堺の和菓子 けし餅(本家小嶋)

IMG_20150911_0003 - バージョン 3

IMG_20150913_0004

地図を見ていると、小島屋と本家小嶋がある。どちらも「けし餅」とかいてある。
「かん袋」で手に入れたパンフ「竹内街道と横大路」(発行、奈良県・歴史街道コンシェルジェ)にも「本家小島」が紹介されていた。
「天文元年(1532年)創業以来伝統の味を守り続けている老舗です。きめ細やかな餅と丹念に練り上げられた餡、上質のけしの実で作られたけし餅は、とても香ばしく人気の一品です」と書いてある。

小島屋泰芳で聞いていると、別の店ということだ。近くなので行ってみることにした。

IMG_20150913_0005

 

IMG_7729

「さかい利晶の杜」のごく近くにある。のれんがでていなくて、どうも閉店のようだ。 ここも「売り切れ次第閉店」というお店。 お昼を過ぎていたので、どうも「売り切れ閉店」なのかもしれない。 日を改めて来ることにした。

IMG_7748

IMG_7751

午前九時から開店とパンフレットに書いてあった。
売り切れないようにと、車を「さかい利晶の杜」にある駐車場に止めて徒歩でお店に行く。
今回は大丈夫だった。 のれんも出ている。
では、ごめんください、と戸を開ける。

IMG_7752

こじんまりとした店内。けし餅などが展示されている陳列ケースがあり、のれんの奥にけし餅を作っている作業場があるのだろう。
ここでは、芥子餅と肉桂餅の両方が買える。なんとラッキーな。
けし餅一個126円也。

IMG_7771 IMG_7773 IMG_7776

お店の方に聞くと月曜日が定休。
前に来た時にのれんが出ていなかったけれど?と聞くと、
用事でその時間は店を占めていたのかもしれませんね。という返事。
「さかい利晶の杜」のそばにある、千利休の屋敷跡を見学していたとき、ボランティアの説明の人が、 「(本家小嶋では)商売を熱心にする家の人がいなかったからね」というようなことを言っていた。 本家小嶋のけし餅は堺でしか手に入らないのは、そういうことからかも知れない。

IMG_7781

包み紙がいい。
千利休もこのけし餅や肉桂餅を食べたのだろうか。
堺には歴史のある和菓子があるなあ。
コーヒーとこのお餅、思った以上によく合う。これが伝統の味なのかもしれない。

 

 

堺の和菓子 けし餅(本家小嶋)” への2件のコメント

  1. 本家小嶋さんは甘さが控えめで上品である。小島屋は大量生産し、デパートでも売られており、甘過ぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です