古事記を英語で読む4

黄泉の国

 In a deep,dark place underground, there was the Land of Yomi, the land of the dead.
Izanaki walked to the door  of the big palace of Yomi.
He called out to his dead wife, “My dearest wife, come back home with me.”
Izanami answered.
“My dearest husband, I wish you had come earlier.
I have already eaten food cooked in this land.
Once you eat that food, you cannot leave.
But let me go and ask the gods of Yomi if I can leave with you.
Just promise me not to look inside.”
“I promise.”

「美しい私の妻、伊耶那美命よ。あなたとわたしとで作らねばならない国は、まだ作り終えてはいないのですよ。ここにいてはいけない。いっしょに帰りましょう」
「くやしいと思います。どうしてあなたは、もっと早くおいでになってくださらなかったのですか。
私は黄泉の国のかまどで料理されたものを食べてしまいました。
わたしはもう黄泉の国の者なのです。 わざわざ黄泉の国までおいでになってあなたのお心を、ありがたく思わなければいけません。
そのお心を思えば、私だとて帰りたいと思うのです。ですから私は、そのことを黄泉の国の神々とご相談いたしましょう。
お願いが一つあります。どうか私がその黄泉の国の神々と話し合っている間、中を覗かないでください。私の姿を見ないでください。」(橋本治さんの「古事記」より)

Izanaki waited, but Izanami did not return.
Izanaki became worried and broke his promise.
He looked inside the door.

見てはいけないという約束を破ってしまった伊邪那岐命が見たものは、

It was very dark and smelled very badly.
Izanaki went inside and saw his wife’s dead body with baby flies coming out of it.
Eight gods of the Land of Yomi were also sitting on top of it.
Although they were called gods,they were actually evil monsters. Izanaki started to run away.
He heard his wife’s voice from the dark,
“You broke your promise!”

橋本治さんの「古事記」から、その部分を抜書きすると、

「暗い奥で、青白い炎のようなものが光っています。ゴロゴロときみのわるい地鳴りのような音がします。くさったようないやな匂いがしました。
・・・動いていると思われたのは、ウジ虫でした。暗い中に横たわっている伊耶那美命の体の周りを、びっしりとウジ虫がとりまいているのです。
横たわった伊耶那美命の頭の上には、たいそう醜悪なそして大きな魔物が座っていました。・・・頭、胸、腹、股、両手、両足の先に座っているのは、神とは名ばかりの醜悪な魔物たち、ー「雷(イカヅチ)」と呼ばれる黄泉の国の神々でした。」

橋本治さんの「古事記」には、「雷」の説明が注として記されている。

「原文には『大雷、火雷、鳴雷、伏雷、土雷』などと記されている。古代中国では雷は春から夏に地上に降りて雷獣というものになると考えられていた。雷獣は秋から冬にかけては土の中に伏していて、豚や羊に似て、食べることもできるとされていた。それから考えると、ここの「伏している雷・土の雷」というのも、雷を雷獣のようなものと考えていたことから思いついたものだろうー略ー」

(上に引用した、こうの史代さんのマンガには、橋本治さんの紹介している5人の雷の他に、黒雷、折雷、若雷の3人が描かれていて、合計8人の神の姿がわかる)

「約束をやぶったわね!!」と怒る伊耶那美命。
古事記の原文では「吾に辱見せつ(あれにはじみせつ)」とある。
橋本治さんの「古事記」には、「わたしに恥をかかせましたね!」と訳されている。

里中満智子さんのマンガでは、ギリシャ神話にもよく似た話があると紹介している。
古事記とギリシア神話によく似た話があるというのは、人間というものの性質なんだろうか?
里中満智子さんは「男ってどうしてこうなんでしょう? 愛する妻が生き返るチャンスなのにがまんできないなんて・・・」と書かれている。確かにそうかもしれない。

さて、このあと伊邪那岐命はどうするのか?

 

 

 

古事記を英語で読む3

火の神と伊邪那岐命(イザナキノミコト)

But then something bad happened.
Izanami died because she was badly burned while bringing the fire god into this world.
Izanaki cried and cred because his wife was now gone.
“Oh, why did hyou die, my dearest wife?”

Izanaki buried his wife in the mountains and then looke at the fire god with anger.
“You killed my wife!”
He pulled out his sword and killed the fire god by cutting off his head.
The fire god’s blood ran down the sword and created 16 new gods.
This is the reason why swords are believed to have special powers today.

橋本治さんの「古事記」から、上の文章の後半を記すと、
「伊耶那美命の埋葬を終えられても、伊邪那岐命の悲しみは癒やされませんでした。
『にくいのはこれだ』と、伊邪那岐命は、腰につるされた、長さが十(とお)つらねたほどもある剣をぬかれました。
 この剣の名は「アメノオハハリ」と申します。鋭い切れ味を持つアメノオハハリを抜かれると、伊邪那岐命は、伊耶那美命を死に追いやってしまった火の神の首をはねてしまったのです。」

左の「こうの史代さんの書かれた古事記」の、赤い丸で印したところが、「十拳剣(とつかのつるぎ)」を抜いて、火の神の首(迦具土神かぐつちのかみ)の頸(くび)をはねたという記述部分。

上の英文にあるように、多くの神々が誕生する。

The fire god’s blood ran down the sword and created 16 new gods.

橋本治さんの「古事記」によると、
「火の神の体から飛び散った血は伊邪那岐命の剣の刃をぬらし、そこから岩の上にしたたり落ちました。刀の切れ味の鋭さ、強さを表す神々、イワサクの神(岩祈神)、ネサクの神(根祈神)、イワツツノオの神(石筒之男神)は、その血から生まれました。
火の神の体から飛び散った血は、また剣のつばもぬらし、その血は別の岩にもしたたり落ちました。そこから生まれ出たのは、切り殺す刀の威力のはげしさ、恐ろしさを表す神々、ミカハヤヒの神(甕速日神)、ヒハヤヒの神(樋速日神)、タケミカヅチの神(建御雷之男神)です。
火の神の体から飛びちった血は、さらに剣の柄(つか)から伊邪那岐命の手も濡らしましたが、そこからは雲を呼ぶ龍の神(闇淤加美神 クラオカミノカミ)、雨を降らす神(闇御津羽神 クラミツハノカミ)が生まれました。・・・」

ここまでで8人の神が誕生している。

左は「こうの史代さんのぼうるぺん古事記」の、火の神からの多くの神が誕生する部分の一部。

  1. 正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ、迦具土神の頭から生まれる)山の頂の神
  2. 淤縢山津見神(おどやまつみのかみ、迦具土神の胸から生まれる)山の中腹の神
  3. 奥山津見神(おくやまつみのかみ、迦具土神の腹から生まれる)深山の神
  4. 闇山津見神(くらやまつみのかみ、迦具土神の性器から生まれる)谷間の神
  5. 志藝山津見神(しぎやまつみのかみ、迦具土神の左手から生まれる)樹木の神?
  6. 羽山津見神(はやまつみのかみ、迦具土神の右手から生まれる)麓の山の神
  7. 原山津見神(はらやまつみのかみ、迦具土神の左足から生まれる)峰が平らな山の神
  8. 戸山津見神(とやまつみのかみ、迦具土神の右足から生まれる)端っこの山の神
    これで8人の神、合わせて16人の神が誕生している。

This is the reason why swords are believed to have special powers today.

この部分の説明に相当するのが、橋本治さんの「古事記」では、

「切れ味の鋭い剣は、飛び散る火花の中からうまれますが、火は雲を呼び、やがてその雲は雨をもたらします。火の中から生まれる剣というものには様々な霊力が宿っていますが、それは、剣の中からこのような神々が生まれたからなのです。」

と書かれている部分と思われる。

 Izanaki wanted to see his wife again very much.
But his wife was now in a place where dead people were, the Land of Yomi.
Izanaki couldn’t give her up.
So he decided to go to the Land of Yomi amd bring Izanami back with him.

黄泉の国から伊耶那美命を連れ返そうと考える伊邪那美命。
そこからの展開は・・・・・

次回の放送は
The Land of the Dead

 

古事記を英語で読む

NHKラジオ講座(英語)に
Enjoy Simple English
がある。
一日5分間だけの放送、しかし中身は充実している。
金曜日は「英語で味わう日本文学」。今月は「古事記」。
以前に「枕草子」がこの番組で紹介された。
しばらくこの番組を聞いていなかったのだが、「古事記」というテーマなので久々に聞いてみることにした。

ところで「古事記」という文学は知っているようで知らなかったことに気づかされた。
私は小学校のときに「日本の神話」というような題名の本を読んでいたが、時とともにその記憶も定かでなくなってきた。

今回英語て「古事記」を読むにあたってもう一度勉強し直そうと思った。
そこで内容がよく分かるようにと次の三冊を図書館で借りてきた。

「21世紀版 少年少女古典文学館 
古事記」(橋本 治 著、講談社)

マンガ古典文学 古事記
(里中満智子 著、 小学館)

ぼおるぺん 古事記
(こうの史代 著、平凡社)

最初の一冊だけがふつうの翻訳版の「古事記」で、あとの2つは「マンガ」だ。
しかしこの三冊はなかなか工夫されていて、英語で書かれた「The Kojiki」を理解するのに役に立ちそうだ。

4月2日の放送は
「The Kojiki − The Begininig 」

This story took place a long, long time ago.
The world was just beginning.
Then the world divided into two, the land above the sky and the land below the sky. In the land above the sky, the first three gods appeared. At that time, the land below the sky was still soft and unshaped like a jellyfish.

「古事記」は漢文で書かれている。そのため私達は現代語に翻訳したものを読んでいるわけだが(枕草子や源氏物語のように)、その原文というのはどんなものなのだろう。ネットでしらべると様々な本が紹介されている。
ここでは私の借りてきた本にその原文が載せられていたので、紹介する。

こうの史代さんが、ホールペンで1ページに縦に約50字・横40行で4ベージにわたって漢文で「古事記」を書き写して紹介している。

天地初發之時於高天原成神名天之御中主神・・・

天地(あめつち)の初(はじ)めて發(ひら)くる時(とき)、高天原(たかまのはら)に成(な)れる神、名は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・・・

という「有名な」文言から始まる。続いて

次に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、次に神産巣日神(かみむすひのかみ)、此の三柱の神は並(みな)独(ひとり)神也りまして隠身(かくれみ)なり。

ここまでが、こうの史代さんの漢文の1行目の内容である。またそれは

Enjoy Simple English

the first three gods appeared.

の部分に相当する。
この隠身というのが私には面白く感じられた。
橋本治さんの「古事記」では、
「人にお姿をあらわされるということはないのでした。」
里中満智子さんの「マンガ古典文学古事記」では
「姿形のない『とある存在』としての神が生まれた」
こうの史代さんの「ぼおるぺん古事記」では
点線で神の姿が書かれていて、欄外に
「現世に姿を現さない存在でいらっしゃる」と注が書かれている。
姿かたちのない神と人間の姿をした神が存在している、というのが日本古来の神の捉え方なのかもしれない。

左の「ぼうるぺん古事記」の5行目に
伊邪那岐の神(いざなきのかみ)、伊邪那美の神(いざなみのかみ)が登場する。
二人は天の沼矛(あめのぬぼこ)をもらい、ここから国生み神話がはじまる。
続きは次回に。