奥の細道を英語で9(平泉2)

I went to see the old battlefield in Takadachi where MInamotono Yoshitsune killed himself.
It’ on a hilltop and you can see the Kitakami River which starts in the mountains far away.
I thought about Yoshitsune.
He and his men fought bravely here and died.
How short a man’s life is!
Plants are different.
They come up every year, keeping the endless circle of life.
I took off my hat and sat down on the ground.
I quietly said a famous Chinese poem as tears rolled down on my cheeks.
I wrote this haiku.

Summer grass grwoing
Where soldiers fought long ago
Only a dream now

*battlefield; 戦場
*hilltop; 丘、小山の頂き

先(まず)高舘(たかだち)にのぼれば、北上川南部より流るる大河也。
衣川(ころもがわ)は和泉が城(いづみがじょう)をめぐりて、高館の下にて大河に落入(おちいる)。
泰衡等が旧跡は、衣が関を隔(へだて)て、南部口をさし堅め、夷(えぞ)をふせぐとみえたり。
偖(さて)も義臣すぐつて此城(このしろ)にこもり、功名一時(いちじ)の叢(くらむら)となる。
「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と、笠打敷(うちしき)て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。

       夏草や 
         兵(つわもの)どもが夢の跡

       卯の花に
         兼房みゆる白毛(しらが)かな
                        曽良

*高舘; 義経の館の名前。
*南部口をさし堅め、夷をふせぐとみえたり。; 南部方面から平泉に侵入してくる蝦夷から防衛しているという意味。
*国破れて山河あり、城春にして草青みたり; 杜甫の「国破れて山河あり、城春にして草木深し」を引用している。

橋本治さんの訳を引用する。
「何よりも先にと、源義経の遺跡である高館にのぼると、目の下に、遠く南部領から流れ下る大河、北上川が見えた。衣川は、秀衡の三男和泉三郎の居城だったが、和泉が城をめぐって、この高舘の下で北上川に合流している。秀衡の次男泰衡たちの旧跡は、ここから見ると衣が関の向こうにあって、北からの蝦夷の侵入を防ぐ南部口をかためた役割を果たしている。いうまでもなく、ちう襲撃がかけられても、それをはね返すことが目的の北の砦だったのだ。
 考えてみると、義経は忠義の臣下を選り抜いてこの城に立てこもり、後世に伝えられる数々の武勇談が語る戦いを繰り広げたのだが、それらすべては、ほんのひと時の夢となりはて、その跡は草が生え茂るただの場所になってしまっている。
「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と詠んだのは中国の詩人杜甫である。その詩を口ずさみながら、笠をその名残後に置いたまま、時間が流れ去るのもかまわず、泪をながしつつ、そこに座り続けた。

           夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡

           卯の花に兼房見ゆる白毛かな        曽良   」

長谷川櫂著「『奥の細道』をよむ」には
「夏草や/兵どもが夢の跡/」高館跡に茂る夏草を見て、夢と消えてしまった義経主従と藤原三代をしのぶ。「夏草や」(現実)と「兵どもが夢の跡」(心の世界)と取り合わせる古池型の句。
「卯の花に兼房みゆる白毛かな」 高館あたりの卯の花には鬼神さながらの奮戦の果、燃え盛る炎に飛び込んで討ち死にした兼房の白髪の面影がちらちらする。こちらは一物仕立て。」とある。
兼房は義経の最後を見届け、敵とともに火炎に飛び込んで戦死したと言われている。

最初の写真は「ビジュアル古典文学 おくのほそ道」から引用したもの。
栄枯盛衰の跡が感じられる写真だと思う。現在でも通用する「奥の細道」の世界。それが文学足らしめているのかも知れない。

 

 

 

奥の細道を英語で8(平泉1)

We went to Hiraizumi, one of the places I have always wanted to see.
The Fujiwara family controlled the area for three generations.
It was safe and wealthy for about 100 years.
Was it a long time?
It  wasn’t if you compare it to our country’s long history. Their castle was well known all across Japan.
It was huge.
You had to walk four kilometers to get from the gate to the main building. But the castle was gone and there were only open fields.
Mount Kinkei was still there.
It was a man-made hill that looed like Mount Fuji.
*man-made; 人工の、人造の

三代の栄耀(えよう)一睡(いっすい)の中にして、大門の跡は一里こなたに有(あり)。秀衡(ひでひら)が跡は田野(でんや)に成(なり)て、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。

*三代の栄耀一睡の中にして; 奥州藤原三代、清衡、基衡、秀衡を指す。一大勢力を築き上げたが、四代目の泰衡の代になって、頼朝に滅ばされた。
*秀衡が跡; 秀衡の存命当時には伽羅の御所(きゃらのごしょ)と呼ばれていた。

橋本治さんの訳を見てみよう。
「平泉に栄えた藤原三代と呼ばれる栄華も、後世の今から考えれば、それこそ中国の故事にあるわずか一眠りの短さで燃え尽きてしまったものだった。遠い北国から日本全国に鳴り響くほど知られた、華やかな日々の思い出につながる「平泉の館」、その大門はなんと一里手前にある。そんな大規模なものだった。
秀衡の居館は、今はただの田野になってしまっていて、秀衡が築かせたと言われる金鶏山だけが往時の形を残している。」

*中国の故事にある・・というのは、英訳では 
Was it a long time?
It  wasn’t if you compare it to our country’s long history.
の部分に当たると思われるが、「盧生の黄粱一炊の夢(ろせいのこうりょいっすいのゆめ)」で知られている故事のこと。その内容は、「中国の盧生という男が枕を借りて一眠りする間に、自分の一生を夢に見てしまう。目覚めればそれはほんのわずか、飯を炊くぐらいの時間であったという話。」
日本では「一炊」を「一睡」として流布していたそうだ。芭蕉もその言葉を使っている。
藤原三代100年の栄華も、今の時代から見ればそれは「盧生の黄粱一炊の夢」であったということだろう。

 

上の写真はインターネットからの引用。
秀衡が富士山に似せて築いた山。山頂には黄金づくりの鶏が埋められているという伝説がある。

 

 

奥の細道を英語で7(松島)

白河の関についたのは
4月20日頃。
松島についたのは
5月9日頃であった。
これは旧暦なので、新暦でいうと4月20日は6月7日。
5月9日は6月25日。
二十日あまりを歩いて松島に到着した。

この旅の目的の一つが歌枕にある「松島」。
季節は新暦では6月、もう初夏になっていたことがわかる。

At Matsushima, the view of the ocean was shockingly beautiful.
There were so many islands in many shapes and sizes.
Some of them had beautiful pine trees with branches turned away from the wind.
I was so excited after seeing the amazing scenery that it wa not easy to go to sleep that night.

*shockingly; びっくりするほど、ひどく
*in many shapes and sizes; さまざまな形と大きさの
*pine trees; 松の木
*amazing; 驚くほどの、すばらしい
*scenery; 風景、景観

抑(そもそも)ことふりにたれど、松島は扶桑第一の好風にして、凡(およそ)洞庭(どうてい)・西湖(せいこ)を恥(はじ)ず。
東南より海を入て、江(え)の中三里、浙江(せっこう)の潮(うしお)をたゝふ。
島々の数を尽して、欹(そばだつ)ものは天を指(ゆびさし)、ふすものは波に匍匐(はらばう)。
あるは二重(ふたえ)にかさなり、三重(みえ)に畳(たた)みて、左にわかれ右につらなる。負(おえ)るあり抱(いだけ)るあり、児孫(じそん)愛すがごとし。松の緑こまやかに、枝葉汐風(しおかぜ)に吹(ふき)たはめて、屈曲をのづからためたるがごとし。
其(その)気色えん(アナカンムリに+目)然として、美人の顔(かんばせ)を粧(よそお)う。
ちはや振(ふる)神のむかし、大山ずみのなせるわざにや。
造化の天工(ぞうけのてんこう)、いづれの人か筆をふるひ詞(ことば)を尽(つく)さむ。
・・・・(略)・・・・
江上に帰りて宿を求れば、窓をひらき二階を作(つくり)て、風雲の中に旅寝するこそ、あやしきまで妙(たえ)なる心地はせらるれ。
     松島や
      鶴に身をかれほととぎす     曽良
予は口をとじて眠らんとしていねられず。
・・・(このあと雄島の磯について書かれている)・・・・

*抑ことふりにたれど; さてさて、古くから言われていて今更言うまでもないが、という意味。
*扶桑第一の好風にして; 扶桑は日本のこと。古代中国では日本は桑の木が多い国として言い伝えられていたために生じた名前。松島は日本一景色の良いところだという意味。
*屈曲をおのづからためたるがごとし; 枝の屈曲は自然に曲がったものでありながら、工夫をこらして美的に曲げたように思える。
*ちはや振 大山ずみ;「ちはやふる」は神にかかる枕詞。「大山ずみ」は山を司る神のこと。

少し長くなるが、橋本治さんの訳を引用する。
「こんなことは古くから沢山の人が言ってきてのだが、松島はやはり我が日本国で最も景色の美しいところだろう。あの中国で絶景だと古来名高い洞庭湖や西湖に比べても劣るとは思えない。
 南東の方向から、内湾が入り込んでいて、その周囲は約三里、中国の景観で名高い浙江の潮流とはこういうものかと思える潮が満ちている。
 ありとあるゆる島がこの湾内に集まり、そそり立つものは天をさし、伏せた形のものは波に腹ばっていると見える。二重に重なったり、三重にたたみかけた島々、それらが左方向には点々と散り、右方向には互いにつながって伸びる。小島を背に負っていると思える島、胸に抱くかと思える島があり、ちょうど人の親が子や孫をいとおしんでいるような姿である。
 びっしり茂った松の緑は色濃く、枝ぶり、葉の付き方、すべてが潮風に吹き曲げられ、そのさまは自然のものでありながら、人工の枝のかざりを傾けて作り出したかと思える。
 見とれているうちに、しだいにその方に吸い寄せられていく気持ちになるのは、あの中国の詩人東坡(とうば)が、絶世の美女が限りなく美しく化粧したと詩に詠んでいるが、本当にその評判通りのものだからだろう。
これらはすべて太古の昔に大山祇(おおやまずみ)の神が作り出したものだろうか。大自然の力で限りなく精緻な出来栄えになったこの景色は、どんな名人の手を借りても、描ききれるものでもないし、言い表せるものでもない。・・・(このあと雄島のいそについてがある)・・・・
 浜辺に帰って宿を借り、窓を開くと二階づくりになっていて、風の音、雲の流れの真っ只中にうたた寝しているように思え、信じられないほど澄み切った気持ちにさせられた。
   松島や鶴に身をかれほととぎす     曽良
曽良は句を作ったが、自分はとても句の詠めるような心境ではなく、寝ようとしたが感動にまだ心おどる思いがして眠れるものではなかった。・・・(略)・・・・」

*曽良の句、「松島や鶴にみをかれほととぎす」について、長谷川櫂著「『奥の細道』をよむ」には次のような解説があった。
「すばらしい松島の眺め。今、一声鳴いたホトトギスよ、美しい鶴の姿になってこの風景の中に舞い降りてほしい。『松島や』の『や』は名所の『や』。松島という眼前の景に「鶴に身をかれほととぎす」という曽良の思いを取り合わせる古池型の句。細かく見れば「鶴に身をかれ」のあとにも小さな「切れ」がある。」

芭蕉の念願だった松島に来て、その風景を絶賛している。しかし芭蕉自身の句が「奥の細道」には書かれていない。句を詠んだのか、詠まなかったのか、今もその真意が謎のままに残されている。