南総里見八犬伝を英語で2

上の挿絵は、「浮世絵師の絵で読む八犬伝(上)」 徳田 武著 勉誠出版 より。

Narration; The father was thinking this was the last time to talk to his daughter. He was about to go to battle and he thouhgt he would die. Just then…

義実と隣の安西領とは戦いの真っ最中だった。旗色も悪く、今夜の決戦は討ち死に覚悟の戦いであった。重臣達と家族との最後の別れのとき、八房の鳴き声がする。

Yatufusa; Woof,woof!

Yoshizane; Is that Yatsufusa?

Narration: Yatsufusa was Fuse-hime’s pet dog.

八房は伏姫の愛犬である。母親をなくして死にかけている子犬に、毎晩たぬきが訪れ乳を与えて育てたという犬。そんなうわさを聞きつけた義実が房姫にと連れてきた犬だった。
実は八房を育てたたぬきとは、義実が前言をひるがえして処刑した玉梓の怨念が取り付いたたぬきであった。

Yoshizane was surprized.
The dog had something in his mouth.

Yoshizane; What is that?

Narration; It was the head of Yoshizane’s enemy.
Yotsufusad had killed the enemy leader and brought it back to Yoshizane.
Then he remembered something.

Yoshizane; Yesterday, I told Yatususa, 
“If you are a good dog, kill my enemy for me.
If you succeed, I will give you Fuse-hime.”
He really did it.

(上の挿絵は、伏姫に近寄る八房に腹を立てて追い払おうとしている義実)

義実にとっては冗談で言った「首をとってきたら伏姫を嫁にやる」ことばを信じた八房はそれを実行した。
今回も自分の言ったことをひるがえし、約束を守らない義実。義実の性格は事を大きくしていく。

Narration: The mother of Fusei-hime cried and cried.
Finally, Fuse-hime said,
Fuse-hime; You must keep your promise, Father.
I will go with Yatsufusa.
Yatsufusa; Woof, woof!

Narration; Yatsufusa put Fuse-hime on his back and disappeared.

上の漫画は「くもんのまんが 古典文学館 南総里見八犬伝(まんが 森有子)」から引用したもの。この漫画は要領よく一冊にまとめられている。巻末にも解説がついていて、くもんのまんがらしいと思った。
さて、八房と姿を消した伏姫の運命は・・・・