京都四條南座舞台体験

IMG_8976
IMG_8978南座の舞台に上がれるという、「春の特別舞台体験」があるというので申し込んだ。
もらったパンフレットにこのように書かれていた。
「南座は元和年間(1615〜1623)に江戸・大阪に先駆けて官許された京・四條河原の七つの櫓(やぐら・芝居小屋)の歴史と伝統を受け継ぎ、悠久四百年の長きに亘る今日まで発祥の地で歌舞伎を上演し続ける唯一の劇場です。
昭和4年(1929)に竣工した現在の南座は、桃山時代の様式を加味した破風造りの正面に、官許の証としての由緒ある櫓(やぐら)をそなえた劇場建築で、激動の昭和を経た平成3年(1991)には内部の大改築により、近代的機構を備え、歌舞伎を始めとする多彩な舞台芸術を年間を通して上演する京都の文化発信拠点の一つです。
平成8年(1996)には、京都の景観に溶け込んだ歴史的建造物として、我が国の「登録有形文化財」に登録されました。」とある素晴らしいもの。ここを体験できるなんて滅多のことではないと、思った。

IMG_8974櫓(やぐら)というのは、江戸時代にお上から興行を許された劇場のみに掲げられることができるもの。櫓の左右に立っている白い御幣(ごへい)は梵天(ぼんてん)と呼ばれているもので神様が降臨するための依代(よりしろ)。この梵天は八百万(やおよろず)の神をかたどって800枚の美濃紙でできているそうだ。
「花道(はなみち)」「迫り(せり)」「廻り舞台(まわりぶたい)」を体験できる約30分の劇場体験プログラム、ということで、4月24日(木)〜29日(火)の期間に一日8回の公開を行っていた。舞台体験だけでなく、資料展示の駕籠や船も楽しめるというお得なものだった。

IMG_9020IMG_9025
花道を歩けて、舞台に立てるなんて! 参加している人も少し興奮気味。へーっ、客席ってこんなふうに見えるんだ。

IMG_9054

IMG_9048IMG_9055

おーっ、「迫り」ってこんなに高い(低い)のか〜。下から舞台に上がってくる感覚はたまらないなあ。役者さんの気持ちがわかった気になる。

IMG_9031

IMG_9066

左の写真は周り舞台の継ぎ目。一周してもどるとピタリのもとの場所に。木の目がそろっている。右の写真は舞台緞帳のうら。やっぱり「火の用心」が大事ですね。

IMG_8990 IMG_9002ここは劇場内ある展示室。
歌舞伎で使われている船や馬などが体験できる。
小道具の「雨の音を出すうちわ」「波の音を出す小豆のはいった容器」「風の音を出す装置」などが実際に手にして楽しめるところだった。外国からのお客さん、子ども連れ、夫婦連れ、いろんな人達が楽しそうにしていた。

格式高い舞台で、顔見世でお馴染みの南座が、ちょっと身近に感じることができる体験だった。

昨年は秋の舞台体験もあったそうだ。
写真も取り放題だし、併設されている展示室も利用できるこの「南座春の舞台体験」は1回1000円。私にとっては、とてもお得に感じたプログラムだった。

さて、せっかく京都に来たのだから、もう少し楽しもう。

 

 

 

 

 

RAKUGO

IMG_20140425_0001_2左の本は、今年度4月からはじまったNHKの英語講座のテキスト「Enjoy Sinple English」。

一日5分の聞くだけの番組で、内容もバラエティに富んでいる。時間が5分と短いので犬の散歩をしながら聞くことができる。レベルも中学3年生ぐらいなので辞書をひくこともなく内容がわかる。今私がはまっている勉強がこの放送を聞くこと。

繁昌亭の桂米左さんの独演会の後で聞いた番組では、テーマが落語だった。
英語で聞く落語の説明も面白く、日本語で読むよりも新鮮に落語の歴史がわかったような気になる。
少し、内容を紹介してみよう。

Taro
Rakugo started in the Edo period in the late 17th century.

At first, storytellers did rakugo at parties.
Sometimes they did it beside the road.
Later theaters were built for rakugo and it became popular for many people.

Mike
So what do they talk about?

Taro
Most  of the stories were made during the Edo and Meijizperiod.

The stories tell  about people  from the 18th and 19th centuries.

Mike
So we listen to a really old story?

Taro
That’s right.

Some stories are the same now as they were hundreds of years ago.
That’s rakugo.

このような落語の歴史や仕草などの説明があり、説明を聞いたマイクが言っていることがおもしろかった。

So part of the rakugo story is on the stage.
But the other part is in the heads of the people watching!

 

IMG_20140425_0001

さてもう一冊、落語のことについての本。

鉄道落語がおもしろかったので、何か関連する本はないかな?と思ってさがしてみるとありました。

繁昌亭で聞いた桂しん吉さんをはじめ、四人の鉄道愛好家の噺家さんの本があった。その名も「鉄道落語 東西の噺家4人によるニューウェーブ宣言」(古今亭駒次・柳屋小ゑん・桂しん吉・桂梅團治)交通新聞社新書

私自身は鉄チャンではないので、この四人の鉄道へののめり込みようには驚くしかないが、好きな人にはたまらないのだろうと思う。

さて、鉄道なのでその地名や駅名を知らないと、感情移入がしにくい。
たとえば、古今亭駒次さんの「鉄道戦国絵巻」は実際に高座で聞いたら興奮するだろうな、と思うけれども出てくる路線名や駅名に馴染みが薄いので全身どっぷり、とはいかない。

その点、桂しん吉さんは大阪の人なので、地下鉄を話題にした「鉄道スナック」はよくわかる。
カシスオレンジが「カシス今里筋線」だとか(ラインカラーがゴールデンオレンジだから)、浮気グセの彼女のことを「阪神電車症候群」といっている。なぜかというと「阪神電車はね、山陽電車と乗り入れていたのに、阪急電車と一緒になったでしょ。にもかかわらず、近鉄と乗り入れしちゃったりして」と説明が入る。大阪の人なら、お見事!とわかる話。

繁昌亭の落語から英語や大阪の地下鉄にまで発展してしまった。
この流れはまだまだ出てきそうだ。

 

 

 

天然酵母でパン作り 12

ピッツア

IMG_20140417_0002増沢恵子さんの「天然酵母の食事パンとお菓子パン」から、ピッツアに挑戦。
左の本にある写真のようにできるだろうか。
用意するものは、
強力粉・・・300g
塩・・・4.5g
生種・・・18g
水・・・135g

今回も、コストコで買ったホームベーカリーのこねる機能を使うことにした。
容器に最初に水を入れ、その上に小麦粉、そして中央に生種、塩は直接触れないように端に置く。

 

IMG_8833

IMG_8830

20分こねた後、綺麗に丸めてボールに入れて25度で5時間発酵させる。
私は発泡スチロールの箱にいれてコタツの隅に置き、発酵の様子を何回も確かめた。

IMG_8837 IMG_8839

上の写真左が発酵後の様子。
4つに分けて、ぬれぶきんをかけて25度のところで30〜40分発酵させる。私は、一次発酵と同じように発泡スチロールの箱にいれて、コタツの隅に置いた。

IMG_884340分たつと、これぐらいにふくらんだ。
増沢さんの本によると、「しっかりこね、発酵をおさえぎみにして、一気にのばすのがポイント」と書かれている。
他のパン作りのレシピでは、二次発酵を30度以上にしているのに、ピッツアは25度と書かれているのは、そういう理由があるようだ。

IMG_8846

 

写真のように周りに土手を作るように整形する。増田さんのレシピには、

「手で、生地の中心から直径22〜23comに広げて周囲にと手を作り、オーブンシートを敷いた天板にのせる」
とある。
ここで実験を考えた。
レシピでは、このまま具材をのせて焼成の段階になっているが、
生生地で一日冷蔵庫保存させたものと、焼いた生地を作り、それを冷蔵庫保存させたものとの、味比べをしてみることにした。

IMG_8850

写真左は、210度で温めたのオーブンで5分間焼いたもの。
少し焼けたあとがつき、上の写真と比べてみるとふっくらとしている。でもさわってみると生生地とは違って、持っても形がくずれない。
2枚の生生地と2枚の焼いた生地ができた。生と焼いたもののセットとして、一組を冷蔵保存。もう一組を冷凍保存した。

IMG_8868

次の日にピッツア生地に具材をのせて、オープントースターで15分焼いてみた。
写真の左が生生地。
右が5分間焼いた生地に具をのせて焼いたもの。

見てわかるだろうか。
左の生生地がふっくらとふくらんでいるのが。
右の生地は昨日の大きさとほとんど変わっていない。
ここでわかったこと。
生生地のほうがよくふくらみ、その分できたて感がある。
味はどちらもよく似ているが、サクサク感やふんわり感は生生地のほうがよい、というのが試食した家族の感想。

IMG_8887 IMG_8889

上の写真は、一日冷凍保存した生地を使ってもの。
左が生生地を冷凍保存したもの。右が焼いた生地を冷凍保存したもの。
食感は上と同じだった。冷凍保存した生生地も一日の冷凍保存後もよくふくらんだ。

☆ピッツアの生地は生生地を一日冷蔵庫の保存しても、冷凍庫に保存しても美味しく食べることができることがわかった。
生地を作ってすぐに焼かなくても、冷蔵庫の生地を保存できることがわかった。
これは、ありがたい。