水準点をめぐり9

IMG_20131209_0001ここは地下鉄「阿波座」の近くにある「津波・高潮ステーション」。
私が行ったのは平日だったので中学生の社会見学と一緒になった。班ごとの見学らしく、5,6人の男女混合のグループで静かに、熱心に見学していた。
なぜ急にこの施設に行きたくなったのかといえば、最近町を歩いていると、気になる電信柱に出会うからだ。(写真はクリックすると拡大します)

IMG_5301IMG_5861

IMG_5926IMG_6181

この海抜を書いた電信柱は大阪だけのものじゃないようだ。最後の一枚は、徳島市内で見た電信柱。表現の仕方は「海抜』と「標高」があるが、とにかくこの電信柱のある地点の地面の高さが書いてある。

IMG_6069IMG_6080

上の写真は「津波・高潮ステーション」の2階建て実物大模型。第2室戸台風や伊勢湾台風の時にどこまで浸水したかを示している。テレビのある部屋は二階の部屋。台風の時の水は右の写真の銀色のボールの横にある家の青の線まで来たという。2階まで水に浸かったということだ。
大阪にはゼロメートル地帯が多い。そのための対策も行われている。このステーションもその一環だと思う。
私は係の人に、大阪で一番低いと言われている場所をたずねた。
此花区や西淀川区に多くて、「マップナビ大阪」で詳しいことはわかると教えてもらった。

IMG_4590IMG_4586

 ここは、西淀川区にある大阪市立大和田小学校の幼稚園側にある門のそば。大阪市の水準点がある。コンクリート製のふたには澪標のマークが。中の標石にも澪標がかかれている。この地点の標高は何メートルなのだろう。

インターネットでマップナビ大阪から防災情報マップを開き、見たい区を選択する。「淀川が氾濫した場合」「神崎川、安威川が氾濫した場合」などが選択できるが、どれでもいい。たとえば「淀川が氾濫した場合」を選択した地図がこれ。
ここでわかるようにここからでもいろんなケースを選択しなおすことができる。

津波大和田
わかるだろうか。大阪市の水準点のすぐ近くにある道路が-1.9mと表示されているのが。この付近、オレンジの部分は淀川が氾濫した場合5.5m〜6mの浸水が予想されている。完全に一階部分は水没するわけだ。
心配になって津波の場合を見ると、防波堤や堤防が完備しているので全く被害がないことがわかった。ただ川の堤防や防波堤が決壊した時、最悪の場合はこうなるということだ。

最近、学校や地域での防災訓練が行われているのは、こういう事情を踏まえた上のことだと思う。

自分の住んでいるところが、どうなのかは、このマップナビ大阪で確かめることができる。
大変ありがたい情報だと思った。
インターネットで調べていると、国土地理院にも同じような情報を発信していることがわかった。

標高がわかるWeb地図を試験公開
http://www.gsi.go.jp/johofukyu/hyoko_system.html
である。
そこからマップナビ大阪とおなじ、大阪市立大和田小学校の部分を探してみた。それがこれである。
大和田小学校の標高
誤差は30cmということらしい。右クリック一つでその場所の緯度・経度・標高がわかる。さすが国土地理院。
水準点というものが、自分たちの生活に関係する、身近に感じられた時だった。
そういえば、自分の家の防災準備が不十分だなあ。防災グッズを調べてみよう。

 

 

 

水準点をめぐり9” への2件のコメント

  1.  精力的に色々な分野でブログを更新されているのには感心しています。津波ステーションには昨年、高大同窓会の主催の見学会に行きました。その時は中央卸売場の見学とセットでした。どちらかと言うと卸売場の見学を期待して行きました。津波ステーションはついでぐらいと思っていました。第二室戸台風のビデオや津波が来た時の体感できるコーナー、いくつかの川が氾濫した時の浸水地図な津波が来たときを実感することができました。それほどでもないと思っていた(失礼でした)だけに防災意識の必要性をもつことができました。もちろん自分の居住している所の浸水地図も確認しました。

    • 風見鶏さんへ
      いつもありがとうございます。
      津波・高潮ステーションは、私も期待以上の感銘を受けました。
      大阪の小中学生には、是非目てほしい施設の一つです。

      風見鶏さんの写真にはいつも圧倒されています。
      来年はもう少し写真の勉強をしようと考えています。
      その時はアドバイスをよろしくおねがいします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です