藍の生葉(なまは)染め

今年も藍がよく育ったので、藍染をすることにした。
今回は一番単純で、しかも確実な「生葉染め(なまはぞめ)」をすることにした。

以前からいくつか方法を試しているが、薬品を使うのは危険なので直接生葉から染めることをやってみた。
まず大きく育った藍をほぼ根本から切る。

今年は小さな子どもたちに手伝ってもらった。
まず切りとった藍から、葉っぱだけをとる。
ハサミを使ったり、手でちぎり取り、方法はいろいろ。

今年はハンカチサイズの絹を購入したので、絹と木綿のハンカチとで染の違いを確かめてみようと思った。
以前は絹が手元になかったので、レーヨンを使って生葉染めをしたので、レーヨンと絹との違いも確かめられると考えた。

前回の資料を見ると、布10グラムに対して藍の葉が50グラム、そして水が700グラムの分量で計算すればいいことがわかる。

藍の葉を水洗いし、ゴミを取ったあとフードプロセッサーで粉々にする。

粉々にした藍の葉とプロセッサーに入っていた水ごと取り出す。資料の本には木綿の濾すための布を用意していたが、私は古いタオルで代用した。
この作業を何回か繰り返して、すべての藍の葉から染色するための液を絞り出す。

絞り出した染色液に絹、木綿をいれて15分ほど混ぜながら染色していく。
染色液は色が黄緑色から緑色に変化していく。
15分混ぜ続け、できるだけ空気に触れないように混ぜ続けると資料には書いてある。
このとき、手には手袋が必要。
そうしないと指先や、爪が藍色にそまってしまう。タンパク質に反応するためだ。
この段階でも、絹はよく染まり、木綿はそれに比べてあまり染まらないことがわかる。
生葉染めなので、その違いがよくわかる。

上の写真左が絹。右が木綿のハンカチ。染め上がりの違いがよく分かる。

上の写真の左が絹、真ん中が染めていない絹、右が木綿。
木綿もうっすらと染まっているが、絹と比べると全く違うことがわかる。

右の写真は以前にレーヨンの布を生葉染めしたもの。
染める前と染めたあとを比べた写真だが、これを見ると、レーヨンと絹とでも染まりぐあいが違うことがわかる。絹の生葉染めは鮮やかな青に染まる。二回染めるとまたその青が深くなる。
このあと、子どもたちと藍の葉のたたき染めも経験した。たたき染めのことは以前のブログに紹介している。
NHKで正倉院に収められている草木染を再現した放送があった。
永久保存用として50色以上の草木染を再現し、ロンドンの博物館に収められているそうだ。
源氏物語の姫君たちの衣装はこんなにも華やかで軽やかな色だったのだろうか、と驚くほどの鮮やかさだった。
いちど自分の目で確かめてみたいが、それはいつのことだろう。

 

 

 

 

ベランダで藍を育てる 2018 ②

さあ水洗いしておいたTシャツを染めよう。

バケツに入った染液にTシャツを畳んで入れて、空気に触れないように液中で混ぜる。
5分くらい静かにつけておく。

取り出すと、写真のように緑色をしている。 このとき手袋は必ずしなければならない。そうしないと手が染まってくる。とくに染まった爪は、生え変わるまで染まったままになるので注意が必要だ。

短時間に、ほんの数秒のうちに、緑から青色に変化していく。
空気中でふりまわすと、色の変化も早い。

この作業を3〜4回ほど繰り返す。 色は少しずつ濃くなってくる。

水洗いをして乾かす。 水を含んでいる時は、写真のように濃い藍色だが、乾いてくるとその色は淡くなってくる。 

昨年に藍の種をもらった展示会に、私の染めたTシャツ3枚持っていって、展示してもらった。上の写真の左下の3枚のTシャツがそれ。
乾燥すると藍色が薄くなり、染物屋さんで見るような濃い藍色には染まらなかった。
ガレージで染める方法では、これぐらいなのかもしれない。
刈り取った藍は、また大きくなり、種が実った。
来年もこの種をまいて、藍染に挑戦してみようと思う。

 

 

 

ベランダで藍を育てる 2018 ①

2018年5月5日、今年もベランダのプランターに藍の種をまいた。 上の写真はそれから約1週間後。目が一面に出てきている。
今年の藍の種はこれまでのものとは違う。
ある作品展で藍染の展示があった。その時、藍の種が箱に入って展示?されていた。
欲しい人はどうぞ、という紹介文があったので、ありがたくいただいてきた。
その種だ。少し品種が違うのかもしれない。そんな期待もあり植えてみた。

左上の写真は6月はじめに植え替えをしたところ。株の間をこれまでよりも広い間隔で植えるようにした。 右上の写真は8月はじめ。すっかり葉が大きくなってきている。そろそろ1回めの刈り込みの時期だ。

8月1日に第1回目の刈り込みをした。
バッサリとカットして太陽光で乾燥させる。

藍を育てて、自分で藍染めをする作業ができるのは、この本のおかげ。
「そだててあそぼう18
アイの絵本」農文協の本。

使う薬品はハイドロサルファイトナトリウムと炭酸ナトリウム。
炭酸ナトリウムは重曹を使った。
乾燥葉100グラムに対して
炭酸ナトリウム・・・15グラムを3回分(計45グラム)
ハイドロサルファイトナトリウム・・・15グラムを3回分(計45グラム)

実際の量はとれた乾燥葉によって比例計算して、薬品の量が決まる。

乾燥葉100グラムに対して2リットルの水を注ぎ、およそ10分から15分煮る。
煮汁を布(私は使い古したタオルを3枚ほど重ねて使用)でこして、煮汁はすてる。
本には「下水にすてる」と書かれているが、私は植木のまわりにまいた。

こした葉に、もう一度水1.5リットル(乾燥葉100グラムあたり)で煮て、
そこへ炭酸ナトリウム15グラム、ハイドロサルファイト15グラムを入れて、10分から15分煮る。
においがとても強いので、換気に注意するようにと本には書かれている。
薬品が飛び散らないように注意して作業をすすめた。

液の表面がこい青色になったら煮汁をこし、バケツにうつす。
バケツにうつした液は、表面はこい青色だが、中は黄色だ。
こした葉に水、炭酸ナトリウム、ハイドロサルファイトをいれて煮たあとにその煮汁をこす、という作業をさらに2回くりかえし、藍の葉から染料を引き出す。

染めるTシャツを準備する。 綿100%のものを買ってきた。同じ綿100バーセントと表示されているが、生産国とメーカーによって色が違うのがおもしろい。
染める前に水洗いをしておく。
これで準備完了。