ほぼ皆既月食


2021年11月19日。
満月の日。
西の雲の層から顔を出した月はもう欠けていた。
この日はほぼ皆既月食になると言われていた。
池の周りには月食を見ようとする人たちが集まっていた。カメラを持っている人もいた。

月が登るにつれてその月の欠けている割合が大きくなってくる。
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」によると、
2021年11月19日
満月(18時)
皆既に近い部分月食(最大値0.98 、欠けて月の出。最大18時3分。終了19時47分)
とある。

場所を家の近くに移動する。
本来なら満月なのに光っている部分が細くなっていくのは天体ショーのようだ。
少し拡大して撮影すると、地球光によって丸い月がわかる。
今年の5月26日は、皆既月食だったが残念ながら見ることはできなかった。

望遠レンズで撮影をする。
赤い満月、ぼんやりと見えるウサギの耳、リングの端が光って見えるような月。
国立天文台のホームページの記事を紹介すると、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月19日の夕方から宵にかけて、全国で部分月食が見られます。

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。地球の影(本影)によって全て隠される「皆既月食」と、一部が隠される「部分月食」があります。今回は部分月食ですが、月の大部分が影の中に入り込みます。

部分月食の始まりは、16時18.4分です。ただし、北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)となります。今回の月食は、とくに前半で月の高度が低いので、東の空が開けた場所で観察しましょう。

月が最も欠けて見える、食の最大は18時02.9分です。皆既月食の場合には、完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色とも呼ばれる)になって見えることが多いのですが、一方で、多くの部分月食では影の部分の色は暗いだけではっきりしません。ただ今回の部分月食では月の大部分が影に入りますので、食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。

月はその後、空を昇りながら地球の影から出ていきます。19時47.4分には月が影から離れ、部分月食が終わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月食はどうして起きるのだろう。
図書館で借りてきた「げっしょく」(中西昭雄写真、えびなみつる絵、旬報社)には上の図のような説明があった。
太陽、地球、月が一直線上に並び、その時に地球の影によって月の姿が見えなくなるといった説明だ。
ではどうしていつもの満月のときには月食にならないのだろう。2021年には年に2回しか月食にならなかった。

なるほど、月の軌道は傾いているのだ。
同じ満月でも、月の軌道が傾いているため、地球の影に入るときと入らないときがあることが図でよく分かる。地球の影に入ることが珍しいのだ。
月食が赤く見える理由も書いてある。夕焼けが赤く見えるのと同じ理由のようだ。

時刻は19時32分。
月食が終わりかけている。 赤い色もすっかり消えてしまった。

19時59分。 ほぼ満月の状態に戻っている。夕方の17時ごろから20時ごろまでの天体ショー。
月食がおきる理由を知らなかった時代の人たちには、驚くような異変に思えたのに違いない。
しかしネットで調べてみると:前漢時代(紀元前200年ごろ)には月食がおきるのに規則性があることがわかっていたらしい。天文観測が長期的に行われていたのだろうと考えられる。

さて次回の大阪で見える皆既月食は2022年11月8日。ほぼ1年後だ。
次は皆既月食だから完全に満月が地球の影に入ってしまう。ぜひ観測してみたいし、写真にも取りたいものだ。

 

 

 

米粉でシホンケーキ

最近米粉が流行っているように思う。
スーパーやコープにいくと、製パン用の米粉が販売されている。
以前から米粉はあったが、「製パン用」という表示はなかった。
本やネットで見ると、「ミズホチカラ」という米粉がいいようだ。
難波高島屋にある富澤商店で「熊本産米(ミズホチカラ)パン用米粉」が販売されていたので購入した。
今回は米粉を利用した「シホンケーキ」に挑戦した。
富澤商店のホームページにも「シホンケーキ」のレシピがあったので、それを参考にしながらつくってみた。

材料。
卵・・・3個
砂糖・・・60グラム
サラダ油・・・50グラム
牛乳・・・60グラム
ミズホチカラ・・・90グラム
ベーキングパウダー・・・3グラム
17センチのシホンケーキようの容器。(これは100均で買った紙製の容器)

卵は黄身と白身に分けておく。 白身は冷蔵庫に入れて冷やしておく。
黄身に砂糖30グラム、サラダ油を入れてよく混ぜる。

牛乳も加えてよく混ぜる。ベーキングパウダー、 米粉(ミズホチカラ)を加え、粉っぽさがなくなるまでまぜる。 今回はしなかったが、この時にバニラやシナモンなどのスパイスをいれるといいらしい。
オーブンの用意をする。200度で予熱を始める。

冷蔵庫で冷やしておいた白身を用意する。 ハンドミキサーで混ぜやすいように、少し大きめの容器に移し替えた。
卵白をハンドミキサーで泡立てる。

砂糖を3回にわけて、卵白に入れる。
砂糖を入れたときはハンドミキサーは低速にし、混ざってきたら高速にする。

「角を立てる」まで混ぜる、とよくレシピに書いてあるが、何分くらいハンドミキサーを使えばいいのだろう。そんなことを思いながらハンドミキサーを低速から高速回転にする。
約10分ぐらいでなんとなく出来上がってきた感じ。

出来上がったメレンゲの三分の一程度を黄身と米粉が混ざったボールに入れてなじむようによく混ぜる。

残っていたメレンゲん全て加えて混ぜる。
富澤商店のレシビには 「泡だて器で15回、ぐるぐると混ぜる。ゴムベラで底からしっかり混ぜる。泡をつぶさないように、手早く30回くらいは混ぜる。」 と書いてある。

シホンケーキの型に流し込む。
箸などで生地をぐるぐるとかき回しながら1周ぐらいする。
最後に両手で型を持ち上げて、ドンと台に落とす。
生地の中の空気を抜くためらしい。
何回もしないとネットのレシピにはのっていた。
やりすぎるとこれからの膨らみに悪影響を与えるらしい。
200度に余熱したオーブンを180度に設定し直して30分ほど焼く。

焼き上がったら逆さにして冷やす。ビンのくびなどをつかって、写真のようにして逆さにすると中まで冷える時間が短縮されるそうた。
逆さにするのは、自分の重みでせっかく膨らんだ生地がしぼんでしまうのを防ぐためとネットのレシピには書いてあった。
2時間程度じっくりとさましたのが、上の右の写真。

お店で買うシホンケーキに比べると、膨らみや粉のしっとりかげんが弱いように感じるが、自分で食べるには十分の味。
シナモンコーヒーと米粉のシホンケーキ。いいおやつになる。
次は薄力粉でシホンケーキん作ってみようか。

 

 

 

スパイスカレー3 (バターチキンカレー)

今回はホールスパイスを使った「バターチキンカレー」に挑戦。
ホールスパイスというのは、スパイスをそのまま乾燥させたもので、原型スパイスとも言うそうだ。
これまで使ってきたのは、原型のスパイスを粉砕しているもので、パウダースパイスとかグラインドスパイスと言うそうだ。

印度カリー子さんの「バターチキンカレー」のレシピに沿って作ってみよう。

材料(二人分)
主役 鶏もも肉・・・200グラム
ベース 生クリーム・・・100ml
スパイス ・・・クミン・コリアンダー・ターメリック・・・各小さじ1
たまねぎ・トマト・・・各1個
にんにく・しょうが・・各1かけ
水・・・100ml
塩・・・小さじ1
バター・・・10グラム
ホールスパイス・・・カルダモン・クローブ・・・各2粒
          シナモン・・・2cm

私は4人分を作ったので、このレシピのおよそ2倍の分量を用意した。
鶏もも肉は(印度カリー子さんのレシピにはないが)下味をつけたほうがいいだろうと、ヨーグルトを入れて混ぜ、さらにタイム・バジルなどのハーブを入れて混ぜ合わせて冷蔵庫に入れておいた。

フライパンを熱し、オリーブオイル、ホールスパイスのカルダモン・クローブ・シナモンを入れて1分ほど熱する。ショウガとニンニクのみじん切りを入れて香りが立つまで熱する。ニンニクはチューブ入りのものを使った。
玉ねぎを入れて、茶色に成るまで熱し続ける。フライパン全面にあったた玉ねぎが左の写真のように半分近くに成るまで炒める。
レシピでは10分、と書いてあるが、玉ねぎが増えればその分炒める時間が増える。私は倍ぐらいの時間炒め続けた。

トマトのみじん切りを入れる。
私はトマトの缶詰を使った。
なにか野菜を・・・冷蔵庫を見るとレンコンがあったので、適当な大きさに切ってここに投入。
レシピでは2分程度と書いてある。
ここも分量に合わせて、しっかりと炒める。レンコンにもしっかりと火を通すつもりで炒めた。レンコンを入れたのは、その触感が楽しみだったから。

次にスパイスと塩を入れる。
クミン、コリアンダー、ターメリック、塩を小さじ1。
ここで弱火にして、こげないように約1分炒める。ここはレシピ通りに1分にした。
これでスパイスカレーのベースができあがり。

               

メインの鶏もも肉を入れる。
レシピを見直すと、バターは一番最初にオリーブオイルの代わりに使うと書いてあることに気づく。おやおや・・・
バターはここで入れることになった。生クリーム100ml、水100mlをここで入れることになっているが、生クリームが箱入りで200ミリリットルだったのでそのまま投入し、水を入れないことにした。(こんなんでいいのかなあ、と思いながら)

よく混ぜて沸騰するまで火を通し、沸騰しだしたら弱火にして10分程度煮込む。

ご飯はサフラン米。
新米が手に入ったので、無水鍋で炊くことにした。
無水鍋の標準的な使い方は、
米3カップを洗い、ザルなどに取る。
洗った米に水を入れる。水の量は米全体が浸かるぐらいの水の量。
そのまま30分〜1時間水につけておく。
カレー用なので水の量は少ない目。
米3カップなら水3カップ。
サフランを適量入れる。
フタをして、強火にかける。5分もするとフタがカタカタといいだす。この音を聞き逃さないこと。音が鳴り出したら弱火にして10分。
10分たてば火を消し、約10分ほど蒸らす。
炊きあがった米を保温用の炊飯器に移したのが上の写真。

大きめに切った鶏もも肉とレンコンの歯ごたえがとても引き立っていた。
バター、生クリームがたっぷり。でもしつこい味ではない。 マイルドで食べやすく、リッチな感じのするカレーになった。
スパイスカレーはおもしろい。