南総里見八犬伝を英語で・番外編

上の写真が原作の見開きである。 少し拡大してみよう。

原本を活字にしたのが右のもの。 こうして見比べると、漢字が多いが殆どの漢字にルビがうたれている。

句読点の使い方も今と違っている。読点になるところを句点が使われている。現在のような句読点の使われ方になったのは、明治になってからのようだ:

江戸時代は木版だったから、これを彫る職人は大変だったろうし、その技術はすごいとしか私は言えない。

さて、曲亭馬琴が高齢になって、目が見えなくなった時、息子や息子の妻が代筆をしたことはよく知られている。
曲亭馬琴が口述したことを毛筆で書き写すわけだが、その苦労は大変だったろうと想像できる。
左のような漢字ばっかりの文章を、曲亭馬琴が考えている漢字で書くわけだから、一字一字それを確かめ、確かめ筆で書く。一人で書く場合の何倍もの時間がかかったことは容易に想像できる。

曲亭馬琴の息子は38歳の若さで死んでしまう。
息子の妻は路(みち)といい、この時30歳だった。馬琴の視力低下がすすみ、路が35歳のときに口述筆記をはじめるようになった。

口述筆記をした路(みち)について知りたくなったので、最近の本を探してみた。

 

左の西條奈加の「曲亭の家」は、路の伝記のような内容である。 したたかに生きてきた路の様子が目に浮かんでくるように書かれている。
右の「大塚ひかりの『くそじじいとくそばばあの日本史』」は老人たちのパワフルな生き方が紹介されている。そのなかに曲亭馬琴と路のことが書かれている。

「文字を知らなかった路」とか「教えるのに苦労した曲亭馬琴はえらい」などというイメージが先行しているが、実はそうではない。そういうことがこの2冊からわかってくる。
ネットで調べてみると、放送大学(ラジオ)の「特別講義 人文科学11」で、「八犬伝を読むー文学史上の位置づけ」(平成16年度第1学期)という資料があった。
そのなかから路のことを抜き出してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう1つ大切なのは、『八犬伝』のテキストに〈馬琴自身の物語〉を埋め込んでいる点です。執筆上の苦労や問題について、実に饒舌に舞台裏を語っているかに見えます。その最たるものが「回外剰筆」と名付けられた最後の1冊です。そこでは、お路に口述筆記をさせるのが如何に大変であったかを大袈裟に書き記しています。どうもそれが「江戸時代の漢字を知らない女に偏旁を教えながらの続稿は如何に大変だったか」と云う逸話として1人歩きしてしまったようです。岩波文庫本で云えば10冊目の22ページ5行目あたりなのですが、9輯巻46第177回半ばが、馬琴が筆記を断念したところで、其処からお路が書き継いだわけです。丁度この部分を含む自筆稿本が早稲田大学図書館に所蔵されており、多くの本や図録に図版として紹介されています。右半丁は筆もかすれ罫線からはみ出した目の見えない馬琴のにじり書きで、左の半丁はお路の整然とした文字が確かな筆運びで書かれています。何処から見ても「漢字を知らない女」の書いたものとは見えません。つまり『八犬伝』と云うテキストは、その執筆状況すらも物語化した文脈を孕んだテキストなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西條奈加の「曲亭の家」に、このあたりのことが書かれている。

「回外剰筆(かいがいじょうひつ)を書くことにした」と、馬琴は達した。
要はあとがきである。このあとがきが、また長い。最終巻たる巻53下のまるまる一冊を使って、執筆に当たった28年間の、馬琴と滝沢家の実情をかなり赤裸々に明かしている。
代筆を行ったお路も登場するのだが、案外なほどひどい言われようだ。
『一字毎に字を教え、一句毎に仮名遣いをおしゆるに、婦人(おうな)は普通の俗字たるも知るは稀(まれ)にて、漢字雅言(かんじがげん)を知らず、仮名遣いてにをはさえも辨(わきま)へず、偏(へん)つくりすらこころ得ざるに』
『お舅(とう)さま、不束か(ふつつか)は承知しておりますが、さすがにあまりに・・・』
この一文を書き取っているのも、もちろんお路である。たまりかねて途中で文句を挟むと、まあ、待て、と馬琴は身振りで留める。
『ここで大げさに落としておけば、後でもち上げた折にいっそう盛り上がるのだ。おまえの忍耐や努めようは、後文で叙するつもりであるからな』
あとがきすら、馬琴にとっては戯作なのである。・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の悪口を書き取っていくお路の心中はいかに、というところ。この「曲亭の家」を読んでいると、お路の不屈の精神が感じられる。

ところで、路は滝沢馬琴の弟子として曲亭琴童(きょくていきんどう)という名前ももっている。「曲亭の家」によると、「仮名読八犬伝」(挿絵を多くし仮名で読みやすくした本)を版元と協力しながらおよそ20年にわたって書き続けたという。
曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」を語る時、路の名前を忘れてはいけないと思う。
妻として、母として、女性として生きてきた路のことをもっと多くの人が知るべきだし、正当に評価していかなくてはいけない。そんなことを学んだ南総里見八犬伝であるし、Enjoy Simple English だった。