今宮戎2022

密集、そして出店なしのえべっさん

2022年1月9日、今宮戎の宵宮。 今年はどれくらいの人が出るのだろう。
出店はあるのだろうか。お昼前に到着した。
今宮戎駅の交差点には、パトカー、機動隊の大型バス、消防車がとまっていた。

コロナ前の人の出にもどっていた。
入場制限はしているが、本殿の前、笹に飾りをつけてもらう列、ソーシャディスタンスなんかどっかへ飛んでいってしまっかかのようなこみ具合。
福娘さんの姿を見ることもできない。
もう押し合い、へし合いという状況にびっくりしてしまった。

本殿の裏にあるドラはたたけないようになっていた。 お参りはできるがドラはたたけない状態にしてあった。これもコロナウィルス感染予防のためか。
「ドラはありません」とかいた立て札を持った警備員さんが数人あちこちに立っている。ドラによる感染予防はわかるけど、この人混みはなんとかできないか。お参りするためにならんでいると、「もう少し詰めてください」という警備員さんの声。うーん、これでは感染予防にならないだろう。

恒例のおみくじ。
どちらも「吉」だった。

「良い事を聞けば心も良くなり、悪いことを聞けば心もよごれる。
今は良いことを聞いている時で吉勢に向かっている」
「骨折り心配することはなんのやくにもならないが後うっかりしていると思わぬ時によい事が来る」

願望は
「おそくととのう」
「心長くまて」

なるほど、焦ってはだめだということらしい。
凶がでなかったことを感謝しなければならないのだろう。
おみくじをくくり、社殿の外に出る。

難波に向かって歩くと、正面に廣田神社。

廣田神社にも多くの参列。 えべっさんにくるたびにこの神社にもお参りするが、こんなに列を作るほどの参拝者が並んでいるのをはじめて見た。
お天気が良く、日曜日。今宮戎に行こうか、コロナが早く収束しますようにとお願いしよう、という気持ちになるのだろうなあ。

上の写真はなんば高島屋方面を見て、下は南海「今宮戎駅」方面を見て。
今年も一軒も出店がなかった。見事なぐらいにガランとしている。
出店目当てに来ている人も多く、「あーっ、ないわ」という声も。
出店はないが、パークス、なんばCITYのレストランの前には多くの列が。
以前は並んで待つ椅子の席は一人おきだったり、間隔が広く取られていたが、今日私が見た限りはコロナ以前の状態だった。
コロナが早く収束しますようにと祈ったが、神頼みではなく、私達の覚悟が求められてるように感じた。
来年、2023年のえべっさんはどうなっているだろう。