帝塚山古墳群

南海高野線の帝塚山駅周辺にはかつては古墳がいくつもあったそうだ。
現在その姿をとどめているのは、帝塚山駅の直ぐ側にある「帝塚山古墳」である。
その古墳群を見学するツアーがあったので参加した。

住吉東駅の東側からでて、少し歩くと「弁天塚古墳」の跡地がある。 実は古墳の上に神社が建っているのである。

ここは東大禅寺。お寺なのに正面に鳥居がある。
明治時代の廃仏毀釈で、神社とお寺とははっきりと区別されたが、それ以前は神仏混合の時代だったので、江戸時代はあたり前のことだった。
もらった資料によるとここは「前方後円墳で全長65メートル、後円部の高さは4.3メートル、となっているが形状がかなり変形している。発掘がなされていないので詳細は不明」となっている。
西暦4世紀から6世紀ぐらいに古墳ができたと考えられている。

弁天塚古墳から少し東に歩いていくと、大阪市立万領保育所がある。そこのフェンスに写真のような掲示がある。

掲示板には次のようにかかれている。

大阪市顕彰史跡第206号
二本松古墳
(住吉区万台東3・4丁目)
6世紀後半の古墳で、円墳と推定される。明治時代の土採りのよって墳丘は削平されたが、その際に石室や石棺が発見された。かつての地名が住吉村字二本松であったことから二本松古墳とよばれている。
大阪市教育委員会

発掘時の資料や出土品は東京国立博物館に保管されているともらった資料に書かれている。ボランティアのガイドさんが「どうして東京にあるのでしょうね」とぼやいていた。私もその気持はわかる。

大阪急性期総合医療センターをすぎ、万代池をこえると大阪女子大学の記念碑がある。 その周辺に万代古墳があった。今はマンションになっている。
資料には次のように書かれている。

「平成16年(2004年)に発掘された古墳で、周辺の敷地より一段高い土地で、マンション建設の際に発見された。墳丘部は削られてほとんどないが全長約32メートル、後円部の直径は約29メートルであるが前方部約6メートルしかない帆立貝型の前方後円墳であった。周濠からは円筒埴輪、人物埴輪や衣笠埴輪(きぬがさはにわー日傘を模したもの)、盾形埴輪、朝顔埴輪などが出土し、埴輪としては比較的新しいタイプのもので、その形から5世紀末から6世紀の古墳であることがわかった。帝塚山古墳の周辺にはこのような小さな古墳があったと考えられます。」

南海高野線「帝塚山駅」西出口から目の前に「帝塚山古墳」がある。
ここは「財団法人住吉村常磐会」が管理している。普段は施錠されていてはいることができない。今回のツアーのような機会がないと古墳の中には入れないので、このツアーを心待ちしていた。

古墳の中にある立て札には次のようなことが書かれていた。
「・・・・所有者 財団法人 住吉村常磐会 この古墳は西南面の前方後円墳で上町台地南部の西縁に立地している。墳丘の前後長径88メートル前方部幅39メートル後円部径49メートルその高さは前方部8メートル強後円部9メートルを測る。・・・・略・・・墳丘には埴輪円筒の樹立があり往時南北両側には周濠の一部である溜池が存したことを土地の古老は記憶している。墳丘の形態その他すべて中期古墳の特徴を備えている。 後円部頂上には明治31年11月陸軍大演習の際明治天皇の登臨があったのでその記念碑が立てられている。 ・・・・略・・・この古墳の被葬者については大伴金村とする所説があるが古典によれば附近には住吉宅と呼ばれる大伴氏の居邸がありこの豪族の根拠していたことは明らかであるからこれに関係する墳墓であるかも分からない。大阪古代における歴史と文化とを徴するために欠くべからざる史跡である。             
      昭和39年3月31日    
            文化財保護委員会
            大阪市教育委員会」

もらった資料には、 「・・・後円部を北へ向ける前方後円墳で、全長約120メートル(注・大仙古墳の約四分の一)・・・略・・・出土した円筒埴輪から4世紀末から5世紀初頭の古墳と推定されます。前方後円墳として原型を止める大阪市唯一のものです。上町台地の南端部に当たり、古墳が築かれた当時は西側近くまで海が迫っていたので、海からもよく眺めたものと思われます。大伴金村の墓という説もありますが、6世紀前半に活躍した金村とは時代が合わず、被災者は不明です。」

古墳の上にあった木はすべて伐採されている。 昨年、一昨年の台風の時に切ったそうだ。 古墳を取り囲むように高級住宅が建っている。 春には「花びらが家に吹き込んできて困る」、秋冬には「枯れ葉が家の中に入ってくる」という不平や抗議が管理者の住吉村常磐会に寄せらてくるそうだ。よく似た話は昔からあちこちで聞いたことがある。離れて愛でるのはいいが、直接自分たちに迷惑がかかってくると不平を言う。
自然との共生は言葉だけになっているように私は感じてしまう。

この帝塚山古墳の見学は春と秋に行われているそうだ。春にも来てみたいと思った。

私が参加したツアーの企画は「特定非営利活動法人すみよし歴史案内人の会」がされている。ホームページもあるので詳しい活動内容については、HPを見ていただきたい。「まち歩き」の紹介や参加申込もここからできる。

 

ハンターズ・ムーン 10月の満月

 10月20日水曜日。満月が昇ってきた。 山の上に雲があるため、地平線から昇ってくる月は撮影できない。
この写真は17時38分ぐらいのもの。
「こよみハンドブック」のデーターでは、月の出は17時19分となっているが、現在地との経度の差、山と雲を超えての月の出だから時間の誤差はある。

10月の満月は、ネイティブアメリカンの言い方だと「ハンターズ・ムーン」と言うそうだ。
狩の季節ということかも知れない。

満月の模様も風景と一緒にとりたいのだが、満月の明るさは並大抵のものではない。
普通にシャッターをきると、月は真っ白になる。
露出をしぼると、街の風景が真っ黒になってしまう。
満月の写真はむずかしい。

2021年10月20日の月齢は
13.7 となっている。
あれ? 満月だから15lじゃないの?と思ってしまうが、そうではない。
前回のブログに平安時代の人たちの月と時間について調べたことを書いたが、それは現代のような精密な時計と観測の時代の感覚とはちがうということ、生活の時間感覚ではなく、物理法則と精密機械のある現在との差を考えておこうということだ。

国立天文台のホームページにこんな記述がある。

「月齢も月の満ち欠けに関連している.定義から月齢0.0が朔の瞬間であることは明らかであるし,平均約29.5日という満ち欠けの周期((朔望月) から,その半分の月齢14.8くらいが望(満月) の瞬間となることも見当がつくだろう.

ただし,月齢が14.8 なら必ず望(満月)になるとは限らない。これは月が地球の周りを楕円運動していることが原因である。・・・・中略・・・・定量的にどれくらい変化するのかを示したのが図3(図は略)で,
ここから望(満月)における月齢は13.9~15.6日と±1日弱もの変動があることがわかるだろう.十五夜が必ずしも満月にならない本質的な原因はここにある。。

詳しい説明は、国立天文台のホームページ(トピックス・月齢について)を参照されたい。

18時43分の月。露出をかなり絞っている。

23時51分の月。ほぼ天頂付近にある。データーでは満月になる直前の月だ。

次の日の朝。
5時1分の空。
この日は雲が多く、満足な月の表面の写真が取れなかった。

この道路はほぼ東西に伸びた道路。
西の空に沈んでいく様子が想像できる。

雲の合間をくぐって月の模様がわかる写真が取れた。
月の模様が時間を追って変化する・ウサギの耳が動いていくことがわかる。

満月の時にいつも話題になるのは、南半球の人はどんな月の模様を見ているのだろうということ。今回はNASAの映像があることが判った。

上の写真は北半球での満月間近な写真。

この写真は「南半球の満月間近な」写真。 月の模様の違いがわかるだろう。

うえの満月は私達がよく見る満月。ウサギの耳が右側上にみえている。
下の写真のウサギは、左側下に耳が見えている。私達が見ない月の模様だ。

ネット検索で、
Moon Phases 2021 – Northern Hemisphere 
Moon Phases 2021 – Southern Hemisphere

を検索すればこの画面に到達できるはず。
上の写真は動画を写真にしたもの。実際にYouTubeでみれば月の満ち欠けの様子もよくわかる。北半球と南半球での満ち欠けの違いもよくわかる。

11月19日は皆既月食に近い状態での月食が観測できるそうだ。
お天気が良いことを祈ろう。

 

 

藍染(生葉染め)2021

今年の5月1日に種を巻いた藍も大きく育った。
今回はプランター2つだけの栽培にした。今年も小物を染めてみよう。

根本から少しはなれたところで、バッサリと切る。 使うのは葉だけ、茎は使わない。。葉の分量はおよそ300グラムだった。

小学生向きの本に、「かんたん 染めもの」(春田香歩著)という本があるのを見つけた。台所にある野菜や、桜などの葉などを利用して簡単に染めものを体験するという本だ。
この中に「藍染(あいぞめ)」があったので、それを試してみることにした。

ミキサーを使うのが本の指示だが、私は手近にあったフードプロセッサーを利用した。
フードプロセッサーに八分目ほどの量の藍の葉を入れる。そこに適量のぬるま湯をいれる(回転したときに藍の葉が砕かれるように、何回か試してみる)。
30秒ほど回転させる。何回か止めて様子を見ながら回転させる。
砕けた藍の葉を、古手のタオルを使ってしぼる。
使うのはこの「絞り汁」。絞りカスはつかわない。
この作業を、藍の葉がなくなるまでくりかえす。

上の写真の左が絞り汁。これが染液になる。緑っぽい色をしている。
そこに染めたい布を入れる。今回は、絹が1枚と木綿(さらしを使用した)2枚にした。
木綿も一枚は何も手を加えていないもの。もう一枚は豆乳につけてしぼったものを乾かした布。藍染はタンパク質に反応するので、染まりにくい木綿を豆乳につけてどのような変化が出るく確かめたかった。
これらの3枚の布は、絞り液にいれるまえに水洗いをしておく。

10分程度染液の中につける。 できるだ空気に触れないようにして、染液の中で揉み込むようにする。 絞ってひろげて空気にふれるようにする。 こうすることによって藍色がでてくる。
この作業を2,3回くりかえし、しぼる。

バケツに三枚の布がつかるくらいの水を入れ、オキシドールをキャップ1杯程度いれてよくかき混ぜる。ここに3枚の布を入れて全体によくなじませる。
これは酸化を早め、色をしっかりと出させるためと本に書いてあった。
今回オキシドールがなかったので、台所のハイターを代わりにつかった。(分量はほんの少量にした)
水洗いしたものが、上の写真の右。
三枚の布が少しずつ違った色に染まっている。
一番青く染まっているのが、絹。
三枚の中で一番薄く青色が染まっているのが、何もしていない木綿(さらし)。
その中間ぐらいに青色がついているのが、豆乳の処理をした木綿(さらし)。

よく水洗いをして、天日でかわかす。
上の写真の左から、何も処理をしていない木綿、絹、豆乳処理をした木綿。

木綿は絹に比べて染まりにくいが、それなりに雰囲気のある色に染まっている。
豆乳につけておいたものは、それよりも青っぽく染まることがわかった。

今回の実験は生葉染め。それもできるだけ簡単な方法(使う薬品はオキシドールだけ)で、小学生の体験としては安全性があるものだと思う。
木綿をしっかりとした藍色に染めるには、以前にやったように特別に購入しなければ手に入らない薬品がいるので、小学生にはハードルが高いと思う。

参考にした本には、玉ねぎや春菊をつかって染めるなど、家庭にある材料で染めることができるものを紹介している。来年はそういった染めもやってみたいと思う。