都七福神めぐり5

次にお参りしたのが「ゑびす神社」。パンフレットには次のように書かれている。
「南座横の大和大路を南へ5分ほど歩くと、「京のゑびっさん」として京都の人々から親しまれているゑびす神社があります。 鎌倉時代初期に建仁寺の鎮守社として創建されたもので、「商売繁盛」の守り神として1月の十日ゑびすは沢山の人たちで賑わいます。 また、栄西禅師が無事中国から帰朝し、お祀りになったという故事から「旅ゑびす」ともいわれ、交通安全の神としても信仰を集めています。」

ビニル越しにお神楽が奉納されているのが見える。
大阪の今宮戎ではお神楽の舞を境内から見ることはできなかった。
今宮戎と比べると少し小ぶりの境内だが、その分アットホームな感じがする神社だ。
ここで七福神にゆかりのあるお守りを買うことにした。

この日は1月10日を過ぎているので、それほど大入り満員という感じではなかったけれど、十日ゑびすは大混雑だっただろうなあと予想できる。

本殿左横に「横参り」という掲示があった。 ネットで調べてみると、下の写真のように板壁がある。
私達が行ったときには、そこには白い布がかぶしてあり、
「新型コロナ対策のため、本殿横の横参りを 中止させていただきます」とかかれた掲示板が置かれていた。

横参りというのは、下の写真によると「ゑびす様のお肩をたたくお参りです。
ノックをされるように優しくお願いいたします」という注意書きが書かれている。

ゑびす様は耳が遠いので、「お参りに来ましたよ」と肩をたたいてお知らせするというお参りの仕方だそうだ。
大阪の今宮戎の本殿裏にある「ドラ」と同じようなものだと思う。
布が貼られていない写真はネットの
https://bqspot.com/kansai/kyoto/7782

より引用したもの。

えびす神という神様の由来はなかなか奥が深い。
京都では「ゑびす神社」、大阪の「今宮戎」、書き表し方もちがう。

ウィキペディアによると、
「えびすは日本の神で、現在では七福神の一員として日本古来の唯一(その他はインドまたは中国由来)の福の神である。古くから漁業の神でもあり、後に留守神、さらには商いの神ともされた。夷、戎、胡、蛭子、蝦夷、恵比須、恵比寿、恵美須、恵美寿などとも表記し、えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼称される。・・・
「えびす」という神は複数あり、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多い。
少数であるが、えびすを少彦名神(すくなひこなのかみ)や彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)とすることもある。
また、外来の神とされることもあり、「えびす」を「戎」や「夷」と書くことは、中央政府が地方の民や東国の者を「えみし」や「えびす」と呼んで、「戎」や「夷」と書いたのと同様で、異邦の者を意味する。
このように多種多様の側面があるため、えびすを祀る神社でも祭神が異なることがある。」

「えびす」にかかわる伝説は多そうだ。私は小野不由美さんのゴーストハントシリーズ「海からくるもの」で蛭子伝説とえびす信仰の関係を知ったことを思い出した。

「ゑびす神社」でお参りを済ませた私達がつぎにむかったのが「六道の辻」。
えびす伝説を考えていた私にとっては、ちょっとゾクッとする感覚。

 

 

 

都七福神めぐり1

京都にある七福神巡りのツアーがあったので参加することにした。 申し込んだのは昨年で、そろそろコロナも減少しているので年を越せば明るい年になるかもしれない、と思っていたとき。
しかし、年があらたまってから急激に増えてきたオミクロン株。
ひょっとしたら直前に中止かも、心配になって前日に旅行会社に電話をかけたら決行するということだったので、心配か安心か微妙な気持ちで当日を迎えた。

トイレ付きの大型バスで、ドライバー、ガイドさん、添乗員さんを加えても20人あまりの参加。
二人がけに一人の座席指定でソーシャルディスタンスを確保している。座る人もなんとなく前後に互い違いに座って距離を開けようとしていた。

私は七福神巡りは初めて。
コースは、
1,赤山禅院(せきざんぜんいん)の福禄寿神。
2,松ヶ崎妙円寺の大黒天。
3,革堂(かくどう、こうどう)の寿老神。
4,ゑびす神社のゑびす神。
5,六波羅蜜寺の弁財天。
6、東寺の毘沙門天。
7、萬福寺の布袋尊。7つの福の神をめぐって京都・宇治へ。

京都につくと、雪が降ってきた。
大阪でも寒い寒いと言いながらでも雪は見なかった年末年始だったが、京都に来て雪を見ることになった。

赤山禅院はどこにあるのだろう。市バスの「修学院離宮道停」で下車とパンフレットに書いてある。
私達は大型の観光バスだったので、バスが停まる駐車場がそこにはない。
バスから降りて15分程度は歩くことになった。赤山禅院について私は知識がなかったのでパンフレットの説明を引用する。
「慈覚大師の遺言によって創設された天台宗法本山・比叡山延暦寺の塔中(たっちゅう)です。

本尊の泰山府君(たいざんふくん)・赤山明神は京都御所の表鬼門に祀られ、方位の守護神として朝野の暑い尊敬を集めています。・・・」とある。

塔頭・塔中(たっちゅう)とは、禅宗寺院で、祖師や門徒高僧の死後その弟子が師の特を慕い、大寺・名刹に寄り添って建てた塔(多くは祖師や高僧の墓塔)や庵などの小院、と辞書には書いてあった。

比叡山延暦寺そのものが京都の鬼門に建てられたお寺というのは有名なこと。さらに赤山禅院も二重の意味で京都の鬼門を守っているということだそうだ。
修学院離宮は有名だけれど赤山禅院が有るのは知らなかった。

山門から本殿までの道の両脇は苔が美しかった。
また「日本最古都七福神」のノボリが色とりどりに染められいて、雪の小道に鮮やかだった。

福禄寿庵のそばには、七福神の像が並んでいた。
福禄寿神とはどんな神様なのだろう。寿老人と間違えることもあるそうだが、赤山禅院直のホームページを見てみよう。

赤山禅院の本尊・赤山大明神は、天にあっては福禄寿神、地にあっては泰山府君とされ、万物の命運を司るとされてきました。福禄寿神は、幸福・高禄・長寿の三徳をあたえられたとされています。みなさまの商売繁盛・延寿・健康・除災を祈願していただくことができます。

左の写真は「都七福神参り」のパンフレットから福禄寿の部分を切り抜いたもの。
長い頭が特徴の福の神様。

「コロナ退散」「世界平和」を願い、祈りを捧げ、雪の舞い散る参道をくだる。次の目的地松崎山妙円寺にある大黒天をめざしてバスは出発。
しかしいつまでこの雪は降り続くのだろう。