2022年の日の出

上の写真は2022年1月3日の日の出。

左の写真は元日の日の出の写真。
山の上にだけ雲がかかっていて、山から顔を出す太陽の写真は撮れなかった。
雲の峰を超えて太陽が顔を出すという写真になってしまった。
元日ということもあり、6時半ぐらいから池の周りには人が集まってきた。
日課のように池の周辺を歩く人が半分、ランニングをしている人もいる。
初日の出を拝もうとやってきた人が半分、10人以上はいた。老若男女さまざまな年齢層だった。

左の写真は1月2日の日の出の様子。
山の上に少し雲があり、そこから登ってきた太陽の写真になった。
1月2日の天気予報は「晴れ」。確かに晴れだったが、山の上の雲はどうしようもない。
人の数は元旦に比べて半分以下に減っていた。
ほとんどがウォーキングの常連さんのようだった。

こんなふうにして元旦、二日と写真を撮りに行ったが、少し満足な写真が取れたのが1月3日。一番最初の写真というわけ。

さて2022年にはどんな天文現象があるのだろうか。少し調べてみると、「皆既月食」があった。昨年末にもあった月食、しかも昨年よりもっと完全に近い月食が見られるようだ。11月8日だそうだ。
今年は「惑星が集まる」ようすが観測されそうだ。
3月28日・・・金星と土星と火星と月が集まるようだ。日の出の1時間ほど前というから写真を撮るのはつらそう。
4月25日〜28日にかけて、月が土星、火星、金星、木星に接近するところが見られそう。しかしこれも明け方だからつらいなあ。
7月24日はスーパームーン。
9月10日が中秋の名月。

池に写った朝焼けも美しい。
2022年が明るい年でありますように、太陽に向かって手を合わせる人たちは口々にそのような意味のことを言っていた。
コロナが収束し、すこしでも落ち着いた世の中になることを祈らずにはいられない。