古墳は人の手で造られた。4

二枚の写真は「知られざる古墳ライフ」からの引用。
解説には「全国的にはほかの動物埴輪と比べて馬の埴輪は圧倒的に数多く出土しており、群馬県では馬形埴輪が動物埴輪の9割以上を占めています」とある。
馬形埴輪がたくさん出土するということは何を意味するのか。
私は専門家の人の話を聞くことにした。
一人目は堺市博物館の学芸員さん(お名前をお聞きしていなかった)
もう一人は「よみうり天満橋文化サンターの2020年度古墳講座を担当されている元読売新聞編集委員の坪井恒彦さん。

古墳時代の馬は貴重品だった。

お二人の話は共通していた。

1,古墳時代に馬が朝鮮半島から入ってきた。
  これは馬だけが入ってきたのではない。馬を育てる人も一緒にやってきた。
  そうでなかったら馬を育て繁殖させることはできなかった。
  人と馬と一緒に朝鮮半島からやってきたのだ。

2,馬の数はまだまだ少なく、とても貴重品だった。それらは当時の支配者が
  所有し、非常に大切なものだから埴輪になって古墳に埋められたのだ。
(つまり埴輪になって古墳に入れられたのは、私はそれだけ一般的に馬が飼われていたのだと考えていたが違っていた。貴重だったから権威の象徴として埴輪になって古墳に埋められていたのだった。)

3,馬は騎馬として用いられた。戦争の道具として使うために、海をこえてきた。(馬形埴輪には上の写真のように騎馬姿の埴輪がある。人の労働を手助けさせるために他国から運んできたのではなかった。)

これらにはこの時代特有の歴史的背景があった。
「海を渡った交流の証し」から諫早直人さんの「馬・馬具からみた百舌鳥・古市古墳群」から引用する。

「・・・ここで注目したいのは、400年の広開土王(こうかいどおう)の南征と、475年に百済の都であった漢城(ハンソン・現代のソウル)が高句麗の攻撃によって陥落するという記録です。百済や伽耶を救援するという名目のもと、倭もこういった朝鮮半島情勢に関与していったと考えられています。
そのような物騒な時代背景が騎馬の導入を促進させたことは間違いありません。
・・・船さえあれば馬が来るかと言うとそんな単純な話ではありません。日本列島に馬を運ぶリスクやコストを考えますと、まずは日本列島に住んでいる人が馬を必要としたかどうかということが重要です。そのうえで、どのような対価を支払ったのかはわかりませんけれども、馬を持っていた側、日本列島に馬を与えた側がなぜそれを与えたのか、その見返りや意図はなにか、そういったことについても考えて見る必要があります。
 日本列島に馬がやってきた五世紀という時代は、高句麗が南下し、その版図を最も広げた時代です。朝鮮半島は地続きですから、それは非常に緊張した時代であったわけです。そのような緊張関係が海を超えて倭にも波及するのですが、そのような緊張関係は、朝鮮半島南部各地の諸王権と日本列島の倭王権との間にかつてないレベルの互恵的な関係を形成したのではないか、というのが今日のところの私の結論です。そのような互恵的な関係のもと、あくまで倭側の必要性によって、倭が主体的に騎馬文化を導入したのではないかと考えています。・・・・・・・・・・・・・・・・
その利用方法が基本的に騎馬であることは冒頭に申しました。その用途は一つに限定できるものではありませんが、要するに情報戦などを含めた戦争の道具です。先程述べた朝鮮半島の国際状況もあわせて考えますと、おおよそ高句麗の南征を画期として馬を本格的に受容し始め、百済の王都、漢城(ハンソン)が陥落する前後には日本列島の広範な地域に普及・定着していく、そのように考えることができるのではないかと思っています。今、私達は馬をともすれば、「在来」の動物、昔からずっと日本人と一緒にいた動物のように錯覚してしまうわけですが、その起点は百舌鳥・古市古墳群の時代にありました。」

古墳を造るのに馬はつかわなかった。

騎馬が目的で輸入された馬は現在の馬と比べて小さく、大きな物を運ぶ力もなかった。しかも大切な戦争の道具としての馬を石や材木を運ぶために使うことはできなかったろう。
そして巨大な古墳づくりは仏教の伝来、640年の薄葬令(はくそうれいー身分によってお墓の規模を規定する法令)などの社会の変化によって終焉をむかえる。

では馬や牛はいつごろから建設などの場面に登場するのだろう。
私がネットなどで調べたところ前期難波宮遺跡(大阪城のそばにある。地下鉄谷町線「谷町4丁目」と「森ノ宮」の間)に、203点におよぶ獣骨が発見されたそうだ。

「・・・・整地層とその下面から203点に及ぶ多量と獣骨が出土し、その内訳は牛83点、馬31点、牛または馬78点、その他は不明であった。通常、古代の遺跡から出土する獣骨には馬が多く、牛はかなり少数派であるのに対し、ここでは逆に、ほぼ8対3の比率で牛が多数を占めている。難波宮造営に際しては馬はもとより牛が多く集められたものと考えられる。」「難波宮下層遺跡でも古墳時代後期から牛馬が存在したが、先述のように、難波宮の造営ではかなり多数の牛馬が使役されたことが明確になった。」(大阪の部落史通信・36号)

難波宮の造営は7世紀、652年から。大仙古墳(仁徳天皇陵)がおおよそ450年ごろの造営と言われているので、2世紀、200年の時間をかけて、騎馬のための馬からそれ以外に多くの使用形態がうまれてきたのだろう。

古墳時代には馬や牛は古墳を作るために働かされることはなかった、その歴史的背景や時代背景がわかった。これで一段落したが、ではピラミッドでは? また新しい疑問が湧いてきたが、これは来年のことにしよう。

 

 

 

 

古墳は人の手で造られた。3

馬は船に乗って海を渡ってきた。

上の図は前回紹介した「海を渡った交流の証ー遺物からみた五世紀の倭と朝鮮半島ー」からの引用。その部分の解説を下記にしるす。
「ここで注意しておきたいことがあります。日本列島には野生の現世馬はいなかったということです。そして、縄文時代以降ではあれば常に日本列島は周りを海で囲まれていますので、馬が単独で日本列島へ移動することは想定しにくいこと、すなわち人が船に乗せて来たとしか考えられないということです。つまり、日本列島においては、人の渡来が先で、馬の渡来が後という関係になります。」
「・・・縄文時代の船というのは基本的に一本の木をくり抜いた丸木舟です。船形埴輪や蔀屋北(しとみやきた)遺跡からも出土している船の部材などから、古墳時代には船底は丸木舟と同じですが、いろいろな部材を継ぎ足した準構造船が主流であったことがわかっています。遣唐使船のような構造船にはおよびませんが、丸木舟と比べれば積載量が大幅に増えます。この準構造船の登場する弥生時代までは、馬という大型動物を日本列島に輸送することは難しかったのではないか、というのが私の考えです。」(諫早直人)

左は「知られざる古墳ライフ」からの引用。
その部分の説明は次の通り。

「海を渡ってやってきた馬は、まずは河内平野、今の大阪府寝屋川市、四條畷市、東大阪市付近で馬飼の人たちと共に暮らすようになりました。
 当時の牧場を「牧(まき)」といいます。この牧で育てられた馬は体高が120cmから130cmほど。わたしたちが今、目にする、足がすらっとしたサラブレッドとは、まったく違う馬だったようです。」

サラブレッドの体高は平均して160数センチ、人の背の高さくらい。
左と下の写真はモンゴルで乗馬したときのもの。
モンゴルの馬は日本の乗馬クラブの馬(ほとんどがサラブレッド)と比べると小型だ。
弥生時代から古墳時代にやってきた馬はこれよりも小さかったと想像される。
IMG_20130810_0017.jpg (1472×996)

応神天皇陵古墳と呼ばれている「誉田山古墳(こんだやまこふん)」や百舌鳥・古市古墳群から騎馬用馬具・馬形埴輪が出土している。これらは五世紀前年代のものと考えられている。
日本列島における馬の本格的な渡来や定着というのは、百舌鳥・古市古墳群の築造期間内、古墳時代中期におきているというのが、この本の著者の一人諫早直人さんの説である。
そして「これまで出土した古墳時代馬具のほとんどが、騎馬用馬具です。このことから日本列島に運ばれた家畜馬の主たる用途は、騎馬であったと考えられます。」と説明されている。
つまり百舌鳥・古市古墳群が造られている時代に、馬がやってきた。そしてその当時の用途は騎馬であった、ということである。
そうすると「古墳を造成するときに馬を使ったかどうか?」という疑問にはどう答えたらいいのだろう。

 

 

 

古墳は人の手で造られた。2

馬と人の歴史は5000年

馬と人間の関係はどれくらい遡るのだろう。 図書館で左の本を借りてきた。
「マジック・ツリーハウス探検ガイド 馬は友だち」KADOKAWA発行

この本は「マジック・ツリーハウス」シリーズを書いているメアリー・ポープ・オズボーンと妹のナタリー・ポープ・オズボーンによるもので、マジック・ツリーハウスの内容をより理解するために書かれている。
この「馬は友だち」は、日本版で言うと第35巻「アレクサンダー大王の馬」とリンクしている。

ここで「人と馬の歴史」という章があり、「ボタイ遺跡」が紹介されたいる。この遺跡は中央アジアのカザフサタン共和国にあり、何千年も前に栄えていたボタイ文化の跡が残されている。

そこには馬の骨や歯が何万点も出てきたと言う。
少し引用してみると、
「研究の結果、それらの馬の骨は、5500年以上前(メソポタミア文明やエジプト文明など、世界最古といわれる四大文明が栄えるよりも前)のものであることが判明しました。 馬の歯には、くつわをかませたような跡が見られ、これは当時すでにボタイの人々が馬を家畜として飼いならし、背に乗って出かけたり、荷車を引かせたりしていた証拠だと考えられています。」
「・・・そして、いまから4000年前には、アジアやヨーロッパでも広く馬が飼われるようになってきました。
 人々は、馬にいろいろな仕事をさせるために、体格や性質などを改良し、馬お市徒類を増やしていきました。・・・」

ところで昔西部劇でよく見たアメリカの草原を突っ走る馬は、いつアメリカ大陸に渡ったのだろう。
この本によると、「北アメリカにはじめて馬がやってきたのは15〜16世紀だといわれています。ヨーロッパからアメリカ大陸に移り住んだスペイン人がつれてきたのです。」
なるほど、スペイン人がくるまでは南北アメリカ大陸には馬はいなかったのだ。
では日本にはいつ伝わってきたのだろう。

わかりやすいハニワと古墳の本を探していたら、左のような本があった。

「知られざる古墳ライフ」(著者 誉田亜希子・イラスト スソアキコ)誠文堂新光社 発行

ここに古墳の歴史を中心にして、馬や牛の伝来に関わることが書かれていた。
「ヤマト王権直営牧場」という章がある。その部分から引用すると、

「・・・馬が船に乗って馬飼専門の人々と列島に渡ってきたのは5世紀以降だと考えられています。
それまで列島には馬は存在していませんでした。」

この本によると「弥生時代から盛んになる朝鮮半島との交流は、古墳時代になるとますます関係は深くなっていきました。文物の交流から、技術、資源の導入、そして家畜の生産など、古墳時代に生きた人々はとにかく朝鮮半島からの知識と情報を貪欲に取り入れようとしていたのです。・・・」とある。

そのへんの話をもう少し専門的な立場から書かれた本なないかと探していると、堺市博物館で次のような本を見つけた。

「第九回百舌鳥古墳群講演会記録集
海を渡った交流の証ー遺物から見た五世紀の倭と朝鮮半島ー」堺市文化観光局文化部文化財課 編集・発行
の本で、「堺市文化財講演会録 第13集」というものだった。

講師は井上主税(いのうえちから)関西大学文学部准教授
諫早直人(いさはやなおと)京都府立大学文学部准教授
中久保辰夫(なかくぼたつお)京都橘大学文学部准教授

講演と討論の内容は、
1,五世紀の朝鮮半島情勢と鉄素材からみた百舌鳥・古市古墳群(井上主税)
2,馬・馬具からみた百舌鳥・古市古墳群(諫早直人)
3,陶質土器・須恵器からみた百舌鳥・古市古墳群(中久保辰夫)
4,討論 渡来系遺物から見た百舌鳥・古市古墳群

である。五世紀の倭と朝鮮半島の関係、馬の伝来とその意味などが書かれている。
この本をもとに日本への馬の伝来について調べてもることにした。