ポルトガル紀行 4

二日目③
 スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ②

IMG_0585

この人が聖ヤコブ。頭の後ろにホタテ貝、手に持った杖にはこれもシンボルのひょうたんがついている。
聖ヤコブ像の後ろは回廊になっていて、信者(観光客も)が聖ヤコブ像にふれることができる。 階段はすり減っていて、いかに多くの人たちが訪れたかを想像させる。写真は禁止だった。 正面からの写真を拡大してみると、人の姿が写っている。

聖ヤコブ2

この香炉というのが有名だそうだ。重さ80kg、高さ1.6mもある大きなもの。儀式の時に8人の男性で動かすそうだ。現在では観光客でも有料で動かすことができるという説明があった。
Youtubeにその様子が紹介されている。

https://www.youtube.com/watch?v=iF7WyoqvJG0

IMG_8185

おみやげ屋さんにも、この香炉がディスプレイされていた。

そもそもこの香炉は何のためにあるのか。
ガイドさんの説明によると、巡礼者のためにあるという。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼はフランス各地からピレネー山脈を越え、スペインの北部を経由して、サンティアゴ・デ・コンポステーラに至る800kmを越える巡礼である。1日20〜30km歩いて一月はかかるというもので、今では信者さんだけでなく、観光ツアーのような体験もあるようだ。年間20数万人の人たちがこの巡礼に参加しているという。

一月以上の長旅を終えた巡礼者は身体も汚れ、臭気もすごく、そのために大きな香炉でその臭いを消す役割を果たしたのが、この香炉だという。またこの香にはペストなどの伝染病や病気を予防すると信じられていたらしい。

IMG_0626

パイプオルガンはイベリア式といって、管が横に突き出している。

IMG_0652

これは2004年まで聖ヤコブ像がつけていたマント。金銀宝石がいっぱい。

IMG_0563

ここは「聖なる門」。この門をくぐったものは、すべての罪が贖罪されるという。
限られた時にしか開けられない門だが、私たち訪れた時には開いていた。これで私たちの罪も贖罪された?

IMG_0660

IMG_0668

何となく東洋的というかアジア的な雰囲気のある建物。

IMG_8152 IMG_0549

大聖堂前の広場や町の広場にある噴水前も静かな雰囲気。儀式のある日には沢山の人が訪れるのだろう。

IMG_8184

IMG_0705

大聖堂の前の広場に日産の車が展示されているのには驚いた。
郵便ポストは黄色。スペインのポストは黄色だったことを思い出した。

IMG_8187

おみやげ物屋さんにあった、巡礼グッズ。
杖に、ホタテ貝とひょうたんがついている。

ひょうたんって、スペインにあったの?という疑問がわく。
調べてみると原産地はアフリカで、世界最古の栽培植物だとわかった。
人類の移動とともに、世界中に広がったのかもしれない。

ホタテ貝も寒いところに生息するはずと思って調べると、この辺は北緯40度付近。日本で言えば秋田市や盛岡市付近。東北地方の三陸海岸以北が漁業として成り立つそうだから、なるほどとうなずく。

IMG_8115

三陸海岸といえばリアス式海岸。
このリアス式海岸と言う名称の発祥の地がここガリシア地方で多く見られる入江。
ガリシア語などで「入江」を意味する単語リアから来ているという説明があった。
ちなみに私はリアス式海岸と習ったが、今はリアス海岸というそうだ。そのリアス海岸を見てホテルに向かう。

IMG_8201

IMG_8229

壁には壁画のあとが残っているレストラン会場。 IMG_8203 IMG_8204

IMG_8206

アスパラガスのスープ、パン、
サーモンえびクリームソース、温野菜、
デザートはレアチーズケーキ。

コーヒーは部屋で飲むことができるのでオーダーはしなかった。
壁には暖炉があり、薪が燃えていた。

曇り、雨の日が続く。明日はスカッとした青空を拝めるのだろうかと思いながら部屋に戻る。
明日はポルト市内観光、コインブラ大学の見学。

 

 

スペイン「カルメン」紀行18

グエル公園

_MG_8568

ここはガウディが設計した公園。 そのシンボルとも言えるトカゲ?、いいえドラゴンのモニュメント。
グーグルの空からの写真で見てみよう。
私達が行ったのは、真ん中に見える小判型の広場の周辺。そこがグエル公園。

グエル公園地図

_MG_8484 _MG_8481

その小判型のグランドのような広場の周りのテラスが、青などの色とりどりのタイルで装飾されていることで有名。綺麗な色タイルは、実は再生されたもの。つまりタイル工場などで不要品となったものをつかっているらしい。それで建設費用の軽減をはかったそうだ。ガウディはエコも視野に入れていたのかもしれない。

IMG_8955

IMG_8973

初めて見る公園。なんとも不思議なオブジェのような建築物におどろく。上の写真の柱の間は車が通れるように設計されていたとか。

さて私の頼りの「るるぶ」を見てみよう。

「1900年から1914年、ガウディが独自の建築様式を完成させたころの作品。ガウディのパトロンであるグエル氏の依頼で、市場や学校までを擁する60戸の田園住宅街として建設されたものの、住居が2戸しか売れず計画は失敗。後に公演として開放された。街の山の手に位置する広大な敷地内には、市内が見渡せる広場のほか、ガウディがかつて暮らした住居があり、ミュージアムとして残っている。これはガウディが病床の父のために購入し、1925年にサグラダ・ファミリアに引っ越すまで暮らしたと言われている」。

グエル公園のテラスからは建設中のサグラダ・ファミリアが遠くに見える。

_MG_8492

IMG_8971

当初の計画通りにいかなかった原因は、もちろん予算の問題が大きいが、1つはロケーションの問題と言われている。 私達もここまで来るにはかなり時間がかかった。つまり街の中心部からの距離の問題。そして急な斜面。現代では自動車があるからあまり感じないけれど、徒歩や馬車ではきつかったことは想像できる。
街づくりは素晴らしい建物の設計だけではなく、総合的なバランスの問題があるのだろう。

IMG_8961

これは列柱ホール。設計では市場になる予定だったところ。
ドーリア式の柱と天井の装飾タイルが有名。
四季をあらわしている円形のタイルは、ガウディの右腕として活躍したジョセップ・マリア・ジョジュールの作品。

_MG_8523

鉄のフェンス。
ガウディは鉄の細工には素晴らしい才能を発揮したようだ。
ガイドさんの説明では、ガウディの父親は銅板器具の職人であり、代々その仕事を引き継いできたそうだ。ガウディはそのことに誇りを持っていたという。

日本に帰ってから調べてみると、三次元的に物事を見る、空間把握の能力は、銅板器具職人に必要不可欠な能力であったらしい。ガウディの建築に常識を超える空間利用があるのはそういう背景があったからなのだと感じた。

_MG_8547

_MG_8544

それにしても人、人、人、ガウディの人気は相当なものだ。 IMG_8917

サグラダ・ファミリアにある資料には写真のような説明があった。

Antonio Gaudi dies in a tram accident.

詳しく調べてみると、1926年6月7日夕方、ガウディはミサに向かう途中に路面電車にひかれた。身なりが貧しかったのでホームレスあつかいされ、病院への搬送も遅れ、だれもガウディと気が付かなかったという。知人の神父が帰ってくるのが遅いのでさがしまわり、病院で発見したそうだ。
ガウディであることに気づいた病院によって救急措置がとられたが、3日後に73歳で息を引きとった。彼の遺体はサグラダ・ファミリアに埋葬されている。

もし彼が生きていたら、歴史のIFではあるが、サグラダ・ファミリアの建設と共にもっともっと素晴らしい建築物がこの世に生まれていたかもしれない。

そろそろお昼の時間が近づいてきた。
今日のランチはなんだろう?

 

 

スペイン「カルメン」紀行17

  サグラダ・ファミリア

IMG_8891

一度はこの目で見たかったところ、それは「サグラダ・ファミリア」。
「サグラダ・ファミリア」とは「聖家族」と言う意味。聖家族とはマリア、ヨゼフ、キリストの3人のこと。日本語で「聖家族贖罪教会」という正式名称を持つ。贖罪教会の建設のすべて財源はすべて喜捨。今は世界中からの寄付が寄せられているそうだ。
行ってみたら、ホントに大きかった。今も建設中。
建物の色が違うのは、建設時期の違いとともに排気ガスなどのためとガイドさんの説明。車の排気ガスはこんなに影響があったのかと感じた。

サグラダ・ファミリアの写真は私もたくさんとったが、いろんな観光誌や写真集に素晴らしい写真がのっているので、私が気にいった、気になったところを紹介することにする。

1.柔らかなデザイン美の生み出す空間と色彩の暖かさ。

IMG_8906

IMG_8902

 

2.今も研究が続く建築方法。研究室や釣り構造のモデルがある。

IMG_8923

3.入り口中央の門の二本の柱を支える亀

亀1

亀2

向かって左にあるヨゼフの柱をささえているのは、陸ガメ。
向かって右にあるマリアの柱をささえているのは、海ガメ。
変わらないものの象徴だそうだ。

4.斬新なオブジェ

_MG_8267

_MG_8262

_MG_8301

5.世界中からの観光客

IMG_5447

 

5.今も続く工事

_MG_8343 _MG_8455

いつ完成するのだろう?というのが誰もの思い。建設当初は300年かかるといわれたそうだ。

ガイドさんの説明では、ガウディ没後100周年目の2026年をめざしているそうだ。そしてその完成予想図がこれ。

サグラダ・ファミリア1

茶色のところが現在あるもの、グレーの部分がまだ未建設のもの。 ほんとにあと10年ほどで完成するの?と思ってしまう。

サグラダ・ファミリアのなかでは、完成予想のCG映像が流れていた。その映像はこれ。

http://tabippo.net/sagrada_familia/

このホームページから完成予想図は引用させてもらっている。

6.日本語を発見

_MG_8435

入口近くにある青銅の扉。世界中の言葉で書かれてあるという。 日本語も発見。「われらの父」という文字があった。「わ」という文字がちよっとおかしい・・・・。

この建設には日本人も多く参加し、壁面の彫刻群や内部の装飾にもその力が発揮されていることはよく知られていると思う。

さてサグラダ・ファミリアとお別れをして、もう一つガウディの有名な作品となっているグエル公園にバスに乗って向かうことにしよう。