最近読んで心に残った本

ずっと読みたい0才から100才の広告コピー

図書館で左の本を発見し、借りて読んでみると、手元においておきたい本だったので、買うことにした。

この本に収められているのは広告で使われたコピー。

コピーというのは複写や真似をするという意味のコピーではない。
キャッチコピー、キャッチフレーズで使われるコピーのことだ。
この本の題名になっている「広告コピー」がその内容をよく伝えているとおもう。

生まれてから(0才)から死ぬまで(ここでは100才)の大切なことが、広告コピーで表されているという視点で作られた本。

6歳のページ。
小学校に行くとき。学校に行きたい子どもたちの気持ちをはげましてくれるのは、学校の先生であってほしい。そして先生や大人から「すごい!」と褒めてもらうことで、子どもの意欲や自身が育っていく。
そんな世界であってほしい。子どもの虐待や学校でのいじめの報道を見るたびに、そんな気持ちが大きくなっていく。

最後だとわかっていたら

*8歳のページには、2011年3月11日におきた東日本大震災のコピーが載せられている。それは私の胸をうつ。

**************************************

最後だとわかっていたなら

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしはもっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように 祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは貴方を抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あたなが喜びにみちた声を上げるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしはその一部始終をビデオにとって
毎日繰り返して見ただろう

あなたは言わなくても分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛している」と
わたしは伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でも もしそれが私の勘違いで
今日ですべてが終わるのだとしたら
わたしは今日 どんなにあなたを愛しているか伝えたい

そしてわたしたちは忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日はだれにも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日がくるのを待っているなら 今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスするための
ほんのちょっとの時間をどうして惜しんだのかと
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や 「許してね」や
「ありがとう」や 「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

明日が来るのは 当たり前ではない
3月11日を、すべての人が大切な人を想う日に

   「岩手日報社」2017年 コピーライター
                                河西智彦

**************************************

今年2019年も、自然災害や事件で多くの人が亡くなったり、家族や親戚を失ったり、被害にあった人が多い年だった。

その時々、年月にあった時代背景を映し出しているのが「広告コピー」。その力は私の思っていた以上に大きい。

私が中学の時だったと思う。将来どんな仕事をしたいか?ということを考える課題があった。その中で「コピーライター」という子がいた。
「コピー」といえば、当時はゼロックスのコピー機しかしらなかった私には全く想像できない仕事だった。
今思えば最新の仕事だったんだ。
コピーライターは人々の思いや歴史を文字にして残す力がある。その文字を読むことによってその時の時代や時間にもどる事ができる。

私はあらためて「文字の力」について考えた。
そんなことをかんがえさせる本だった。

自分の現在の歳のページを見たり、青年時代や成年になってからのページをみたりすることで、励まされることも多い。
だれかにこの言葉を贈ってあげたい、とおもうページもあった。

この本は100歳のページで終わっている。
100歳の広告コピーには、どんなことが書かれているのだろう。

それは本と手にとって自分で確かめてほしい。

久々に「本を読むのは楽しい」と思える本だった。

 

 

 

Celtic Concert ケルト音楽

アイルランドへの旅行が終わったあと、大阪でケルト音楽のコンサートがあった。

島之内教会でおこなわれるので、場所も楽しみだったし、アイリッシュハープやリコーダーの演奏があるので申し込んだ。

アイリッシュハープは、アイルランドの図書館での展示を見ただけだったので、実際の演奏にふれたかった。
アイリッシュダンスの食事会のときは、アイリッシュハープがなかった。あのときは下の写真のようにバンジョー、バイオリンとギターの演奏だった。

ここが島之内教会。クリスマスコンサートのポスターがはってあった。

キリスト教の教会の中でのアイリッシュミュージックというのは不思議な雰囲気だった。しかもたしかここはプロテスタントの教会だったはずだが。
上の写真はリコーダーの演奏、そして左の写真はアイリッシュホイッスルの演奏。
このような楽器を使った演奏をアイルランドで聞きたかったなあ。

やっぱりありました。アイリッシュパープの演奏が。
思っていたよりもがっしりとしたものだった。
左がアイルランドのトリニティ・カレッジの図書館で見た、アイルランドの古いアイリッシュハープ。
あらためて写真を見直すと、確かに伝統的な楽器だと思う。このようなハープを持って吟遊詩人は旅をし、演奏していたそうだが、写真のように大きくて重そうだが、どうして運んでいたのだろうか。でもこのコンサートのときは女性の演奏者が自分で持って入場してきたので、持ち運びはしやすいのかもしれない。

休憩前の最後の曲、She Moved through the Fair あの子は市場をかけめぐり
の紹介に「あなたがどんなに貧乏でも、両親は反対しないわ、もうすぐ結婚できるわね!」あの子は嬉しそうに市場ではしゃいで・・・それが彼女を見た最後の姿」
とある。とても気になる内容。あとで調べてみると、身分違いの若い男女の恋が描かれているが、それはアイルランドのカトリックとプロテスタントの対立であったり、民族の抗争であったり、アイルランドの複雑な歴史の中で生まれてきた歌のように思える。

日本に帰ってきても、アイルランド、ケルトの影響はまだまだ私の中に生きているように思える。TSUTAYAでケルティック・ウーマンのCDを借りてきて聞いている。

 

 

 

愛蘭土紀行 28

日本に向けて出発・アイリッシュウイスキー

8時20分にロビー集合・出発。

11時20分、エールフランス航空でパリに向かってダブリンを出発。
2時間25分の旅。パリには14時45分に到着。

パリで日本行きの便を待つ。出発は17時40分の予定。

出発までの時間利用して、免税店で自分へのお土産物を買うことにした。

私は「愛蘭土紀行1」(司馬遼太郎)にある「ウイスキーのEを飲む」という章があるのを思い出した。そうだ、アイリッシュウイスキーを買おう。

この「ウイスキーのEを飲む」という章はとてもおもしろくて、そもそもウイスキーの発祥はアイルランド説が有力というのが記憶に残っていた。

「・・・わたしが見たかぎり、岩波の『英和大辞典』のその項が素人に親切なように思われた。

 whisky の綴りの方が一般的であるが、商品名としてイギリスではスコットランド産が whisky  アイルランド産が whiskey  アメリカでは輸入品が whisky  国産品が whiskey  と綴り分けられることがある。

この綴りに関するかぎり、アイルランド文化は英国英語に影響せず、むしろアメリカ英語のほうに、たった一語ながら ー 人を酔わせるほどの強烈さで ー 影響を与えたといえる。
 Eのあるウィスキーは、味というか、舌ひびきが濃いようにおもわれたが、同行者はみなこの味のとりこになった。(P264〜265)」

 家に帰って、以前買ったホワイトホースと見比べてみると、写真のように

 WHITE HORSE   BLENDED  SCOCH WHISKY    と書いてあった。

 空港で買ったアイリッシュウイスキーは、

 BLACK BUSH IRISH  WHISKEY とEのあるウイスキーだった。

飲んでみると、確かにとりこになりそうな味だった。これからウイスキーを買うときは、Eのあるウイスキーにしようと思った。

12時間余りの飛行時間。機内食が2回出た。羽田についたのが翌日のお昼。12時45分ごろ。

旅の間、お世話になったケイライン・トラベルの旗。

誰が作ったのかを聞くのを忘れていたが、手作りの刺繍のきれいな旗だ。

ナルニア国物語をベースにして、アイルランドの文化と歴史を学ぶ旅だった。
日本との関係の深い、「ガリバー旅行記」を書いたスイフト ー 本屋さんでの体験が、アイルランドの人情に触れた時だった ー や、ラフカディオ・ハーンの育った家を見ることができたし、オスカー・ワイルドのカラーの像にタッチしたのも楽しかった。アイリッシュウイスキーの美味しさを知ることもできて、大変有益だった。

写真はアイルランドのポスト。 左は北アイルランド、つまりイギリス領の郵便ポスト。 右はアイルランド共和国の郵便ポスト。 独立とともにイギリスの赤はすべて(たとえば2階建てバスも)緑に塗り替えられたという歴史があるそうだ。

イギリスのEU分離問題がアイルランド島にどのような影響を及ぼすのだろう。
旅は終わったが、アイルランドへの関心はまだまだ続きそうだ。