アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 2

二日目 ボストン市内観光その1

朝食のレストラン。1階のロビー横、エレベーターからすぐのところにあり、レストランのそばにはスターバックスがあった。
日本のホテルのモーニングのようにバライティな食品が並んでいるのではなく、パンやシリアルなどの基本的なものが多かった。また野菜も少なく、コンチネンタルブレックファーストとでもいうものだろうか。

今日はこのツアーの中でも一番ハードな日。時差ボケの頭で、身体はついていっても、頭の働きがついていかない。

6時半ごろから朝食を食べ、8時にバスに乗る。バスに乗って市内観光をしながら、
ロングフェロー邸、ハーバード大学に行く。昼食の後、若草物語の舞台であるコンコードへの移動。そしてボストンに戻ってきてボストン美術館の見学ともりだくさん。

このビルが、1907年、モンゴメリーさんが32才の時、「赤毛のアン」の原稿を持ってきた「L・C・ペイジ社」。この会社が出版を引き受けたことにより、「赤毛のアン』は世界的に有名になった。バスの中から撮影する。ボストン・コモン(アメリカ最古の都市公園)のそば。

上の写真は旧州議事堂。1713年に完成したもの。ここのバルコニーで「独立宣言」が高々と読み上げられた。1776年7月18日のこと。今は高層ビルに囲まれているがその美しさは歴史を表している。

バスに乗ってやってきたのが、ロングフェロー邸。
この屋敷にロングフェローは、1837年から1882年まで住んだそうだ。
また、ロングフェローが住む前に、ジョージ・ワシントンが1775年から1776年のあいだの住まいにしていたという、歴史的な建物。国立史跡に指定されている。国立公園直属のバークレンジャーさんが案内してくれた。

 

上の写真の左端に写っているのが、バークレンジャーさん。お名前をわすれてしまった・・・。 レンジャーという名前のように、西部劇のテレビに出てくるような制服姿。笑顔の素敵な、アメリカ女性(だと思う)。
見学は正門からではなく、裏側にあるビジターセンターより入った。

屋敷の入り口の庭にある立て札には

House Built by Major John Vassall
        Headquartered of
             General
    George Washington
        1775 = 1776
—————————————-
             Home of 
    Henry Wadsworth
        Longgellow
  1837 – 1882

と書かれている。1759年にイングランド出身のヘンリー・ヴァッサルー(Major と書かれているので大佐、中佐、少佐?)が建てたもの
独立戦争中にジョージ・ワシントンが司令部として使い、ここに滞在している。
独立戦争後、この家の持ち主は、クレーギー家にうつった。
1830年、ロングフェローは、この家の2室を借りて下宿する。その部屋の一つがワシントンが司令部として使った部屋と言われている。その部屋が下の写真。

上の写真が正門。2階の右側の部屋が、ワシントン時代に司令部として使われ、ロングフェローの下宿部屋になったそうだ
上の右側の写真は、正門のドアを開けたところにある玄関口と二階に上る階段。
ワシントンはこの階段を心配そうな顔をして昇ったり、降りたりしていたと伝えられている。

ロングフェローと言う名前は聞いたことはあるがどんな作品を書いたのかというと、私は恥ずかしながら全く知らなかった。
左がロングフェローの胸像。イギリスのウェストミンスター寺院にアメリカの詩人としてはじめてその胸像が置かれているそうだ。それぐらい有名な詩人なのだ。

日本に帰ってから、図書館でロングフェローの代表作と言われている「エヴァンジェリン」を借りてきた。
ツアーのバスの中で、松本先生の解説があったが、アメリカ独立前の悲恋の話。1847年の作品である。この文庫本の解説には、
「エヴァンジェリンは、18世紀の半ばから末葉にかけて、イギリスとフランスが新大陸の植民地に、勢力を争った時代の物語である。アカディーAcadieの國と云うのは、今のノヴァ・スコシア Nova Scotia であった。フランス系の移民村の、日光と仰がれたエヴァンジェリンは、結婚の間際に、生き別れとなった其夫を跡を尋ねて、廣い今の合衆国のあちらこちらを漂(さす)らったのであった・・・」

エヴァンジェリンと恋人ギャプリエルが再会した時は、ギャブリエルは死をむかえる直前であった。
この悲恋の物語は大きな反響を起こし、全世界に知られるようになった。この作品によってロングフェローの名声が確立されたともいわれている。私はこの本のほとんどを声に出して読んだ。そのほうが実感できるとおもって。
イギリス軍が村を焼き払い、家族をバラバラにしたという歴史的実話をもとにしている。あらためてアメリカ独立の背景を考えさせれる、インパクトのある哀詩である。文学の世界は、文学の中に閉じこもるのではなく、外の世界に大きな影響力を発揮するという実例だと思った。

「赤毛のアン」とロングフェローとはどういう関係があるのだろう。 松本侑子さん訳の「赤毛のアン」の注にこうここれている。

第31章 (1)小川と河が出会うところ(P361) ‥‥アメリカの詩人、ヘンリー・ワズワース・ロングフェローの詩『乙女』の一節から引用したもの。小川と河の合流点とは、何なのか。そしてモンゴメリは、なぜこの一節を第31章のタイトルに引用したのか。  『乙女』の詩では、「小川と河が出会うところ」という一節の次には、「女らしさと少女らしさがかけ抜けていく!」と続いている。つまり合流点とは、少女と女性の合流点である。本章(8)参照。

これを読んであらためて31章を読むと、章の題名に「小川と河」と書かれているが、本文には「小川」も「河」も出てこない。何かを象徴していることが想像できるが、それに答えたのが松本先生の解釈だ。

松本侑子さんのホームページに、「モンゴメリーについてのデジタルライブラリー」がリンクされている。そこにはこの詩の全文がのっているが、上の注に関係のある部分を引用すると、

Where the brook and river meet,
 Womanhood an childhood fleet !

また、第7巻「虹の谷のアン」(1919年刊行)の題辞にロングフェローの詩「失われし青春」の一説が引用されている。

And the thoughts of youth are long, long thoughts
若き日の想いは、遠い遠い想い(松本侑子訳)

「赤毛のアン」の作者のモンゴメリーさんが、ロングフェローをはじめ沢山の詩や小説を読んでいたことが想像される。また、それほどロングフェローの作品がアメリカで読まれ、愛されていたことも想像できる。ロングフェローについての興味が湧いてきた。

*松本侑子さんの「モンゴメリー デシタルライブラリー」は以下にリンクされている。

http://office-matsumoto.world.coocan.jp/mel01.htm

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 1

1日目 関空・成田そして アメリカ・ボストン

今年も松本侑子さんと行く文学ツアーに参加した。

関空から成田空港までは、ピーチに乗っていく。
生憎の雨やら機内トラブルで出発が1時間ほどおくれてしまった。

ピーチには、昨年沖縄に行くときに乗ったことがあるが、座席が狭い。とりわけ前後の間が狭い。
私たちでこれくらい狭いのだから、身体の大きい外国人だったらどうなのだろう、とかこれでハワイまで行くという話もあるそうだとか、座席の狭さで話題が盛り上がる。

成田に到着後、国際線ターミナルへバスに乗って移動。

今回は大きなトランク二つは事前に宅配してあるので、手荷物だけの移動なので楽だった。
国際線は北と南のターミナルがあり、さて集合場所とトランク受取の場所はどうなっているのかなあとおもっていたら、予想通りに反対方向を歩いていた。おやおや、いつもそうだ。

ボーイング787、さすが国際線の飛行機だ。大きくて広い。長さ、幅とも60mはある。約200人乗り。航続距離は16000Kmほどあるので東京・ニューヨークをひとっ飛びする。最高速度はマッハ0.8ぐらい。時速1200Kmをこえる。こんなすごい飛行機でも13時間かかる。アメリカは遠い。JALなのでなんとなくリラックス。

機内食2回。途中でスナックのサービスがあったが寝てしまっていた。 朝は何とモスバーガーのライスバーガー。私の好物なので、ありがたく完食させていただいた。

飛行機からの夕暮れはいいものだ。
左はボストン着陸前のフライトマップ。昼夜境界線によって日本が夜であることがわかる。
日本は朝を迎え、ボストンは日が暮れてくる。時差は13時間。日本のほうが早い。

13時間のフライトで見た映画は、日本語の字幕のあるものを選んだ。3本みることができた。
1.ライフ・・・火星から採取した土壌を回収した国際宇宙ステーション。その土壌から生命体が発見され、凄まじい勢いで細胞分裂をし進化していく。隔離しようとする宇宙ステーション乗組員の計画はすべて失敗し死んでいく。残った二人のうち一人が犠牲となってその生命体と共に深宇宙に飛び出し地球に危機が及ばないようにする。残った一人は地球に戻り人類に警告を発する・・・・これだけでもハラハラ・ドキドキなのに、最後にとんでもない結果が。未来からの警鐘だが、後味の悪い映画だった。

2.ローガン・・・Xメン、ウルヴァリンの最新作。舞台は2029年、もうウルヴァリンのようなXメン、ミュータントはいない。遺伝子操作によってミュータントは誕生しない世界になっていた。しかし新しいミュータントが開発されていたのだ。それも戦士として。ウルヴァリンと同じように全身骨格がマダンマチウムに変えられている女の子とその仲間の子どもたちを国境越えさせようとするウルヴァリンの戦いがはじまる。
最後のシーンを何回かリピートして見た。大きな画面でないと見逃しているところがあるかもしれない。、、、、ウルヴァリンは本当に?

3.イップマン 継承・・・ドニー・イェン主演のカンフー映画。これまで「イップマン 序章」「イップマン 葉問」に続く三作目。私はこれまでの映画はすべて飛行機で見てきたが、今回も飛行機の中で。マイク・タイソンとの勝負は迫力があった。
実在の人物をモデルにしているらしいが、ブルース・リーの師匠だった人だそうだ。
ドニー・イェンの演技、格闘シーンが美しい。4作目が計画されているらしいが期待と不安が半分。

アメリカ、ボストンに到着。 午後7時をすぎているのにこの明るさ。

入国審査、たいへんな行列。こっちにならべと言われて並ぶと、ここはクローズするからこっちへと行ったり来たり。アメリカの入国審査は厳しい。フライトアテンダントのような人たちも時間をかけて質問され、それにに答えていた。

夫婦連れは二人で審査できるので二人で係官の前に。
滞在目的は?、滞在日数は?、何か申告するものはあるか?と英語で聞かれる。
sightseeing,  6days, No とマニュアル通りに答える。これで終了とおもっていたら、
Who is this lady?  と妻の方に顔を向ける。
えっ? 一瞬考えて My wife.
うなづいてパスポートにスタンプをポンポンと押した。
ふーっ、これで終了。

1日目のホテルは Sheraton Boston Hotel 。
このホテルに連泊する。もう午後8時ちかいのにまだ明るい。
近くのスーパーにお散歩。グループで行くはずだったか、エレベーターが止まってくれないので集合時間に遅れた。やっときたエレベーターでロビーに行くと、沢山の宿泊客がロビーのエレベーター前に並んでいる。なるほどこのためか、しかたがない、ブラブラと店を探しながら歩く。

大きなスーパーだ。ここでビールを買う。
6本10ドルというから、そんなものかな。

上の写真がスーパーのレジ。妻が店員さんと何かはなしている。
どうもパスポートを持っているか?と聞いているようだ。
ないというと、誕生日を聞いてくる。えっ?! バースデー?
成人チェックのようだ。
へーっ、若く見られてるんだ、と笑いが浮かぶが・・・・。
翌日添乗員さんに報告すると「うーん、おちょくられたのかな。それともマニュアル通りにしたのかな?」という返事。外国人向けのチエックかな、とこのへんで納得しておくことにした。

ホテルの部屋から見える空も暗くなってきた。
月が出ている。これから満月に向かう月だ。

ホテルに戻って夕食。
この日はホテルで各自に夕食なので、日本から持ってきたカップヌードルをとりだす。

あれーっ。日本から持ってきた電気ポットのプラグがあわない。アメリカは日本と同じ2穴で120ボルトだからと安心していたら、このポットはドバイのモールにある電気器具iショップで買ったものだった。2穴なのはアメリカと同じなのだが、穴の大きさと幅が違っていた。変換プラグを装着して収納しておくべきだったと反省。

部屋にあるコーヒーメーカーを使ってお湯を沸かしてカップヌードルをつくる。工夫すればなんとかなるものだ。アメリカで飲むアメリカのビールは美味しかった。

明日のお天気を心配しながら眠ることにした。

 

 

大阪環状線撮り歩き  大正駅

今回はJR環状線「大正駅」。とても暑い日だった。

「大正駅」といえば「京セラドーム」。以前は大阪ドームと言っていたのに、いつのまにか大阪の文字がなくなってしまった。 今日は何かイベントがあるようで、若い人たちの姿が見られた。

私たちは「京セラドーム」の方に行くのではなく、前回の「芦原橋」周辺に戻り、北津守にある渡船場から大正区にわたり、1日で「船、山、海」の写真を撮るという、講師先生の計画に基づいて歩く。
それにしても今日は暑い。天気予報では35度になるという。講師の先生も「水分補給をしっかりと」と何回もおっしゃる。

太陽の光が強いと、車のガラスへの映り込みもはっきりとする。

浪速区と大正区の境の木津川を特急「はるか」が通り過ぎる。

浪速区と大正区にかかる橋は「大浪橋」。橋のたもとには「わたし 勘助島」の石柱があった。江戸時代には、浪速区の「難波村」と「勘助島」を結ぶ渡し船があったそうだ。ここがその船着き場であったかどうかはわからない。
勘助島についてしらべてみると、1610年頃、木津勘助が堤防を築き、現在の大正区三軒屋付近を豊臣家より「勘助島」として与えられたそうだ。
木津勘助と木津川の関係は深く、多くの功績があるそうだ。地下鉄御堂筋線「大国町駅」のそばにある大国神社には「木津勘助の像」が建っている。そのことは以前に私のブログにも書いた。

http://ungaisoten.com/2016/01/12/恵比須大黒(今宮戎・大國主神社)/

「大阪動植物海洋専門学校」「お肌軟水の湯」そして「井岡ボクシングジム」。
へえーっと思わす言ってしまう看板もあって興味がわく。

近くの公園ではセミの抜け殻がいくつもあった。今年の夏は猛暑になりそうな予感。

この「お散歩フォト」の添乗員さんが、ツアー参加者のリクエストに答えてモデル役。ブランコの立ち乗りに挑戦。

この巨大な物はなんだ?
これは木津川にかかる水門。防波堤だ。防波堤を渡船から見たのが下の写真。

ここは「落合上(おちあいかみ)渡船場」。
渡し船で「大正区」に移動する。
大阪市には8つの渡船場があるが、そのうちのひとつ。運賃は無料。市民の足となっている。
他の渡船場は、
①安治川の天保山渡
②尻無川の甚平渡
③大正内港の千歳渡
木津川の
④落合上渡
⑤落合下渡

⑥千本松渡
⑦木津川渡
⑧木津川運河の船町渡
である。
これらは大阪市の公営渡船で、①から⑦までが大阪市建設局、⑧のみが大阪市港湾局の管理で運営されている。

 

そしてここは川を渡ったところにある「千島公園」、「昭和山」がある所。 時刻は午前11時半。暑さはうなぎのぼり。木々の葉の影も色濃くなる。 これで「川」「山」の二つクリア。続いて残っている「海」に向かう。
下の地図の1番が、京セラドームの撮影ポイント
2番が大浪橋から井岡ボクシングジム
3番がセミの抜け殻ポイント
4番がブランコ

大正警察、大正区役所前から西側に向かって歩いていくと大正内港。

河口にある木津川大橋が見える。その先は大阪湾になる。ここは夕日の撮影スポットらしい。

入道雲が夏の空だと主張している。梅雨明けは間近だろう。汗でぐっしょりになる。

地図の5番が落合上渡船場。
6番が千島公園
7番が大正内港

大正駅から南に、川(渡船場)、山(千島公園)、海(大正内港)の撮影はここで終了。私は大正区役所まえのバス停からバスに乗り、難波に向かった。

バス停で、講師の先生がソニーのカメラマンだったので、ミラーレスカメラのことを聞く。これからはミラーレスの時代になるだろうというのが講師の先生の話。ニコンがミラーレスカメラの開発に力を注いでいるという話もあった。うーむ、情報収集しなくては。さて次回は弁天町駅の予定。