文楽 夏祭浪速鑑


久しぶりに文楽を見に行くことが出来た。
初日に行けるとは思っていなかった。

夏休み文楽特別講演。
第3部サマーレイトショーとしてその
演目は、
夏祭浪速鑑(なつまつりなにわのかがみ)
住吉鳥居前の段
釣船三婦内の段
長町裏の段

夏祭浪速鑑は歌舞伎でもみたことのある演目。人形浄瑠璃となるとどのようになるのだろうか、と興味があった。
そのストーリーは、国立文楽劇場のホームページより引用すると、

「・・・とりあえず、『夏祭』のあらすじをば。ちょっと訳ありで、玉島磯之丞とその恋人である傾城琴浦は、団七九郎兵衛の計らいをもって釣船三婦の家で過ごしていました。団七の義父・三河屋義平次は、金を目当てに、ウソをついて、その家から琴浦をかどわかします。しかし、磯之丞の父に恩義のある団七は、義平次を謀って、琴浦を取り戻します。どう考えても義平次が悪いのですが、騙されて金を取り損ねたとわかった義平次は、みなしごから育ててやったのに恩知らずな奴めが、などと団七をなじりまくるのです。そして、いよいよ我慢ならなくなった団七が義平次を殺してしまう、というストーリーであります。」

いわゆる舅殺しの物語。

主人公の団七は入れ墨をしている。それは歌舞伎から取り入れられたといわれている。 初演は文楽が先で、翌月には歌舞伎に移される。文化文政期の三代目中村歌右衛門が入れ墨を入れて演じたものが大評判となり、それが文楽にも移入されたそうだ。

上の写真はプログラムからの引用。「文楽人形の丸胴」の説明に、入れ墨の団七の丸胴が使われている。全身の入れ墨姿の団七が見得を切ると、それは迫力がある。
団七と舅の義平次との争いは、途中からお囃子のみで大夫の語りは一切ない。
緊張する殺陣が長い時間続く。
途中から人形使いの吉田玉男さんの姿が消えてしまう、義平次の吉田玉士さんの姿も消える。いわゆる人形が意思を持って動いているように見える瞬間だ。
「悪い人でも舅は親」というセリフで終わるが、この団七の行末はどうなるのだろうかと気になる演目。
歌舞伎でも見ているが、人形浄瑠璃のほうが私には印象深かった。
「女殺し油の地獄」では文楽を先に見て、そのあと歌舞伎で見たが、そのときもそう思った。
歌舞伎の役者さんの演技はそれは素晴らしいものだが、人形のほうが私には響いた。

劇場内には大きなマスクをした人形。

客席は中央寄りに座席が指定されているようで、定員の50%にしているように思える。歌舞伎と比べてみると、見に来る人は男性の方が多いように思える。歌舞伎には和服姿の女性も目につくが、文楽はおじさんの姿のほうが目につく。18時開演、20時終了だから外に出るとレストランは閉まっている。
シャツターをおろしている店も多い。

文楽に来た人の夕食はどうしたのだろう。先に食べてきているのかも知れない。中の食堂・喫茶は休憩所になっている。持参の食べ物はそこで食べるようになっている。

入り口のチケットは、歌舞伎の時と同じ様に自分でちぎって指定された箱に入れる。コロナの影響はまだまだ続く。しかし歌舞伎や文楽と伝統芸能が鑑賞できるようになってきたのはうれしい。

なんばの駅までの通路の壁に、文楽のポスターが何種類も貼ってある。

Welcome to the world of Bunraku

そう、文楽、この良きもの。大阪に生まれて文楽に親しめることの嬉しさを感じた日だった。

 

 

Sansho-dayu 山椒大夫4

The four travelers were on two separate boats going in different directions.
One boat headed north for the island of Sado.
Along the way, the servant threw herself into the sea.
The mother of the two children also wanted to kill herself, but the boat owner stopped her.
He was going to sell her on Sado.

*安寿と厨子王の乗った小舟と母親と女中のうばたけの乗った小舟は別々の進路をとっていることに気づく。
本文はこのあたりを次のように描写している。

*************

うばたけは佐渡の二郎に「もし船頭さん、もしもし」と声をかけていたが、佐渡は構わぬので、とうとう赤松の幹のような脚にすがった。「船頭さん。これはどうしたことでございます。あのお嬢さま、若さまに別れて、生きてどこへ往かれましょう。奥さまも同じことでございます。これから何をたよりにお暮らしなさいましょう。どうぞあの舟の往く方へ漕いで行ってくださいまし。後生でございます。
「うるさい」と佐渡は後ろざまに蹴った。うばたけは舟とこに倒れた。髪は乱れて舷にかかった。うばたけは身を起こした。「ええ。これまでじゃ。奥さま、御免下さいまし』こう言ってまっさかさまに海に飛び込んだ。

**************************************

*うばたけが海に身を投げたのをみた母親もそのあとを追おうとする。
しかし船頭は母親の髪をつかんで引き倒し、「うぬまで死なせてなるものか。大事なしろものじゃ」と言いながら、つなでぐるぐる巻きにして転がしてしまう。
母親を載せた小舟は北へ北へと漕いで、佐渡ヶ島をめざす。
一方、安寿と厨子王の乗った小舟は南へと進んでいった。

The children’s boat arrived at Tango, in presentday Kyoto Prefecture.
In this area, a rich man called Sansho-dayu had power.
He bought people to work for him.
Anju and Zushio were sold to the terrible man.

*安寿と厨子王ののせた小舟は、越中、能登、越前、若狭の津津浦浦とまわるが、買い手がつかない。最後に丹後の由良の山椒太夫に売ることにした。
山椒大夫は田畑に米麦を植え、山では猟、蚕を飼い、なにからなにまで職人を使ってつくらせていた。人ではいくらでもほしいという人物だった。

When Anju and Zushio first met Sansho-dayu, they were too shocked to say anything.
The face of the 60-years-old man was bright red.
He had gray hair and a beard, which made him look like a scary monster.
The evil man said,
“The girl will work by the sea.
And the boy will work in the mountains.”

・・:・・二人の子供は奴頭のことばが耳に入らぬらしく、ただ目をみはって大夫を見ている。今年六十歳になる大夫の、朱を塗ったような顔は、額が広く、あごが張って、髪もひげも銀色に光っている。子供らは、恐ろしいよりは不思議がって、じっとその顔を見ているのである。
・・・・・・・・・
大夫はあざ笑った。「愚か者と見える。名はわしがつけてやる。姉はいたつきをしのぶぐさ、弟は我が名をわすれぐさじゃ。しのぶぐさは浜へ往って、日に三荷がの潮を汲め。わすれぐさは山へ往って日に三荷の柴を刈れ。弱々しい体に免じて、荷は軽うしてとらせる。」

*こうして安寿は塩をつくるための海水を汲む仕事、厨子王は山で芝刈りの仕事をするようになった。

*さて一緒に旅をしていた女中のうばたけは、私の見た本ではすべて海に身を投げている。かわいそうな運命である。
*山椒大夫の「さんしょう」は、各地にある算所(さんじょ)、産所、山荘などの地名と深い関係がかるのではないかといわれている。そこには山伏や陰陽師が住んでいたと伝えられている土地が多く、大夫という称号は、芸能者の長(おさ)や、広く芸人、あるいは祈祷師の呼称として用いられるところから、こうした土地に関わりのある遊芸のひとたち、ある算所の大夫がこの物語を語り歩いていたのが、いつしか作品の中の人物の名前になったのではないかといわれている(「安寿姫と厨子王丸」解説 常光徹より)
・山椒大夫の息子について見ると、森鴎外の作品では太郎、二郎、三郎の三人で、太郎は16歳のとき、父が焼印をするのを見て家を出ている。それは19年前のことと書かれている。「新・講談社の絵本 安寿姫と厨子王丸」では三郎のみ、「偕成社の日本伝説 あんじゅとずし王」には、じろうとさぶろうが登場している。「朝日ソノラマの日本名作ものがたり2 あんじゅとずし王」では息子は登場していない。
小学館の「アンジュと頭獅王」では太郎、二郎、三郎の三人が登場する。

この兄弟たちがどのように物語「山椒大夫」に登場するのかは、このあと紹介していきたい。

*suffering; 「苦難、苦しみ」
 scary; 恐ろしい
 forehead; 額

 

 

 

Sansho-dayu 山椒大夫3

The mother was happy that she met a kind man.
She wanted to pay for the room and food, but the man said it was not necessary.
Instead he said,
“I’ll keep your wallet for you.
You don’t want to drop it in the ocean.”
The next morning, the man took the travelers to the  sea.

*ここは森鴎外の作品と少し違うところがある。

夜が明けかかると、大夫は主従四人を急き立てて家を出た。そのとき子供らの母は小さいふくろから金を出して、宿賃を払おうとした。太夫は留めて、宿賃はもらわぬ、しかし金の入れてある大切なふくろは預かっておこうと言った。なんでも大切な品は、宿に着けば宿のあるじに、舟に乗れば舟の主に預けるものだというのである。・・・・、
母親は余儀ないことをするような心持ちで船に乗った。子供らは凪いだ海の、青いかもを敷いたような面を見て、物珍しさに胸おどらせて乗った。ただ、うばたけが顔には、きのう橋の下を立ち去ったときから、今舟にのるときまで、不安の色が消え失せなかった。

Then two boats appeared.
Tha man told the mother and servant to get into one boat, and the children into the other one.
Then he said,
“Have a good day!”
And he left quickly.

山岡大夫はしばらく岸に沿うて南へ、越中坂の方角へ漕いでいく。もやは見る見る消えて、波が日にかがやく。人家のない岩陰に、波が砂を洗って、海松や荒布を打ち上げているところがあった。そこに舟が二艘止まっている。
・・・・・・
「さあ、お二人ずつあの舟へお乗りなされ。どれも西國への便船じゃ。舟足というものは、重過ぎては走りが悪い」二人の子供は宮崎が舟へ、母親とうばたけとは佐渡が舟へ、大夫がてをとって乗り移らせた。
・・・・
「あの、主にお預けなされたふくろは」と、うばたけが主の袖を引くとき、山岡大夫は空船をつと押し出した。
「わしはこれでお暇をする。たしかな手からたしかな手へ渡すまでがわしの役じゃ。ご機嫌ようお越しなされ」
ろの音が忙しく響きて、山岡大夫の舟は見る見る遠ざかって行く

The boats started to go in different directions. The mother’s boat headed north and children’s boat headed south. The boy calls out to his mother, but it was too late. The mother shouted to her children. “Goodbye, my dearest children. Anju, never loss your Buddhist statue. Zushio, take care of your father’s knife. Promise me you will stay together!”

*Buddhist statue; 仏像

二人の船頭はそれきり黙って船を出した。佐渡の二郎は北へ漕ぐ。宮崎の三郎は南へ漕ぐ。「あれあれ」と呼びかわす親子主従は、ただ遠ざかり行くばかりである。
母親は物狂おしげに舷に手をかけて伸び上がった。「もうしかたがない。これが別れだよ。安寿は守本尊の地蔵様を大切におし。厨子王はお父さまの下さった護り刀を大切におし。どうぞ二人がはなれぬように」安寿は姉娘、厨子王は弟の名である。

The waves took away the cries of the children and their mother under the cold sky.

安寿と厨子王は親の形見を持っている。
Enjoy Simple English では安寿はお地蔵様の仏像。厨子王は父の形見の護り刀。
しかし本によってそれが違う。

「安寿と厨子王 『京の絵本刊行委員会』では、安寿は地蔵菩薩、厨子王は由緒書。

「安寿姫と厨子王丸 新・講談社の絵本」では、安寿姫は「お地蔵さまの像」、厨子王は持っていない。

「日本伝説 あんじゅとずし王 偕成社」では、どちらも何も持っていない。

「アンジュと頭獅王 吉田修一・作 小学館」では、アンジュは「地蔵菩薩」、頭獅王は「奥州54郡の系図の巻物」

このように出版社によって二人の持ち物は違っている。
私自身の記憶には、地蔵菩薩もなかったし系図もない。
それは私自身が本の記述を忘れているのかも知れないし、読んだ本がそうだったのかどうか確かめようがない。