モディリアーニ展

中之島美術館で開かれている「モディリアーニ展」に行ってきた。
7月18日までの開催。
これは見逃したくなかった。

モディリアーニの絵は中学か高校の美術の教科書で見た記憶がある。
細い顔、長い首、しかし画面がなんとなく暖かく感じる肖像画が印象として残っている。
左はパンフレットから。裏面にモディリアーニの紹介が載っている。
「モデルの内面的な本質を捉えた肖像画で知られるアメデオ・モディリアーニ(1884〜1920)。祖国イタリアで美術を学び、21歳でパリに出て独自の表現様式を築きました。2008年の回顧展以来、日本でモディリアーニの作品をまとめてご紹介する初めての機会となります。短い活動期の中から優れた作品を選りすぐり、モディリアーニ芸術の本質を探るとともに、各国で進められているモディリアーニ研究の現在をひもときます。さらに同時代に活躍したピカソや藤田嗣治ら「エコール・ド・パリ」の作品も展示するとともに、モディリアーニとの交流、さらに日本でのモディリアーニ受容の軌跡なども紹介します。
 20世紀前期のパリで開花した芸術は、新時代の幕開けを迎える躍動感に満ちています。その豊かな醍醐味を、新たな船出を迎えた大阪中之島美術館で心ゆくまでご堪能ください。」

私が行ったのは、読売新聞の企画で、月曜日の休館中に絵を見ることができるという取り組みだった。
2時間という時間制限があったが、人数制限があり、それほどの混雑がなく、それなりにゆっくりと絵を見ることができた。
初めて知ったことは、モディリアーニは彫刻家をめざしていたことだった。てっきり最初から絵を描いていたとなんとなく思っていたがそうではなかった。
モディリアーニのつくった彫刻も多く展示されていた。ただ健康上と経済上のため彫刻を続けることができなくなり、絵画に変わっていったそうだ。そう思って絵を見てみるとモディリアーニの立体感のある絵の根拠はそこにあるのかとも思った。

中之島美術館が所蔵する「髪をほどいた横たわる裸婦(1917年)」 絵の横にある解説には次のように書かれている。
「日本で所蔵される唯一のモディリアーニの裸婦像である。福島繁太郎がパリで入手し、1933年に持ち帰った。以後、日本で多くの芸術家を刺激し、モディリアーニ芸術を広く伝えてきた。本作は山本 發次郎に譲られた後、1989年、大阪市が新しい美術館のために購入。その33年後に大阪中之島美術館が開館。オープンを記念する特別展は、コレクションを代表する本作にちなみ、モディリアーニ展となった。」
この作品を大阪市が持っているから、このモディリアーニ展が開催されたのだ。

上の写真は美術館の中だけど撮影が可能。美術館所蔵の作品だからだろう。
この作品の右側に左の「アントワープ王立美術館が持っている『座る裸婦』」が展示されている。これは借りてきている作品なので写真撮影は禁止。
左の写真はパンフレットからの引用。
同じ時代に、同じモデルで描かれた裸婦像として有名らしい。その2つが並んで展示されているのは見ている私にはとても楽しかったし、うれしかった。

モディリアーニは生涯に400点以上の作品が描かれているらしいが、詳細は不明。生存中はほとんど作品は売れず、今日(こんにち)のように有名になったのは死後のことである。
今では作品展を開けば10万人は集まると言われ、日本の美術の教科書にも載るぐらいの有名人になっている。

写真撮影が許されているもう一枚。
スウェーデン生まれのハリウッド女優グレタ・ガルボが生涯大切にした『少女の肖像』。
これはグレタの死後に発見されたもので、調査の結果モディリアーニ直筆の作品とわかった。今回が世界初公開になるそうだ。

この「モディリアーニ展」はパンフレットにあるように、同時代の画家たちの作品も展示されていた。
私が驚いたのはシャガールの「町の上で、ヴィテブスク」があったことだ。ヴィテブスクはシャガールの故郷の港町。これも美術の教科書で見たと思う。「どうして恋人たちが空を飛んでいるのだろう」と教科書を見たときは思った。50センチ✕70センチくらいの大きさなのだが、とても可愛らしく見えた。

モディリアーニは瞳を描かない肖像画で有名だが、もうひとつ私達の感性に響くのはその悲劇性かもしれない。とりわけ妻のジャンヌ・エピュテルムの生き方が胸を打つのかもしれないと私は思う。
新潮社の「モディリアーニの恋人」(橋本治・宮下規久朗)によるとモディリアーニの年譜には次のように書かれている。
「1920年 絵画制作による過労、飲酒、麻薬のために健康状態が悪化。1月23日に意識不明のまま慈善病院に運ばれ、翌24日、結核性脳膜炎のため死去。享年35.
その2日後の早朝5時頃、妊娠8ヶ月だったジャンヌは実家のアパルトマンの窓から身を投げた。享年21」
モディリアーニはジャンヌをモデルとして数多くの肖像画を描いたそうだ。

ジャンヌの写真と右の黄色いセータを来たジャンヌは新潮社の「モディリアーニの恋人」からの引用。左の瞳が描かれたジャンヌの肖像画は、朝日出版社の「恋愛美術館」(西岡文彦)からの引用。
ジャンヌの強い瞳が、モディリアーニの瞳のない肖像画になにか影響を与えたのではないかという説もあるそうだ。
この「モディリアーニ展」は彫刻から肖像画までの多くの作品が並べられていて、モディリアーニの足跡がわかるように展示されているように思える。
特に最後の肖像画のコーナーは圧巻だった。
この「モディリアーニ展」は見る価値のあるものだ。