ほぼ皆既月食


2021年11月19日。
満月の日。
西の雲の層から顔を出した月はもう欠けていた。
この日はほぼ皆既月食になると言われていた。
池の周りには月食を見ようとする人たちが集まっていた。カメラを持っている人もいた。

月が登るにつれてその月の欠けている割合が大きくなってくる。
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」によると、
2021年11月19日
満月(18時)
皆既に近い部分月食(最大値0.98 、欠けて月の出。最大18時3分。終了19時47分)
とある。

場所を家の近くに移動する。
本来なら満月なのに光っている部分が細くなっていくのは天体ショーのようだ。
少し拡大して撮影すると、地球光によって丸い月がわかる。
今年の5月26日は、皆既月食だったが残念ながら見ることはできなかった。

望遠レンズで撮影をする。
赤い満月、ぼんやりと見えるウサギの耳、リングの端が光って見えるような月。
国立天文台のホームページの記事を紹介すると、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月19日の夕方から宵にかけて、全国で部分月食が見られます。

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。地球の影(本影)によって全て隠される「皆既月食」と、一部が隠される「部分月食」があります。今回は部分月食ですが、月の大部分が影の中に入り込みます。

部分月食の始まりは、16時18.4分です。ただし、北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)となります。今回の月食は、とくに前半で月の高度が低いので、東の空が開けた場所で観察しましょう。

月が最も欠けて見える、食の最大は18時02.9分です。皆既月食の場合には、完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色とも呼ばれる)になって見えることが多いのですが、一方で、多くの部分月食では影の部分の色は暗いだけではっきりしません。ただ今回の部分月食では月の大部分が影に入りますので、食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。

月はその後、空を昇りながら地球の影から出ていきます。19時47.4分には月が影から離れ、部分月食が終わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月食はどうして起きるのだろう。
図書館で借りてきた「げっしょく」(中西昭雄写真、えびなみつる絵、旬報社)には上の図のような説明があった。
太陽、地球、月が一直線上に並び、その時に地球の影によって月の姿が見えなくなるといった説明だ。
ではどうしていつもの満月のときには月食にならないのだろう。2021年には年に2回しか月食にならなかった。

なるほど、月の軌道は傾いているのだ。
同じ満月でも、月の軌道が傾いているため、地球の影に入るときと入らないときがあることが図でよく分かる。地球の影に入ることが珍しいのだ。
月食が赤く見える理由も書いてある。夕焼けが赤く見えるのと同じ理由のようだ。

時刻は19時32分。
月食が終わりかけている。 赤い色もすっかり消えてしまった。

19時59分。 ほぼ満月の状態に戻っている。夕方の17時ごろから20時ごろまでの天体ショー。
月食がおきる理由を知らなかった時代の人たちには、驚くような異変に思えたのに違いない。
しかしネットで調べてみると:前漢時代(紀元前200年ごろ)には月食がおきるのに規則性があることがわかっていたらしい。天文観測が長期的に行われていたのだろうと考えられる。

さて次回の大阪で見える皆既月食は2022年11月8日。ほぼ1年後だ。
次は皆既月食だから完全に満月が地球の影に入ってしまう。ぜひ観測してみたいし、写真にも取りたいものだ。

 

 

 

ハンターズ・ムーン 10月の満月

 10月20日水曜日。満月が昇ってきた。 山の上に雲があるため、地平線から昇ってくる月は撮影できない。
この写真は17時38分ぐらいのもの。
「こよみハンドブック」のデーターでは、月の出は17時19分となっているが、現在地との経度の差、山と雲を超えての月の出だから時間の誤差はある。

10月の満月は、ネイティブアメリカンの言い方だと「ハンターズ・ムーン」と言うそうだ。
狩の季節ということかも知れない。

満月の模様も風景と一緒にとりたいのだが、満月の明るさは並大抵のものではない。
普通にシャッターをきると、月は真っ白になる。
露出をしぼると、街の風景が真っ黒になってしまう。
満月の写真はむずかしい。

2021年10月20日の月齢は
13.7 となっている。
あれ? 満月だから15lじゃないの?と思ってしまうが、そうではない。
前回のブログに平安時代の人たちの月と時間について調べたことを書いたが、それは現代のような精密な時計と観測の時代の感覚とはちがうということ、生活の時間感覚ではなく、物理法則と精密機械のある現在との差を考えておこうということだ。

国立天文台のホームページにこんな記述がある。

「月齢も月の満ち欠けに関連している.定義から月齢0.0が朔の瞬間であることは明らかであるし,平均約29.5日という満ち欠けの周期((朔望月) から,その半分の月齢14.8くらいが望(満月) の瞬間となることも見当がつくだろう.

ただし,月齢が14.8 なら必ず望(満月)になるとは限らない。これは月が地球の周りを楕円運動していることが原因である。・・・・中略・・・・定量的にどれくらい変化するのかを示したのが図3(図は略)で,
ここから望(満月)における月齢は13.9~15.6日と±1日弱もの変動があることがわかるだろう.十五夜が必ずしも満月にならない本質的な原因はここにある。。

詳しい説明は、国立天文台のホームページ(トピックス・月齢について)を参照されたい。

18時43分の月。露出をかなり絞っている。

23時51分の月。ほぼ天頂付近にある。データーでは満月になる直前の月だ。

次の日の朝。
5時1分の空。
この日は雲が多く、満足な月の表面の写真が取れなかった。

この道路はほぼ東西に伸びた道路。
西の空に沈んでいく様子が想像できる。

雲の合間をくぐって月の模様がわかる写真が取れた。
月の模様が時間を追って変化する・ウサギの耳が動いていくことがわかる。

満月の時にいつも話題になるのは、南半球の人はどんな月の模様を見ているのだろうということ。今回はNASAの映像があることが判った。

上の写真は北半球での満月間近な写真。

この写真は「南半球の満月間近な」写真。 月の模様の違いがわかるだろう。

うえの満月は私達がよく見る満月。ウサギの耳が右側上にみえている。
下の写真のウサギは、左側下に耳が見えている。私達が見ない月の模様だ。

ネット検索で、
Moon Phases 2021 – Northern Hemisphere 
Moon Phases 2021 – Southern Hemisphere

を検索すればこの画面に到達できるはず。
上の写真は動画を写真にしたもの。実際にYouTubeでみれば月の満ち欠けの様子もよくわかる。北半球と南半球での満ち欠けの違いもよくわかる。

11月19日は皆既月食に近い状態での月食が観測できるそうだ。
お天気が良いことを祈ろう。

 

 

皆既月食(2018/1/31)とブルー・ムーン

https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

2018年1月31日から2月1日、皆既月食が見られた。
大阪はあいにくの曇り空で、欠け始めまでは見ることができたが、皆既月食中は雲に覆われてしまった。

皆既月食がなぜおきるか、それはテレビでもネット上でよくわかる解説がたくさんあった。それらの多くは国立天文台のホームページが原典になっているように思う。
上に写真がその一部。紹介してあるアドレスから是非見てほしいホームページだ。

地球の影に月が入る、そのイメージがよくわかるのが上の写真だと思う。

自宅から見える月の変化を写真に撮ってみた。

東の空。午後7時ぐらいの月。満月だが周りに雲があるので、月食の様子が最後まで見ることができるのか心配だった。

以下は55mmのレンズで撮った写真をトリミングして拡大したもの。
雲が出てきたので、ピントがもうひとつ。でも記録のために撮った。

左は8時31分。右は8時44分。月のウサギの耳は上を向いている。

左は8時57分。右は9時11分。

左は9時24分。右は9時39分。雲がかかってきた。

この後は曇り空になったため、皆既中の月の姿を写真に撮ることはできなかった。

左の写真が23時39分。右の写真は日が変わり2月1日午前0時8分。
雲からもれる月の光で、皆既月食がおわりにちかづいているのがわかる。

赤銅色の満月を写真に撮りたかったができなかった。
でも月食の様子を時間ごとに撮ったのは初めてなので、寒かったが楽しかった。

スーパームーン・ブルームーン・ブラッドムーン

今回の月は普段より大きな月となっている。1月2日も大きな月だった。 平均より大きな月を「スーパームーン」というそうだ。そうするとこの月は「スーパームーン」と言えるだろう。。
また一月に二回あった満月なので、「ブルームーン」でもあった。
さらに赤銅色の赤い月のことを「ブラッド・ムーン」というと、NHKのテレビ放送でいっていた。 とにかく意味のある満月と皆既月食だったのた。

私が「ブルー・ムーン」と言う言葉を知ったのは、NHKで放送された「こちらブルー・ムーン探偵社」という番組から。
30年ほど前の番組だったが、とてもおもしろかった。ブルース・ウィリスがダイハードシリーズで有名になる前の作品。
左の写真はアマゾンのホームページからの引用。
このとき「ブルー・ムーン」という不思議な言葉を知って、意味を調べたことがあった。
まさか一月に二回ある満月のこととは、初めて知った言葉だった。

それからは「ブルー・ムーン」については、時々話題になっているのは知っていたが、あまり気にしたことはなかった。

その言葉と再びであったのが、左の本。
Magic Tree Houseシリーズだった。

翻訳では「ユニコーン奇跡の救出」となっていて、「ブルー・ムーン」と言う言葉はないが、原題は
Blizzard of the Blue Moon.

日本語版の本の内容紹介には、「ジャックとアニーに四つ目の指名が下った。それは1938年のニューヨークに行き、数百年ぶりに目覚める「世界最後のユニコーン」を助け出すこと。厳寒のセントラルパークに着いた二人を待ち受けていたのは、なんと観測史上最悪の猛吹雪だった−」

二人への指令の暗号文は、原文から引用すると、

・・・・(略)・・・・
Four centuries, four decades
From that afternoon,
At the end of November
Before the blue moon,

と謎めいた文が続く。
ここでアニーが
What’ s  the blue moon?    と聞く。それに対してジャックは答える。

It’s when you have two full moons in the same month.
It didn’t happen very often.

full moon の複数形はfull moons となるのか、なるほどねえ。
欧米の小学生の子どもたちは、こんな簡単な英語で「ブルー・ムーン」の意味を知るようになるのか、と感心する。

次の「ブルー・ムーン+皆既月食」は、2037年1月31日だそうだ。
今から19年後、さあ私はその時に赤銅色の皆既月食の写真が撮れるだろうかと、思わずつぶやいてしまった。

*付録

2月3日の朝、6時50分ごろの西の空。大きな月が西に沈もうとしている。 東の空にはまだ日が昇っていない。
与謝蕪村の
「菜の花や 月は東に日は西に」の12時間前(後)の風景はこんなものかもしれない。「月は西に、日は東」という状況。太陽と月が180度離れている時に満月になることがわかる。(太陽の光が月の表面すべてを照らしているから、地球から見れば満月になるといえばいいかもしれない)

ピントが甘いが、月の模様を見てみよう。

西に沈む月の模様は、いわゆるウサギの耳が右下に回転している。
私たちのよく知っている「月のうさぎ」の耳はほぼ上向きのことが多いが、それは中天に月がのぼっている時の月の模様。
上の皆既月食の写真、夜の8時31分の月の模様と比べると、月も回転していることがわかる。