月の満ち欠けと時間

最近読んだ本で面白かった本。 どちらも「月の満ち欠けと時間」についての説明があった。

「入門平安文学の読み方」保科恵(ほしな めぐみ)著 新典社選書

「重箱の隅から読む名場面」馬上駿兵(まがみ しゅんへい)著 新典社新書

著者は同一人物。馬上さんはペンネームらしい。

私達は太陽暦を使っているので、月の満ち欠けと時間について余り考えない。
しかし、平安時代の人たちは月の満ち欠けでおおよその時間がわかっていたらしい。
らしい、と思っていたぐらいで詳しく考えたことがなかった。
あらためて考えるきっかけとなったのが「入門平安時代の読み方」だった。
少し引用してみよう。

「『竹取物語』に、こういう場面があります。

 かかるほどに、宵うち過ぎて、子の刻ばかりに、家のあたり、昼の明かさにも過ぎて、光りたり。望月の明かさを十合わせたるばかりにて、在る人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。

この場面は、8月15日に月の都の人々がかぐや姫を迎えに来るところです。「子の刻」というのは0時ですから、ちょうど月が南天した時分です。つまり、日付と時刻から、月の都の人々が天高く昇った満月からやってきたことが判ります。作品の本文には直接そういうふうには書かれていませんけれども、月に親しんでいた当時の読者であれば、そのことが当然のように判ったのです。誰もが同じように読めたわけですから、月の状態が言葉として明記されていなくても、そう書かれていると言って良いのです。現代のわれわれが読む場合でも、そのことを明確にしなければなりません。」

 なるほど、文に書かれていなくても、月の描写によって日と時間がわかる、そのことが平安時代の人々にはあたり前のことだったのだ。

月の満ち欠けがカレンダーになっていたから、基本的には日付と月齢は一致する。
満月は15日、新月は1日、月の初めは新月から始まるというのが基本。
そして月齢が同じなら、同じ時刻に月は昇り、同じ時刻に沈む。もちろん厳密には季節によって多少の違いがあるが、何時間も違うということにはならない。
それを表にしたのが上の図。

たとえば満月はだいたい夕方6時頃に昇ってくる。月の出だ。
そして翌日の朝6時頃に沈む、月の入りだ。
「竹取物語」のように、夜中の12時頃に南中する。天の真上に月が見える、ということだ。
今月は10月20日が満月。
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」によると、
月の出は17時19分。月の入りは翌日の5時24分。
3,40分程度の違いはあるが、おおよそ18時頃に月がのぼり、朝の6時頃に月は沈むと覚えておけば、おおまかな情景が想像できる。

この本では、更級日記や源氏物語の例を上げて説明もあるし、芥川龍之介や谷崎潤一郎の作品にも、月とその時の時刻が正確に反映されいるものがあると紹介されている。

「重箱の隅から読む名場面」には、1980年代に書かれ向田邦子作「思い出トランプ」が、月の形と時間についての例として紹介されている。

その場面を引用しよう。

「英子が別れた夫の秀一と一緒に昼の月をみたのは、結婚指輪を誂えに出掛けた帰りである。
数寄屋橋のそばにあるデパートを出たところで秀一は煙草を買い、英子は、
『あ、月が出ている』
と空を見上げた。

ーその時に見えた月の様子は、こんなふうに描かれています。ー
ビルの上にうす青い空があり、白い透き通った半月形の月が浮かんでいた。
『あの月、大根みたいじゃない? 切り損なった薄切りの大根」

ーこの「昼の月」を見たあとで、英子は『切り損なった大根』の思い出話をします。・・・・ー

 秀一にこの話をしたのは、有楽町の喫茶店である。 」

「重箱の隅から読む名場面」の著者は「ここまでのところから、いったいどんなことがわかるでしょうか?」と問いかける。

青空に見える半月形の月、これがヒントだということはわかる。

新宿のビルの間からみえる青空、そこに見える半月形の月。
著者は7月ごろにみえる上弦の月だと考える。
ふたりで少し早めの昼食をし(二人揃ってではないかも知れないが)、デパートで結婚指輪を誂え、喫茶店に入ったのだろうと推理する。
そうすると7月の上弦の月、午後2時から3時ごろだったのではないか、
と上の図を見て考えられるということだ。
くわしい説明はこの本を手にとって読んでほしい。

月に親しんでいた太陰暦の暦を知っていたら、ここまで推理できるという例。そしてこの小説の作者・向田邦子さんもそのことを知っていて、この作品を書いたのだろうと想像できる。

「重箱の隅から読む名場面」の本の「おわりに」に、一番最後に宮沢賢治の「月夜のけだもの」が紹介されている。
「十日の月が煉瓦塀にかくれるまで、もう一時間しかありませんでした。
獅子は葉巻をくわえマッチをすって黒い山へ沈む十日の月をじっと眺めました。
そこでみんなは目がさめました。十日の月は本当に今山にはいる所です。」
これを読むと、どんな風景が浮かんでくるだろうか。
「黒い山へ沈む十日の月」「十日の月は本当に今山に入る所です。」月が山にしずむのなら、そろそろ夜明けか・・・・なんとなくそんな気がする。
しかし十日の月が沈むのは、上の図を見るとだいたい午前2時ごろなのだ。
そうか真夜中の話なのだ、とわかったら、この「月夜のけだもの」を読む時の印象がかわってくるだろう、と作者は書いている。

太陰暦(正確には太陽太陰暦)の知識を持っていれば、そして科学館の「こよみハンドブック」をもっていれば、平安時代の文学から現代の文学まで、幅広くそしてより深く読み取ることができるのだ。なるほど、そんな意識で小説を読んでみよう、と今は思う。