水準点めぐり 20

地図を見ると、二等水準点がある。
川沿いに歩けばいけそうだ。

この橋の向こうに見えている、土手沿いにありそう。

橋のたもとに、丸い鋲のようなものが打ち込まれている。
水準点の表示はない。

地図を頼りに土手沿いを見るが、わからない。

地図によると、上の写真の真ん中部分の土の道付近にあるのだが、それらしい表示はない。しかもその周辺は住居の敷地になっているので、あまり深く立ち入ることはできない。よくわからないまま調査終了。
大阪に帰ってから、国土地理院のホームページをみると、この水準点のある場所は「住宅地」になっていた。やはりそうか。個人の調査では無理なところなのだ。

さて、以前に見た「宍道湖大橋」たもとの三角点はどうなっているのだろう。

ありました。 「三角点を大切にしましょう」の文字は薄くなっている。

「四等三角点」の文字は見える。

コンクリートの台座の端にある「三角点」。この三角点は普通にある石の角柱ではなく、円形の金属パネルという珍しいもの。
ここも気づかない人は気づかないままに通り過ぎるだろう。

</p 宍道湖の湖面は静か。町並みも落ち着いている。 朝の味噌汁に入っていたシジミはここのものかなあ。松江は、食べ物、水、空気のおいしい町だ。

 

 

水準点めぐり 16 (米子)

富士見町交差点付近の一等水準点

IMG_20151018_0001 - バージョン 5

地図を見ると、米子城跡の三等三角点と電子基準点の間に、水準点のマークが二つある。 米子城跡の山頂から降りて、道路付近を探す。 この付近にあるはずなのだが、わからない。

IMG_8446

IMG_8448

何回も道路の表面や植え込みの中を探しながら歩くが、発見できない。
工事や植物の成長などで、見つけられないことはよくある。
今回もそうかもしれない。駐車場ができたり、植木が茂っているために発見できないのかもしれない。時間もあまりないので、ここはあきらめることにした。

このあと、電子基準点を探すことにした。

電子基準点が見つかったので、もう一つの水準点を是非発見したかった。

ここは富士見町の交差点。
ここもなかなか発見できない。

IMG_8463 IMG_8464

この植木や信号機の機械があやしいのだが、地図の位置と一致しない。 国土地理院の地図は正確にできているので、もう一度地図にしたがって道路を調べてみる。

あった、これがそうだ。 _MG_7443

IMG_8473

IMG_8470

IMG_7451

「一等水準点 基本 No.009−302」と刻まれている。

道路のフェンスと植え込みで守られているように設置されていた。

米子城跡近くの交差点の水準点もきっとこのような形だとは想像できるのだが、よう見つけられなかった。
道路上にある基準点は、時代の変化に影響されて移設されたり廃止されたりすることもあるようだ。
さて、米子市内で三角点、電子基準点、水準点を見つけることができた。
時間も限られているので、昼食を予約してある松江市に向かうことにする。

 

 

水準点めぐり15

堺東駅周辺にある公共基準点

IMG_20150617_0002 国土地理院のホームページを見ると、「基準点・測地観測データ」というところがある。その一番上に「基準点成果閲覧」がある。ここに全国の三角点、水準点のデータが保存されていて、閲覧することができる。
堺市役所付近の基準点を見ていると、国土地理院の基準点ではなく、市などが設置した「公共基準点」というのが多数あることがわかった。
堺市役所に出かける用事があったので、この「公共基準点」の実物を見ることにした。

①市役所側から踏切を渡ったところ。踏切の手前(市役所側)には堺東駅前交番所がある。踏切を渡ったところにある喫茶店の前からとった写真。道路が交差する真ん中付近にマンホールよりも小さい丸い蓋がある。

IMG_6798

IMG_6800

「公共基準点」と書いた金属の蓋だ。この中に、「基準点」があるのだろう。どんなものが入っているのだろうか。開けてみたいが車がひんぱんに通るところなのであきらめて、③をさがすことにした。

③市役所の南西の角ということが地図からわかる。しかし道路のどの付近にあるのかは地図からはわからない。この地図はかなり正確で、誤差は1mもない。道路の角を探してみた。

IMG_6802

ありました。歩道と道路を区切る縁石の真ん中に埋め込まれている。 堺市、国土交通省、街角多角点の文字が読み取れる。
では道路のどの付近にあるのかというと、

街区多角点

う~ん、これはわかりにくい。知っている人でないと完全に無視されるだろうなあ。
①の丸い円盤のフタの中にはこれが入っているのだろうか。それとも又違った種類の標識が入っているのだろうか。興味がつのるが確かめようがない。

②最後に市役所の入口側にあると思われる「公共基準点」をさがす。
①と③の経験を活かして探すが、簡単には見つからなかった。
歩道の上にも、③のような縁石にも埋め込まれていない。

IMG_6806

どうもこれらしい。地図の位置とも違っていない。車や風雨iのためか、かなり薄くなっているが、 ①と同じように「都市再生街区」の文字と「国土交通省」の文字が読める。これが「公共基準点」にまちがいない。どこにあったかというと、道路にある雨水桝の横にあった。

公共基準点2

公共基準点3

この公共基準点の管理責任は堺市にあるようだ。水準点のように国が設置したものではない。

国土地理院の地図によると、この基準点は「公共基準点」のなかでも「街区多角点」と呼ばれるもののうち3級街区多角点というらしい。 水準点との共用もなく、堺市の公共事業のために設置されたものだろう。
しかし道路の上には様々な標識が埋め込まれているものだと感心する。歩道の上、車道の上、歩道の縁石の上、置かれている場所も多様である。この調査?の時に、よくわからないものを堺市役所の施設の中に見つけた。

 

IMG_6670堺市役所基準点

IMG_6667

周辺には何の表示もない。
見たところは、水準点のような形をしている。
予想されるのは、堺市役所を建て替えるときに、以前にあった水準点をここに移転したのかもしれない。
ホームページで堺市役所のことをしらべてみたが、私が調べた限りは堺市役所と水準点について記録されているものはなかった。
市民の目につくところにあるのだから、何か歴史的なものなら、表示などがあればいいのだが、と思った。
私たちの知らないところに、過去の記念碑があるのだろうと思う。

 

 

 

水準点めぐり 13

名古屋の水準点

名古屋水準点

国土地理院の地図を見ると、名古屋城の近くには、一等水準点が二つある。 県庁付近の一等水準点は前回に見つけることができた。
もう一つは地下鉄「丸の内駅」の近くにあるはずなのに、前回は付近をうろうろしたが発見できなかった。
今回は地下鉄に乗らずに、県庁付近から歩いて探すことにした。

なんとなんと、地下鉄の入口付近に発見したではありませんか!

IMG_5637

IMG_5641

どうしてこんなに簡単に見つかるところにあるのに、前は見つけられなかったのだろう。 多分ツツジの木が生い茂っていたのでわからなかったのかもしれない。

IMG_5629

IMG_5633

コンクリートのフタには国土地理院の文字が。水準点と書かれている。

このフタを持ち上げて中を見ることにした。

中は最近の雨のせいか、土でおおわれていた。手で表面の土や泥を取り除くが、あまりきれいにはならなかった。

IMG_5632

真ん中の丸く盛り上がった中心が、水準点の基準になる部分だろう。

水準点のそばに立て札を立てて「ここに水準点があります」という表示がしてあって県があったのを思い出した。ここも最初はあったのかもしれない。道路工事や植木の剪定などで移動してしまったのかもしれない。大阪の長居公園にある三角点もそうだった。一等水準点ともなると歴史も古い。長い時間に周りが変化していくのだろう。

 

 

水準点めぐり11

京都府庁にある水準点

さて、二万五千分の一の地図を見ると、京都御所の隣にある京都府庁・京都府警に水準点のマークがある。 ここへ行ってみよう。

IMG_9081

なんとも立派な建物。
さすが京都府庁。京都府庁と府警本部は御所のそばにあり、大阪府庁と大阪府慶本部は大阪城のそばにある。なんとなく「なるほどね」と思ってしまう。

大阪城や大阪府庁のそばにも三角点や水準点があった。一度設置したら長い時間保存できるところ、というのでそういった場所が選ばれるのだろう。

京都府庁の玄関に向かって左側の角に水準点があった。

IMG_9082IMG_9084

 ここもなんと立派な水準点。

IMG_9087IMG_9091

「一等水準点」、「国土地理院」の文字が読み取れる。

IMG_9089IMG_9085

一等水準点の横にある、これもみごとな金属製のプレート。「京都府基準水準点」とかかれている。私はこの時は、説明のプレートと思ったが実は違っていた。ブログを書くために調べていると、下のようなブログを発見した。その部分の写真と記事を引用する。

京都府基準点1

「京都府庁の正面西端にあります。「一等水準点」とたて書きで彫られた標石以外に意外なものを見つけました。「一等水準点二四二 国土地理院 (京都府基準 水準点)」と刻字されたマンホールの蓋をとると中に石の宝石箱のようなものが入っています。さらに石の蓋がありこれを恐る恐る開けるとピンポン球のような ものが2個見つかりました。

この水準点は一等水準点なのですが、京都府基準水準点にもなっており国土地理院では「基準水準点」と呼ばれるものと構造がおなじです。ピンポン球状の標識は地中標といわれるもので標石に異常があった場合、再現するに設置されています。」

http://uenishi.on.coocan.jp/20lib-suijyun/q231kyotosuijyun.html

へーっ、と感心しながら、京都府庁にひと声かけなくてはいけないのかなあ、こんな大きくて重そうなプレートみたいな蓋をあけるのは大変だったし、目立つなあ、といらぬ心配をしてしまった。

京都駅に向かうために地下鉄烏丸線に乗る。烏丸駅そばにマクドナルドがあったのでちょっと休憩。
さすが京都、外国からのお客さんが注文中だった。メニューを指さして何か言っている。 対応するウェイトレスさんは少し年配の方。でも応対は見事。表情も買えずに英語で説明。さすが国際都市京都だなあ。私だったら笑顔でごまかしながら、何か笑いを取ろうとしてしまうだろうな、と思いながら自分の注文を考えた。