンスが以前と比べてたいへん見栄えがするようになった。以前は「楽器は上手だが、このダンスは、この歌い方は?」と思うこともあったがこの数年はたいへん上手。これも中学校の体育でダンスが必修になったからか?と中学校教育の成果を見る思い(?)。

いつも感じるのは部員たちの姿勢の良いこと。演奏する姿、楽器を持っている姿、移動する時の姿勢の良さ。最初の「翼をください」の手話をする部員さんの立ち姿も良かった。それは淀工部員だけではない。協力演奏をした岡山学芸館高校、三重の皇學館高等学校の部員さんもそう。楽器を持ったらピタリとして動かない。演奏し終わった後もその姿が続く。

「山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。
 ・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。」

卒業する3年生が舞台最前列にならび、演奏される「乾杯」はいつもながら感動を呼ぶ。

演奏会の後、喫茶店でお茶を飲んでいたとき、初めて淀工のグリーンコンサートを聴きに来た人が、「本当に良かった。私は思わず涙が出てきました・・・」と話されていた。本物は感動を呼ぶ、あらためて私はそのことを実感した。
3D映画、4Kテレビなど、高密度・高画質の映像やハイレベルの再生音が宣伝されていて、身近ですばらしい芸術作品が鑑賞できると言われている。ついその気になっていたがとんでもない。本物はやっぱり本物。本物の力は凄い。
機会を見つけて本物に触れるということをしなければ、と思わされ三つの舞台だった。

 

 

天然酵母による「ご飯のパンと米粉パン」

新しいホームベーカリーて作る

これまで使ってきたコストコで買ったホームベーカリーを買い換えることにした。
釜の羽の出し入れが固くなり、塗料も剥げてきたので新しいものを買うことにした。
新年の電気屋さんをまわると、かなり安く商売しているので、パナソニックのSD-BH1001というホームベーカリーにした。
米粉パンを試してみかかったので、メニューに米粉パンや、グルテンカットの小麦粉に対応していて、しかも天然酵母でパンが作れるものがあり、そしてできるだけ安く帰るものという条件でさがしたのがこれ。

米粉パン、グルテンカットの小麦粉のパンというのは、家で作ると思うように膨らんでくれない。
左の写真のようなパンになってしまうことが多い。
米粉や小麦粉の温度調整や、発酵にかける時間やその時の温度、室温や気温など考えることがたくさんでてくる。本やレシピ集に紹介されているような出来上がりにならない、というのが私のこれまでだった。

そこでそういった温度管理を機械に任せたらどうなのだろう? という思いがあった。さて、このパナソニックのホームベーカリーの仕上がりはどうだろう。
昨年に作った、コストコで買ったホームペーカリーを使ったパンと比べると差はあるのだろうか? そういった楽しみもあった。

使った天然酵母がこれ。
これまで使ったことがないもので、成城石井で購入した。
一袋3グラムで、ドライイーストタイプ。ホシノ天然酵母のように予備発酵させる必要がない。イースト菌と同じように使えるという説明だったので、全くイースト菌と同じ扱いにした。
ただこの「天然酵母」の説明に、全粒粉などを使う場合は、倍の量を使ったほうが良いというような注意があったので、二袋の6グラムを使用することにした。

小麦粉入り米粉パンを焼く

ホームペーカリーの取扱説明書にあるレシピは、

福森シトギミックス20Aをお使いください、とある。これは左の「パン用ミックス20A」のことだろうと理解して使用。
米粉(シトギミックス20A)・・250g
バター・・・20g
スキムミルク・・・6g
塩・・・5g
水・・・190g
ドライイースト・・4.2g

とある。
レシピのドライイーストを上の写真の天然酵母にし、量は6gとした。

これまでの作り方と違うのは、先に小麦粉などを入れ、そして水を入れるところ。
コストコで買ったホームペーカリーでは、先に水を入れておいて後から小麦粉などを入れていたが、パナソニックのホームペーカリーの場合は逆だった。
メーカーや製品によって方法がちがってくるので、ここは要注意。
天然酵母は、イースト容器に入れ、機械にまかせて投入してもらう。

待つこと2時間30分。出来上がりが上の写真。
なかなか見事な出来栄えではないか。

ごはんパンを焼く

残ったごはんを利用してパンを作ってみよう。
取扱説明書の「ごはんパン」のレシビは、

強力粉・・・210g
冷めたごはん・・・200g
バター・・・10g
砂糖・・・17g
スキムミルク・・・6g
塩・・・5g
水・・・130g
ドライイースト・・・2.1g

 

ここでスキムミルクがなかったので、牛乳を代用した。
説明書によると、スキムミルク6gは牛乳70gで代用することができるとあった。そのかわりその分だけ水の量を減らす。
今回は、130−70=60 なので水の量を60gとし、牛乳と合わせて130gになるようにした。また、ドライイーストは天然酵母2袋の6gを使ってみた。
ごはんは上の写真のように、先に水と牛乳を合わせたもので混ぜておいた。

写真のようにすべての材料をパンケースに入れる。
酵母菌はイースト容器に入れてホームベーカリーにまかせる。
所要時間は約4時間。
そのあいだに、「ねり・ねかし」を二回繰り返し、発酵に多くの時間をかけているようだ。前回の米粉パンの数倍の時間をかけている。

できあがり。
おーっ、普通の小麦粉のパンとほとんど見た目は変わらない。

小麦粉入りの米粉パンとごはんパン、これまでになく立派に発酵した。
天然酵母をどれくらい使うかわからないので、今回の結果がベストなのかどうか全くわからない。
これをレシピ通りにイースト菌ですればどうなるのか?
また使った天然酵母の量をイースト菌と同じ量にすれば今回のように大きく発酵するのか?
ますます確かめることが多くなってくる。時間はかかるが、これは楽しい時間だ。

小麦粉入り米粉パン、ごはんパン、どちらも柔らかくてしっとりした仕上がりだった。
味はごはんパンのほうが甘みを強く感じた。
ごはんパンの賞味期限は短い、と説明書に書いてあったのでスライスして冷凍保存とした。
いろいろと楽しめそうなホームベーカリーだ。