はやぶさ2 リュウグウに着陸

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が午前7時29分、地球から3.4億キロ離れた小惑星「リュウグウ」への着陸に成功したと発表した。・・・(略)・・・・
JAXAによると、はやぶさ2は21日午後1時15分、高度20キロから降下を始めた。高度約500メートルに達した22日午前6時14分、着陸を最終判断した後、自動で降下。午前7時29分、リュウグウに着陸したという。・・・」
(朝日新聞夕刊より)
上の写真も朝日新聞夕刊より引用。
リュウグウの表面に「はやぶさ2」自身の影が写っているところを写真に取るなんて、とてもニクイ演出。初代「はやぶさ」もそうだったが、自分自身の写真を取ることができないから、自分の影で存在を知らせるというのが、とても感動的だった。

上の写真は、JAXAとNHKによる「ハヤブサ2タッチダウン運用中」と題して、ネットに同時公開されていたもの。

画面に出ている時間は、「はやぶさ2」自身の時間で、私が見ている時間はこの時間より約30分後の時間(信号が届くまでの時間と画像処理の時間という説明があった)、私は7時台の時間でパソコンの画面を見ている。
これより約1時間後に「はやぶさ2」はリュウグウに着陸した。
ハヤブサ2の時計では7時29分だが、地球に電波が届くまでの時間がかかる。
日本時間午前8時少し前に、テレビのテロップで「着陸した模様」とながれた。

新聞によると「はやぶさ2」と地球の距離は3.4億km
地球と太陽の距離が1.5億kmだからその倍以上はなれている。
つまり、「はやぶさ2」とリュウグウは、地球から見ると太陽をはさんで正反対方向にあるのだろう。

3.4億km / 30万km(1秒間に電波の進む距離)= 1167秒
1167 / 60  =  19.5分
約20分かかることがわかった。

なんと遠いところにいるんだ。20分のタイムラグが有る中での遠隔操縦の素晴らしさは「はやぶさ」とおなじ。
さらに「はやぶさ2」は高度500mからは自動操縦に任されている。
上の写真は自動制御されて落下しているところを画面にしている。

ターゲットマーカーを目標にしているが、その上に着地するのではない、

上の写真のTMと記されいるのがターゲットマーカーの位置。紫の円が着陸の場所。
そして左下にあるのが縮尺をあわした「はやぶさ2」の大きさ。紫の円の中に着陸させたのだからすごい。「はやぶさ2」はターゲットマーカーを横目で見ながら自分の位置を修正した、とJAXAのホームページに書いてあった。

スタッフの皆さんの喜びの笑顔。(JAXAのツイッターよりの引用)
本当にご苦労さまでした。でも「はやぶさ2」のミッションはまだまだ続く。
今日のようなタッチダウンをあと2〜3回の予定。
そしてクレーターを作って岩石を採取するミッションがある。
残されているローバーの投下も予定されている。
そして地球への帰還が始まるのが今年の11月から12月にかけて。
それから約1年の時間をかけて宇宙空間を飛び続け、
地球に戻ってくるのが2020年末。

まだまだ続く困難の道。
でも私も、多くの人も、「はやぶさ2」が元気な姿で戻ってくることを信じている。

 

 

 

はやぶさ2 リュウグウに到着

朝日新聞6月27日(水)の夕刊の一面。
トップに「はやぶさ2 リュウグウ着」の見出し。

6月27日午前9時35分、はやぶさ2がリュウグウ上空20キロの軌道で並走していることが確認されたそうだ。
これから約1年半の観測(その中には3回の着陸と試料採取がふくまれる)をし、2019年の11月から12月のあいだに地球に向けてリュウグウを出発。
約1年の飛行の後、2020年11月から12月に戻ってくるという。

上の写真は、2010年7月末に相模原のJAXAに行ったときに私が撮った「はやぶさ」の写真。もちろん原寸大の模型だが、これぐらいの大きさだった。
はやぶさ2はほぼ同じくらいの大きさ。

上の写真は2014年11月29日に大阪市の科学館に行ったときに撮ってもの。ちょうど「はやぶさ2」の企画展が行われていて、実物大の「はやぶさ2」の模型が設置されていた。

この写真は相模原のJAXAにある「はやぶさ2」の実物大モデル。
「はやぶさ2」がサンプル・リターンして地球に戻ってきたときには、この模型が大人気になるに違いない。

上の相模原の「はやぶさ2」の写真は、左の冊子から引用した。

表紙は2018年1月18日に内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた「イプシロンロケット3号」の発射の瞬間の写真。
イプシロンロケットも,日本産のロケットとして活躍が期待されている固体ロケット。

この冊子には「はやぶさ2」のミッションマネージャーの吉川真(よしかわ まこと)さんが文章を寄せている。
今後の「はやぶさ2」のミッションのスケジュールが書かれていたのでここに引用させていただく。

6月21日〜7月5日までに「小惑星到着 高度20Km」となっているが、ここまでのミッションが終了した。
新聞やテレビ報道でも言っていたが、ここからが本番。
2年後に地球に帰ってくるまでの活躍に目がはなせない。

「はやぶさ2」についての詳しい情報は下記のJAXAのホームページに有るので参照されたい。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/pdf/sat33_fs_20.pdf

 

 

 

新幹線で地球1/8周の旅 その1

昨年の新聞広告に、フルムーンパスを使って新幹線による日本縦断旅行の案内があったので、予約した。

上の見出しと、左の写真は阪急交通公社のホームページにあった旅の説明からとったもの。

新幹線に乗って、日本縦断というのが興味をひいた。
新幹線といえば、東京ー新大阪の「のぞみ」「ひかり」「こだま」を思い出すという、ちょっと昔のイメージなので、全国を走る新幹線を自分の目で見たいし、写真に収めることができたら、と旅に出た。

1日目は、大阪から一気に函館まで走る。

まず最初に新大阪から東京までの「ひかり460号」。「ひかり」の車体もすっかりスタイルを一新し、かつて東京オリンピックのときに走った「ひかり」は全く現代的な車体に変貌している。

東海道新幹線の楽しみの一つに、「富士山を見る」ということがあるが、残念、いいお天気なのに山頂に雲がかかり、全貌を拝むことはできなかった。

新大阪ー東京間は556.4km。
このデータは、ツアー参加者のなかのお一人が、みんなのためにと全行程の走行距離を一覧表にして配っていただいたものから借用している。
以下これからの走行距離のデータはその一覧表から引用している。

さて東京についた後は、東北新幹線「はやぶさ」に乗り換えることになる。

12時20分発の「はやぶさ」は「こまち」と連結して走ることになっている。初めて新幹線連結を見るので、これは写真に撮ろう。

緑の車体が「はやぶさ」、赤い車体が「こまち」。

二つの新幹線の連結は上のようになっている。普段は右の写真のようにスマート。

東京ー新函館北斗の距離は862.5km。東京発12時20分、新函館北斗着16時34分。4時間14分だから、単純に計算して平均時速203km。停車駅は、上野、大宮、仙台、盛岡、八戸、真青森、新函館北斗。

「はやぶさ」は時速320kmで走っている区間もあるそうだ。

盛岡駅で「こまち」を切り離し、新青森駅を通過して青函トンネルをくぐる。
在来線との共用区間は時速140kmに制限されているそうだ。
そんなこんなで、4時間と少しかかるというわけだ。

この旅の楽しみは、駅弁が2つ楽しめるということ。1日目は、「花あわせ弁当」と「炊き込みご飯弁当」。半分ずつ食べて、二つの味を楽しむという趣向。

下の写真は、青函トンネルに入る直前。

53kmの青函トンネルをおよそ25分かけて通過する。
北海道は雪の冬。雰囲気がガラリと変わる。

新函館北斗駅から在来線に乗り換えて、函館に向かう。

函館駅の構内には、「0キロポスト」函館本線起点、の印があり、「当駅は、函館本線 函館〜小樽〜札幌〜旭川 総延長458.4kmの起点です」と書かれていた。

構内の壁には、明治維新のことを思い出させるようなレリーフがあった。

在来線「はこだてライナー」に乗り換えて、今日の終着駅「函館」に向かう。

函館駅からタクシーに分乗し、今日の宿舎「湯の川温泉 湯元 啄木亭」に向かう。 途中、石川啄木の像があった。記念館もあるそうだが、今回の旅には見学する時間はなかった。

石川啄木は、故郷の岩手県渋民を「石をもて追わるるごと」に旅立ち、青森から青函連絡船で函館に入ったと言われている。
啄木が21歳の年、明治40年5月5日から9月13日の132日間を過ごした函館は、彼にとって特別な存在だったと言われている。

「東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたわむる」は、この地でつくられたという説があるそうだ。石川啄木一族の墓も北海道函館市にある。
石川啄木の名前に由来する「啄木亭」で夕食。

ホテルは大学生らしい団体から私たちのようなフルムーンの年頃の人、そしてあとから外国人をのせたバスが何台もやって来た。

大きなホテルなので混雑や混乱することはなかったが、北海道がアジアの旅行客の日本観光スポットになっていることを実感する1日目だった。

今日の列車が走破した距離は、新幹線1418.9Km,在来線17.9Kmで、合計1436.8Kmであった。