帝塚山古墳にある三等三角点

三角点を探る旅54

古墳の中にある三角点、こんな珍しくて貴重な三角点がここにあるなんて。
以前に大阪市にある三角点を調べていた時、帝塚山古墳に三角点があることを見つけた。ただ古墳の中だから、勝手に入れるのだろうか?とずっと疑問に思っていた。

たまたま朝日新聞の「ぶらっと関西 歴史散歩」という記事に(2021年7月2日)、「大阪・帝塚山古墳」がとりあげられていた。そこになんと三角点が写っていた。これは見なくては、見る方法はあるんだ、と思いまず下見に行ってみた。
予想通りに門があり、施錠されていた。管理者の名前は書いてあったが連絡先が書かれていない。
インターネットで管理者のホームページを探し、「すみよし歴史案内人の会」にたどり着いたわけだ。あとで新聞を見直してみると、ちゃんとホームページのアドレスが書いてあり、私一人の独り相撲だったことに気づいた。
年に数回、住吉にかかわるフィールドワークが企画されていて、秋に帝塚山古墳を含むツアーが計画されていることを知り、参加したのが前回のプログ。

国土地理院の白い標識はあるが、それは地面に転がっていた。
三角点を守る石も見当たらない。
写真にあるように、「三角点」という文字はうっすらと読める。

三角点の他の面を見るが、文字は全く読めない状態だった。
頂上部の十字もかなりすり減っている。

ボランティアガイドの人も、「これは三頭三角点」と説明されたが、いつ頃設置されたかはわからないということだった。
このフィールドワークの一緒の班だった人がこの付近の人らしく、『子ども時代に古墳の中で遊んだ』とか「学校からこの古墳がよく見えたが、今はマンションなど家が建ち、全く見えない状態になった」とおっしゃっていた。
住宅が立ち並ぶ以前は地域の中でひときわ目立つ存在だったのだろう、この帝塚山古墳は。

遊んでいるときや、学校からの見学の時にこの三角点に気づきましたか?
と聞いてみたら、全く覚えていないということただ。三角点というものはそういうものだとつくづく思う。

国土地理院のホームページを調べてみると、
選点 明治36年5月22日
設置 明治36年7月17日
であることがわかった。
明治の時代では、ここはこの付近でとても見晴らしのいい場所だったのだろう。地図を作るため、測量の基準にはもってこいの場所だったと思う。古墳の中だから破壊される危険性も少ない。
平成16年11月25日にこの三角点が調査されている。
三角点は地震などの大地の変動があった時、データを取るのに活用されていると聞いている。
三角点のそばに国土地理院の標識をたてかけて、帝塚山古墳をあとにする。
春にもう一度来てみて、この三角点がどうなっているか見てみたいものだ。

 

 

 

 

三角点を探る旅53

堺市にある電子基準点

地図で示されているのは、堺市立八田荘小学校の運動場。
すぐ近くに八田荘中学校がある。

堺市にはここにしかないようなので、行ってみることにした。

学校の運動場の端にあった。 校内には入れなかったが、ちょうど民間の駐車場の直ぐそばで運動場と駐車場の境界が金網だったので、写真を取ることができた。

電子基準点というのは、国土地理院のホームページを参照すると、

電子基準点は、全国約1,300ヶ所に設置されたGNSS連続観測点です。外観は高さ5mのステンレス製ピラーで、上部にGNSS衛星からの電波を受信するアンテナ、内部には受信機と通信用機器等が格納されています。 基礎部には、電子基準点付属標と呼ばれる金属標が埋設してあり、トータルステーション等を用いる測量にも利用できるようになっています。

その内部についてもホームページで紹介されていたので、ここに引用する。

説明と写真にある、電子基準点付属標というのが、私の写した写真の4枚目にあるステンレスピラーの下端そばにある白い円盤のこと。これを利用して測量することもできる。

全国で1300箇所とかかれているが、小学校・中学校・高等学校に設置されているのは約600箇所だそうだ。
学校内に設置されている数が約半数になるのは、それだけ安全で管理もしやすいためかも知れない。学校そのものが台風や水害などの被害に合わない所に建設されることが多いから、電子基準点の設置もしやすいのだろう。

となりにある八田荘中学校にも三角点があるのだが、ここは見ることができなかった。あとて国土地理院のホームページを見てみると、屋上に設置されていることがわかった。ますます外部からの見学は無理だろう。

学校に三角点や電子基準点があれば、いい勉強になるなあ。ここに通う子どもたちは幸せだなあと思った。

 

 

 

有珠山の三角点

三角点を探る旅52

洞爺湖周辺には三角点が多いことが地図を見るとよく分かる。 いや、北海道が広いから地図ではそう思えるだけかもしれない。
昭和新山、有珠山にバスは移動した。
有珠山の山頂付近に三等三角点がある。
ロープウェイの駅からそう遠くないように見えるので、山を登れば三角点を見ることができるかもしれない。

有珠山のロープウェイ乗り場。真っ直ぐにロープウェイの軌道がみえる。山の緑はここからは見えない。
バスの駐車場からは昭和新山がよく見える。
有珠山は30年に一度に噴火すると言われている火山。
最近は2000年3月27日に噴火が予知され、住民1万人あまりが避難。そして31日午後1時7分に噴火。噴煙は3500mに達した。新山の形成はなかった。2001年の春頃まで火山活動は続いたという。
昭和新山は1944(昭和18年)6月23日に噴火し、翌年の9月20日の活動停止までのあいだの火山活動によって形成された。溶岩ドームが固まって山になったという珍しいものだそうだ。

ロープウェイ山頂駅から見た昭和新山。溶岩が飛び出してそのまま固まった様子がよくわかる。洞爺湖がそばに見える。

この写真は国土地理院の写真。
三角点への道はわからない。とにかく展望台へ行ってみよう。

屏風のような外輪山が行く手を阻んでいる。西遊記の孫悟空にでもならないとこ石の山の向こうに行けない気がする。

外輪山遊歩道入口がある。後ろには太平洋。
外輪山遊歩道から有珠山の周囲をめぐることができそうだが、入り口は閉じられ、入ることが禁止の立て札が貼り付けられていた。
これはダメだ。季節の良いときに、そして時間がもっとある時でないと三角点がある場所には行けない。
有珠山の三角点、魅力的だが季節が悪かったようだ。

国土地理院のホームページを見ると、
旧設置 昭和22年9月7日
再設  昭和58年9月7日
とある。噴火のたびに状況がかわるのだろう。
火山による地形変化の観測にこの三角点が使われていることもわかった。
三角点の重要さがここにあるのだ。

ネットで有珠山に関するブログやホームページで三角点の写真を探したが、なかなか見つからなかった。ハイキングなどで有珠山山頂にはのぼれるようになっているそうだ。10年ほど前の登山の記録があった。そこには有珠山の三角点の写真が載っていた。いつか機会があればさがしてみたいものだ。
https://amaimonoko.at-ninja.jp/h-mtdata/donan/usu.htm