ハンターズ・ムーン 10月の満月

 10月20日水曜日。満月が昇ってきた。 山の上に雲があるため、地平線から昇ってくる月は撮影できない。
この写真は17時38分ぐらいのもの。
「こよみハンドブック」のデーターでは、月の出は17時19分となっているが、現在地との経度の差、山と雲を超えての月の出だから時間の誤差はある。

10月の満月は、ネイティブアメリカンの言い方だと「ハンターズ・ムーン」と言うそうだ。
狩の季節ということかも知れない。

満月の模様も風景と一緒にとりたいのだが、満月の明るさは並大抵のものではない。
普通にシャッターをきると、月は真っ白になる。
露出をしぼると、街の風景が真っ黒になってしまう。
満月の写真はむずかしい。

2021年10月20日の月齢は
13.7 となっている。
あれ? 満月だから15lじゃないの?と思ってしまうが、そうではない。
前回のブログに平安時代の人たちの月と時間について調べたことを書いたが、それは現代のような精密な時計と観測の時代の感覚とはちがうということ、生活の時間感覚ではなく、物理法則と精密機械のある現在との差を考えておこうということだ。

国立天文台のホームページにこんな記述がある。

「月齢も月の満ち欠けに関連している.定義から月齢0.0が朔の瞬間であることは明らかであるし,平均約29.5日という満ち欠けの周期((朔望月) から,その半分の月齢14.8くらいが望(満月) の瞬間となることも見当がつくだろう.

ただし,月齢が14.8 なら必ず望(満月)になるとは限らない。これは月が地球の周りを楕円運動していることが原因である。・・・・中略・・・・定量的にどれくらい変化するのかを示したのが図3(図は略)で,
ここから望(満月)における月齢は13.9~15.6日と±1日弱もの変動があることがわかるだろう.十五夜が必ずしも満月にならない本質的な原因はここにある。。

詳しい説明は、国立天文台のホームページ(トピックス・月齢について)を参照されたい。

18時43分の月。露出をかなり絞っている。

23時51分の月。ほぼ天頂付近にある。データーでは満月になる直前の月だ。

次の日の朝。
5時1分の空。
この日は雲が多く、満足な月の表面の写真が取れなかった。

この道路はほぼ東西に伸びた道路。
西の空に沈んでいく様子が想像できる。

雲の合間をくぐって月の模様がわかる写真が取れた。
月の模様が時間を追って変化する・ウサギの耳が動いていくことがわかる。

満月の時にいつも話題になるのは、南半球の人はどんな月の模様を見ているのだろうということ。今回はNASAの映像があることが判った。

上の写真は北半球での満月間近な写真。

この写真は「南半球の満月間近な」写真。 月の模様の違いがわかるだろう。

うえの満月は私達がよく見る満月。ウサギの耳が右側上にみえている。
下の写真のウサギは、左側下に耳が見えている。私達が見ない月の模様だ。

ネット検索で、
Moon Phases 2021 – Northern Hemisphere 
Moon Phases 2021 – Southern Hemisphere

を検索すればこの画面に到達できるはず。
上の写真は動画を写真にしたもの。実際にYouTubeでみれば月の満ち欠けの様子もよくわかる。北半球と南半球での満ち欠けの違いもよくわかる。

11月19日は皆既月食に近い状態での月食が観測できるそうだ。
お天気が良いことを祈ろう。

 

 

藍染(生葉染め)2021

今年の5月1日に種を巻いた藍も大きく育った。
今回はプランター2つだけの栽培にした。今年も小物を染めてみよう。

根本から少しはなれたところで、バッサリと切る。 使うのは葉だけ、茎は使わない。。葉の分量はおよそ300グラムだった。

小学生向きの本に、「かんたん 染めもの」(春田香歩著)という本があるのを見つけた。台所にある野菜や、桜などの葉などを利用して簡単に染めものを体験するという本だ。
この中に「藍染(あいぞめ)」があったので、それを試してみることにした。

ミキサーを使うのが本の指示だが、私は手近にあったフードプロセッサーを利用した。
フードプロセッサーに八分目ほどの量の藍の葉を入れる。そこに適量のぬるま湯をいれる(回転したときに藍の葉が砕かれるように、何回か試してみる)。
30秒ほど回転させる。何回か止めて様子を見ながら回転させる。
砕けた藍の葉を、古手のタオルを使ってしぼる。
使うのはこの「絞り汁」。絞りカスはつかわない。
この作業を、藍の葉がなくなるまでくりかえす。

上の写真の左が絞り汁。これが染液になる。緑っぽい色をしている。
そこに染めたい布を入れる。今回は、絹が1枚と木綿(さらしを使用した)2枚にした。
木綿も一枚は何も手を加えていないもの。もう一枚は豆乳につけてしぼったものを乾かした布。藍染はタンパク質に反応するので、染まりにくい木綿を豆乳につけてどのような変化が出るく確かめたかった。
これらの3枚の布は、絞り液にいれるまえに水洗いをしておく。

10分程度染液の中につける。 できるだ空気に触れないようにして、染液の中で揉み込むようにする。 絞ってひろげて空気にふれるようにする。 こうすることによって藍色がでてくる。
この作業を2,3回くりかえし、しぼる。

バケツに三枚の布がつかるくらいの水を入れ、オキシドールをキャップ1杯程度いれてよくかき混ぜる。ここに3枚の布を入れて全体によくなじませる。
これは酸化を早め、色をしっかりと出させるためと本に書いてあった。
今回オキシドールがなかったので、台所のハイターを代わりにつかった。(分量はほんの少量にした)
水洗いしたものが、上の写真の右。
三枚の布が少しずつ違った色に染まっている。
一番青く染まっているのが、絹。
三枚の中で一番薄く青色が染まっているのが、何もしていない木綿(さらし)。
その中間ぐらいに青色がついているのが、豆乳の処理をした木綿(さらし)。

よく水洗いをして、天日でかわかす。
上の写真の左から、何も処理をしていない木綿、絹、豆乳処理をした木綿。

木綿は絹に比べて染まりにくいが、それなりに雰囲気のある色に染まっている。
豆乳につけておいたものは、それよりも青っぽく染まることがわかった。

今回の実験は生葉染め。それもできるだけ簡単な方法(使う薬品はオキシドールだけ)で、小学生の体験としては安全性があるものだと思う。
木綿をしっかりとした藍色に染めるには、以前にやったように特別に購入しなければ手に入らない薬品がいるので、小学生にはハードルが高いと思う。

参考にした本には、玉ねぎや春菊をつかって染めるなど、家庭にある材料で染めることができるものを紹介している。来年はそういった染めもやってみたいと思う。

 

 

 

セミと素数

8月も半ばになると、蝉の声も少なくなってきた。
私の家の周りには、いくつもの蝉の抜け殻があった。
庭木にはいつものようにいくつかの蝉のぬけがらがあった。
今年、びっくりしたのは門のコンクリートの下側に蝉の抜け殻があったこと。
また、台所がある壁にも蝉の抜け殻があった。
どちらも周りに木が植えられているからそこからやってきたのかもしれない。
でもその木の幹に登ればいいのにと思うが、コンクリートや家の壁にはりついて羽化したかと思うと、どうしてそんな場所でと考えてしまう。

二匹が並んで羽化しているのを発見した。
へーっ、こんなこともあるんだ。よっぽどここの場所が気に入ったのだろうか。
蝉は全世界で1600種類もいてるそうだ。日本には約30種類いるらしい。
アブラゼミが約6年間地中に幼虫の状態でいてることはよく知られている。
羽化してから約一ヶ月程度の短い寿命。その間に子孫を残すために懸命に鳴いてメスを呼ぶ。
そんなことを調べていると、アメリカに素数ゼミという日本にはいないセミがいることを知った。

これらの本によると、昆虫は今から3億年ほど前の石炭紀に誕生したらしい。 石炭紀から現代まで、いくつかの地球規模の生物絶滅期や氷河期を乗り越えてセミは生き延びてきた。
アメリカでは氷河が大陸の大部分を覆っていたため、セミの地中での生育期間がのび(セミは木の栄養を摂取しているため、木の生育に合わせて成長するそうだ)、日本のアブラゼミでは平均6年だが、13年、17年も地中で幼虫として生きているセミが誕生した。

アメリカのすべてのセミが13年や17年地中で生活しているのではなく、6年や8年などのセミはいるらしい。
しかし13年、17年地中で過ごしてきたセミが特定の地域で大発生するらしい。

上の写真は「17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!」から引用したもの。 昆虫好きな人にはたまらない写真かもしれないが、私はちょっと引いてしまう写真。

たまたま同じ時期に借りていた左の本に、「セミは素数を利用している!?」という記事があったので、それを紹介する。

「アメリカには、正確に13年ごとに羽化する(地中にいた幼虫が地上に出てきて成虫になる)セミや、正確に17年ごとに羽化するセミが生息しています。13と17はどちらも素数であることから、『素数ゼミ(周期ゼミ)』とよばれています。
素数ゼミの祖先には、素数以外の周期で羽化するものもいたと推測されています。
異なる周期で羽化する群れ同士は、まれに同じ年に羽化することがありました。羽化する周期の最小公倍数に当たる年です。
羽化する周期の異なるメスとオスから生まれた幼虫は、羽化する周期が親とずれてしまうことがあったため、群れはしだいに小さくなってしまったのではないかと推測されています。
 素数は、ほかの数との最小公倍数が大きくなるため、13年あるいは17年周期で羽化する群れは、他の群れと同じ年に羽化する機会が少なかったはずです。その結果、同種の中でも13年、あるいは17年周期で羽化する群れだけが絶滅することなく現在にいたったのが、素数ゼミだと考えられているのです。」

羽化周期が違うセミからうまれたセミは、親とは違う羽化周期の子どもがうまれることはメンデルの法則から推測できる。そして親と同じ羽化周期の子どもセミの数は代を重ねるごとに減っていく。羽化してもまわりに交尾できるセミが数少ないことになるのだ。氷河期などの厳しい環境の中では、そういった親と違う羽化周期のセミは絶滅していったのだろうと推測されている。
13年の羽化周期のセミは13年ごとに出会うことが出来る。しかし12年の羽化周期のセミとは156年の周期、14年周期のセミとは84年周期(詳しい計算は上記の本を参照)にであうため、13年周期のセミが生き残っていった、と考えられている。
13と17、どちらも素数である。そのため「素数ゼミ」とも呼ばれているらしい。では19も素数だから、羽化周期19年のセミもいるのか?という疑問が出てくる。
可能性はあるが、地中で19年幼虫で生きていくのはかなり困難らしい。氷河期のように寒くて、木の栄養も少なかった時代を乗り切ることは難しかったと想像される。いても数が減少していき、現在の17年周期のセミが生き残ったのだろう。

セミと素数、たいへんおもしろい。素数についても、興味が湧いてきた。