北小学校 四等三角点

三角点を探る旅 41

黒姫山古墳の周りにある三角点を探して、やってきたのが美原北小学校。

広い運動場。 写真の右側に、新しい道路との高いフェンスが見える。

地図によると、フェンスのそばにあるはずだ。

地図を見ながら行ったり来たり。どうもこのフェン沿いの盛り土の上にありそう。
道路工事によって埋まっている可能性もある。登ってみることにする。

ありました。木のそばに半ば埋もれていた。
土をのけてみると、まわりがコンクリートのようなものの台座に囲まれているようで、三角点を保護しているかのような石もある。

角度を変えて写真を取る。

最初からこの場所にあったのか、コンクリートのようなもので囲んで、地面に埋もれないように持ち上げたのか、よくわからない。
地図の上ではこの場所で間違いがないようだ。
「北小学校 四等三角点 標高42.79m」とある。

三角点の周りの文字を見ようとしたが、土が硬すぎて掘ることができなかった。
運動場の端、フェンスの盛り土の上で木々に囲まれている。見つけようとしない限りだれもここに三角点があるとは思わないだろう。

美原北小学校は、M−Cみはら歴史博物館の裏にある「美原ふるさと公園」のすぐそばにある。上の写真の噴水の奥に小学校のフェンスが見える。そこに四等三角点があるのだ。

黒姫山古墳から三角点探しに発展した。
古墳があるということは古くからある土地で、地盤が安定していること、標高も少し高いところにあることが予想される。そういう場所は三角点設置には都合のいい場所なのだろう。学校な中の三角点は比較的安全に保存されていることがわかったが、これも予想通りだった。

 

 

 

 

西小学校 四等三角点

三角点を探る旅 40

ここは黒姫山古墳の近くにある堺市立美原西小学校。

ここには三角点がありそう。学校の中の三角点はよく保存されていることが多い。

 

運動場では地域少年チームが野球の練習をしているようだ。
地図を見ると写真の右側の木々の付近にありそうだ。

この木のなかのようだ。もう少し近寄ってみよう。

ありました。排水口の蓋の前に見えるのが三角点だ。

四等、の文字か見える。ここは「西小学校 四等三角点」というところ。
標高45.76m、とあるからやはり古い土地なのだろう。

「018」という数字が読める。
数字は2段で6桁の数字らしいが、地面に埋もれているのでよくわからない。
この6桁の数字についてネットで調べてみると、次のサイトに詳しく書かれていた。

http://29908990.at.webry.info/201510/article_5.html

これは「基準点」の「基」の文字かな? 地面深くにうまっている。周りを掘ってみるが道具がないので、手ではここまで。
「三角点を大切にしましょう」の立て札もなく、静かに木々の中に埋もれている。

緑に囲まれた中の四等三角点。周りに野球少年の子どもたちの元気な声が響いていた。

 

 

 

八上小学校の四等三角点

三角点を探る旅 38

黒姫山古墳の付近を地図で調べていると、三角点があった。

ここは堺市立八上小学校(やかみしょうがっこう)の敷地内。

何か地域の行事、フェスティバルのような行事が行われていた。

門を入って右側のブロック塀のすみにあった。「国土交通省 国土地理院」という白い立て札もある。ただ年月のせいだろう、文字がうすくなっていた。

四等の文字が見える。 調べてみると、「八上小学校 四等三角点 標高42.44m 」であることがわかった。

「049」の文字も見える。他の面には「基準点」の「基」が見えた。違う面には「国土地理院」の「国」と思われる文字もよみとれた。
運動場のブロック塀のすぐ内側にあった三角点。もともと小学校の敷地にあったのだろうと思われるが、道路の拡張や学校の整備で、学校の運動場のすみになってしまったのかもしれない。「国土交通省」と書かれているので、2001年以降にこの付近が整地されたと予想される。標高42mというのは比較的高い敷地にある。黒姫山古墳があるということは、古い土地ということもいえるだろう。

でもお花がすぐそばに咲いているのは偶然だろうか。だれかがここに持ってきたのだろうか? お花が飾ってあるような三角点ははじめてだ。

黒姫山古墳周辺には他にも三角点がある。もう少し調べてみよう。

 

 

 

 

 

黒姫山古墳

ここは「黒姫山古墳」
堀に沿って歩くことができる、自然な形で残されている古墳だ。

写真にある道路拡張があったが、この古墳は破壊からまぬがれた。

解説があったので、読んでみると、
「黒姫山古墳は、百舌鳥古墳群と古市古墳群の中間に位置する堺市美原区黒山に所在する前方後円墳です。5世紀の中頃の築造と考えられ、平地に立地し、前方部を西に向けています。全長114m,後円部径64m、高さ11m,前方部幅65m,高さ11,6mの二段築成で、幅15〜20mの壕をめぐらせています。・・・・」
とある。

全国一の鉄製の甲冑の出土量

「古墳は、戦後すぐに発掘調査が行われ、24領の鉄製の甲冑(よろいかぶと)が前方部の石室で発見されました。この数は、日本にある古墳からの出土量としては、全国一です。第2位の野中古墳が11領なので、それと比べても2倍以上の鎧兜が出土したことになります。・・・略
黒姫山古墳に埋葬された人物は、強力な軍事力を持っていたと考えられます。また、鉄が朝鮮半島から入ってきていたとかんがえられるため、外交的な力をも持っていた人物と考えられます。これらのことから、この古墳に埋葬されているのは、当時この地域で勢力を持っていたとされる豪族、丹比(たじひ)氏の首長と考えられています。」

これは石室の復元模型。この石室の中に鎧いや甲が埋葬されていたらしい。

両側には埴輪が復元され並べられている。

この黒姫山古墳から歩いて数分のところに、出土品をメインにした「みはら歴史博物館」がある。しずかな博物館でゆっくりと見学することができた。もちろん無料で。

黒姫山古墳と「みはら歴史博物館」のあいだにあるのが、以前紹介した「桜珈琲」。
博物館の受付の人の話によると、黒姫山古墳を見学する人が車で来たとき、その車を桜珈琲の駐車場に停めることができるという条件で、堺市が桜珈琲に建築を許した、という経過があるそうだ。
なるほど、黒姫山古墳が丁寧に保存され、その博物館もあるというのは、堺市の歴史にかける意気込みなのだろう。