広島ジャンゴ2022

5月6日(金)森ノ宮ピロティホールで「広島ジャンゴ」(原作 蓬莱雷太)の公演が開始した。 私はこの演劇の内容をよく知らなかったが、家族がチケットを手配してくれていたので初演を見ることができた。
主演は天海祐希。鈴木亮平、仲村トオル等などの豪華な配役。
藤井隆の名前があったのには少し驚いた。
森ノ宮ピロティホールは会場1時間前に行ったらもう階段から下へ長い行列ができていた。
スタッフも初演だからか、なんとなく緊張感が漂っているよう(に見えた)。ストーリーは左のプログラムから引用すると、

「広島。
 その中心部から外れた海辺にある牡蠣工場。
黙々と牡蠣の殻を剥き続ける新入りのパートタイマー・山本(天海祐希)が、他の従業員たちに取り囲まれている。
シフト担当の木村(鈴木亮平)を筆頭に、従業員たちは熱烈な広島カープファンである工場長・橘(仲村トオル)が開くカープ優勝祈念の親睦会に、山本を出席させるべく説得にあたっていた。ガラの悪い連中を引き連れているのは橘の妻・尚美(池津祥子)の弟である健人(野村周平)だ。
だが、「休日には予定がある」とにべもなく断る山本。
 沢田篤志(藤井隆)とサツキ(中村ゆり)の夫婦は山本をかばうが、他の従業員たちは尚美がちらつかせる臨時ボーナスにつられ、苛立ちを隠せない。
結局、山本の説得は木村に一任。「このままではクビにされる」という木村の言葉にも動じず、山本は娘のケイと共に頼まれていた残業も断り帰っていく。
 その夜。
 心身ともに疲弊した木村は、自室で姉みどりと話しながら酒を飲み、お気に入りの西部劇映画を観るうちに眠り込んでしまう。

 次に意識を取り戻したとき、木村の目に映ったのは山本とケイ母子の姿だった。
二人は木村を「ディカプリオ」と呼び、親しげに声をかけるが、その扱いは人間に対するものとは違っていた。そこは開拓時代のアメリカ西部に酷似した、ワンマンな町長ティム(仲村トオル)が仕切る西部の町ヒロシマ。
 山本は凄腕ガンマン・ジャンゴと呼ばれ、木村は母子と共に旅する馬のディカプリオになっていたのだ。

 ヒロシマは町を潤していた川が原因不明のうにに枯れ、深刻な水不足に苦しんでいた。一方、唯一の水の湧く井戸を持っているティム一派は高額で水を売り、私腹を肥やしている。
ティムの妻パメラ(池津祥子)とその弟クリス(野村周平)、酒場兼娼館を営むドリー(宮下今日子)、町のために水脈を探すチャーリー(藤井隆)と教師のマリア(中村ゆり)夫妻、その娘のエリカ(北香那)。
 住民の心までが乾きかけている荒んだ町。
 水をめぐる陰謀に巻き込まれるジャンゴ母子とディカプリオの運命やいかに?」

ウクライナとロシアの戦争の状況下、「私達になにができるのか」
を真正面から迫ってくる演劇だった。

日本の広島の牡蠣工場と時代と場所が違う異次元の街ヒロシマ。
そのふたつが重なりながら舞台は進行する。
2つの世界を結ぶのが北村の姉。姉は橋から身を投げて自殺をしていたのだ。現在と死後の世界、そして次元の異なったヒロシマをつなぎ、北村に「ただ、少しだけ、見てやってや。少しだけ、応援してやってや」と語る。

舞台の内容にはこれ以上触れないほうがいいかもしれない。プログラムから舞台出演した人の声を引用して紹介する。そこにこの演劇のねらいや出演者の思いが書かれている。

*天海祐希さん
 「・・・最近はコロナだけでなく、私が生きているうちに、こんなことが起こるのかと驚くことばかりです。悔しいとか、悲しいとか、そういった気持はありますが、こんなときだからこそみんなで一つのものを観て、明日も頑張ろうと思っていただけたら・・・。そして私自身、ジャンゴの最後の台詞にとても励まされています。ジャンゴほど大きなことは起こせなくても、なにかのために頑張れる人、戦える人で、それにより救われる人がいたとしたら、その一人ひとりがジャンゴ。そして人でも物でも、自分にとっての木村やディカプリオを見つけられたらいいなと思いますし、もしそれが私達の作った舞台であれば、こんなに嬉しいことはありません。」

*鈴木亮平さん
 「・・・『広島ジャンゴ2022』においては、男性優位な社会や、そこで僕たち男性が女性に課している生きづらさを、西部劇というマッチョな関係性が主体な世界観を使うことで、わかりやすく目に見えるもののようにしているように感じます。
同時に、独裁者の詭弁、搾取されている民衆という政治的な構造も鮮やかに描かれていて、一方で現代の牡蠣工場のシーンには明確な「悪い人」は登場せず、全員が自分の保身や利益、自分なりの『正義』を動機に行動する現実社会が描かれ、それらによって少しずつ生まれる歪が、弱く声の小さな人に集中し、押し潰してしまうような世の中の仕組みが描かれます。
 そして僕が恐ろしく感じるのは、この二つの世界が別々のものではなく、はっきりと地続きのものに感じられることです。そんな、世界の構図にも感じられる『広島ジャンゴ2022』は、同じように歪みの重なりによって、侵略戦争が再び起きてしまった今、皆様により強いメッセージ性を感じていただけるのではないかと思います。・・・」

*中村トオルさん
 「・・・ティムは自分に他者が従うこと、自分が支持した方向に共に進むことこそ、工場や町の人々の幸福だと考えている節があるのではないかと思います。良いことをしていると思うほどではないかもしれませんが、民主主義は無駄が多すぎるから、優秀な独裁者がいたほうがいいと考えている。蓬莱さん(原作者)も『権力に対する欲望、支配する側に立つ欲望』という話をしていて。すごく嫌な欲望ではありますが、それをとてもピュアで、しかも強く持っているのがティム、橘なのかなと思います。・・・・この物語で描かれている問題は、国とか世界という単位で考えたら、本当に小さな事かもしれません。でも一人ひとりの人間にとっては決して小さなことではない。山本と木村の関係にしても、ファーストシーンからラストシーンにかけて、変わったことにも気づかないくらいの変化かもしれません。でも、山本にとっては劇的な変化。そして一人ひとりがそういうものを大切にしたなら、世の中がもうちょっと良くなり、生きづらくなくなるかもしれないと思います。」

森ノ宮ピロティホールの舞台は左の写真のようなもの(プログラムからの引用)。
広島の牡蠣工場もヒロシマのドリーの店もここに少し手を加えただけだが、それで十分だった。

天海祐希さんが「ジャンゴの最後の台詞にとても励まされています」と書かれているが、その台詞は(劇を見ていない人には申し訳ないが紹介すると)

劇の最後、町長ティムとジャンゴの決闘。
ティムはジャンゴに倒されるが死に際に「俺が死んでもティムは無数にいる・・・」と不敵に言う。それに対してジャンゴは
「ジャンゴだって無数にいるんだー!」と叫ぶ。

無数だったか、無限だったか、あるいは公演によって台詞が少しアレンジされるのかよくわからないが、私には上のように聞こえた(理解した)。

舞台はカーテンコールとスタンディングオベーションで終了した。
この時期に「広島ジャンゴ」を観てよかったと思う。
帰ってからネットでみると、観劇した人の声が多くネット上に投稿されていた。
俳優さんは一流だった。天海さんは実物で見るとテレビで見るよりも綺麗だった。
私も大賛成。
しかし私は思う。このような演劇ができること、公演できること、感想が自由にネットで表現できる世界。それは幸せな世界だ。
この世界を大切にして、広げていくための努力は、一人ひとりにかかっていると思う。