ベランダで藍を育てる 2018 ①

2018年5月5日、今年もベランダのプランターに藍の種をまいた。 上の写真はそれから約1週間後。目が一面に出てきている。
今年の藍の種はこれまでのものとは違う。
ある作品展で藍染の展示があった。その時、藍の種が箱に入って展示?されていた。
欲しい人はどうぞ、という紹介文があったので、ありがたくいただいてきた。
その種だ。少し品種が違うのかもしれない。そんな期待もあり植えてみた。

左上の写真は6月はじめに植え替えをしたところ。株の間をこれまでよりも広い間隔で植えるようにした。 右上の写真は8月はじめ。すっかり葉が大きくなってきている。そろそろ1回めの刈り込みの時期だ。

8月1日に第1回目の刈り込みをした。
バッサリとカットして太陽光で乾燥させる。

藍を育てて、自分で藍染めをする作業ができるのは、この本のおかげ。
「そだててあそぼう18
アイの絵本」農文協の本。

使う薬品はハイドロサルファイトナトリウムと炭酸ナトリウム。
炭酸ナトリウムは重曹を使った。
乾燥葉100グラムに対して
炭酸ナトリウム・・・15グラムを3回分(計45グラム)
ハイドロサルファイトナトリウム・・・15グラムを3回分(計45グラム)

実際の量はとれた乾燥葉によって比例計算して、薬品の量が決まる。

乾燥葉100グラムに対して2リットルの水を注ぎ、およそ10分から15分煮る。
煮汁を布(私は使い古したタオルを3枚ほど重ねて使用)でこして、煮汁はすてる。
本には「下水にすてる」と書かれているが、私は植木のまわりにまいた。

こした葉に、もう一度水1.5リットル(乾燥葉100グラムあたり)で煮て、
そこへ炭酸ナトリウム15グラム、ハイドロサルファイト15グラムを入れて、10分から15分煮る。
においがとても強いので、換気に注意するようにと本には書かれている。
薬品が飛び散らないように注意して作業をすすめた。

液の表面がこい青色になったら煮汁をこし、バケツにうつす。
バケツにうつした液は、表面はこい青色だが、中は黄色だ。
こした葉に水、炭酸ナトリウム、ハイドロサルファイトをいれて煮たあとにその煮汁をこす、という作業をさらに2回くりかえし、藍の葉から染料を引き出す。

染めるTシャツを準備する。 綿100%のものを買ってきた。同じ綿100バーセントと表示されているが、生産国とメーカーによって色が違うのがおもしろい。
染める前に水洗いをしておく。
これで準備完了。

 

 

 

 

 

 

藍染め 2017年

今年は5月5日に藍の種をまき、9月30日に藍を刈った。 写真は藍を刈ったあと、葉が出てきたところ。約1週間ほど天日干しした。

65グラムほどの乾燥葉がとれた。

今回は手に入りやすい薬品で染めてみることにした。

ハイドロサルファイトナトリウムのかわりに衣服用漂白剤の「ハイドロハイター」をつかう。
炭酸ナトリウムとして「消石灰」を使うことにした。
「ハイドロハイター」は近くの大型薬局にあった。
「消石灰」は大型スーパーの肥料売り場で購入。
かなり安く買うことができた。

参考にした本は以前も使った「そだててあそぼう18 アイの絵本」(農文協)。絵本なのでよくわかる。

本によると、

乾燥葉・・・100グラム
水・・・2リットル
炭酸ナトリウム・・・15グラム
ハイドロサルファイトナトリウム
       ・・・15グラム

というのが基本になる。
これを比例計算して藍染をすることにした。

65グラムの乾燥葉なので、1.2リットルほどの水を入れて15分ほど煮る。

煮た藍の葉をタオルなどで濾過する。

1回目の濾過した液は廃棄する。
ここまでは準備段階。

15分煮て絞った藍の葉が主役。
ここに1リットル余りの水を入れて再び煮る。水の量は計算では1.1リットルぐらいだが、それよりは少し多めにしている。

沸騰し始めたら、消石灰を12グラム、ハイドロハイターを12グラム入れる。
必要な正確な分量はわからないが、炭酸ナトリウムとハイドロサルファイトナトリウムの分量と同じと仮定して量をきめた。
実際は1グラムぐらい多めに入れている。

タオルで溶液を濾過する。熱いのでやけどに注意。
右が染液を絞り出したあとの藍の葉。
この葉に水を1リットル余り加えて煮る。

沸騰し始めたら、消石灰と、ハイドロハイターを前回と同じ量を入れ、15分ほど煮詰める。 このことを全部で3回繰り返して、染液を集める。左の写真のように藍の青色が見えてくる。

上の写真左は、3回目の抽出のあとの藍の葉の様子。 3回かけて集めた染液に、白い綿の布を入れる。染液の温度は40度〜45度。下がれば温めることが必要。

5分漬けて空気中に広げる。黄色だった布がみるみると青に変化していく。
この作業を3回くりかえる。

左が3回染めたあとの様子。

きれいな藍色がでてきている。
真っ白だった布が、藍の染液につけると緑色になり、空気に触れるとみるみる青に代わっていくのは本当に不思議だ。
化学反応で説明できるのだが、そのことを知っていても感動する。
日本に藍染の技術が入ってきたのは5世紀ごろといわれている。その当時の人は非常に驚いたにちがいない。
正倉院にはいくつもの藍染めされた宝物があるそうだ。

水洗いしてベランダで干す。ショールも染めてみた。全く同じ染液に入れているのに、木綿のように鮮やかには染まらなかった。化学繊維が使われているのかもしれない。

これで完成としよう。
愛を使って染めても、使う生地によって染め上がりが変わってくるのもおもしろい。
種が取れたら、来年も実験してみよう。

注意:煮た藍の葉は、臭いがきついのでビニール袋に入れて生ゴミとして処分した。
   また染液は下水に流すように本では書かれている。
   私は庭の植物を植えていない部分の土にしみこませた。
   前回は手が藍で染まったので、ビニールの手袋を用意した。
   指が染まることはなかった。この手袋は必需品。
   やけどをしないように注意。染液の温度は高いことを忘れないこと。

 

 

 

ベランダには秋の気配

img_4315

img_4316

二階のベランダに植えた、オクラに実がなった。

今年ベランダに植えたのは、オクラ、ニガウリ、バジル、そして藍。

写真は初めて植えたオクラ。
オクラがこんな風に実をつけるとは全く知らなかったので、ちょっと感激。
最近の小学校では、朝顔とオクラを鉢植えしていると聞いて、私もどちらも植えてみた。
成長の速さが全く違う。朝顔は8月くらいから花が咲きだしたが、オクラは今。9月も下旬だ。

img_4320

 

img_4307

img_4323

ニガウリは昨年初めて植えて、1本しか収穫できなかった。水やりが思うようにうまくいかず、酷暑といってよい暑さのためで失敗だった。
今年は水やりに注意をしたので、いくつか実がなってきている。

こうしてみると、花が咲いて、そこから実がなるのがよくわかる。右はオクラの花。お隣さんのオクラに花が咲いていたので写真をとらせてもらった。しかし自分の家のオクラの花が咲いたことには気がつかず、実がなっているのを発見したので、ちょっと花に注意をしてみていこう。

img_4311

img_4313

藍を植えて3回目。
ベランダの暑さをよく耐えている。プランターの一つは、もう花が咲き始めている。
今年は、種をまく時に、少しいい加減だったので、密集しすぎてしまった。何回か余分な芽を抜いていったが、もう少し余裕を持って植えればよかったと反省。
今年も、種を取ることと藍染の挑戦をしょうと思っている。

img_4305一番元気なのは、バジル。 バジルはこれまで失敗したことがない。食卓のハーブとして活躍している。 最近はパンにハーブの粉末を入れて発酵させると、風味がまして美味しいことを発見した。
今年はバジルの種を巻きすぎて、あまりにもたくさんの芽が出たので、ご近所に分けた。あげたハーブのほうが元気に育っているなあ、と思っていたら、ベランダのハーブは旅行中に大きく育っていた。

img_4302

これはコーヒーの木。

タネから育てようと種を手に入れて植えることを何回かしたが全て失敗。
この苗木はプラウの花屋さんで昨年見つけたもの。
一冬を越し、この春まで持ったので、鉢を少し大きめにした。
それでも大きくならないので、土ごと変えることにして夏の初めに植木鉢から土ごと取り出してみた。すると虫の幼虫がいたのでびっくりした。
植木鉢ごと取り替えると、この厳しい夏も乗り越えながら、新しい葉をだしてきた。
これかが楽しみ。

img_4322img_2954

我が家で取れたオクラのサラダと、ゴーヤチャンプル。

ゴーヤチャンプルは沖縄で買ってきたゴーヤチャンプルの素をつかった。
量は少ないけれど、自分の作った野菜で料理するのはまた楽しい。来年も、今年以上にベランダを活用して野菜を作ってみたいものだ。

img_4327

こちらは朝顔。
朝顔の方は、そろそろ終わりに近づいている。
今年の夏も大変暑かったので、水やりに気をつけたが、旅行で家を開けると、すっかりしおれていることがあった。
お隣の人も、気を使って水をまいてくれたこともあり、それは本当にありがたかった。

今週も30度を超える日があると天気予報では言っているが、秋が近づいているのはまちがいない。