ディズニーシーにある、フーコーの振り子

フォーレスト・エクスプロレーションには、おもしろいものがたくさんある。

「カメラ・オブスクラ」のある建物からすぐ隣の建物にあったのは、「フーコーの振り子」ではないか。
結構な高さの振り子だ。

そばにある説明板には、

「偉大なるイタリアの天文学者、数学者、そして物理学者であるガリレオ・ガリレイは、振り子の振動の周期は振幅の大きさにかかわらず、一定であるという性質を発見した。またガリレオは近い将来、時間の計測において、振り子の性質が大いに役立つことになるだろうと述べている。
・・・(略)・・・・」とあり、「フーコーの振り子」という言葉は書かれていない。

私が本物のフーコーの振り子を見たのは、大学生の時だった。東京学芸大学に行ったとき、ホールの天井からぶら下がっているのを見て、「これがフーコーの振り子か」と感心したことを覚えている。

東京浅草にある「国立科学博物館」に行ったときも、「フーコーの振り子」を発見し、「科学館というところには、やっぱりフーコーの振り子はないとねえ」と思ったこともある。
姫路科学館にも「フーコーの振り子」があった。ここはディズニーシーの振り子と同じように、振り子の周りにピンが並べられていて、振り子の重りがピンをたおしていた。

「フーコーの振り子」は地球が自転していることを物理的に証明する素晴らしいものなのだが、そのことがここディズニーシーの「フーコーの振り子」の説明になかったのが残念だった。
フーコーがこの実験を行ったのは、1851年のことだと伝えられている。(フーコーの振り子がなぜ地球の自転を証明するのかの説明はここでは省く。インターネットで検索するといろんな説明が載っているのでそれを参照されたい。)

プラネタリウムもある。水星、金星、地球、火星、木製、土星の惑星を動かすこともできる。天井には銀河の星々が輝いており、ゆったりとした時間が流れている。

 

これはレオナルド・ダ・ビンチが考えた羽ばたき式の飛行機ではないか。
ここだけでも丸々一日かけて見学したいところだ。
フォーレスト・エクスプロレーションは、本当に面白いところだ。

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の6月 その10

沖縄の現在・未来

IMG_20160904_0003

この本は、平和祈念資料館の売店で買ったもの。

沖縄の全体的な歴史を知りたかった。以前に沖縄に来たときに、高校生用の教科書のような本を買ったが、空港のトイレに置き忘れたようで残念の思いをした。

今回は写真が多くて、手軽に読めそうなものを探したところ、平和祈念資料館でこのような本を見つけたので、早速購入した。こういう本は現地でしか手にはいらないことが多いので、さっさと買っておいて損をしたことはない。

この本の裏表紙に、貨幣の写真があった。

img_20160904_0004

鳩目銭の写真だ。
「薩摩を通じて輸入した直径1センチ足らずの鳩の目に似た1文銭で、50文で銅銭1銭。広く流通、文字がスリ切れて読めないので無門銭ともビタ銭とも呼ばれた。宋銭明銭とともに、ひもで一連にし、結び目を紙で封印、朱印を押して、検算せず通用した封印銭の中でも一番の粗悪品だった。」
と書かれている。沖縄に粗悪品を押し付けていたのか?

img_2183

那覇市にプラネタリウムがあるというので、たずねた。
「モノレール」の「牧志駅」前に写真のような「ほしぞら公民館・図書館」という建物があった。ここにプラネタリウム、図書館がある。

img_2185

このプラネタリウムは先代のもの。ドームのそば、入口付近に展示してある。 

img_2193 現在のものはドームの中にあり、投影は午後1時からだったので、見ることはできなかった。午前中の投影があれば、プラネタリウムを楽しめたのだったが、残念。

img_2195

ドーム入り口の案内に、「三線と唄の夕べ」とあるのが沖縄らしい。星空の下に三線の音色。沖縄民謡。おもしろいなあ。

img_2201

img_2204

図書館前のロビーには「ハブに注意」のパネル。これも沖縄らしい。
駅前にプラネタリウムと図書館、沖縄の今の姿だ。

img_2233img_2229

これはモノレールの駅「那覇空港駅」にあったモニュメント。

日本最西端の駅モニュメント
このモニュメントの形は、過去・現在・未来を表している。
ブロンズの大根は、かつてこの地が鏡水大根(カガンジデークニ)で有名な大根畑であったことを記録し、モノレールの車体は現在を、そして全体を形作る飛行機の翼は、沖縄の玄関である空港の象徴と共に、明るい未来に向けて羽ばたこうという希望を表現している。・・・・・・。

と説明書きがあった。

img_2253

那覇空港から一路大阪へ。 空の上で日が沈んでいく時間になる。

沖縄の現在と現実を考える旅であった。
大阪の場で何を考え、何を考えていくのか。
私たちへの宿題となった。

 

 

 

 

明石のプラネタリウム

IMG_8226

これは明石天文科学館のプラネタリウム。
天文科学館の入館料にプラネタリウム投影の料金も含まれているので、ラッキー。
プラネタリウム大好きの私にとってはほんとにありがたい。
ここで手に入れたのが「全国レアリウム33箇所巡りガイドブック」

IMG_20151010_0001

全国にはプラネタリウムは135基あるそうだ。
一つの国にこれほどたくさんのプラネタリウムがある国は珍しいそうだ。
そのなかでもとりわけレアなものを33基えらんだのが「レアリウム」。
日本最北端、本土最西端、日本最南端のプラネタリウムとか、日本で一台しかないプラネタリウム、ギネス認定世界一地上から一番高いところにあるプラネタリウム、寝そべって見られるプラネタリウム、神社の境内にあるプラネタリウム、あるいは日本で唯一島にあるプラネタリウムなど33箇所集められている。
33箇所巡りと言うアイデアが面白い。

IMG_20151010_0003

明石市立天文科学館のプラネタリウムの紹介もされている。
☆現役では日本最古のプラネタリウム。
・引退したプラネタリウムを含めても、稼働期間が日本一。
・現役の大型光学式プラネタリウムとしては、世界第五位の稼働期間。
・国内で稼働している唯一の旧東ドイツ製プラネタリウム。
・日本標準子午線の真上に建つ明石市立天文科学館の中にあるフラネタリウム。
・1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神淡路大震災で、館は大破し震災復旧工事のため3年2ヶ月休館したが、奇跡的にプラネタリウムだけ無事だった。

記念スタンプもおしたが、この33箇所をすべて回るのはまず私には不可能。
このリストの中で行ったところは、伊丹市立こども文化科学館のプラネタリウム。ここはメガスター常設館では日本最西端として登録されている。そして大阪市立科学館のプラネタリウム。

IMG_20151010_0002

☆1937年にオープンした大阪市立電気科学館に設置された日本最古のプラネタリウム。国内で唯一現存する旧ドイツ製プラネタリウムで「Made in GERMANY」の銘があるそうだ。
私も小学校の見学で訪れて、それ以来プラネタリウム大好きになったきっかけがこの電気科学館のプラネタリウム。
現在は新しいプラネタリウムのそばに静態展示されている。何年か前に最後の投影の企画があったので行った。もちろん静態展示の場での投影だったので像はゆがんで見えるが、間近に投影された星の像が見ることができ、電球のフィラメントの像がわかったことに感銘したことを覚えている。

「33箇所巡りガイドブック」の裏表紙には、その33箇所のマップが載せられている。

IMG_20151010_0004

 

全部は無理でも、訪ねてみたいものだ。

それにしてもカールツアイス社製のプラネタリウムの形は、不思議な魅力を持っている。ドームの中央に置かれたこのプラネタリウムをみるだけで、非日常の世界に引ここまれる小学生たちは大勢いるに、大勢いたにちがいない。
プラネタリウムは高価な機械。だから市などの行政が運営することに意味がある。子どもたちの、そして私のような大人もふくめて、未来を夢見る目や心を育てる大切な機械。効率を追求するだけでは得ることの出来ない未来がここにはある。