奥の細道を英語で、番外編2

松尾芭蕉終焉の地を訪れる

ここは御堂筋。 南御堂のすぐ近く。
地下鉄心斎橋駅と本町駅の間にある。
難波に向かって立つと、左側の緑地帯にある。 
上の写真は本町駅方面を向いて撮影している。
写真の石碑は難波に向かって、文字が読めるように建っている。
そこには「此附近芭蕉翁終焉ノ地」と彫られている。
この文字の面の右側面には「昭和九年三月建立」とある。

ウィキペディアによると、松尾芭蕉は元禄7年(1694年)10月12日に南御堂の門前にある(現在の南久太郎町6丁目附近)花屋仁左衛門の屋敷で亡くなっている。
そして翌日の13日に滋賀県の義仲寺にはこばれ、木曽義仲の墓の隣に葬られたという。
写真にある石碑附近に、花屋仁左衛門の屋敷があったらしい。
御堂筋の拡張工事などで現在のような姿になったのだろう。

道路を渡って南御堂の中に入ってみよう。 左側に鐘と立て札・石碑が見える。

「史蹟 芭蕉翁句碑」という石碑がある。 立て札には、
「芭蕉句碑  旅に病んで ゆめは枯野をかけまはる   ばせを
この句は芭蕉の臨終の句の一つで、この大阪の地で吟ぜられたものである。   
芭蕉は元禄七年(1694)秋 伊賀から門人達に迎えられて 大阪に着いたが滞在中に病気になり 養生のかいもなく十月十二日にこの南御堂前で花を商う花屋仁左衛門の屋敷で 五十一歳を一期として 旅の生涯を閉じた。   
この句碑は後世 天保の俳人達によって建てられたものである。   
当南御堂では 芭蕉を偲んで毎年芭蕉忌が勤修され 法要の後盛大に句会が催されている               南御堂 難波別院   」 とある。

松尾芭蕉は伊賀で生まれ、東京深川に住み、全国に俳句を広め、「奥の細道」を書いた。というのが私のこれまでの理解だったが、Enjoy Simple English を聞き続けて新しく学ぶことが多かった。
それにしてもこの大阪が、しかも御堂筋が終焉の地とは知らなかった。
南御堂は私が時々落語の寄席で訪れる「難波神社」のすぐそばにある。
そして難波神社には人形浄瑠璃文楽座跡の石碑がある。
この付近は大阪、いや全国の芸能・芸術にゆかりのある地であることをあらためて知った。

松尾芭蕉の句碑がある緑地帯に、のんびりと日向ぼっこをしている猫。
夢は枯野を巡っているのか、気持ちよさそうだった。

 

 

 

奥の細道を英語で・番外編

松尾芭蕉の「おくのほそ道」の英文を探していたら、左のドナルド・キーン訳の英文があることがわかった。
この本は講談社学術文庫より出版されており、2007年4月10日 第1刷発行
となっており、私が持っているのは2018年9月7日第12刷発行となっている。

ここでドナルド・キーン訳と
Enjoy Simple English の俳句の違いを見てみよう。
上がEnjoy Simple English の英訳。
下がドナルド・キーンによる英訳。

草の戸も住替すみかはる代ぞひなの家

     With a new family
         My old house will surely change
          With pretty doll sets.

  Even a thatched hut
    May change with the dweller
      Into a doll’s house.

                    *thatched 茅葺きの、藁葺の

行春や鳥啼魚の目は泪

    Spring about to leave
      Birds are crying their sad songs
        Fish eyes filled with tears

 Spring is passing by!
      Birds are weeping and the eyes
          Of fish fill with tears.

 

あらたふと青葉わかばの日の光

      How precious the light 
        That shines on the young green leaves 
                      On Nikko mountains 

      How awe-inspiring!
         On the green leaves, the young leaves
            The light of the sun.

              *awe; 畏れ多い、*inspiring;感激させる

 

暫時は 滝に籠るや 夏の初

       Under the water
                  Flowing from a place above
                         Summer has begun.

  For a little while
     I’ll shut myself inside the falls-
        Summer retreat has begun

           *retreat;黙想、修養

夏草や 兵(つわもの)どもが夢の跡

            Summer grass growing
                 Where soldiers fought long ago
                      Only a dream now

   The summer grasses-
            Of brave soldiers’ dreams
                The aftermath.
            
              
*aftermath; (災害、戦争、大事件などの)余波,結果

五月雨(さみだれ)の 降(ふり)のこしてや光堂

         May rains fall, but not
             On the shining Golden Hall
                 So it still remains

  Have the rains of spring
     Spared you from their onslaught,
        Shining Hall of Gold?

     *onslaught; 猛攻撃、    *spare; 免れさせる、危害を与えないでおく

 

 閑さや 岩にしみ入る蝉の声

  Into rocks they go
    Cicada cries of summer
      Silence all around

  How still it is here-
     Stinging into the stones,
         The locusts’ trill.

      *locust; セミ、    *trill; さえずる

五月雨をあつめて早し最上川

         Early summer rain   
    Powerfully going down
       Mogami River

   Gathering seawards
       The summer rains, how swiftly flows
            Mogami River

              *seaward; 海の方、  swiftly; 迅速に、  

私は元の俳句を知っていても、これがその英訳! とは直感的にわからなかった。
日本語の詞を英訳したり、その反対に英語の詩を日本語に訳するのは難しいとおもう。「ラジオ英会話」のテキストには、「赤毛のアン」の翻訳についての連載があるが、これも読み応えがある。
違う言語を母国語に翻訳することの難しさを感じた。

 

 

 

奥の細道を英語で12(最上川1)

After visiting the mountain temple,I wanted to ride a boat down the Mogami River.
This river often appeared in old Japanese poems.
We decided to wait for a good day to go down the river.
While we waited, local people came to talk to me.
They wanted me to give a lesson on haiku.
They said they had practiced haiku, but they knew their style was old-fashioned.
They wanted to learn the latest trends from me.
I started making many haiku with them.
I didn’t think something like this would happen, but it made me happy.

最上川のらんと、大石田と云所に日和(ひより)を待。
爰(ここ)に古き俳諧の種こぼれて、忘れぬ花のむかしをしたひ、 芦角一声(ろかくいっせい)の心をやはらげ*、此道にさぐりあしゝて、新古(しんこ)ふた道にふみまよふといへども、みちしるべする人しなければと、わりなき一巻(ひとまき)残しぬ。
このたびの風流、 爰(ここ)に至れり*

*最上川のらんと; 最上川の舟下りをしようと、
*古き俳諧の種こぼれて、忘れぬ花のむかしをしたひ; この地には古く俳諧の「種」がこぼれ、俳諧の「花」が咲いていたというのであろう。しかし、寛永・延宝・天和・元禄と、俳諧は激しい変化の渦中にあった。遥かなこの地では、その変化を知ることはできなかったという。
*芦角一声の心をやはらげ;芦角とは辺鄙な田舎という程度の意味。鄙びた俳諧だが、人々を慰めることができる、という意味。
*此道にさぐりあしゝて、新古(しんこ)ふた道にふみまよふといへども、; 情報の乏しい鄙にいると、俳諧道に入ってみても、今起きている伝統俳諧への批判を理解できないまま、古今の俳諧の道に迷ってしまう、の意味。
*わりなき一巻; 仕方なく、俳諧の指導書を書いて与えた。

本治さんの訳を引用する。

「最上川を舟で下ろうと考え、大石田という場所で天気が好転するのを待つことにした。
この地には古い俳諧につながるものが生きていて、本来のおもしろさを求める気持ちを、人々がまだ持ち続けてくれている。ほんの片田舎なのに、風雅の道で心をなぐさめもし、足先で行くべき方向を探るようにして、いま流行の俳諧に身を寄せるか、古来の道を守ろうかとまよっている。だが、こちらが正しいのだと教えてやる指導者がいない。そこで、やむをえず、歌仙一巻を巻き、それを残していくことにした。こんどの風流を求める旅は、はからずもこんな結果を生み出すことになった。」

*ここで出ている歌仙とは、もともと連歌の一つの形式だったそうだ。長句(五・七・五)と短句(七・七)を交互に連ねて全部で36句。これで一巻とするそうだ。
この形式を自由自在に使いこなし、元禄時代に俳諧という文芸の頂点を築いたのが芭蕉とその門弟だった(長谷川櫂「『奥の細道』をよむ」より)。
俳諧の流行があり、その最先端の芭蕉に教えを請う、というのが大石田での出来事だった。

芭蕉はこのように各地を回りながら、俳諧の最先端を広めていったとも言える。