さよならインフィニウム L-OSAKA

科学館 プラネタリウムのリニューアルへ

私のお気に入りの一つ、科学館のプラネタリウムが来年春に新型にリニューアルする。 現在の投影機、その最後の投影会があった。
投影機の名前は「インフィニウムL−OSAKA」。「インフィニウム・エル・オーサカ」と読む。インフィニティ・プラネタリウム、無限大のプラネタリウムということらしい。宇宙船から見た星空も再現できるらしいが、私はその投影をみたことがない。

科学館は休館になっていて、プラネタリウムだけが可動していた。11月30日が最後の投影会となった。 科学館入口の前の広場は、青いLEDでなんとなく幻想的。 今回の入り口は地下だった。
この投影会はネットで知って申し込んでいた。定員300名は早くから完売だった。

ドームの中央に据え付けられたインフィニティL−OSAKA、その姿を多くの人がカメラやスマートフォンにおさめている。
この投影機は2004年より稼働している。14年間の投影で、小学校の見学で見た人も多いと思う。
私も何回も見た。以前の投影機も、その前の投影機も見た。私は自分が小学校の時に、四ツ橋にあった電気科学館のプラネタリウムとの出会いの感動がずっと続いている。

大阪市のプラネタリウムは1937年にさかのぼるそうだ。
その時のプラネタリウムがカール・ツァイス社のもの。左の写真のように独特なデザイン、フォルムがとても印象的。私もこの姿にすっかり見されてしまった一人。
1989年の10月に現在の場所に移動し、大阪市立科学館として開館している。 このときのプラネタリウムはインフィニティアルファ。現在のインフィニティ・エル・オオサカが動き出したのは、2004年の7月。
最後の投影会、解説はとてつもなく思い入れの入ったものだった。
スタッフの人、学芸員の人の熱い想いがヒシヒシとつたわってくる。みんな、館内の人も含めて、プラネタリウムが大好きなんだなあと思った。
南半球の星座、南十字星も見ることができた。これは今回の投影で楽しみにしていたもの。プラネタリウムで全世界の星空が見える、時を越えて見ることができる、というフレーズはよく聞くが、私はこの夜のように実際に体験することはなかった。
この日のような投影は、これからもやってほしいなあと思った。

上の写真はインターネットにあった南十字星。プラネタリウムの解説で、となりにあるケンタウルス座のことがふれられた。そうか、太陽系に最も近いと言われているケンタウルス座は南十字星のそばにあったのか。知らなかったなあ、大マゼラン星雲、小マゼラン星雲の投影もあった。南半球に行く機会があったら、ぜひとも見たい星や星座だ。
パンフレットに「大人向け」という説明があった。
小学生も来ていたし、星座について詳しくない人もいると思うから、事前に何を投影していくのか、順序をおって説明してほしかった。これからどんな投影があるのかと先に知っていたほうが、もっと楽しめたと思う。

パンフレットに「・・・最後の瞬間には、この投影機導入から今まで一度もしていない、でも最後だからできる、アレをしてみようと計画しています。」とあった。「アレ」とは? それが写真の「非常停止ボタン』。
さあ、このボタンを押したらどんなことになるのだろう。期待と不安が、、、、
ボタンを押した途端に、、、、ああ! 何もおきない!!
私は全館の電気が消えるとか、館内が真っ暗になるとか、と思っていたが。
でもそうなったら大変だなあ、とあとから思った。
このボタンを押して止まったのは、インフィニウム・エル・オオサカの冷却音がとまったとあとからの説明があった。ずっと冷却していたことがわかったが、非常停止と冷却とどういう関係があるのか????? 新しいプラネタリウムが公開された時に聞いてみようか。

上の写真が2019年3月30日土曜日より、リニューアルオープンするプラネタリウム投影機。 名前はインフィニウムΣ−OSAKA シグマ・オオサカ。よりホンモノに近い投影を目指すそうだ。

外に出ると、師走も近いのに空気は冷たくない。 川面に映るビルの窓の明かりは、プラネタリウムみる星とはまた違ったまたたきをし、光がゆらいでいた。

 

 

ディズニーシーにある、フーコーの振り子

フォーレスト・エクスプロレーションには、おもしろいものがたくさんある。

「カメラ・オブスクラ」のある建物からすぐ隣の建物にあったのは、「フーコーの振り子」ではないか。
結構な高さの振り子だ。

そばにある説明板には、

「偉大なるイタリアの天文学者、数学者、そして物理学者であるガリレオ・ガリレイは、振り子の振動の周期は振幅の大きさにかかわらず、一定であるという性質を発見した。またガリレオは近い将来、時間の計測において、振り子の性質が大いに役立つことになるだろうと述べている。
・・・(略)・・・・」とあり、「フーコーの振り子」という言葉は書かれていない。

私が本物のフーコーの振り子を見たのは、大学生の時だった。東京学芸大学に行ったとき、ホールの天井からぶら下がっているのを見て、「これがフーコーの振り子か」と感心したことを覚えている。

東京浅草にある「国立科学博物館」に行ったときも、「フーコーの振り子」を発見し、「科学館というところには、やっぱりフーコーの振り子はないとねえ」と思ったこともある。
姫路科学館にも「フーコーの振り子」があった。ここはディズニーシーの振り子と同じように、振り子の周りにピンが並べられていて、振り子の重りがピンをたおしていた。

「フーコーの振り子」は地球が自転していることを物理的に証明する素晴らしいものなのだが、そのことがここディズニーシーの「フーコーの振り子」の説明になかったのが残念だった。
フーコーがこの実験を行ったのは、1851年のことだと伝えられている。(フーコーの振り子がなぜ地球の自転を証明するのかの説明はここでは省く。インターネットで検索するといろんな説明が載っているのでそれを参照されたい。)

プラネタリウムもある。水星、金星、地球、火星、木製、土星の惑星を動かすこともできる。天井には銀河の星々が輝いており、ゆったりとした時間が流れている。

 

これはレオナルド・ダ・ビンチが考えた羽ばたき式の飛行機ではないか。
ここだけでも丸々一日かけて見学したいところだ。
フォーレスト・エクスプロレーションは、本当に面白いところだ。

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の6月 その10

沖縄の現在・未来

IMG_20160904_0003

この本は、平和祈念資料館の売店で買ったもの。

沖縄の全体的な歴史を知りたかった。以前に沖縄に来たときに、高校生用の教科書のような本を買ったが、空港のトイレに置き忘れたようで残念の思いをした。

今回は写真が多くて、手軽に読めそうなものを探したところ、平和祈念資料館でこのような本を見つけたので、早速購入した。こういう本は現地でしか手にはいらないことが多いので、さっさと買っておいて損をしたことはない。

この本の裏表紙に、貨幣の写真があった。

img_20160904_0004

鳩目銭の写真だ。
「薩摩を通じて輸入した直径1センチ足らずの鳩の目に似た1文銭で、50文で銅銭1銭。広く流通、文字がスリ切れて読めないので無門銭ともビタ銭とも呼ばれた。宋銭明銭とともに、ひもで一連にし、結び目を紙で封印、朱印を押して、検算せず通用した封印銭の中でも一番の粗悪品だった。」
と書かれている。沖縄に粗悪品を押し付けていたのか?

img_2183

那覇市にプラネタリウムがあるというので、たずねた。
「モノレール」の「牧志駅」前に写真のような「ほしぞら公民館・図書館」という建物があった。ここにプラネタリウム、図書館がある。

img_2185

このプラネタリウムは先代のもの。ドームのそば、入口付近に展示してある。 

img_2193 現在のものはドームの中にあり、投影は午後1時からだったので、見ることはできなかった。午前中の投影があれば、プラネタリウムを楽しめたのだったが、残念。

img_2195

ドーム入り口の案内に、「三線と唄の夕べ」とあるのが沖縄らしい。星空の下に三線の音色。沖縄民謡。おもしろいなあ。

img_2201

img_2204

図書館前のロビーには「ハブに注意」のパネル。これも沖縄らしい。
駅前にプラネタリウムと図書館、沖縄の今の姿だ。

img_2233img_2229

これはモノレールの駅「那覇空港駅」にあったモニュメント。

日本最西端の駅モニュメント
このモニュメントの形は、過去・現在・未来を表している。
ブロンズの大根は、かつてこの地が鏡水大根(カガンジデークニ)で有名な大根畑であったことを記録し、モノレールの車体は現在を、そして全体を形作る飛行機の翼は、沖縄の玄関である空港の象徴と共に、明るい未来に向けて羽ばたこうという希望を表現している。・・・・・・。

と説明書きがあった。

img_2253

那覇空港から一路大阪へ。 空の上で日が沈んでいく時間になる。

沖縄の現在と現実を考える旅であった。
大阪の場で何を考え、何を考えていくのか。
私たちへの宿題となった。