堺の和菓子 曽呂利

堺の観光土産品のリストには必ずと行っていいほど出てくるのが「曽呂利(そろり)」。ザビエル公園のそば、阪堺線「妙国寺前」駅下車すぐそばにあるお店。

店内に入って目に入ってくるのが「曽呂利」と書いた木製の看板。

立派ですね。
とお店の人に声をかけると、

「先代の屋敷が、曽呂利新左衛門さんの屋敷跡にあったことから『曽呂利』と名前がついたんですよ」と話してくれた。

曽呂利新左衛門というと、あの豊臣秀吉に関係のある、トンチの曽呂利の曽呂利新左衛門のこと。秀吉から褒美をもらうとき、「今日は米1粒、明日はその倍の2粒、明後日にはその倍の4粒と100日間」と言い、秀吉は大したことはないと思って了解するが、それが実はとんでもない量になっていくのにあわてた、という逸話が有名。

曽呂利新左衛門のもともとの職業は刀の鞘(さや)職人で、その腕は素晴らしく、作った鞘に「そろり」と刀が入ったという。そこから曽呂利という名前がついたという話が伝わっている。

このお菓子は「蘇(そ)」という名前。外側はクッキー、中はナチュラルチーズ。
不思議な味だが、お店の人の
「若い人はおいしい!と歓び、年を取った人は、なんだこの味?といいます」
という言葉に誘われて買った。
私は「おいしかった!」

包み紙にあるのが太閤秀吉と曽呂利新左衛門。
曽呂利新左衛門が太閤秀吉の耳に何か囁いている。それを見ていた諸大名は、自分への告げ口ではないかと思い、曽呂利新左衛門への付け届けが急に増した、という逸話からとられたもの。

私が買った和菓子。左上から「白蔵主(はくぞうす)」、「大鏡(おおかがみ)」左下の「蘇(そ)」、そして「呂宋(るそん)」。

どれもこだわりの名前がついている。

曽呂利のホームページの紹介を見ると、

白蔵主(はくぞうす)・・・狂言「狐釣り」で名高い堺市少林寺の白蔵主稲荷にちなんだ銘菓。落ち着いた甘さの黄味あんをていねいに包んだ焼菓子です。

大鏡(おおかがみ)・・・曽呂利を代表するお菓子 大鏡(おおかがみ)。和泉・河内の上古時代をしのび、八咫鏡(やたのかがみ)をかたちどった白あんづつみの焼きものです。さっぱりとした甘さが自慢の気さくな和菓子。

蘇(そ)・・・外はクッキー生地、中はナチュラルチーズ。古代の香りがする新感覚な焼菓子です。

呂宋(るそん)・・・堺が栄えた桃山の時代、海外交易で大活躍した、呂宋助左衛門にちなんだ焼菓子です。

堺にこだわっての命名がすばらしい。

そして私が買って一押しが、「そロール」という名のロールケーキ。

ホームページの紹介をみると、
「和菓子の技術を駆使し、使用材料にも徹底的にこだわったロールケーキ。スポンジの甘みには氷砂糖とフランス製蜂蜜のみを使用。生クリームはタカナシ乳業のものを使用し、丹波大納言と氷砂糖を合わせてつぶつぶ感を残した餡が特徴。 
膨張材・乳化材等の添加物は一切使わない、安心安全が自慢の一品です。
賞味期限:当日(店頭)、
発送は製造日の翌日 保存方法:8℃以下
特定原材料:卵・乳・小麦」

賞味期限当日という、安心安全のロールケーキ、お持ち帰りには保冷剤と保温シートがついていた。
食べず嫌いの娘もしっかり食べたという、すぐれもの。

お店の人の話によると、名前もこだわり、製法にもこだわっている。残念なのは名前を真似するお店がたくさんあることだそうだ。
「たとえば、蕎麦屋だったらいいでしょう?と言うんですよ」
「呂宋という名前も真似されました」

オリジナリティを追求し、先頭を走る和菓子屋さん故の悩みかもしれないが、柳の下のどじょうを期待せずに、切磋琢磨をしないとね。
そのオリジナルの味を自分の舌で感じることができたのが、曽呂利の和菓子だった。

上の地図は「第25回堺市優良観光みやげ品」というパンフレットから。
曽呂利のホームページのアドレスは、
http://sorori.co.jp/regular.html

 

 

 

パズルをつくる 1

この本は1984年に買った本。奥付を見ると、10月29日第1刷発行、となっている。

本棚にずっとあって、機会があればここにあるパズルを作ってみたいなあ、と思いながら、なかなかその余裕やチャンスを見つけるができなかった。

手作りだから道具がいる。ページをめくりながら、どんな道具を用意すればこんなふうに精密に木を切ることができるのだろう?と考えてばかりだった。まあ、それはそれで楽しいものだが。
今回、100均で売っている立方体を使えば、簡単にできそうだ、と思いついて作った。その幾つかを紹介してみたい。

ミナクチズ・キューブ

本の解説で、著者の芦ケ原伸之さんは「東京・東村山市の水口氏の作品。なかなかむずかしい」と書いている。

たしかに作ってみると立方体に組み立てるのは難しかった。
そこで、一面ごとに色を塗り分け、さいころのように1〜6までの印をつけて、組み立てる時の手助けになるようにしてみた。

パーツは下の写真のように、立方体4個から5個を組み合わせて部品を作る。

左がパーツを図面で書いてあるページをコピーしたもの。

作る時は、図面のように立方体を組みあせて、A〜Eの6つの部品を作る。
組み立てて大きな立方体して、6つの面に色をつけ、サイコロの形になるようにシールをはった。

試作品は、組み立ててから水性のペイントで色を付けてみた。むらのないようにと2,3回色を重ねていくと、張り付いてしまって、六つの部品に分離することができなくなってしまった。無理をするとへこみや傷ができるので、あとからペイントで色をつけるをやめ、色紙をはりつける方法にした。

色紙を貼り付け、シールを張った状態で、組み立てていく状態を写真にすると、

上の写真左がスタート。一番下の面にAとEがならんでいる。そこにBを右の写真のように置く。

3個めの部品はFで、上の左の写真のように置く。大きな立方体の中心がまだ開いている状態。そこへCの部品を置く。Cは5個の立方体を組み合わせたもので、上の写真なら、ピンクの面の4つ分をしめる。

最後に4個の立方体を組み合わせた部品Dを、真ん中の穴がふさがるように場所を考えてセットする。
これで組み立てはできあがり。

組み立てた後、どの色がどの面になっているか印をつけておく。
分解して、つけておいた印に従って色紙を貼り付ける。

もう一度組み立ててから、さいころになるように適当なシールをはって完成。
私の場合は、最後に透明ニスをぬって、木部の生地を保護するようにした。

色分けとサイコロシールを貼ることによって、組み立てるのはできるようになったが、よくこんな組み合わせのパーツを考えつくものだなあと改めて思う。

上は本の解説にある解法。

図面にあるように、各パーツを並べていく。この図面と私の写真で、組み立て方はより分かるようになったと思うが、どうだろう。
本には解法として3つ紹介しているが、私のブログでは画面構成上二つのみの紹介となっている。あとの一つはチャレンジしてみてはどうでしょう。
色を塗ったりシールをはっているので、水口さんの解法はわかるようになったが、後の二つはかえって混乱するのでは?

 

 

 

英語で楽しむ「あしながおじさん」その2

名古屋での2回目の講座。
英語で楽しむ「あしながおじさん」の勉強会。

この日の名古屋はいいお天気で、講習会場の中日ビル近くはたいへんにぎやかだった。

中日ビルは「名古屋のテレビ塔」のそばにある。テレビ塔周辺の広場では、たくさんの音楽ブースがあり、趣向を凝らした演奏が行われていた。
テレビ塔でもらったパンフレットを見ると、

NAGOYA  MUSIC DAYS
栄ミナミ音楽祭’11
全42会場,約460組のアーティストで 名古屋を盛り上げます!

と書いてあった。今年で11回目というから、歴史のある音楽祭なのだろう。

私たちは「あしながおじさん」の勉強があるので中日ビルに向かう。
上の写真はテキスト。松本先生の単語帳と文法事項の説明がたっぷり。
この日は、
「ジュデイが18年間のブランクを取り戻すために、世界の名作を読んでいるところ」
「ジュディがはじめてジャーヴィス・ペンドルトンにあったところ」そして
「夏休みにジュディが過ごす農場に、ジャーヴィスがくるところ」
の三つの場面のテキストをもとに学習した。

動詞の形容詞的用法

松本先生が強調される文法事項の一つがこの「動詞の形容詞的用法」。

①名詞+doing(今)〜している名詞                                                 four going at once     一度に進行している4冊(同時に4冊読んでいるということ)
②名詞+to do  (これから)〜する名詞                                                           rule: never, never to study at night    決して夜に勉強しないというルール(ジュデイが読書にのめり込んでいる様子がわかる)
③名詞+過去分詞 、 過去分詞+名詞 〜された名詞                   a properly assorted family  正しく組み合わされた家族(標準的な家族)、ジュディは孤児院育ちなので、普通の家族のことについて、こういう受け止め方をしているのだろう。                         written revews    書かれた練習問題、筆記試験。アメリカの大学での宿題や試験のことがわかる。

ジュデイは孤児院育ちなので、ごく普通の子どもたちが読んでいる本を、自分は全くしらないことに気づき、一生懸命に読書をする。
そしてお小遣いで「若草物語」を買う。
その時の描写がこれ、

I just quietly went and bought it with $1.12 of my last month’s allowance; and the next time somebody mentions pickled limes, I’ll know what she is talking about!

あたしはこっそり出かけて、先月のお小遣いで、その本を1ドル12セントで買ってきました。これからは、だれかがライムのピクルスの話をしても、あたしはすぐになんのことかわかります。(岩波少年文庫)

このpickled limes、なんで名作の本の説明で「ライムのピクルス」が出てくるのだろうと思ってしまう。
岩波少年文庫の「あしながおじさん」には、注がついていて「若草物語に出てくる話」とある。若草物語の中でこの「ライムのピクルス」が話題になっているのだ。

********************

「いまは、もうなんといってもライムなの。みんな、授業中にも机の陰でしゃぶってるし、休み時間には鉛筆やビーズの指輪や紙人形や、ほかにもいろんなものと交換するの」(「若草物語」岩波少年文庫 オルコット作・海都洋子訳 より)

********************

100年ほど前のお話だから、現在の日本の生活からは想像できないのが食べ物や服装のこと。こういったとき、翻訳された本が役に立つ。

でも「ライムのピクルス」って、そんなにおいしいの?
松本先生も、「いろいろと調べたけれど、ネットにも画像入りで多くの説明があるけれど、本当はどうなの?と思う。今度アメリカに行った時に、現地で聞いてみます。」と笑いながらおっしゃっていた。
こういうことも、このような講座だからわかることで、自分だけで原作を読んでいるだけだったらわからないことも多いと思う。

上の写真は、資料にあるreception room.
女子大の寮だから、男性親族はこのような面会室であったそうだ。
もちろん現在の大学は男女共学なので面会室はない。

Anyway, there he was, sitting in the reception room very proper with his hat and stick and gloves beside him;

それはともかく、その方がいらして、応接室で、帽子とステッキと手袋をそばにおき、しゃんと背を伸ばして座っていらっしゃいました。(岩波少年文庫)

なんのこともなく読み過ごしてしまいそうだが、松本先生の説明では、
hatはつばのある帽子のこと。ステッキは、当時の男性の最も重要なアクセサリーで、散策や礼装に欠かせないものだそうだ。帽子と手袋とステッキ、彼はジュディに会うために最高のおしゃれをして大学に行ったことがわかるそうだ。
なるほど、当時の文化的背景を知っていると、こんなことまでわかるという例の一つだ。読者の私たちには、彼ーペンドルトンがあしながおじさんと知っているから、ペンドルトンの気持ちがわかって、さらにこの話がおもしろくなる。

現在完了 have + 過去分詞 意味は3つ

もう一つ大事な文法事項が「現在完了」

①完了 肯定文・すでに〜した。  否定文・まだ〜していない          I haven’t told  anybody.  私はまだ誰にも話していない:
②経験 肯定文・〜したことがある。 否定文・〜したことがない。                          I have never heard of.     私は決して聞いたことが無い。
③継続 過去から今までずっと〜している。                                                   I’ve longed for an uncle ever since.   以来、私はずっとおじさんを切望している。(「あしながおじさん」の「おじさん」ではなく本当の親戚のuncleのこと)                                   he has been here ten days  彼は10日ずっとここにいる。(ジャーヴィスがずっと滞在しているとうこと)

松本先生の講義では何回も現在完了の説明がある。小説を通しての説明だと、登場人物の気持ちに寄り添って考えることができる。

左の写真は、大学の寮の学生たちの部屋のドア。

ジュディが部屋のドアに「勉強中」という札をかけて読書にふけることが書かれているが、たぶんこんなふうにドアにはいろんなものが貼られているのだろう。これも講義で紹介された資料。

ちなみに原文では、

and then I put an “engaged” on the door and get into my nice red bath robe and furry slippers and pile all the cushions behind me on the couch and light the brass student lamp at my elbow, and read and read and read…..

部屋に戻ると、ドアに「勉強中」という札をかけ、すてきなあかいバスローブを着て、ふわふわのスリッパをはき、寝椅子の背にクッションを積み重ね、真鍮の勉強用のライトを手元でつけ、読んで、読んで、読みまくるのです、、、(岩波少年文庫)

この時、松本先生から「バスローブといっても、裸でいるわけではありません。スリッパも日本のスリッパを想像してはいけません。今私がはいているような靴も含まれます。当時の靴といえば、編上げのブーツのような靴でした。スリッパというのはさっと脱げる靴もさしています。また日本ではお客さんには座布団は一つですが、アメリカではたくさんのクッションを用意するのが普通でした」という説明があった。

なるほど、ホテルに泊まるとたくさんのクッション、いくつもの枕が用意されているのはそういう習慣から来ているのだな、とおもう。

講義の最後に新しい翻訳本の紹介があった。

光文社古典新訳文庫の「あしながおじさん」だ。土屋京子さんの訳。
2015年7月20日初版第1冊と奥付にある。

「あしながおじさん」の翻訳本はいくつもある。この本にはたくさんの注が載せられています、と松本先生から紹介があった。
帰り道で、難波のジュンク堂書店でさっそく手に入れた。1冊しか残っていなかったのでラッキーだった。

岩波少年文庫の谷口由美子さんの訳とくらべてみると違った楽しみが出てきそうだ。翻訳による印象の違いというのがありそうでおもしろそう。このことは次の機会で書くことにする。

そうそう、slippers, gloves、二つあって一組だから複数形です、という説明があった。そうだそうだと思いながら聞いていたが、日本人の感覚ですぐわすれるのが複数形。
新しい発見のあった勉強会だった。次回は6月。