なぜ「ゑ」は使われなくなったの 4

これは堺市の小学校1年生が使っている国語の教科書「こくご 1 上」に載せられている50音図(P64,65)。
この50音図の前のページに「あいうえおであそぼう」という教材があり、そこには「やかん ようかん やいゆえよ」
「わくわく わいわい わいうえを」
という言葉が紹介されていて、歴史的仮名遣いにつながる「やいゆえよ」「わいうえを」がのせられている。そして次ページの一覧表には「や (い) ゆ 「え) よ」「わ (い)(う)(え)を」とかっこ付きの一覧表になっている。

光村図書の書写の教科書を見てみよう。

 

書写の教科書の50音図は、教科書の50音図とおなじ表だった。

上の表は東京書籍が出している書写の教科書「新しい書写」の6年生用のもの。
6年生が使うので、ひらがなの元になった漢字が載せられている。しかしヤ行、ワ行はカッコ付きの形になっているのは、光村図書と同じである。

現在使われている教科書「国語」「書写」には、「ゑ」「ゐ」「ヱ」は登場しない。それは文部省の告示に従っているからであろう。

このカッコ付きのヤ行、ワ行について平成22年5月19日に、衆議院において質問されている。その内容を要約すると、
「教科書には「や(い)ゆ(え)よ」「わ(い)(う)(え)を」となっている。現代仮名遣いではヤ行とワ行には「い」や「え」は存在しない。歴史的仮名遣いを教えるのなら、「ヰ」「ヱ」と書くべきだ。小中学校の教科書において50音図はどのように扱われているのか。学習指導要領、教科書県警基準はどうなっているのか」
という内容だ。
この質問に対して内閣総理大臣が衆議院議長あてに答弁書を出している。
この部分を要約すると、
「50音図の取扱いに関する基準は設けていない。教科書に50音図を載せるかどうか、掲載するときにどのような内容にするかは各教科書会社が適切に判断するものである。小学校指導要領に歴史的仮名遣いの指導については触れていないが、やさしい文語調の短歌や俳句などについて指導することになっている。中学校指導要領では歴史的仮名遣いを含む文語のきまりなどについて指導することとしている。」
というようなもので、教科書やドリルなどの50音図の内容は国として関与していない、出版社の判断にまかされている、といった内容だった。

ttps://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/174484.htm

発音の変化があり、表す仮名が複数になったことから、発音どおりに仮名を書くという原則で仮名の整理が進められてきたものと思われる。
現在にも「としゑ」さんや「かずゑ」さんという名前の人がいる。
しかしこれからはそういった表記は減ってくるだろう。小学校のかな文字入門期で教えられる(習う)現代仮名文字が主流になっていくのは、そしてそうなっているのは必然だろう。
これから日本語の表記はどうなっていくのか、音韻の変化はどうなるのか。
それはまだ私の勉強不足のため今後のことは想像もできない。ただ日本語の音と表記が時代とともに変化してきていることが確認できたのはいい勉強になった。

 

 

 

日本語表記の歴史 1

ある時、友人から「ハングルには日本語の『ん』にはないようだ」ということを聞いた。私はハングルには詳しくはないので、ハングルというよりも「日本語の『ん』はいつ頃からあるのだろう?」という疑問が先にわいてきた。

図書館で調べてみると、日本語の歴史に関してたくさんの本があることにびっくりした。左の本がそのうちの一つ。
山口謠司(やまぐち ようじ)さんの本が多く見つかった。

・日本人が忘れてしまった日本語の謎 (日文選書)
・「ひらがな」の誕生 (KADOKAWA )
・日本語の奇跡ー「あいうえと」と「いろは」の発明 (新潮社)
・日本語にとってカタカナとは何か (河出書房新書)
・てんてんー日本語究極の謎にせまる (角川選書)
・んー日本語最後の謎に挑む (新潮社)

こんなにまとまって日本語の歴史について本を読んだことはなかった。

これらの本を読んで、空海(弘法大師)の果たした役割がよくわかる。また漢字が伝わるまで、現在日本とよばれているところに住んでいた人たちが、自分たちの考えや気持ちを伝えるための文字がなかったこと、そして伝わってきた漢字を使いながら現在の日本語へと発展させていった、時間をかけたすごい努力に感心した。

左の本の「仮名の発生」という章が大変興味を引いた。

私達は(私だけかもしれないが)、「いつ、どこで、だれが」ひらがな・カタカナを発明したのだろう?と簡単に思いがちで、クイズの答えのように「はい、西暦〇〇年、〇〇県のどこそこの〇〇という人が作ったんですよ!」と回答があるだろうと思う。

ところがそんな命題は成立しないと強調されるのが左の本の著者の今野真二さん。

「誰が作ったのかという問いそのものが、仮に誰という答えを得たとしても、それが正解であると証明できない問いであることはいうまでもなく、また答えの推測もできないような問いであることは明らかなことだ。いったいどういうことがわかれば答えられるのだろうか。この問いは修辞的な問いとしてしかなりたたないのではないだろうか。・・・略・・・言語は一定の社会集団に共有されて使われる。だから言語に関して誰かが何かを決めるということはまず考えない。この語は誰が作ったのか、この漢字は誰が作ったかは、いずれの問いにも何らかの条件下でなければ問い自体が有効ではないし、もちろん答えを得ることは難しい。」

こんな調子で私の安易な考えを蹴飛ばしていく。

カタカナが漢字の一部からできていることは、小学校のときにならった。ほとんどの人がそうだと思う。
でもそれがどうしてわかるのか。どんな証拠があるのか。
そんな当たり前と思っていたことを丁寧にこの本は説明している。

「ウ冠の漢字はたくさんあるのに、なぜ『宇』とわかるのかといえば、『干』(宇という字のウ冠の下の文字のこと)という字形の片仮名の「ウ」があるからだ。これでもわかりにくい言い方かもしれない。
片仮名の「ウ」が書かれていることが予想される箇所に「干」と書いてあることがあるので、「干」もカタカタの「ウ」であることがわかる、ということだ。
「干」は単独でも「ウ」という発音をもっているが、「漢字の部分を採ったもの」が片仮名だから、「干」は部分でならなければならない。となると、「宇」から採られた、ということになる。
片仮名の「ウ」は、10世紀から12世紀頃までは、いかにも「宇」から採りました、という漢字で、3画目は短く書かれている。しかし室町以降は3画目が長くなっていることが指摘されている。」

上の「宇」から「ウ」までの字形の変化をみると、その事がよく分かる。(この字形の変化は、「見て読んでよくわかる! 日本語の歴史① 古代から平安時代 書き残された古代の日本語(筑摩書房)」から引用した。

このような「ひらがな、カタカナの五十音図」と「元の漢字」の表は、国語の教科書などにものっていたような気がするが、一つ一つ元の漢字を特定していく調査と証拠がためのために、何人もの研究者の努力があったとは、今まで気が付かなかった。

いわゆる「五十音図」とよばれるものは、平安時代に遡ることができるそうだが、私の小学校の教室に貼ってあったあの「五十音図」の歴史は新しいそうだ。「カタカタの五十音図」は明治30年(1900年)の文部省小学校令から、「ひらがなの50音図」は戦後になってから、昭和22年(1947年)からだとは知らなかった。
時代をさかのぼってもう少し調べてみたい。