シャーロック・ホームズ 10

The Red-Headed League - Part One 2

応募にでかけた Wilson 、そこでの様子をホームズに説明する。

  ”There were many red-headed men, and didn’t think I would even get inside.
 But Spaulding helped me get into the office.
 Inside, there was a small man with hair redder than mine.
This man was choosing the new members.
When he saw me, he smiled.
Then , he looked closely at my hair and said,
“Congratulations!  You got the job.
When can you start?

*congratulations! ; おめでとうございます!

I was very surprised and told him that I had to work at my own shop.
But Spaulding said,  ” You’ve taught me many things, so I can take care of the shop while you work here.”
  “Hm.”
  “The short man, whose name was Duncan Ross, told me that I would work from 10 a.m. to 2 p.m. and that I couldn’t leave the building during those hours.

*質屋の仕事が忙しいのは夕方。それまでの時間はそれほどお客は来ない。Spaulding もその間の仕事をやると言っている、そうすればその時間帯にこの赤毛組合の仕事ができるとWilson は考えた。

My job would  be  to  copy an encyclopedia.
It sound easy, and it’s always good to earn more money, so I decided to take the job.

*encyclopedia; 百科事典

I started working the next day and continued working for the next two months.
Then, one morning, I found this note on the door to the office.”

  Wilson gave us a piece of paper.  
It said,

  “The Red-Headed League has closed down.
    October 9, 1890.”

*close down; 閉じる、閉鎖する。

*原作には、

   THE RED-HEADED LEAGUE
   IS
   DISSOLVED
   October 9,1890

と書かれている。
*dissolve; 解散する                      

*なんとも不可解な張り紙、事件は進展していく。ホームズの推理は?

上の写真はオランダで開かれている「赤毛の日」の写真。
国際的なお祭りで、2017年には80ヶ国4万人の人が集まったそうだ。

https://cenecio.hatenablog.com/entry/2017/09/06/190534

この記事のホームページを読むと、「イギリスには赤毛の人に対して、昔から根強い偏見があったようです。そしてイギリスほどではないが、アメリカやカナダでも偏見は残り、そのことは「赤毛のアン」を読むとわかります」とある。
松本侑子先生といったカナダの「赤毛のアンツアー」を思い出す。社会的背景を知っていると本を読むにも深みが増してくる。

 

 

 

 

シャーロック・ホームズ 9

The Red-Headed League - Part One 1

今月は「赤毛組合」「赤毛連盟」「赤髪組合」「赤髪連盟」などと翻訳されている、シャーロック・ホームズの作品の中でも有名なもの。
「シャーロック・ホームズの冒険」
The Adventures of Sherlock Homes 
(1892年)のなかに収められている。

「初歩からのシャーロック・ホームズ」(北原尚彦著・中公新書ラクレ)によって内容を紹介すると、
「ホームズは燃えるような赤毛の持ち主、質屋のジェイペズ・ウィルスンから依頼を受ける。ウィルスンは店員のスポールディングに勧められ、赤毛の人間だけが入れる「赤毛組合」の入会試験を受け、見事合格した。赤毛組合の事務所に通っては簡単な作業をして報酬をもらっていたが、ある日行ってみると「赤毛組合は解散した」という張り紙がしてあったのだ。関係者も全く連絡が取れず、不審に思ってホームズに相談したのだ。
 ホームズは早速調査を開始する。そしておかしな事件が、大犯罪につながっていたことが明らかにされるのだった・・・。」

One autumn day, I visited my friend, Sherlock Holmes.
He was talking to a man in his fifties with red hair.
Holmes said,
 “Watson! Come in and listen to Mr.Jabez Wilson tell us his strange story.”
 “All right,”  I said and took a seat.  The Mr.Wilson started to talk.
 “It all started with this newspaper advertisement.”
  And he showed us the ad.

*advertisement; 広告、宣伝
*ad : advertisement の省略形

 It said, “The Red-Headed Leagee is now looking for new members.
 You will get paid four pounds a week for a simple job.
 We are looking for healthy men older than 21 with red hair.
 If you are interested, please come to our office on Fleet Street at 11 a.m. on Monday.”

*pound; ボンド(イギリスの貨幣単位)
*red-headed; 赤毛の、赤い頭髪の
*league; 同盟、連盟、(同室の)グループ

 Holmes smiled and said,
 “So , Mr.Wilson, tell us what happened.”
 “Well, I own a small shop in Saxe Coburg Square.
 A man named Vincent Spaulding works as my assistant.
I’m not making that much money.
But Spaulding said he wanted to learn the skills to be a shop owner and said he could work for a low salary.”

*Wilson氏は質屋を経営している。ここではそこまでは書かれていない。
質屋の場所をSaxe Coburg Square と書いてあるが、原文は
at Coburg Square,near the City
となっていて、Saxe が抜けている。実はこのあと、Wilson が事件に巻き込まれたようなので自分の店に帰るときの様子をホームズに
I went home to Saxe-Coburg Square,
と言っている。私はイギリスの住居表示については全く知らないので、どのように表現するのかわからないが、住所を略して表現する方法があるのかもしれない。
イギリス人にとってはどちらも同じように感じているのだろう、と思う。

 ところで質屋の経営を学ぶためにと、普通より低いサラリー(salary; 給料)で働くSpaulding。なにやら怪しい。
 ここでは説明がないが、質屋の仕事がいそがしいのは夕方。これもあとで関係があることがわかる。

 “Interesting…”
 Wilson continued,
 “About two months ago, Spaulding showed me the advertisement.
He said that the Red – Headed League was created by a very rich man with red hair.
When the man died, he left a message.
It said, “I want to help red-headed men, so I am leaving money for them.”
 Spaulding told me he was jealous of me because I had a chance to earn money doing a simple job.
 It sounded good, so I went to their office on that Monday.  Spaulding came with me.”
  “Okay.   What happened next?”

*jealous; ねたんで、嫉妬して

「オーケー、次は何が起こったのかね?」ホームズはたずねる。
いよいよこの話が動き出す。

ところで、イギリス人男性の赤毛とはどんなものだろう。
ネットで左のようなヘンリー王子と歌手のエド・シーランの写真があった。イギリスには赤毛に対する偏見があるようだが、詳しいことはわからない。そういった背景から「赤毛の人を助ける赤毛組合」ができたのかもしれないし、この小説が誕生したのかもしれない。

 

 

 

シャーロック・ホームズ 8

The Adventure of the Sussex Vampire -Part Two- 2

“I’m afraid so.
Jack is very jealous of his baby brother.
The baby doesn’t have a bad back like Jack does, and he thinks that you love the baby more,Fergueson.
When you were holding the baby, Jack looked very unhappy.
I used the window like a mirror to see his face.
  “I don’t believe this!”
ーーーーーーーーーーー
*jealous of ~ ; 〜をねたんで、
〜に嫉妬して
ーーーーーーーーーーー

 “And we understand why your wife hit Jack.
Any mother would be extremely angry if her baby were poisoned.
Madame, am I correct?”
ーーーーーーーーーーー
*extremely angry; 非常に怒って
*poisoned; 毒を入れられて
ーーーーーーーーーーー

  Madame Fergauston was crying.
She said to her husband.
  “I couldn’t tell you because I knew it would hurt you so much.
I was waiting for someone else to tell you about it.
So, when Mr.Holmes wrote me the message saying, “I know everything.” I was glad.
That’s why I screamed.”
ーーーーーーーーーーー
*ここでファーガソン婦人がなぜ喜びと驚きの入り混じった叫び声を上げたのか、
ホームズの書いた手紙の中身がわかる。
ーーーーーーーーーーー

  “Mr.Holmes, what should we do?”
  “I think a year on a ship at sea would be good for Jack.

  Ferguson stood by the bed and cried.
He reached out to his wife.
His hands were shaking.
  “All right.  Watson.
 I believe it’s time for us to leave.

 I’m sure Ferguston and his wife will have a good discussion about the future.”
  With that, we left the room and closed the door behind us.
*reach out; 手を差し伸ばす
*with  that; そう言って

ホームズは屋敷に行く前から、この事件のあらましを推理していたようだ。

*I used the window like a mirror to see his face.
ファーガソンが赤ん坊を抱いているとき、ホームズはそちらを見ずにあらぬ方向を見ていた、それはガラスに写ったジャックの表情や態度を見ていたのだった。
ホームズの探偵としての動きがわかって面白いところ。

I think a year on a ship at sea would be good for Jack.
原文では、I think a year at sea would be my prescription for Master Jacky.
(prescription; 処方)「ジャック坊っちゃんには、一年ばかり海辺で休養させるのがいいでしょう」(講談社青い鳥文庫「名探偵ホームズサセックスの吸血鬼」)
この事件はジャックの嫉妬から起きたことだった。
ジャックの回復のためには海で(船に乗って世界一周をするなどして)過ごすのがいいのではないかとホームズは考えた。心を癒やすには自然の力に任すということかもしれない。
ファーガソン夫妻の今後も二人だけに任そうと、ワトソンを連れて部屋を出るところで終わるのも大人向きの小説だと思う。