月食

上は月食時の写真。下は普通の月の満ち欠け時の写真。 どちらも月は欠けているが、その欠け方が違う。
下の月は境目部分のクレーターがはっきりと見える。全体的にも月面のクレーターが確認できる。
上の月はそういったクリアなクレーターが見えない。
下の月は太陽光線が斜めからあたっているので、クレーターの影がよく見えるのだ。
上の月は満月なので、月面全体に真正面から太陽光線があたっている。そのためクレーターの影は見えにくい。欠けたように見えているが、それは地球の影なのだ。

月の満ち欠けを説明する本はたくさんある。
私が最近見つけたのは、左にある
「もっとたのしく夜空の話 月の満ち欠けのひみつ ミヅキさんのムーンクッキー」(絵と文 関口旬 監修 木村直人 子供の未来社)

たくさんの絵で月の満ち欠けの様子やその理由がよくわかるように説明されている。
とりわけ地球と月と太陽の位置が丁寧に書かれている。
月齢に合わせて太陽と月の位置が絵で説明されている、しかも新月から次の新月まですべて絵が書かれている。これほど丁寧に書かれている本は私は見たことがない。

絵本の主人公たちは月の満ち欠けの変化を観測し始める。

左は1日目、月齢0、新月の日。

解説には「新月は、太陽と同じ方向にあって太陽と同じように動くので、まぶしくて見ることができない」
「夜も月は太陽といっしょに地球の裏側をまわっているので、観察することはできない」
と書いてある。
太陽ー月ー地球という順に並んでいるため、地球からは月の光っている面が見えないし、まぶしくて見ることもできない。
絵とあわせて解説を読むとよくわかる。

 

主人公たちの観測は毎日続く。それが絵本にかかれているが、ここでは8日目、いわゆる「上弦」の状態を引用する。

解説の「太陽と月が90度近くに(直角)になるので、太陽が真上にのぼったときに、月はのぼりはじめる。そして太陽が沈む頃には月は真上に来ている」という解説は絵と合わせると本当によく分かる。

上弦になっている月をみた時「あっ太陽光線が月の真横を照らしているのだ」と思えばいい。

 

観測は続き、いよいよ満月になってくる。

左は満月の時。
解説には、「西に太陽がしずむと、すぐに月が東から上ってくる。」

「菜の花や 月は東に 日は西に」(与謝蕪村)の世界がここにある。

月ー地球ー太陽が一直線に並んだ時に満月となることが左の絵からよく分かる。
このときに「月食」がおこる。
地球の影が月の上にかかるのだ。
地球の影は丸い。そのためにまるで月がいつもみているように「欠けてきた」と感じてしまう。

月が地球を回る軌道は少し傾いている(前回のブログ参照)。
月ー地球ー太陽が一直線の軌道にいつもあるなら、満月の度に月食となる。しかし月の軌道が傾いているため、月食になるときとそうでない時がある。さらに地球と月の距離は約38万キロメートル。影の長さも長いし地球が大きいと言ってもいつもいつも地球の影が月をおおうことにならない。だから月食がめずらしい。これも大自然のおもしろさだ。
「満月は夜が始まるとのぼってきて、一晩中夜空に出ている。」
「日の出のころには、月は西にしずむ。」この解説も絵とあわせるとよくわかる。

上の2つの図は22日目、23日目ぐらいの月の様子。
いわゆる「下弦」になっている月の状態。夜明け前に観察することができる。

「今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな」
素性法師の句の世界がここにある。

右の絵で欠けて読めなくなっている解説は、
「下弦の状態の月が沈むのは昼前だからわかりづらいのよね」
太陽が月の左半分を照らしていることがよくわかる。

月の満ち欠けを見る時、今太陽はどのへんにあるのかな?と考えながら見ると、月と地球と太陽の位置関係が判っておもしろい。「今、理科の勉強をしているなあ。理科を勉強しておいてよかったなあ」と思える瞬間だ。