山月記と英語

Enjoy Simple English の5月号は「山月記」がのっていた。
「山月記」は人間が虎になってしまった話だ、という記憶があった。
ラジオでこの小説を誰かが朗読して、解説しているのを聞いたような気もする。

後で調べてみると、「高校の現代国語の教科書にのっていた、それも全教科書会社の現代国語にとりあげられていた」、ということがわかった。しかし私は高校でこの小説を習った、という記憶は全く残っていない。現代国語の先生には申し訳ないが、、。
このへんのことは、またあとから詳しく書こうと思う。

著者の中島敦さんの文章は、漢文じみて正直ちよっと読みにくい。
出だしはこのように始まる。

隴西の李徴りちょうは博学才穎さいえい、天宝の末年、若くして名を虎榜こぼうに連ね、ついで江南尉こうなんいに補せられたが、性、狷介けんかいみずかたのむところすこぶる厚く、賤吏せんりに甘んずるをいさぎよしとしなかった。



(青空文庫より)

Enjoy Simple English では、次のように英訳されている。

Licho  from  Longxi  was  intelligent  and  talented.   At  a very young age, he passed  a  very  difficult  test  called  the  kakyo  so  he  could  become  a      government  official.   He  was  then  sent  to  an  area  called  Konan  to  be  the  leader  of  the  army  and  prison  department.    Bat Licho was too proud to do that job.

英語で読めば、なるほどとわかる。

「山月記」での授業で、討論になるところが2つあるという。
一つは李徴の書いた詩について、友人の袁傪の抱いた感想についてである。

本文を見てみよう。

しかし、袁傪は感嘆しながらも漠然ばくぜんと次のように感じていた。成程なるほど、作者の素質が第一流に属するものであることは疑いない。しかし、このままでは、第一流の作品となるのには、何処どこか(非常に微妙な点において)欠けるところがあるのではないか、と。

この部分はよくわかる。英語ではどのように書かれているだろう。

You  could  tell  the  poet  was  very  talented.                                                  Ensan  was  impressed  but   thought,   “Licho  could  have  become  a  great  poet.  But  there  is  something  missing  for  the   poems to  be  really  great.”

何が欠けているのか、何が missing  なのか。
このことをテーマにして高校の現国の時間で話し合うことが多かったそうだ(「山月記」はなぜ国民教材となったのか」大修館書房 佐野幹著)が、私の記憶にはない。原文を読んでも直接的な答えが書かれていないのだから、話し合うことそのことに重点が置かれていたのかもしれない。

もう一つは、虎になった原因を考えるところ。
李徴は自分でこのように言っている。少し長いが青空文庫より引用する。

何故なぜこんな運命になったか判らぬと、先刻は言ったが、しかし、考えようにれば、思い当ることが全然ないでもない。人間であった時、おれは努めて人とのまじわりを避けた。人々は己を倨傲きょごうだ、尊大だといった。実は、それがほとん羞恥心しゅうちしんに近いものであることを、人々は知らなかった。勿論もちろん、曾ての郷党きょうとうの鬼才といわれた自分に、自尊心が無かったとはわない。しかし、それは臆病おくびょうな自尊心とでもいうべきものであった。己は詩によって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、求めて詩友と交って切磋琢磨せっさたくまに努めたりすることをしなかった。かといって、又、己は俗物の間にすることもいさぎよしとしなかった。共に、我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為せいである。おのれたまあらざることをおそれるがゆえに、あえて刻苦してみがこうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々ろくろくとしてかわらに伍することも出来なかった。おれは次第に世と離れ、人と遠ざかり、憤悶ふんもん慙恚ざんいとによって益々ますますおのれの内なる臆病な自尊心を飼いふとらせる結果になった。人間は誰でも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという。おれの場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。これが己を損い、妻子を苦しめ、友人を傷つけ、果ては、己の外形をかくの如く、内心にふさわしいものに変えて了ったのだ。今思えば、全く、己は、己のっていたわずかばかりの才能を空費して了った訳だ。人生は何事をもさぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短いなどと口先ばかりの警句をろうしながら、事実は、才能の不足を暴露ばくろするかも知れないとの卑怯ひきょう危惧きぐと、刻苦をいとう怠惰とが己のすべてだったのだ。己よりも遥かに乏しい才能でありながら、それを専一に磨いたがために、堂々たる詩家となった者が幾らでもいるのだ。虎と成り果てた今、己はようやくそれに気が付いた。それを思うと、己は今も胸をかれるような悔を感じる。己には最早人間としての生活は出来ない。たとえ、今、己が頭の中で、どんな優れた詩を作ったにしたところで、どういう手段で発表できよう。

Enjoy Simple English の英訳は次のようにまとめている。

I  said  before  that  I  don’t  know  why  this  happened  to  me.  but  I  have  an  idea.  I  wanted  to  become  a  great  poet.  But  I  didn’t  have  a  teacher  or  try  to  improve  my  writing  with  other  people  with  the  same  dream.
Not  only  that,  I  was  not  happy  living  with  people.
 I  worried  that  I  wasn’t  good  enough,  so  I  never  tried  to  improve  my  writing.

But  at  the  same  time,   I  half  believed  that  I  was  good  enough,  so  I    couldn’t  be happy  living  a  normal  life.
I  had both cowardly  pride  and  arrogant  shame  inside  me.  I  have  heard  people say,  “Each  of  us  is  an  animal  trainer.  We train  the  animal  within  us.  That  animal  is  who  we  really  are.”
  My  animal  is  a  tiger.  It  made  me  a  bad  person  and  made  me  hurt  my  family  and  friends.
The tiger  was  inside  of  me,  but  now  my  inside  and  outside  look  the    same.
I  can  no  longer  live  as  a  human.  And  even  if  I  could  wirte  a  great     poem  now,  there  is  no way  for  me  to  tell it  to  people  anymore.   
 
我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心

李徴の自分自身の分析によると、自分が虎になったのは「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」によるものだと言っている。
その部分の英語は cowardly  pride  and  arrogant  shame  となっている。

cowardly  は文字通り「臆病な」という意味の形容詞。

arrogant  は「傲慢な、尊大な、横柄な」という意味の形容詞(どちらも Eゲイト英和辞典 ベネッセ による)

原文通りの形容詞を、英単語の形容詞から選んでかかれている。

「臆病な自尊心」「尊大な羞恥心」、これは日本語でも難解な言葉だと私は思う。
これについて高校の現国の授業の中で議論する指導がなされてきたそうだ(「山月記」はなぜ国民教材となったのか」より)。
議論することはできても、どこが終着点なのだろう? と私は思ってしまう。

高校の現代国語の時間に、1回だけ班で話し合いをしたことを覚えている。
たしか安部公房の作品だったことまで思い出すが、作品名は覚えていない。それぞれがなにか意見を言ったが、授業の最後に「現代社会の矛盾」という大きな概念でくくられてしまったかなあ、というぼんやりした記憶があるが、、、それ以上のことは覚えていない。

さて、そういった「文学論」とか「授業論」はまたの機会に考えることにして、「山月記」も原文と英訳文を比べながら詠むと、自分ではよくわかる気がする。
英訳した人の読みが確かなのだろう。原作をしっかり理解していなと、英語に翻訳するときに困るだろうと思う。日本や世界の名作を、私にとって読みやすい英語にしたものを詠むことは、両方の理解にとって役立つと思った。

 

 

 

 

 

枕草子を英語で④

「枕草子」小説風にしたものがいくつかあった。
私が読んだなかで、田辺聖子さんの「むかし・あけぼの」がおもしろかった。
清少納言がまだ宮中にあがる前から始まり、中宮定子がなくなったあとの清少納言まで物語が語られている。
枕草子で描かれている中宮定子をみごとに小説の中に活かしたもので、上下2冊、内容もたっぷりのものだった。田辺さんは清少納言になりきっている。
この「むかし・あけぼの」で、貴族階級のものの考え方、庶民を見る目、身分制度(差別)が、私にはよくわかった。

さて、Enjoy Simple English 4月号の「枕草子」の最終週は、以下の3つの段。

Things that make you sad

世の中に、なほいと心憂きものは、人ににくまれむことこそあるべけれ。誰てふもの狂ひか、我、人にさ思はれむ、とは思はむ。されど、自然に、宮仕へ所にも、親、はらからの中にても、思はるる、思はれぬがあるぞ、いとわびしきや。 よき人の御ことは、さらなり、下衆(げす)などのほどにも、親などのかなしうする子は、目立て、耳立てられて、いたはしうこそおぼゆれ。見るかひあるは、ことわり、いかが思はざらむ、とおぼゆ。 ことなることなきは、また、これをかなしと思ふらむは、親なればぞかしと、あはれなり。親にも、君にも、すべてうちかたらふ人にも、人に思はれむばかり、めでたきことはあらじ。
     (角川ソフィア文庫 252段、日栄社 251段)

I think many people don’t want to be hated.

「世の中で、やはり一番イヤなのは、人に憎まれることだろう」(角川ソフィア文庫)
「この世の中でやはりつらい情けないと思うことは、人に憎まれるということが一番だろう」(日栄社)

Love can come from parents, someone you work for, or someone you are close with. 
It does not matter where the love comes from.

「親にでも主人にでも、だれかちょっとした話し相手にでも、愛されるほどすばらしいことはあるまい」(角川ソフィア文庫)
「親にもご主人にも、すべてお付き合いをしている人にも、とにかく人に愛されるということ以上に素晴らしいことはあるまい」(日栄社)

1000年以上の人の心や気持ち、感じ方が現在のわたしたちと変わらないのだなあと感じてしまうところ。だから「枕草子」は読みつがれてきたのかもしれない。

Men are mysterious

男こそ、なほいとありがたくあやしき心地したるものはあれ。いと清げなる人を捨てて、憎げなる人を持たるもあやしかし。公所に入り立ちする男、家の子などは、あるが中に、よからむをこそは、選りて思ひたまはめ。およぶまじからむきはをだに、めでたしと思はむを、死ぬばかりも思ひかかれかし。人のむすめ、まだ見ぬ人などをも、よしと聞くをこそは、いかでとも思ふなれ。かつ女の目にもわろしと思ふを思ふは、いかなることにかあらむ。
かたちいとよく、心もをかしき人の、手もよう書き、歌もあはれによみて、恨みおこせなどするを、返りごとはさかしらにうちするものから、寄りつかず、らうたげにうち嘆きてゐたるを、見捨てて行きなどするは、あさましう、公腹立ちて、見証の心地も心憂く見ゆべけれど、身の上にては、つゆ心苦しさを思ひ知らぬよ。(日栄社 252段)

Men think in the most mysterious ways. They break up with beautiful women and marry ugly ones. It is a mystery to me.

「男というものほど、世にも珍しくつかみどころのない了見を持ったものはいない。
絶世の美女を問題にもせず、不器量な女を妻として仲良く暮らしているなんてのは理解に苦しむ」(日栄社 イラスト古典全訳枕草紙訳)

ここは男性不信? なにか清少納言の個人的な体験がこれを書かしているのかなあ、と思えるところ。平安時代の女性の普遍的な価値観なのか、清少納言だけの受け取りなのか、浅学な私にはわからないところ。

When hearing someone talking badly about others

人の上言ふを腹立つ人こそ、いとわりなけれ。いかでか言はではあらむ。我が身をば差し置きて、さばかりもどかしく言はまほしきものやはある。
されど、けしからぬやうにもあり、また、おのづから聞きつけて、恨みもぞする、あいなし。
また、思ひ放つまじきあたりは、いとほしなど思ひ解けば、念じて言はぬをや。さだになくは、うちいで、笑ひもしつべし。
(日栄社254段、角川ソフィア文庫255段)

I really don’t understand  why people get angry when they hear someone talking badly about others. You can’t stop.
 
「人の悪口を言うのを怒る人は、わけがわからない。どうして言わずにいられようか。」(角川ソフィア文庫)
「他人の噂をするのを聞いて腹を立てる人があるが、全くえたいがしれない。どうして噂話をしないでいられよう」(日栄社)
 
I know it’s a bad things to do.  Most often, the people you talk about hear about it and start to hate you,  So, I guess it’s not worth talking about others.
 
「でも、あまり感心できないことだろうし、その上、当人が自然聞きつけて恨んだりするから、困ったもの」(角川ソフィア文庫)
「しかし噂話というものは、褒められたことではないし、また当人が自然と耳にして恨むかも知れないのがまずい」(日栄社)
 
人の噂話や悪口をとりあげているところ。単なる道徳的な話に終わるのではないところが、清少納言らしいところかも知れない。
しかし、私は読みながらハラハラしたのは事実。こんなこと書いていいのかなあ。
でも平安時代と今の感覚をくらべて、意識がほとんど変わっていなところがよく分かる。こういったところが現代でも枕草紙のファンが多い理由だろう。
 
今回英語で枕草紙を読むということをやってみたけれど、原文と英文と現代語訳の3つを比べながら読んでみると、案外よく分かることに気がついた。
これはなかなかいい勉強法かも知れない。
中学や高校で、枕草紙の勉強をかじった程度なので、古文そのものの理解力はつかないかもしれないが、その内容にふれることができたと思う。
NHKのEnjoy Simple English は、面白い英語の本だと思った。今年は毎月買ってみよう。
 
 
 

 

枕草子を英語で

The Pillow Book

久々英語のラジオ講座のテキストを買った。

左の「Enjoy Simple English」だ。
「辞書がなくても読めた、聞けたを毎日体感!」というキャッチフレーズで売り出している。私も何年か聞いているが、毎日5分の英文をシャワーのように浴びるように聞くもので、内容が結構面白い。

しばらく忙しくて聞く暇がなかったが、今年はJapanese Classicsとして、「枕草子」が取り上げられているので、買うことにした。

枕草子を英語でいうと、The Pillow  Book というとは、そのままじゃないかと思いながら読んでみた。

For spring, 

春はあけぼの。やうよう白くなりゆく、山際すこし明かりて、紫立ちたる雲の細くたなびきたる。

ここは英語ではどのように表現されているのだろう。

 For spring, it is the dawn that is most beautiful.
The skies on top of mountains become lighter and lighter with the rising of the sun.
The long thin clouds that turn light purple are a sight to be enjoyed, too.

清少納言の書く「枕草子」は、短い文章で書かれているのが特徴。それを英訳するときには、言外に含まれている内容を言葉にして表現する必要があることがわかる。

「枕草子」の「春はあけぼの・・・」の段は、このあとに夏、秋、冬と続く。
350字ぐらい、原稿用紙1枚に満たない文章である。
Enjoy Simple English ではB5の用紙で1枚半ぐらいかけて英訳されている。

しかし本文を知らない日本人が読むと、その内容がよく分かるのは確かだ。
そこにこの Enjoy Simple English のテキストの面白さがあると思う。

Things that make your heart dance

「心ときめきするもの。雀の子飼ひ。乳児(ちご)遊ばするところの前渡る。
よき薫き物(たきもの)たきて、一人臥したる。唐鏡(からかがみ)のすこし暗きみたる。よき男の、車停めて、案内し問わせたる。 頭(かしら)洗ひ、化粧じて、香ばしう染(し)みたる衣(きぬ)など着たる。ことに見る人なき所にても、心のうちは、なほいとをかし。 待つ人などのある夜、雨の音、風の吹き揺るがすも、ふと驚かる。」 第26段「心ときめきするも」より

英訳を見てみよう。

Things that make your heart dance: Keeping baby birds as pets.
Passing by people playing with their babies.
Lying down alone in a room with incense burning.
When you look into a foggy mirror from a foreign country.
When you see a man of high rank stop his wagon and get his servant to ask someone something.
When you wash your hair, do your make up, and wear a nice-smelling kimono. Even if no one sees you all dressed up, your heart dances, and it’s a nice feeling.
The sounds of rain or the rattle of the house when the wind blows while you wait for your lover to come.
Those sounds make your heart skip a beat.

ここは清少納言の美意識が書かれているところで、今の時代にも通じるセンスを感じる文章。原文の短いセンテンスでは、現代の人には説明不足で、一読ではわかりにくい感じがする(私はそうだ)が、英訳のほうがなんとなく雰囲気がわかるような気がする。「ときめく」が
make your heart dance
と訳すとは、知らなかった。 

「枕草子」は、高校の時の古文で、いくつかの段を勉強したことがあるが、全体についてはよく知らなかった。
図書館や家にある本を調べてみると、大きくわけて4系統の写本があるそうだ。
左の本(NHK 出版 山口仲美著 「100分で名著ブックス 枕草子 清少納言 どうして、春はあけぼの?)によると、
①三巻にまとめられた三巻本系統
②歌人・能因のところに伝わった能因本(伝統因所持本ともいう)
③前田家に伝わった前田家本
④堺に住む僧に伝わった堺本系統
の4種類だそうだ。
その写本は、内容を見ると配列の順序が大きく違っていると言う。したがって「何段」といっても、写本によってその内容は違ってくる。現在の多くは三巻系統の本が多く使われているそうだ。

「心ときめき・・・」の段は、ここでは第26段と書いたが、それは左の本、
(角川ソフィア文庫 「枕草子」)によっている。

しかし講談社の 大庭みな子著 「枕草子」では第29段に分類されている。

日栄社 橋本 武著 「イラスト古典全訳 枕草子」では、第27段とされている。使っている写本によって段は違っているのがわかる。

したがって枕草子の場合は第何段といっても写本によってその内容は変わってくるのでその段の最初のいくつかの言葉をそえて説明するようだ。
第1段「はるはあけぼの・・・」
第26段「心ときめき・・」のように書かれていることが多いのは、そういう理由があらからということがわかった。

今回は Enjoy Simple English の1日分をとりあげた。残りの分は次回に書く予定。