なぜ「ゑ」は使われなくなったの 1

図書館で「堺市立図書館だより ゆずりは」という機関紙がおかれていた。
そのなかに左の記事「なぜ『ゑ』は使われなくなったの?」があった。
大変興味を引く記事なので、その記事に紹介されている参考図書をもとに勉強することにした。そういえば最近『ゑ』というひらがなを見ることないことに気づいた。私の祖母は「としゑ」さんだったので、年賀状には小学校の時から書いていたが、それ以外に使うことはなかった。
「ゆずりは」に紹介されていた「日本国語大辞典」を調べることにした。この本は禁帯出なので、南図書館に行くことにした。
「日本国語大辞典」には次のように書かれていた。「ゑ」の部分を抜粋する。

「・・・このかなは、現代かなづかいではもちいられない。現代標準語の音韻では、『え』と同じく、e にあたり、発音上『え』との区別がない。
 外来語を表すとき、we, ve に「ヱ・ヱに濁点(私のパソコンでは表記できない)」を当てたことがある。『ヱルテル・ヱに濁点ルレエヌ」など。
 『ゑ』はもとw の子音をもった we を表した。鎌倉時代などには語頭以外の「へ」が、子音を有声化することによってこれに混ずるようになり、これらの「ゑ・へ」がさらに「え」の発音との区別を失って、「え・ゑ・へ」の間にかなづかいの問題を生じた。室町時代末にはこれらの発音は je に統一されたようであるが、 we が Je に併合された経過は明らかでない。現代かなづかいでは、すべて「え」におきかえられることになった。歴史的かなづかいで「ゑい・ゑひ」「ゑう・ゑふ」と書かれたものは、現代かなづかいでは「えい」「よう」と書く。現代の方言の中で、奄美、沖縄の方言には、「え」と「ゑ」の区別の反映が見られる。
 平安時代には、「化」「華」「源」のような漢字の音は、「くゑ」「ぐゑん」と書かれた。
 「ゑ」の字形は、「恵」の草体から出たもの、「ヱ」の字形は、「慧」の中画という見方もあるが、「恵」の草体で、末筆の形を固めたものを思われる。・・・・」

*「日本国語大辞典」には万葉仮名、カタカナの字形が紹介されているが、「ひらがな」の部分だけを紹介した。

現在使われている「50音図」はいつごろ作られたのだろう。 岩波新書「百年前の日本語ー書きことばが揺れた時代」(今野真二著)を見てみよう。(P129〜130)
「仮名」に関係する部分を抜き出すと、

「二、1900年のできごと
小学校令施行規則
 さてそれでは、改めて明治期の日本語に話題を戻して、この時期の仮名字体についてみていくことにしよう。この時期に、仮名字体に関して、決定的といってよいようなことがあった。
 明治33(1900)年8月21日に、文部省令第14号としてだされた「小学校令施行規則」の第1章「教科及編成」の第1節「教則」の第16條には
小学校ニ於テ教授二用フル仮名及其ノ字体ハ第1号表二、・・・省略・・・」。ここでは仮名に関わる第1号表を話題としたい。『改正小学校令』(明治41年、修文館刊)から第1号表を図31として次に掲げる。

 「ヤ行が『やいゆえよ」、ワ行が「わゐうゑを」となっており、「ん」が平仮名の中に含められている。
またガ・ザ・ダ・バの濁音行4行、半濁音であるパ行が平仮名・片仮名ともに独立した行としてたてられている、など興味深い点があるが、今は仮名の字体に話題を絞る。
 この「第1号表」に掲げられた、平仮名・片仮名の字体は現在使用しているものと同じものである。
 明治33年以降、『第1号表』の仮名字体が小学校で教えられ、次第に標準的な仮名字体として定着していくことになる。
・・・略・・・・

ひろまる統一規則(P130〜131)
 しかし、「第1号表」が図31のような形で示されたことはある程度の根拠、実績があったと見るのが自然であろう。つまり教育の場に限らず、一般的に見ても、明治33年頃には、「第1号表」に載せられている仮名字体に収斂しつつあったと想像することができる。すなわち、仮名字体の統一は徐々にではあっても、確実に進んでいったものと思われる。・・・略・・・」

 

この本によると、
ヤ行が『やいゆえよ」、ワ行が「わゐうゑを」
となっている50音図は明治33(1999)にだされた「小学校令施行規則」に端を発することがわかった。
つまり明治33年から小学校では「ゑ」の字体が教科書でつかわれていたのである。
それがいつの時点で、消えていったのだろう。
もう少し本を調べてみることにしよう。

 

 

 

偽メールにご注意

最近私の携帯電話に、アマゾンや銀行(私の使っていない銀行)の名前で「登録方法を確認してください」とか「お申し込みの手続きが確認されませんでしたのでもう一度お願いします」「更新できませんでした」「手続きをしないと登録が抹消されます」などの不審なメールが届くようになってきた。これはすべて偽メールのようだ。
図書館で次のようなパンフをもらったので紹介しておく。

スマートフォンに届く
    偽メールにご注意

■偽メールの事例について
◎事例1
 通信会社を名乗りスマートフォンに「料金が未納」というSNS(電話番号を宛名に設定して送受信するショートメッセージサービス)が届いた。あわてて電話すると「今すぐコンビニに行き10万円の電子マネーを購入し番号を教えるように。いったん支払えば調査して9万円は返金する」と言われた。

◎事例2
 クレジットカード会社のカスタマーセンターを名乗り「不正使用を検知しました」という緊急メールが送付されてきた。急いで対応しようと、メールに貼り付けられていたURLにアクセスし、カード番号やセキュリティコードなどを入力した。

◎事例3
 宅配業者を名乗り、スマートフォンに「不在のため荷物を持ち帰りました」というSMSが届いた。内容を確認しようとSMS内のURLをタップ(軽く触れること)した。偽サイトにつながり、誘導されるままに電話番号とキャリア決済の認証コードを入力した。後日、携帯電話料金と一緒に見に覚えのない通販サイトの利用料金が請求された。

■対処方法について
 上記3例は偽メールです。次の点に留意して対処するようにしましょう。
◎自分が利用している大手企業の名称が書かれていても、決して連絡したり個人情報を入力したりせず無視しましょう。不安であれば消費生活センターに相談してください。

◎偽メールかどうか判断が難しい場合は、メール記載のURLや電話番号からは連絡せず、企業の公式サイトや電話番号でご確認くださいj

偽メール内のURLは不用意に開いてはいけません。不審なアプリをインストールさせられたり、フイッシングサイトからクレジットカードなどの個人情報を入力させられ、不正使用されるといった被害が発生しています。

◎不審なアプリをインストールしてしまったら、すぐにスマートフォンを「機内モード」に設定して遮断し、不正なアプリを削除(アンインストール)した後、端末を初期化してパスワードを変更しましょう。

◎クレジットカード情報や、携帯電話番号と認証コードを入力してしまった場合は、すぐにクレジットカート会社や携帯電話会社に不正な請求が発生していないかを確認しすぐにクレジットカード会社や携帯電話会社に不正な請求が発生していないかを確認し、パスワードを変更してください。

■典型的なワンクリック請求の手口について
◎事例4
 スマートフォンで無料のアダルト動画を再生しようと年齢確認ボタンを押した途端、画面に「登録完了。登録料40万円を支払ってください」と表示が出た。解約しようと電話をすると、名前や住所をきかれ「キャンセルできない」と言われた。
★有料の契約であることが事前にわかりやすく描かれていなければ、契約が成立しておらず、料金を支払う必要はありません。
「退会はこちら」などのボタンがあってもタップせず決して連絡しないようにしましょう。電話してしまうと相手に着信履歴が残ります。見知らぬ電話番号からの電話には出ないでください。メールアドレスを知られてしまった場合は、アドレスを変えるのも対策のひとつです。

この記事は左の「くらしの情報SAKAI」が情報源になっている。

ネットからでも内容を見ることができる。アドレスは下に書いておくので参考にされたい。
ここには「携帯電話などへの偽メール」以外にも、
・SNSで勧誘される儲け話にだまされないで。
・訪問販売トラブルにご注意!
・インターネット通販トラブルと注意点
・本当に儲かりますか、そのお誘い?
など私達が気をつけないと騙されてしまうかもしれないことへのアドバイスが載っている。
通信障害があっても、携帯に頼らなくならない時代になってきた。
そんな中での行政サービスのひとつなのかもしれない。私達自身が最新の情報をキャッチし、対処する方法を学ぶ努力は必要だ。

https://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/shohi/shiryo/kurashi/index.html

 

 

 

モディリアーニ展

中之島美術館で開かれている「モディリアーニ展」に行ってきた。
7月18日までの開催。
これは見逃したくなかった。

モディリアーニの絵は中学か高校の美術の教科書で見た記憶がある。
細い顔、長い首、しかし画面がなんとなく暖かく感じる肖像画が印象として残っている。
左はパンフレットから。裏面にモディリアーニの紹介が載っている。
「モデルの内面的な本質を捉えた肖像画で知られるアメデオ・モディリアーニ(1884〜1920)。祖国イタリアで美術を学び、21歳でパリに出て独自の表現様式を築きました。2008年の回顧展以来、日本でモディリアーニの作品をまとめてご紹介する初めての機会となります。短い活動期の中から優れた作品を選りすぐり、モディリアーニ芸術の本質を探るとともに、各国で進められているモディリアーニ研究の現在をひもときます。さらに同時代に活躍したピカソや藤田嗣治ら「エコール・ド・パリ」の作品も展示するとともに、モディリアーニとの交流、さらに日本でのモディリアーニ受容の軌跡なども紹介します。
 20世紀前期のパリで開花した芸術は、新時代の幕開けを迎える躍動感に満ちています。その豊かな醍醐味を、新たな船出を迎えた大阪中之島美術館で心ゆくまでご堪能ください。」

私が行ったのは、読売新聞の企画で、月曜日の休館中に絵を見ることができるという取り組みだった。
2時間という時間制限があったが、人数制限があり、それほどの混雑がなく、それなりにゆっくりと絵を見ることができた。
初めて知ったことは、モディリアーニは彫刻家をめざしていたことだった。てっきり最初から絵を描いていたとなんとなく思っていたがそうではなかった。
モディリアーニのつくった彫刻も多く展示されていた。ただ健康上と経済上のため彫刻を続けることができなくなり、絵画に変わっていったそうだ。そう思って絵を見てみるとモディリアーニの立体感のある絵の根拠はそこにあるのかとも思った。

中之島美術館が所蔵する「髪をほどいた横たわる裸婦(1917年)」 絵の横にある解説には次のように書かれている。
「日本で所蔵される唯一のモディリアーニの裸婦像である。福島繁太郎がパリで入手し、1933年に持ち帰った。以後、日本で多くの芸術家を刺激し、モディリアーニ芸術を広く伝えてきた。本作は山本 發次郎に譲られた後、1989年、大阪市が新しい美術館のために購入。その33年後に大阪中之島美術館が開館。オープンを記念する特別展は、コレクションを代表する本作にちなみ、モディリアーニ展となった。」
この作品を大阪市が持っているから、このモディリアーニ展が開催されたのだ。

上の写真は美術館の中だけど撮影が可能。美術館所蔵の作品だからだろう。
この作品の右側に左の「アントワープ王立美術館が持っている『座る裸婦』」が展示されている。これは借りてきている作品なので写真撮影は禁止。
左の写真はパンフレットからの引用。
同じ時代に、同じモデルで描かれた裸婦像として有名らしい。その2つが並んで展示されているのは見ている私にはとても楽しかったし、うれしかった。

モディリアーニは生涯に400点以上の作品が描かれているらしいが、詳細は不明。生存中はほとんど作品は売れず、今日(こんにち)のように有名になったのは死後のことである。
今では作品展を開けば10万人は集まると言われ、日本の美術の教科書にも載るぐらいの有名人になっている。

写真撮影が許されているもう一枚。
スウェーデン生まれのハリウッド女優グレタ・ガルボが生涯大切にした『少女の肖像』。
これはグレタの死後に発見されたもので、調査の結果モディリアーニ直筆の作品とわかった。今回が世界初公開になるそうだ。

この「モディリアーニ展」はパンフレットにあるように、同時代の画家たちの作品も展示されていた。
私が驚いたのはシャガールの「町の上で、ヴィテブスク」があったことだ。ヴィテブスクはシャガールの故郷の港町。これも美術の教科書で見たと思う。「どうして恋人たちが空を飛んでいるのだろう」と教科書を見たときは思った。50センチ✕70センチくらいの大きさなのだが、とても可愛らしく見えた。

モディリアーニは瞳を描かない肖像画で有名だが、もうひとつ私達の感性に響くのはその悲劇性かもしれない。とりわけ妻のジャンヌ・エピュテルムの生き方が胸を打つのかもしれないと私は思う。
新潮社の「モディリアーニの恋人」(橋本治・宮下規久朗)によるとモディリアーニの年譜には次のように書かれている。
「1920年 絵画制作による過労、飲酒、麻薬のために健康状態が悪化。1月23日に意識不明のまま慈善病院に運ばれ、翌24日、結核性脳膜炎のため死去。享年35.
その2日後の早朝5時頃、妊娠8ヶ月だったジャンヌは実家のアパルトマンの窓から身を投げた。享年21」
モディリアーニはジャンヌをモデルとして数多くの肖像画を描いたそうだ。

ジャンヌの写真と右の黄色いセータを来たジャンヌは新潮社の「モディリアーニの恋人」からの引用。左の瞳が描かれたジャンヌの肖像画は、朝日出版社の「恋愛美術館」(西岡文彦)からの引用。
ジャンヌの強い瞳が、モディリアーニの瞳のない肖像画になにか影響を与えたのではないかという説もあるそうだ。
この「モディリアーニ展」は彫刻から肖像画までの多くの作品が並べられていて、モディリアーニの足跡がわかるように展示されているように思える。
特に最後の肖像画のコーナーは圧巻だった。
この「モディリアーニ展」は見る価値のあるものだ。