鶉野飛行場跡と紫電改8

これは実物大模型、レプリカである。  

「実物大模型は全長9.37メートル、翼幅11.99メートル。巨大防空壕や爆弾庫、敵機を迎え撃つ対空機銃座など鶉野飛行場跡周辺の戦争遺跡を整備して平和学習などに活用を目指す加西市が、こうした遺跡群のシンボルとして約1500万円かけて製作、2019年6月から一般公開してきた。(ラジオ関西トピックス ラジトピより引用)」

上の記事は加西市のホームページからの引用。

紫電改が収められている備蓄倉庫に操縦席の実物大模型が置かれていた。 私も体験してみた。
「狭い」
頭部をささえるところは木製だったのに驚いた。そして
私が予想していたよりも狭かった。
現在の若者では座れないのではないかと思うくらいだった。

紫電改の性能は、
最高速度644km
実用上昇限度 11250m
航続距離 1715km
操縦席の前には計器がいっぱい並んでいる。
鶉野飛行場では約30時間の訓練で実戦に参加していったそうだ。そんな短い時間で戦闘機を操縦できるものであろうか。当時の兵士の過酷な訓練と巨大な圧力を感じた。

施設の人が詳しく説明してくれた。
左の写真は紫電改の20ミリ機銃の弾。実物大と言っていた。戦闘機の弾丸を見るのは初めてだ。
紫電改の展示場の中の資料販売で、写真のような漫画が販売されていた。
紫電改の漫画といえば、ちばてつやさんの「紫電改のタカ」が私の頭にあったが、現在連載中の漫画というのでびっくりした。ここで第1巻だけ買って帰ったが、家に帰ったから第5巻を買った。表紙が紫電改の操縦席である。そこには紫電改の弱点ということを説明する場面があった。

「紫電改の航続力は発動機全開では増幅(機体の下につけた燃料タンク)なしで30分、、、20ミリ機銃も各200発の弾丸打ちっぱなしでは24秒でしまいだ。」
「俺達の守護神紫電改は30分しか戦えんのか…」

紫電改は20ミリ機銃を4挺もっている。内側が各200発、外側が各250発で計900発。一斉射撃すると30秒ほどで撃ち尽くすということだろう。また紫電改の積んでいた2000馬力のエンジンは、ゼロ戦に比べて馬力はあっても燃費が悪かったそうだ。

漫画の表紙絵にあるようなメーターや計器が所狭しと並んでいる操縦席に座ってみて、
「戦争がない世界になってほしい」とつくづく思った。

紫電改が展示されている備蓄倉庫の後方に新しい施設が建設されている。
加西市がすすめている「地域活性化拠点施設 sora かさい」である。
そこには備蓄倉庫にある紫電改やこの飛行場で訓練に使われていた「九七式艦上攻撃機」実物大模型が展示され、さまざまな歴史資料や動画で飛行場について多面的に紹介されるそうだ。

上の写真は鶉野平和祈念の碑苑

加西市のホームページに次のように紹介されている。

※平和祈念の碑苑は移設されました。 平成11年10月、地元の関係者、旧軍関係者、有志等により、「平和祈念の碑」が建立され、地域の平和と安寧を静かに見守り続けています。
令和3年8月、鶉野飛行場滑走路跡の北端に位置するsoraかさいと備蓄倉庫の間のエントランス広場に移設されました。
(写真も加西市のホームページより引用)

ボランティアガイドさんが、「いろんな考え方があると思いますが、戦争でなくなった人たちに手をあわせてください」とおっしゃった。
私も思わず手をあわせた。
「地球上に戦争のない時代はなかった。」という言葉をずっと昔に聞いた。
今も世界の各地で起こっている戦火。
歴史に学び、想像力をたくましくし、創造の力で平和な世界を築き上げたい。
あたりまえだけど、そんなことを考えさせられた鶉野飛行場跡見学ツアーだった。