都七福神めぐり6

ここは六道の辻。
「六道の辻 地蔵尊
桂光山 西福寺」
の看板がある。
地蔵尊の角には大きな石柱があり「六道の辻」と刻まれている。このあたりについて、京都市のホームページの記事を引用すると、

 「六道とは,仏語で衆生が生前に業因により生死を繰り返す六つの迷いの世界。すなわち,地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上をいう。
六道の辻は,六道へ通じる道の分かれる所の意で,
一般的に珍皇寺の門前のことをいい,松原通の轆轤町と新シ町の間を南に至る丁字路をさす。珍皇寺ゆかりの小野篁(802~52)が冥府との往復を果たしたという伝説から,六道の辻と称された。
この地西福寺は,空海(774~835)が鳥辺野の無常所の入口にあたる地に地蔵堂を建て,自作の土仏地蔵尊を祀ったことに始まると伝える。六道の地蔵尊と称される。寺宝に「六道十界図」がある。この石標は六道の辻を示すものである。」
生と死の境にある辻、という連想につながる所だなあと思う。

地図の右上に「六道珍皇寺」がある。ほぼ中央に「西福寺」がある。その角に上の写真にある「地蔵尊」があり「六道の辻」という石柱がある。
そこからほぼ隣と言っていいぐらいのところに「六波羅蜜寺」がある。
六波羅蜜寺は951年(天暦5年)、後醍醐天皇第二皇子である空也上人により開創された西国17番の札所。

六道の辻の石柱の直ぐ側にあるのは学校の施設。
「東山開晴館 第二教育施設 六原学舎 京都市立開晴小中学校」とある。
京都も小中学校の統合が進み、ここもその結果誕生した小中学校。しかしその施設は立派だ。大阪の小中学校もこれくらいにお金をかけてほしいと思う。

六波羅蜜寺の弁財天は金ピカに輝いている。
しかもこれまでの寺社とちがって大変オープン。お姿が道路から拝むことができる。

本殿の賽銭箱にある紋は桔梗紋。弁財天の紋が桔梗という話を聞いたことが有るが真偽の程は不明。
京都にゆかりのある明智光秀も桔梗紋だったなあと思い出す。
お守りを買い、「銭洗い弁財天」で硬貨を洗いお守りに包む。

六波羅蜜寺の宝物展には左の写真にある「空也上人立像」があることで有名。
添乗員さんの配慮で宝物殿を見学することができた。

空也上人立像はあちこちの美術館や博物館等に貸し出されることが多く、来月には東京の博物館で展示されると聞き、いいタイミングで見学することができたと喜ぶ。

南無阿弥陀仏と六字名号をとなえると、口から六体の阿弥陀仏が現れたという伝承を仏像にしたもの。
以前に奈良の美術館か博物館に貸し出された空也上人像を見た記憶があるが、このリアリズムには何度見ても感動する。
鎌倉時代の作といわれているが、その当時ではユニークで大胆でしかも写実的な仏像にびっくりした人も多かったと思う。

平清盛像も空也上人像のすぐそばにあった。
NHKの大河ドラマの宣伝・案内にこの平清盛像がよく使われている。眼光鋭い、何を考えているのかわからないような表情をした画面になっているが、実際はそうではなかった。
説明文にあるように、「経巻を手にしたその風姿は平家物語に描かれている清盛の傲慢さは全く無く、仏者としての気品を覚える」。NHKの「13人の鎌倉殿」の宣伝に使われている清盛像は、ライトの当て方、カメラの角度で全く違った感じを与えている。やはり何事も本物に当たらなくてはいけない、と確信する。

ところで「弁財天」とは?
パンフレットによると
「七福神」で唯一の女神。 水を神格化したものであり、言語や音楽の神として尊信されています。また金運・財運の神として福徳自在のご利益とされています。」 とある。

ネットのマイナビニュースによると、
「弁財天(べんざいてん)は、仏教における守護神の1人で、七福神の中の1人でもあります。もともとはヒンドゥー教の女神であり、「サラスヴァティ―」と呼ばれるインドの聖なる川をモチーフにしているそうです。このことから水に関連する神様だと考えられていますが、現在ではあらゆることにご利益がある縁起物としても考えられているようです。

日本の弁財天は、仏教を守護する天部のさまざまな神の一面を吸収しているため、インドや中国で言い伝えられている弁財天とは少し異なります。

神仏習合思想のひとつ「本地垂迹(ほんじすいじゃく)」という考え方では、弁財天は日本神話に登場する市杵島姫命(いちきしまひめ)と同一視されることが多いです。そのため、古くから弁財天を祀っている神社などでは、市杵島姫命を祀っている所も多くあります。」

https://news.mynavi.jp/article/20210529-1880540/

弁財天をお参りし、次の目的は東寺。東寺の毘沙門天を目指す。