水準点めぐり7

徳島市内の一等水準点

IMG_6178

ここは眉山のロープウェイ入り口、阿波おどり会館のそばにある新町小学校。
校舎を道路沿いに南に歩くとなんと、一等水準点が。
IMG_6176IMG_6171

ここも立派な掲示板が。写真は反射して少し読みにくいがこう書いてある。
「一等水準点 5072−1 ここに設置されている金属標は「水準点」と言い地震予知や地図作りを始め、いろいろな測量を行うとき、高さの基準になるものです。水準点は、全国でおよそ2万6千点あり、これらを基に各地の高さが測られます。
標高 1.978メートル
北緯 34度03分52秒
東経 134度32分56秒
設置 昭和48年
徳島市 建設省国土地理院 」
IMG_6175IMG_6174

こんなきれいな一等水準点のふたを初めてみた。開けることはできないが、大切にしている思いが伝わってくる。眉山の一等三角点といい、この一等水準点。いいものを見せてもらったという感じ。
IMG_6169IMG_6139

一等水準点の並びにあったのが「モラエス像」。へーっ、徳島の人にとってはモラエスという人は大切な人なんだ。私は全くと言っていいほど知らなかった。上の写真右がモラエス記念館で撮した若き日のモラエスさん。
この新町小学校に通う子どもたちは、眉山で一等三角点を学び、学校の敷地にある一等水準点でも本物にふれることができる。さらに徳島とポルトガルの友好の歴史をモラエス像で学ぶことができる。すばらしいなあ。

徳島一等水準点
さて、新町小学校ではふたの美しい一等水準点を見ることができた。その中にある水準点の金属標はどんなものなのだろう。それを解決してくれるものが城山の一等三角点を見たあとで立ち寄った市立体育館の駐車場入口にあった。

IMG_6406IMG_6410
IMG_6409

一等水準点である。
丸い金属板の表には、
「この標識を損傷すると法律により罰せられます
一等水準点 基本
No5071
建設省国土地理院」
と彫られている。
新町小学校にある一等水準点もこれと同じようなものであると想像できる。
一等水準点もいろいろとあるようだ。地面の中の金属のケースに入れられ、鍵付きのふたがついているものもあるし、安全石に守られるように地表に金属標を出しているものもある。大阪城でもそうだったが、お城のそばには多くの基準点があるようだ。
この他に、図面上ではあるはずの水準点を発見できなかったところもある。限られた日ですべてを見つけるのは無理だが、今回はよく保存されている水準点や三角点を見つけることができ楽しかった。

 

 

 

三角点を探る旅 その 14

徳島市内の三角点

眉山1

ここは徳島県徳島市。写真は徳島の観光ナビに紹介されている眉山(びざん)。眉のような美しい姿は市内のどこからも見える。
ここに徳島の一等三角点がある。
IMG_6143IMG_6144
IMG_6145

ロープウェイに乗って山頂につき、まずモラエス館(日本ポルトガル領事館の総領事、日本を紹介し小説も残している。)を見学する。
外にでると目の前にパゴダ平和記念塔がある。これは「県ビルマ会が第二次世界大戦で戦没した多くの戦友たちの霊を慰めるために建てたもの」と紹介されていた。
この直ぐそばに一等三角点がある。
あまりのみごとな一等三角点にびっくりした。表示も立派、三角点そのものもきれい。
標高277mの眉山山頂。
徳島の一等三角点はすばらしい。

IMG_6147
三角点の後ろに回る。午後の写真なので影から判断できるが、こちら側が南。原則として標石の南側に「三角点」の文字がある。少し見えにくいが横書きで右から左へ「一等」の文字、たて書きで「三角」まで読み取れる。周りの三面をみたが、私が見た限りでは文字はわからなかった。

IMG_6157
眉山の山頂から見た徳島市内。川は吉野川。左側の山なみは香川県の方角。右側な島影は淡路島ではないか?
真ん中に見える森は徳島城があった城山。
ここにもう一つ、私が訪ねた三角点がある。

IMG_6383

徳島中央公園にある城山。案内掲示板にはきっちりと三角点のマークが記されている。三角のなかに黒丸印。小学校で習ったはずなのになぜか忘れ去られる三角点の印。
ここには徳島藩蜂須賀氏25万石の居城があった。
現在は石垣、堀、庭園が残っている。また徳島市指定天然記念物に城山原生林が指定されている。都会の中心に原生林があるという貴重な森である。

IMG_6390IMG_6392

その山頂にあるのが、四等三角点。
広場の少しはしの方に立派な四等三角点を発見した。標柱の周りには、保護石もきちんとある。さすが城山にある三角点。
IMG_6398IMG_6400

南側には「四等三角点」の文字。標柱が土に埋まっていたので、手で少し掘ってみた。北側には「地理」と見える。「地理調査所」か「地理調」で終わっているのかはもう少し掘らないとわからない。

IMG_6395IMG_6396

あとの面には「基」が読める。これは「基本」と書いてあるのだろう。もう一つには「003」の文字が彫られている。四等三角点には点のコードナンバーが彫られているということだから、これがそうだろう。

私は大阪では四等三角点を見たことがなかった。徳島で初めてみたことになるが、見事な四等三角点を見ることができてうれしかった。
眉山の一等三角点といい、城山の四等三角点といい、大切にされていることがよくわかった。

 

 

 

藍染体験

藍染め1

これはNHKの「八重の桜」のオープニング。

なんとバックは藍染めの作品。この作品を提供した徳島の「本藍染矢野工場」で藍染体験をさせてもらった。

IMG_6461徳島駅からJR高徳線に乗ったが降りる駅を間違えたのでタクシーで矢野工場へ。徳島は藍染めが盛んなのであちこちに藍染め体験ができるところがある。私はインターネットで「本藍染矢野工場」を知った。「八重の桜」のオープニングに使われた作品が作られたところには、是非行ってみたかったし、そこで藍染体験をしたいと思った。

IMG_6439

表からは藍染めの工場とは思えないような普通のお家。

でも中には写真のように土間には「すくも」がはいったカメが埋め込まれている。

名刺をいただく。「二代目 矢野藍游(やのらんゆう)」と書かれている。裏には「天然灰汁発酵建て本藍染技術保持者」とあった。でも見るからに若い人。こういう若い人達によって日本の大切な文化が伝承されているのが徳島の伝統なのかも知れない。

私達は2時間の体験だが、本格的に藍染めをしている藍染め教室もあり、そこではいくつもの絞りをつくり糸を丁寧にまいている人や布に糸を通している人もいた。私には全く想像のつかない作業のようだ。藍染め教室や私達の指導をされたのは二代目のお母さんのようだ。

IMG_6435IMG_6436

私はハンカチ(45cm×45cm)、妻は長めのストール(150cm×45cm)に挑戦することにした。まず、白く残すところを結ぶ。私は単純に一回だけ結んだ。妻は6回結んだ。この結ぶ場所や結ぶ固さにその人の個性が出る。

IMG_6446藍の色素はインジゴという青い色素なのだが水溶性ではない。これを微生物の力で発酵させてインジゴを還元して水に溶けるようにするのが日本の藍染めの方法だそうだ。この水溶液に糸や布を浸しインジゴを吸収させ、空気中に出すことによって酸素に触れさせて、インジゴを元の不溶性の色素に戻す作業が藍染めという(私の理解では)。

写真のようにカメの中で布を広げ、空気に触れないように浸けたまま、結び目にしっかりと液が浸透するようにする。この作業を3分。次に液のごく表面で布をしっかりとしぼり、タライなどのうえでひろげて酸素にふれさせる。これが2分。この作業を10回以上繰り返し、約1時間。妻は最後の2,3回前に二つの結び目をほどき、染める作業をした。ここの部分は少し淡い藍色になるというわけ。

IMG_6448IMG_6454

左の写真は空気にふれさせているところ。右の写真は水洗いをしているところ。水の中で結び目をほどき、きれいな水でしっかりと洗う。あとはアイロンがけをしてもらって体験終了。

IMG_6459IMG_6458

私達が体験中にも、二代目の矢野さんはカメの中の溶液をかき混ぜて、ひしゃくで灰汁のようなものをいれるなどの作業をされていた。一年間365日休むことなくこの作業をします、とおっしゃっていた。藍は生き物なんですね。カメの中に手を入れて作業をしたがじんわりとした暖かさがあった。温度調節も必要なのだろう。発酵している何億、何兆という微生物の状態を把握する職人の技が徳島の藍染めを支えているのだろうと思う。

IMG_4743IMG_4736

これが完成品のハンカチとストール。思った以上に色がしっかりと染まっている。
徳島駅でおみやげ品のお店をまわったが、こんなにしっかりと色が付いているのにはお目にかからなかった。
やっぱり本物にふれなくては藍染めの素晴らしさがわからないだろうと思った。
IMG_6440この本藍染矢野工場にはいろんな人が体験にきているようだ。
山本太郎さん、西川きよしさんのサインが目に入った。野球選手の新庄さんのものもあった。
アトピーの子どものお礼の作文もあった。藍染めのシャツはアトピーの子どもたちを優しく保護してくれるようだ。
二代目矢野さんの結婚式には、式服のモーニングとウェディングドレスを藍染めで作成されたそうだ。そのステキな写真もあった。
合成インジゴが発明され藍の生産が激減し、第二次世界大戦中には生産が禁止された藍染めの文化を現在に伝えたのは徳島の生産家であったという。その意気込みの一端ががこの体験を通じて伝わってきたような気がした。
IMG_4734IMG_4726めずらしい藍の製品が売っていたので買うことにした。
孫娘には藍のスカート、アトピーでちょっと悩んでいる孫娘のお父さん(私達の息子)には藍染めのバスタオル。
大阪では見ることのなかった品物だから、お買い得かもしれない。
帰りの電車が気になるので相談すると、すぐにタクシーをよんでもらえた。ちょうどホームに来ていた電車に乗って徳島駅に行くことができた。
藍染めの本物にふれることができたし、人のぬくもりにもふれることができたラッキーな日であった。