The Torikaebaya Tale とりかえばや物語3

After a while, Haru’s life changed.
She had to marry a girl called Fuyu.
Her father wanted to refuse this marriage because Haru couldn’t marry a girl!
But he had already refused Aki’s marriage. People would think something was wrong with the family if he said no again.
Haru, unlike Aki, was a quick thinker and not afraid of challenges.
So the father finally decided to give his daughter as a husband to Fuyu.

えーっ、こんなことが? と思うような展開に。
物語では、Haruの父親は左大臣となり、兄弟である右大臣に娘が4人いた。長女を帝に 、二女を東宮に仕えさせていた。四女をHaruの嫁にとおもい、左大臣に申し込んだわけだ。Haruの父親は断りたいけれど、Aki の事があったので世間体が悪くて続けて断れない。Enjoy Simple English ではこの四女ー四の君をHuyu と名づけている。

原作では、父親の左大臣は奥方に相談すると

「あちらは子どもっぽい娘御ですもの、変だななどときになさることもありますまい。ただ親密に話し合って、世間体を普通の夫婦のようにして、出入りなさればいいでしょう」と軽く笑って、「うちの子だってりっぱな後見役よ」とおっしゃる。(桑原博史さんの「とりかへばや物語」より)

そんなにうまくいくのだろうか?
父親は奥方の返事を聞いて、Haru が出世していく姿を夢見て結婚に賛成する。(ほんとに大丈夫?と読みながらもはらはらする)

さてHaru 自身はどうなのだろう。
Enjoy Simple English では、Haru was a quick thinker and not afraid of challenges.とある。原文のこの箇所では、直接このような表現はないが、物語のあちこちで「男として快活にふるまっていた」というようなプラス面の表現がある。それがこのような英文になったのかもしれない。

角川ソフィア文庫の「とりかへばや物語」では、編者の鈴木裕子さんが書いている。
「現代の読者は、親がわが子の結婚を決めたり、わが子が書いた恋文を読んだりというようなところに違和感をもつだろう。けれども、平安時代の貴族の結婚は、このように親が主導権を握り、親同士の取り決めで行われるのが普通だった。」

このようにしてHaruとFuyuの結婚は盛大にとりおこなわれた。

The marriage ceremony was a big event because Fuyu was alos the daughter of a high-level minister.
The two didn’t know each other well at first, but Fuyu soon became attracted to Haru.
“He” was intelligent and fun to talk with.
But Fuyu had many questions about her husband.
At night in bed, they only talked.
And every month he went back to his father’s home saying he wasn’t felling well.
Fuyu thought, “Something is wrong.”

夜の衣も、人目には、うち交わしながら、かたみに単衣の隔てはみなありて、うち解くる方なきも、深くはいかでか知る人あらん。
夜の衣も交わして、人目には一緒にお休みしているように見せながら、互いに肌を合わせないように単衣を隔てて、夫婦の契りを結ぶことはなかったが、そんな事情を深く知るものがいるはずもない。
(とりかへばや物語 角川ソフィア文庫 鈴木裕子編より)
 
ただ月ごとに四、五日ぞ、あやしく所狭き病の、人に見えてつくろふべきにはあらぬを、「物の怪に起くる折々の侍れば」とて、御乳母の里にはひ隠れ給ふをぞ、「いかなることぞ」と、心置かるる節にはありける。
 
ただ毎月四、五日は、どうにもならぬ身についた病が、人に見せて手当するわけにもいかないので、「物の怪で熱の起こる時々がありますので」とことわって、乳母の実家に身を潜めなさるのが、「いったいどうしたわけか」と、別け隔てを感じさせる事柄なのであった。
(とりかへばや物語 全訳注 講談社 桑原博史より)

さて、この結婚生活は本当に大丈夫なのか。

確かに「Something is wrong 」ー 何かおかしい、間違っているようだ・・・・